欧州関連

速報|トルコ、ロシア製防空システム「S-400」追加導入の契約に署名

トルコはロシア製防空システム「S-400」の追加導入に関する契約に署名、ロシアは契約に従ってS-400を来年トルコに引き渡す予定だと報じられている。

参考:RUSSIA EXPECTS TO SIGN CONTRACT WITH TURKEY FOR ADDITIONAL S-400 MISSILE SYSTEMS DELIVERY NEXT YEAR – IFAX
参考:Russia signs contract with Turkey on 2nd batch of S-400 air defense systems

遂にトルコがS-400追加導入に踏み切る

ロシアのモスクワ近郊で始まった国際軍事技術フォーラム「ARMY-2020」でトルコはロシア製防空システム「S-400」の追加導入に関する契約に署名、ロシアは契約に従ってS-400を来年トルコに引き渡す予定だと報じられている。

米国の忠告を無視してロシア製防空システム「S-400」を導入したトルコは、米国からF-35プログラム追放、米国製防衛機器の購入に必要な議会の承認保留など大きな代償を支払う羽目に陥っており、予定されていたS-400追加導入に踏み切るのかが一つの焦点になっていたが、トルコがS-400追加導入の契約に署名したため米国は控えいた「敵対者に対する制裁措置法(CAATSA)」を発動する可能性が高く、米国を含むNATOとトルコの関係は決定的に決裂するかもしれない。

出典:Public Domain

ただ支払いに関する条件等でトルコとロシアの交渉は続いており、ここで話が拗れれば追加導入に関する契約に署名しても契約自体が塩漬けになる可能性も残されているが、そんな些細なことで米国の怒りをかわすことは不可能だろう。

果たして米国は今回の追加導入について、どの様に反応してくるのか注目される。

 

※アイキャッチ画像の出典:Vitaly V. Kuzmin / CC BY-SA 4.0

日本の国産輸送機「C-2」はUAEの輸送機需要に近い存在なのか?前のページ

米最大の造船所が不正、偽装されたバージニア級原潜の性能は?次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    トルコ、主力戦車アルタイのパワーパック供給について韓国企業と協議中

    トルコは主力戦車「アルタイ」のパワーパック問題を解決するため韓国企業と…

  2. 欧州関連

    再掲載|英国、1年で1万5,000人以上の兵士が軍を去ってしまった理由

    英国軍では、この12ヶ月間に1万5,000人以上の兵士が軍から去ってし…

  3. 欧州関連

    アルメニア、アゼル軍による首都攻撃を集団安全保障条約機構に報告か

    アルメニア国防省は2日、集団安全保障条約機構(CSTO)に全ての事実を…

  4. 欧州関連

    K2黒豹 VS レオパルト2A7、ノルウェー次期主力戦車を巡り韓国とドイツが激突確定

    ついに欧州で韓国のK2ブラックパンサーとドイツのレオパルト2A7がノル…

  5. 欧州関連

    独仏の次期主力戦車「MGCS」、2億ユーロの予算分配を受け開発が本格化

    来年から本格的な研究開発が始まる独仏共同の主力戦車開発プログラム「MG…

  6. 欧州関連

    東地中海問題でトルコを支持する国が登場、ギリシャはEUに経済制裁を要求

    ギリシャやフランスなどが強く抗議する中でトルコは周辺国に相談なく設定し…

コメント

    • 主体思想
    • 2020年 8月 23日

    レッドチームに入りたい訳でも無いと思うが、とにかく我が道を行くのか…

    •  
    • 2020年 8月 23日

    ムン君よ、S-400導入がアメリカと手を切る近道だと気付け

      • 匿名
      • 2020年 8月 23日

      事実上、S-400を導入済みだったような。「天弓」とかいうヤツ。

        • 匿名
        • 2020年 8月 23日

        じゃあ「紅旗9」を買おう!
        ついでにKFXも中止して殲-31!

        • 匿名
        • 2020年 8月 23日

        トルコのS-400導入が問題なのは、NATO軍の情報がロシア製システムを通して漏洩する危険があるからだが、天弓はロシアの技術が入ってるけど製造は南朝鮮国内だから大丈夫でしょう。

      • 匿名
      • 2020年 8月 23日

      南朝鮮も東風-21Dを買おう。

      リンク

    • 匿名
    • 2020年 8月 23日

    シリアでは対ロシア戦闘機用の地対空ミサイルを配備しているのに、
    ロシアは防空システムを売り込み、トルコはトルコで追加購入しようとするとか
    お互いに節操がないな。

    あと、トルコが支払い済みのF-35の代金は、未だに米国から返金されていないのか?

      • 匿名
      • 2020年 8月 24日

      それよりも引渡し済みのF-35や関連技術のロシアへの流出がどうなるかが興味深いです
      F135エンジンがロシアに流出パチモン生産とかそれをトルコでライセンス生産とか夢ふくらむ~

        • 匿名
        • 2020年 8月 24日

        F-35は引き渡し前に接収

    • 匿名
    • 2020年 8月 23日

    あ〜あ

    • 匿名
    • 2020年 8月 23日

    エルドアンのおっさんはオスマントルコ帝国を復活させたいみたいだから
    まあNATOとは決別せざるを得ないわな

    1
    • 匿名
    • 2020年 8月 23日

    アメリカEUに喧嘩を売ってロシアに接近、ギリシャと戦争寸前と、もうめちゃくちゃ。指導者次第でここまで対外戦略が変わるものなのか

    1
      • 匿名
      • 2020年 8月 23日

      そりゃあ、大っきいお隣さんと小っちゃいお隣さん見てればね……。

      1
    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    ある意味、本当の瀬戸際外交なのかな。
    こうやって接近しておけば、ロシアとの衝突はあまり心配しなくて良いし、米国も経済制裁まで踏み込む口実にはならないし。
    NATOに留まる理由もあまり無さそうだし、何と言っても18世紀までは西ヨーロッパにとって最大の敵だから。

    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    韓国さんどんな気持ち?

    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    アメリカに”正義”が無いと判った以上、トルコの判断は正しい。
    腐りきってるのは、ア・メ・リ・カ・だぜ。
    レッドチーム?どういう認識してるのw化石かよwwwwww

      • 匿名
      • 2020年 8月 24日

      正義なんてもんを国政政治に求める方がどうかしてる。
      ワンピースでも読んで満足しとけ

      1
      • 匿名
      • 2020年 8月 24日

      中二病
      おもな症状
      ・社会の勉強をある程度して歴史に詳しくなると「アメリカって汚いよな」と急に言い出す。

      1
      • 匿名
      • 2020年 8月 24日

      おい厨二、もっと学業に励み給え。

      1
    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    シリアかリビアで、S-400でロシア機が撃墜されたりせんのか?

    1
    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    トルコはヨーロッパではなく、ロシアでもなく、イスラムでもなく、大トルキスタンの盟主だと言いたいんでしょう
    アメリカの沈滞、EUの弱体化を見て自己主張を始めたのかな

    1
    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    NATOって自主的に脱退はできるらしいけど除名処分とかあるのかな
    このままNATOに居座り続けたらおもしれえけど

      • 匿名
      • 2020年 8月 24日

      トルコがNATOから抜けて得をするのはロシアだけなのでそれはなさそうです
      トルコはNATOを人質に瀬戸際外交してるようなもの
      対外的な集団防衛条約なのでNATO内で(ギリシャと)戦争しても条約は発動しませんしね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP