欧州関連

米国に続きNATOとウクライナが「ロシア軍撤退を確認できない」と発表

NATOのストルテンベルグ事務総長は16日、我々が現場で目にしているのはロシア軍部隊や装備の撤退ではなく「ロシア軍が所定の位置への移動しウクライナがサイバー攻撃を受けているというパラドックスだ」と訴えた。

参考:Russia-Ukraine crisis: Moscow creating ‘new normal’ to contest sovereignty in Europe, says Nato

プーチン大統領はウクライナの状況を維持したまま=軍事的な圧力をかけつつ交渉を行うことを望んでいる?

ロシア国防省は複数の動画や画像を提示してクリミア半島やウクライナ東部周辺に展開していた部隊を恒久的な拠点に移動=後方に下げたとアピールしているが、バイデン大統領は「ロシア軍撤退をまだ確認出来ておらず依然として脅威的な立場を維持したままだ」と明かし、NATOのストルテンベルグ事務総長も「モスクワは外交交渉を継続する意思を見せているものの衛星画像によってロシア軍が後方に下がっていないことが確認された」と発表、ウクライナのゼレンスキー大統領もBBCに対して「我々はロシア軍の撤退をまだ目にしてない」と主張した。

つまりモスクワの言い分はどうであれ現実的にロシア軍の撤退は一向に進んでおらず、ストルテンベルグ事務総長は「我々が現場で目にしているのはロシア軍部隊や装備の撤退ではなく、ロシア軍が所定の位置への移動しウクライナがサイバー攻撃を受けているというパラドックスだ」と訴えており、多くの海外メディアは「16日侵攻という予想は外れても依然としてロシア軍はいつでもウクライナに攻め込むことが出来る状態を維持し続けている」と警告を発している。

以上の現実を踏まえるとプーチン大統領はウクライナの状況を一旦緩和した上で米国やNATOと交渉を行うのではなく、ウクライナの状況を維持したまま=軍事的な圧力をかけつつ交渉を行うことを望んでいると解釈できるので「ロシアの要求を米国とNATOが受け入れない限り状況のデスカレーションは望めない」と突きつけているのかもしれない。

関連記事:ロシア国防省、戦車や歩兵戦闘車がクリミア半島から引き上げる様子を公開
関連記事:バイデン大統領、ウクライナ国境地域からのロシア軍撤退をまだ確認出来ていない

余談だがロシア国防省は弾道ミサイルによる攻撃を警戒する管制センターの様子を16日に公開、早期警戒レーダー「Voronezh-DM」や各レーダーがカーバーするエリアを示す図などが登場するため非常に興味深い。

 

※アイキャッチ画像の出典:NATO

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

スウェーデン外相、引き続きNATOへの加盟を申請しないと正式に表明前のページ

岸防衛相、自衛隊機が敵領空内に侵入して攻撃する選択肢を排除しない次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    地獄のような連射で消耗するウクライナ軍の砲兵装備、フランスがCaesarを追加提供

    フランスのルコルニュ国防相は新たに12輌のCaesarをウクライナに提…

  2. 欧州関連

    英大衆紙、16日午前3時(日本時間の午前9時)にプーチンは攻撃命令を下す

    英メディアのThe Daily Mirror紙は15日、ロシアが軍の一…

  3. 欧州関連

    輸入兵器の闇、トルコの輸出向けバイラクタルTB2にはキルスイッチを搭載か?

    トルコの外交、安全保障、軍事問題を監視する非営利団体「北欧モニター/N…

  4. 欧州関連

    ウクライナ軍、補給物資を満載したロシア軍の鉄道車輌をHIMARSで破壊か

    ウクライナ政府関係者は30日「ヘルソン州ブライブカに到着したロシア軍の…

  5. 欧州関連

    動画の次は画像、海中から回収された英空軍F-35Bの写真が流出

    地中海に墜落した英空軍のF-35Bの動画が流出して注目を集めていたが、…

  6. 欧州関連

    ナゴルノ・カラバフで軍事衝突、アルツァフ共和国側は軍事動員を宣言

    アゼルバイジャン軍がグレネードランチャーや無人航空機を使用してアルツァ…

コメント

    • 無無
    • 2022年 2月 17日

    アメリカは実のところ、ロシアによる侵略戦争に持ち込みたいって話が出てるが、そんなもんかねえ
    そんなら発想の根っ子がプーチンと変わらないよ

    1
      • たけやぶやけた
      • 2022年 2月 17日

      その話はどこから出ているのですか?

      14
        • 無無
        • 2022年 2月 17日

        国内メディアがそう主張してる、真偽は別だぞ
        つまりアメリカにはウクライナはどうでも良くて、ロシアの侵略という敵失を狙ってヨーロッパの親米国を増やそうとの策らしい

        2
    • 匿名
    • 2022年 2月 17日

    車両が移動するとこだけ見えるけどじゃあこいつら何週間も車内で生活してたのか?っていう
    イラク侵攻の米戦車みると背嚢と自活物資の成れの果てが山積みなんだよなあ

    7
    • いか
    • 2022年 2月 17日

    動画の方見るとカムチャッカ半島やサハリンががら空きになっている。オホーツク海の北方にはロシアは常に戦略原潜を潜航させてるはずだから、そこに何もないというのはおかしい。このレーダーのカバー範囲は鵜吞みにしない方がいいかもしれない。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP