欧州関連

ウクライナ当局、マリウポリで第501大隊が降伏したのは裏切り者が原因

ウクライナ国家捜査局は16日、マリウポリで第501大隊がロシア軍に降伏した事件について「大隊で兵站を担当していた責任者が敵側に寝返り、ロシア軍と一緒に大隊指揮官を説得して降伏させた」と発表、兵士に対する「自発的降伏の罪」適用は見送られた。

参考:ДБР повідомило про підозру у держзраді одному з керівників 501 батальйону морпіхів, через якого 277 військових опинились в полоні
参考:Год плена: семьи защитников “Азовстали” призывают вернуть бойцов домой

この裏切り者の働きは「第36旅団全体」をバラバラにしてしまった原因と言える

ウクライナ侵攻序盤における激戦区はロシア軍に包囲され80日以上も抵抗を続けたマリウポリの戦いだが、この過程でアゾフマッシュ工場を守っていた第36独立海軍歩兵旅団の第501大隊(当時は第503大隊が降伏したと言われていた)は何の前触れもなくロシア軍に降伏してしまい、ウクライナ国家捜査局(SBI)は降伏した兵士277人が「自発的降伏の罪(刑法430条)」に該当すると判断し調査を開始、その過程で「兵站を担当する責任者」が敵側に寝返っていたことが判明した。

この人物は連絡を取り合っていたロシア軍と一緒に第501大隊の指揮官を説得、これに応じた指揮官は第501大隊の兵士に武器を置いて降伏するよう命じ、兵士277人が両手を上げてロシア軍に降伏したためアゾフマッシュ工場を敵に奪われてしまったというのが事の真相らしい。

上級部隊である第36旅団のバラニュク大佐は連絡が取れなくなった第501大隊を心配して兵士を確認に向かわせたが、第501大隊の戦闘指揮所には弾薬、ロケットランチャー、対戦車ミサイルが沢山転がっていたものの兵士は1人もおらず、この事件は第36旅団の防衛任務の放棄と独断でのマリウポリ脱出に繋がり、結論から言えば「第36旅団全体」をバラバラにしてしまった原因と言えるだろう。

出典:Украинская правда 第36旅団が12日に公開した最後のビデオメッセージ

降伏した兵士277人は「指揮官が命じた偽の降伏命令」の違法性を認識していかったため「刑法430条に抵触しない」と判断され、停止されていた配偶者や親類への給与や手当支払いが再開されたと報じられている。

因みに第501大隊を降伏させた人物は生まれ故郷のベルジャンシクに戻り、ロシア軍への投降をウクライナ軍兵士に勧める活動や、集めたウクライナ軍の情報を金でロシア軍に売る商売を始めたらしく、SBIは国家反逆罪の疑いで当該人物の調査を進めている。

出典:Sergey Velichko

追記:昨年9月、マリウポリでロシア軍相手に80日以上も戦った第12特務旅団アゾフ連隊のプロコペンコ司令官、第36独立海軍歩兵旅団のボーヴァ少佐など215人がトルコの仲介で解放されたが、未だにアゾフスタル製鉄所で捕虜になった1,900人以上の兵士(内700人以上がアゾフ連隊の兵士)が抑留されたままで、家族が兵士の早期解放を求めている。

関連記事:バラバラになったウクライナ軍第36旅団、マリウポリの戦いの真実
関連記事:ウクライナ軍、第36旅団の司令官はマリウポリから勝手に逃亡した臆病者
関連記事:第36旅団はマリウポリ脱出、アゾフ連隊合流、製鉄所残留に3つに分裂?
関連記事:アゾフ連隊も降伏してマリウポリが陥落、司令官もロシア軍の捕虜に
関連記事:マリウポリで戦ったウクライナ兵士の捕虜交換が実現、アゾフ連隊司令官も解放

 

※アイキャッチ画像の出典:Kadyrov_95

露メディア、ウクライナ軍はSu-24でストーム・シャドウを運搬している前のページ

ロシア国防省、パトリオットシステムをキンジャールで破壊したと発表次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ダメなものはダメ、ウクライナが要請したクラスター爆弾提供をNATOが拒否

    ウクライナのクレバ外相はミュンヘン安全保障会議で「我々はクラスター爆弾…

  2. 欧州関連

    ウクライナへの戦車提供、英国に続きフランスもルクレール提供を検討か

    ラムシュタイン会議の開催が間近に迫る中で「フランスがルクレールのウクラ…

  3. 欧州関連

    契約成立が間近? フランス、インドネシアとのラファール購入交渉は順調

    フランスのパルリ国防相は3日、ラファール購入に関するインドネシアとの交…

  4. 欧州関連

    ポーランドとチェコが領空保護をスロバキアに提供、MiG-29提供へ前進

    ポーランドとチェコの国防相は9月からスロバキアに領空保護を提供する協定…

  5. 欧州関連

    コソボ当局と住民が衝突、セルビア大統領は軍に戦闘準備と移動を命じる

    セルビアのブチッチ大統領は26日「プリシュティナ側がコソボ北部のセルビ…

  6. 欧州関連

    戦力拡張へと舵を切った英海軍、次世代のフリゲートや駆逐艦など建造ラッシュ

    英海軍はジョンソン首相が約束した国防予算の増額を受けて野心的な取り組み…

コメント

    •  
    • 2023年 5月 16日

    1人に罪を着せれば277人をまた戦場に送れるってことだろうな

    13
      • ミリオタの猫
      • 2023年 5月 16日

      事はそんな安易な問題では無いですよ
      裏切り者とされた当時の兵站担当は故郷に戻った後も裏切り行為を続けていて国家反逆罪の疑いで調査されているのですから、もしかすると捕虜交換で帰って来たのもロシア軍による策略の疑いが有ります

      73
        •  
        • 2023年 5月 17日

        それを単純に信じる方が安易だわな
        アゾフスタリで包囲された部隊が解囲と救出をキエフに約束されたから粘ってたのに騙されたって動画上げてたり当時から色々汚い話あっただろうに

        17
    • class
    • 2023年 5月 16日

    包囲された後の状況だったので、致し方ない部分がほとんどでしょうけど、
    ただ降伏後の商売がかなり悪魔的ですね
    マリウポリ包囲戦が映画になったら多分この人登場するでしょうね

    34
      • class
      • 2023年 5月 16日

      先刻は少し短絡過ぎましたね
      ウクライナが仕組んだスケープゴートの可能性もありますし…
      恐らくこの人の存在は両陣営に色々と使われてしまうでしょうね

      9
    • 2023年 5月 16日

    残り1900人の無事を、祈る・・・。

    27
      • class
      • 2023年 5月 16日

      ロシアに抑留されると志位和夫の親父みたいに任務を帯びて帰ってきたりするので…

      11
        • Natto
        • 2023年 5月 17日

        私は佐官と左官を経験しましたって商社のオジサンもいましたね。
        今回もカポみたいになってる捕虜も居そう。

        5
    • 2023年 5月 16日

    こういうのって戦時中だと裏切者だけど戦後だと兵士の命を救った英雄として名誉回復されるのが何度も繰り返されてきた歴史。

    14
      • 鳥刺
      • 2023年 5月 16日

      これは指揮官が状況に鑑みて降伏を決断したって話ではなく、通敵通謀分子の策動なので、そういう再評価は無いでしょうね。

      50
        •  
        • 2023年 5月 17日

        って戦時下の当局が言ってるだけだろ

        11
    • 名無し
    • 2023年 5月 16日

    裏切り者がきっかけになったにせよあの状況下では降伏は避けられんだろうしなあ

    16
    • paxai
    • 2023年 5月 16日

    毎回思うけどこの捕虜交換がどう考えてもおかしいんだよなあ。
    以前にロシア側が「私達は捕虜交換を望むものの条件は1:1でなければならない」と言ってて今も大体1:1で交換されてる。
    昨年の今日がそのアゾフスタル製鉄所が降伏した日なのだがロシアが未だにこの捕虜を保持してるという事がオカシイんだよね。

    2
      • スマック
      • 2023年 5月 16日

      単純に捕虜になるロシア兵が少ないってことだろう。
      だからウクライナは逮捕した親露の政治家や正教会の司祭なんかを無理やりねじ込んできてる。
      そういう大物は1対1のレートじゃないし。

      16
    • 7.74
    • 2023年 5月 16日

    逃げ帰った後もロシアに協力してるし絵に描いた裏切り者すぎて……
    事実なら裏切り者のクソ野郎以外の感想がありませんね。

    24
      • らっしー
      • 2023年 5月 17日

      そうですね、命を救いたくてやったのでは無い事がその後の行動で証明されていますし。
      情報を売れば誰がどんな目に遭うか考えれば、確信的な悪意があるか、
      利己の為には他者を一切省みないかで無ければやってられないでしょうし。

      この件に限らずキーウの攻防で内通してた企業の偉いさんとかも、
      その裏切りで身近な誰かがどうなるか考えた上でそうしてるんだから地獄行きは確実。
      まさか考える頭が無い訳も無いので。
      まして内通や寝返る程の繋がりがあるなら、
      捕虜なり占領なりでロシアがどんな振る舞いをするかは知った上での行動でしょうからね…。

      11
        • 7.74
        • 2023年 5月 17日

        ウクライナのロシア人で編成された部隊の様に逆にロシアに感化された可能性もありますけど、自国に侵略されてた上で寝返るってどういう気持ちなんでしょうね。
        単純に「金」や「権力」が寝返った動機だとは思うんですけど、他人の命を犠牲にしても構わないのがほんと良心の欠片もないというか…
        すべての謎が解明される事は無いんだろうなとも思ってますが、せめて相応の報いを受けてほしいもんです。

        1
      •  
      • 2023年 5月 17日

      事実ならね…
      こんなおとぎ話みたいな裏切り者の存在を何の根拠もなしに真に受ける人が思ったより多くてびっくりするけど

      7
        • 7.74
        • 2023年 5月 17日

        少なくともどこに所属してた人物で古郷まで特定されてるんで完全に嘘とは思えませんが……同じ部隊に所属してた人には嘘ってすぐバレるでしょうし、事細かい経緯も説得力あります。
        逆にフェイクである証拠とか根拠ってどこかで見られるんでしょうか、気になります。
        素朴な疑問ですけど「裏切り者が居た」事についてウクライナ側が嘘をついて得する事ってあるんですかね?

        7
    • 鼻毛
    • 2023年 5月 16日

    捕虜の大半は「行方不明」でしょうし拉致問題とか徴用工問題みたいにロシアとウクライナの友好関係を1億年阻害しますね。

    8
    • かくさん
    • 2023年 5月 16日

    前に管理人さんが記事にした時は、闇に紛れてウクライナ領域への逃走に成功した人達の話でしたね(第36旅団)。
    しかしながら内通者が居たのは事実としても、大勢を覆すような話にもまた感じず、全容が判明するのも一連の行動に対する評価が決まるのも戦後数年が経過してからではないかと。

    15
    • 77死
    • 2023年 5月 16日

    救援が絶対に来ない包囲下で少しでも多くの敵戦力を拘束するために最後まで戦えみたいな命令を受けてる状況で
    「俺たちを捨て石にしたやつらのために命を懸けて戦うなんてばからしいじゃん。降伏しよう、命は助かるよ。」
    みたいにささやかれたりしたら降伏したくなる気持ちもわからんではない。

    40
    • さめ
    • 2023年 5月 17日

    まあロシア側から寝返ってウクライナ側に協力してるやつも多数いるわけで
    西側としてはそういった人たちを好意的に報じてるけど、祖国への裏切りという点では全く同じよね
    戦争に対する見方(どちらが正義か、とか)が確定していると認識しているからこそこういった批判が生じるのだろう

    19
    • 2023年 5月 17日

    インパール作戦の佐藤師団長も戦時中はこういう扱いだったろうし何とも言えない
    マリウポリ死守命令の戦略的妥当性も検証すべきでは?

    6
    • パンピー
    • 2023年 5月 17日

    政府からしたら裏切り者でも兵士からしたら命を救ってくれた英雄だよ
    死んだら終わりなんだから

    7
      • きっど
      • 2023年 5月 18日

      それは残りの全員が無事に生きて帰ってきてからですね

      2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  2. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  3. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  4. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  5. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
PAGE TOP