欧州関連

ナゴルノ・カラバフ紛争、2度目の停戦発効から4分後にアゼル軍が攻撃再開

ナゴルノ・カラバフ地域を巡る戦いは2度目の人道的停戦が18日午前0時(日本時間午前5時)に発効したが、停戦発効から4分後にアゼル軍が攻撃を再開したとアルメニア側が主張している。

参考:Armenia and Azerbaijan decide to establish humanitarian ceasefire from October 18

2度目の人道的停戦が18日午前0時(日本時間午前5時)に発効するも4分後に戦闘再開か?

しかし今月10日に発効した1度目の人道的停戦は発効後5分で破られ戦闘が再開されただけに、今回の停戦が長期間守られると思っているものは少ないだろう。さらにナゴルノ・カラバフ地域を巡る戦いの戦況はアゼルバイジャン優位に進んでおり、停戦を歓迎しているのはアルメニア側だけとも言える。

アゼルバイジャン軍は17日時点でアルメニアに占拠されていたナゴルノ・カラバフ地域の北部と東部の約15%を奪還・解放に成功、このまま戦いが継続していればあと数日でナゴルノ・カラバフ地域の約20%に相当する地域を奪還していたとも言われており、特にアルメニア軍はナゴルノ・カラバフ東部地域の拠点フィズリやハドルトを失って後方に後退したため、アゼルバイジャン軍はアルツァフ共和国(ナゴルノ・カラバフ地域が独立国だとして使用している国名)の首都ステパナケルトまであと30kmというところまで迫ってる。

ただフィズリやハドルトから首都ステパナケルトまでのルートは険しい山岳地帯が続くため、首都ステパナケルト攻略のためには比較平坦な地形が続く北部ルートから進む方が理にかなっており、そのためマルタケルトやアグダムと言った拠点をアゼルバイジャン軍が奪取できるかがポイントで、逆にアルメニア軍はこれ以上後退することが許されないと言ってもいい。

そのため戦闘再開に向けてアゼルバイジャン軍が北部地域に戦力を移動させ、アルメニア軍はマルタケルトやアグダムなどの守りを固めている可能性が高く、アゼルバイジャン軍の準備が整えば戦闘が再開される可能性が高いと管理人は見ている。

因みにロシア軍の介入が行われない場合、数週間でナゴルノ・カラバフ地域の主要部分をアゼルバイジャン軍が解放するだろうとも言われており、アルメニアとしては今回の停戦をできるだけ維持して外交交渉を行う時間を稼がなければジリ貧だろう。

追記:停戦発効から4分後の午前0時04分にアゼルバイジャン軍が停戦に違反して攻撃を開始したとアルメニア国防省が主張、ロシアのタス通信も同様に内容を報じているが、今のところアゼルバイジャン側は何もコメントを出していない。

参考:Armenian Defense Ministry: Azerbaijani troops launch offensive in Nagorno Karabakh

再追記:アゼルバイジャン国防省はアルメニア軍が人道的停戦の条件を守っていないと発表したが、具体的にアルメニア軍の「どの部分」が人道的停戦の条件を満たしていないのか具体的に明らかにしておらず、ナゴルノ・カラバフ地域で攻撃を再開したについてもノーコメントを貫いている。一方のアルメニア軍は停戦に違反して攻撃を開始したアゼルバイジャン軍に対して反撃に出ており、アゼルバイジャン軍の戦車を4輌破壊したと発表、結局前回の停戦と同じで完全に戦闘が再開されたようだ。

もう折角書いた記事が台無しだよ。

 

※アイキャッチ画像の出典:アゼルバイジャン国防省が公開した動画のスクリーンショット

グアム基地が中国製極超音速兵器の射程圏内に、爆撃機にDF-17を搭載して運用中か前のページ

韓国海軍、2033年までに満水時4万トンの軽空母戦力化を決定次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    手際が良すぎるアゼルバイジャン、弾薬庫を破壊されアルメニア軍は潰走?

