欧州関連

防衛装備品の調達を進めるポーランド、今度はMQ-9のリース契約締結を発表

ポーランドは多連装ロケットシステム「天武」の調達に関する契約を19日に締結したばかりだが、ブラスザック国防相は20日「ポーランドの安全保障に対するもう一つの投資としてMQ-9のリース契約を締結した」と発表した。

参考:Mariusz Błaszczak

ポーランド向けにリースされるMQ-9の準備は既に完了している可能性が高いため「約7ヶ月」で機体を確保した格好だ

ポーランドは国産MALE-UASが実用化するまでのギャップを埋めるため「トルコからTB2を導入する」と2021年5月に発表、しかしウクライナ侵攻が発生するとポーランドメディアは「MQ-9を緊急調達する」と報じて注目を集めたが、ブラスザック国防相は20日「ポーランドの安全保障に対するもう一つの投資としてMQ-9のリース契約を締結した」と発表した。

MALE-UASとは中高度を長時間飛行できる無人航空機のことで、有名どころで言えば米国製のMQ-9、MQ-1C、トルコ製のTB2、Akinci、Anka、イスラエル製のHermes450、Hermes900、HeronTP、HeronMK.IIなどが該当し、ブラスザック国防相は「国産MALE-UASが完成するまでMQ-9の運用を行う」と述べている。

リース契約の内容は今のところ不明だが、ポーランド向けにリースされるMQ-9の準備は既に完了している可能性が高いため「約7ヶ月」で機体を確保した格好だ。


因みにMQ-9とTB2を同時運用するのはポーランドが初めてだ。

関連記事:ポーランド、東部国境での事態対応のため米国からMQ-9を緊急調達
関連記事:トルコが狙うアジアの無人機市場、マレーシアもトルコ製UCAVを選択
関連記事:欧州最強の地上部隊を整備するポーランド、天武×288輌の購入契約を締結

 

※アイキャッチ画像の出典:Mariusz Błaszczak

ロシア、ウクライナへのインフラ攻撃は飢餓をもたらし難民を発生させる前のページ

アルメニアやタジキスタンなど22ヶ国がイランに無人機売却を要請次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    英国、ウクライナに榴弾砲を提供するためL119を新たに50門調達

    英国はウクライナに榴弾砲を提供するためL119を新たに50門調達、現在…

  2. 欧州関連

    ルーマニアと韓国が地上装備の現地生産に向けMOU署名、韓国版HIMARS導入も視野に

    ルーマニアメディアは「国営企業のロアームが韓国のハンファと防衛産業協力…

  3. 欧州関連

    セベロドネツクを巡る攻防、ロシア軍はルビージュネの大部分を占領

    ロシア軍はルビージュネの大部分を占領、ウクライナ軍の反撃を遮断するため…

  4. 欧州関連

    ウクライナ陸軍、外国人部隊初の戦闘部隊をキエフ郊外に配備

    ウクライナ陸軍は8日、創設した外国人部隊(ウクライナ領土防衛国際部隊)…

  5. 欧州関連

    オランダがPzH2000をウクライナに提供、ドイツが弾薬と訓練を提供

    米ブルームバーグは20日、ドイツはオランダがウクライナに提供するPzH…

  6. 欧州関連

    英国防省、日本とのエンジン技術開発に関する共同プログラムが存在すると認める

    ジェーンズは13日、英国の関係者から「日本の次期戦闘機F-Xのエンジン…

コメント

    • トクメイキボウ=サン
    • 2022年 10月 20日

    流石ポーランド!日本にはないスピード感!そこにシビれる!憧れるゥ!

    14
      • 干物
      • 2022年 10月 20日

      本邦のシーガーディアンも結構なスピード調達だったと思いますが…
      そう言えばあれもリース契約ですね。

      8
        • トーリスガーリン
        • 2022年 10月 20日

        あれリースだけど今年新造された機体みたいですね
        てっきり試験運用してた機体がそのまま来るかと思ってたわ

        6
      • えっくす
      • 2022年 10月 20日

      ロシアのクリミア強奪から危機感持って動き始め、ウクライナ侵攻でフルスロットルになって驀進してきたけど、ロシアのあまりの弱さに計画修正しようにもちょっとスピード出すぎてブレーキも踏めない状態になっている気が(笑)

      4
        • 名無し2
        • 2022年 10月 20日

        ロシア単体だから何とかなってますが今後中国出てくる流れとかも全然まだあるので…

        2
    • トーリスガーリン
    • 2022年 10月 20日

    動きが早いな~
    猛烈に急ピッチで軍備拡張してるけど他人事ながら足元見られてぼられてたりしないかなと言うちょっとした心配が…
    上手くやってると思いたい

    1
    •  
    • 2022年 10月 20日

    ポーランドの軍需品大人買い攻勢が止まらない

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  4. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  5. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
PAGE TOP