    アゼルバイジャン国防省は27日、無人航空機(UAV)を使用した敵防空シ…

  2. 欧州関連

    英空母がNATO演習に初参加、過去20年で最も強力な欧州機動部隊が誕生

    英海軍は5日、空母「クイーン・エリザベス(R08)」を中心とする英空母…

  3. 欧州関連

    ギリシャ海軍の艦艇がコンテナ船と衝突して真っ二つに割ける

    ポルトガル船籍のコンテナ船と衝突したギリシャ海軍の艦艇が真っ二つになっ…

  4. 欧州関連

    ドイツの自走式対空戦闘車輌「スカイレンジャー」が売れない理由

    ドイツのラインメタルは14日、自走式対空戦闘車輌「スカイレンジャー35…

  5. 欧州関連

    フランス、空母「シャルル・ド・ゴール」後継艦を2038年までに就役させると発表

    フランスのフロランス・パルリ国防大臣は18日、サンナゼールにある造船所…

  6. 欧州関連

    ドイツ、2023年迄に戦闘機タイフーンのレーダーを「Captor-E」に換装

    エアバスは26日、ドイツとスペインから戦闘機ユーロファイター・タイフー…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 10月 18日

    戦闘再開RTAでもやってんのか

    20
      • 匿名
      • 2020年 10月 18日

      前回5分、今回4分
      次は3分かな?

      9
        • 匿名
        • 2020年 10月 18日

        アルメ:オレの、オレの、オレの話を訊けーっ!5分でいいから!!
        アゼル:(4分) 撃てぇー!!
        アルメ:オレの、オレの、オレの話を訊けーっ!2分だけでもいい!!
        アゼル:(1分) 撃てぇー!!

        8
    • 匿名
    • 2020年 10月 18日

    RTAでもやってんのか?

    6
    • 匿名
    • 2020年 10月 18日

    防衛において想定外は死を意味するっていうのが分かる事例ですね。アルメニアはどうするのか見物ですな。
    つか、はよう戦やめろ。

    1
      • 匿名
      • 2020年 10月 18日

      アゼルバイジャン「だが断る」

      6
      • 匿名
      • 2020年 10月 20日

      陸続きだし勝ち切らないと下手に生き残らせると
      将来的に遺恨を残すから徹底的にと思っているのでは

    • 匿名
    • 2020年 10月 18日

    5分の記録は破られないだろと思ってたけどこんな短期間に更新されるとは・・・
    ここまでくると不謹慎だが笑えてくるな

    12
      • 匿名
      • 2020年 10月 18日

      67年間も休戦し続けてる国際連合軍と朝鮮人民軍を見習ってほしい。

      8
        • 匿名
        • 2020年 10月 18日

        北朝鮮は既に休戦条約破棄してるぞ
        アメリカが怖くて攻勢に出れないだけなんで
        このアゼアル戦争みたいに戦力の均衡が崩れたら普通に攻めると思う

        1
          • 匿名
          • 2020年 10月 18日

          文在寅は終戦宣言といってるが、降伏宣言の間違いだな。

          7
    • 匿名
    • 2020年 10月 18日

    自分の中の停戦の概念が覆される

    1
      • 匿名
      • 2020年 10月 18日

      旧ソ連の教科書には進撃と降伏って単語しかでてこない、誰か教えに行けよ

    • ムスカ大佐
    • 2020年 10月 18日

    次はリアル「3分間待ってやる」

    8
      • 匿名
      • 2020年 10月 18日

      実際は50秒なんですね分かります

      1
        • 匿名
        • 2020年 10月 18日

        すると次は「40秒で支度しな!」ですかね…

        4
    • 匿名
    • 2020年 10月 18日

    時間稼ぎなんかやらせねーよってことだな

    3
    • 匿名
    • 2020年 10月 18日

    これもロシアが主導したんなら、そろそろロシアも動くかもしれんな。
    二国間の地域紛争で終わることを願うよ。

    2
    • 匿名
    • 2020年 10月 18日

    停戦期間四分→管理人さんもタメ口で愚痴を書くレベル

    27
    • 匿名
    • 2020年 10月 18日

    早漏過ぎんだろ……

    • 匿名
    • 2020年 10月 18日

    なんか…管理人さんといい停戦交渉まとめ上げた人といいお疲れ様です

    22
      • 匿名
      • 2020年 10月 18日

      記事書いてる時間より停戦期間の方が短いと想像すると草も生えない
      アルメニアとロシアの関係者も意気消沈してそう

      21
    • 匿名
    • 2020年 10月 18日

    最後の一言に草生えますね

    16
    • 匿名
    • 2020年 10月 18日

    4分で破るなら、なんで停戦を受け入れた?
    時間を与えたくないのだろうが、ひどく印象悪い。

    1
      • 匿名
      • 2020年 10月 18日

      ロシアの顔をたてて交渉には応じた。
      でも実際に停戦する気はないし、ロシアも大したことできないと思ってるから、アルメニア側が停戦破ったと言いはって即再戦。
      そんなとこじゃないかな。

      2
        • 匿名
        • 2020年 10月 18日

        提案を受け入れたふりして破るより、最初から受け入れない方がまだマシだと思う。
        なんでロシアを怒らせたいのだろう?

        2
      • 匿名
      • 2020年 10月 18日

      むっちゃトイレに行きたかった

      1
        • 匿名
        • 2020年 10月 19日

        トイレ休憩だってもちっと長いでしょ。

        1
  1. もう停戦するな
    アゼルバイジャン側から破ってるんだろうけどなら停戦する必要ないだろ

    3
      • 匿名
      • 2020年 10月 18日

      アルメニア側が希望を持ったところでそれをへし折ることによって戦意の低下を狙えるからとか?
      勝ってる方はどうとでも話を転がせるから話ぐらいは聞いてやろうって事でしょ
      戦争は始めるより終わらせるほうが難しいって言われる所以だと思う

      4
    • 匿名
    • 2020年 10月 18日

    そろそろメンツをつぶされたロシアが怒り狂って両者に鉄槌を下してナゴルノ・カラバフをロシア領にする時

    • 匿名
    • 2020年 10月 18日

    こうやって現実の戦争を見ればいかに平和憲法が優れた先進的なものか分かる。平和憲法は空想じゃなく現実の話なんだ。

    1
      • 匿名
      • 2020年 10月 18日

      なおアゼルバイジャンは平和憲法を採用している模様

      32
        • 匿名
        • 2020年 10月 19日

        見事すぎるオチで草

        3
    • 匿名
    • 2020年 10月 19日

    いやもう完全にアルメニア側が制空権喪失してて草も生えない…はよう終われ。

    • 匿名
    • 2020年 10月 19日

    アゼルバイジャンはラチン回廊を取るまで辞めないってのを読んだけれどそれってどこらへんなの?

      • 匿名
      • 2020年 10月 20日

      簡単に言うとアルメニアとナゴルノ・カラバフを接続する大動脈

      んでいまアゼルバイジャンが攻めている箇所の真反対

      庵にナゴルノ・カラバフ全土平定まで止まる気はないって言ってる

      2
        • 匿名
        • 2020年 10月 20日

        なるほど重要なところなんですね。
        ありがとうございました。

        1
    • 匿名
    • 2020年 10月 19日

    ロシアはベラルーシの政変でそれどころではないし優先度もこっちの方が高いだろうけど
    アルメニアにどれだけ加担するかでひっくり返る可能性もある
    世界情勢がアゼルバイジャン・トルコ側に味方しているのは変わらないだろうけどな…上手い時を狙ったもんだ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  3. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  4. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP