欧州関連

スペイン、防空システムを要求するウクライナに改良ホークを提供

NATOのストルテンベルグ事務総長は13日「スペインが4つのHAWKシステムをウクライナに提供する」と明かし、米国のオースティン国防長官も「非常に迅速なスペインの決定に感謝する」と述べた。

参考:Spain to send air defense systems to Ukraine: NATO head

スペインがウクライナに防空システムを追加提供、今回の提供はウクライナが要求していたHAWKシステム

米軍のミリー統合参謀本部議長はラムシュタイン会議後の会見で「ウクライナはHAWKシステム(改良ホーク)を要求している」と明かしていたが、NATOのストルテンベルグ事務総長は「スペインが4つのHAWKシステムをウクライナに提供する」と明かした。

出典:NATO

スペインは公式にHAWK提供を発表していないが、ストルテンベルグ事務総長は「スペインが提供を決めたHAWKシステムは旧式だが、米国、ドイツ、フランスが提供する近代的な防空システムを補完するのに役立つ」と、米国のオースティン国防長官も「非常に迅速なスペインの決定に感謝する」と述べているのでウクライナへのHAWKは事実なのだろう。

因みにスペイン政府は8月末「ウクライナへの防空システム提供」を発表しており、この防空システムはアスピーデだと推定されている。

ラムシュタイン会議後、確認された各国の支援の内容
EUウクライナ軍の訓練を行う合同任務部隊の創設に同意、ドイツとポーランドに設置予定
英国NASAMSシステムで使用するAIM-120の提供を発表
カナダ冬用軍服50万着、1,520万ドル相当の砲弾、200万ドル相当の衛星通信システムを提供
オランダ1,500万ユーロ相当の対空ミサイルを追加提供
ドイツ新たにPzH2000とMARSII(M270)の追加提供を調整中と発表
フランス短距離防空システムのクロタル、Caesar(8×8タイプ)6輌をウクライナに提供
スペインHAWKシステムをウクライナに4セット提供
ポルトガルカモフ製ヘルコプター6機をウクライナに提供
リトアニア120mm迫撃砲を搭載したM113をウクライナに提供
複数の国ラムシュタイン会議中にNASAMSシステムで使用される弾薬の提供を申し出る

追記:ウクライナのレズニコフ国防相もスペインのHAWK提供を確認した。

追記:フランスがウクライナに155mm榴弾砲TRF1を15門提供することも確認された。

関連記事:ウクライナを支援する西側諸国、統合された多層式防空システムを提供
関連記事:スペインがウクライナ支援を発表、M113、防空システム、野戦砲を提供
関連記事:英国がウクライナ支援を発表、数週間以内にAIM-120AMRAAMを提供

 

※アイキャッチ画像の出典:Outisnn/CC BY 3.0

ロシアはテロ政権と欧州評議会が認定、加盟国に宣言を行うよう要請前のページ

ポーランド、韓国から多連装ロケットシステム「天武」を300輌導入次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    チェコ空軍の中型輸送機調達、A400MやC-130ではなくC-390採用が有力

    中型輸送機の調達を検討しているチェコ空軍のペトル・チェペルク司令官は「…

  2. 欧州関連

    アゼルバイジャン、停戦協定の履行と武装解除を目的に対テロ作戦開始を発表

    アゼルバイジャン国防省は19日「三ヶ国間声明の条項履行を確実にし、カラ…

  3. 欧州関連

    ウクライナへの戦闘機提供、ポーランドがMiG-29を手放さない理由

    どうやらポーランドのMiG-29をウクライナに提供するというアイデアは…

  4. 欧州関連

    G7の裏で進められた豪州の原潜導入、フランスが外された理由はファイブアイズ参加国でないため

    英国のウォレス国防相は「フランスがオーストラリアの原潜導入を支援する枠…

  5. 欧州関連

    自由のための戦いに期限なし、ドイツは2032年までの予算計画にウクライナ支援を盛り込む

    ドイツ軍のクリスチャン・フロイディング少将は「もっと長く持ちこたえるこ…

  6. 欧州関連

    ゼレンスキー大統領、解放したばかりのヘルソン市を訪問

    幾つかの海外メディアは「ゼレンスキー大統領が解放したばかりのヘルソン市…

コメント

    • ido
    • 2022年 10月 14日

    改良HAWKですか。アメリカはPAC3でも提供するんですかね。後案外カナダの冬着50万着は大きいと思う。ウクライナ、ロシア双方冬を耐えられるか次第で変わりますかね。

    33
      • けい2020
      • 2022年 10月 14日

      しかも同じぐらいは寒いカナダ軍採用の、実績十分な冬用装備は心強いですね

      15
    • りんりん
    • 2022年 10月 14日

    一瞬、いまさらHAWKを?とも考えましたが、ドローン相手にはHAWKで十分なんですよね。
    むしろドローンに相手に最新鋭のミサイルを消費する方が、不釣り合いな負担になりますからね。

    23
      • ナイトアウル
      • 2022年 10月 14日

       ホークに関しては古いミサイルだからピンからキリまであって射程が短いとかECCM能力が弱いとか限定的なBMD機能が無い古いホークミサイルならドローン相手に使えば良いけど現在まで生き残っているホークってそれなりに高性能の筈。

       真実かは分からないが自衛隊のホークは同時多目的対処能力の獲得とかの噂もある位。詳しく調べるつもりは無いが外国に残っている新しめの高性能なホークがあるなら航空機やイスカンデル対応とかも視野に入れてるんじゃないかと思うわ。
       仮の話世界中からホークが集まって各地に配備されたら、どこにどんな性能のホークがあるか分からないだろうから攻撃を制限させる効果はあるかもしれない。勿論、安価なドローンとかで射耗させる事も出来るから°実現したらどうなるかは気になる所。

       ホークに関しては使い捨てでも無くシステムが大がかりで人数も必要なのにミサイル供給が期待出来ない(多分量産してない)物を古くて廃棄される運命だから欲しいって言う心理が分からない。
       自国で運用していたシステムでも無いし、その為の環境を整えたとして今のペースで行けば早々に撃ち尽くす可能性がある物を追い詰められているからと言って必要とするだろうか。ミサイルを構成するシステムの有効活用が出来るから問題無いとか考えているのかね。
       

      1
    • 2022年 10月 14日

    日本って改良ホークまだ持ってんのかな
    まあ持ってても無気力の岸田じゃ供与せんだろうけど

    18
      • st
      • 2022年 10月 14日

      別に武器提供しないのは岸田のせいじゃ無いだろ。
      何でもかんでも総理のせいにすんな。

      90
        • トーリスガーリン
        • 2022年 10月 14日

        60年続いてきたレガシーを完全撤廃するのは並大抵のことじゃないわな
        しかも近年マシになったとはいえまだまだ軍事アレルギーの強いこの国で長い間完全に禁止してきた武器輸出に関連することとなれば尚更

        64
        • 通りすがり
        • 2022年 10月 15日

        総理一人のせいとは言わないけど、かつて武器の輸出はした事あるから、覚悟決めれば多分出来るだろうことは事実
        やり方は簡単。アメリカ挟むだけ
        それで日本にしか生産ラインが残ってなかったP3Cのパーツとか売った
        その時も共産とかが文句言ってたけどシカトした

        3
      • 無無
      • 2022年 10月 14日

      人道医療チームでも送るほうがはるかに現実的
      空気に呑まれて何でもアリアリとか勘違いしないように

      52
    • 無題
    • 2022年 10月 14日

    まさかウクライナでホークが運用される日が来るとは思わなかった
    西側の対空ミサイルってイメージが強いから

    19
    • 渡辺 真由美
    • 2022年 10月 14日

    いまさらホーク?って、思ったけど、改良型ホークは、いまでも陸上自衛隊で運用されているみたい。もちろん、「03式中距離地対空誘導弾および03式中距離地対空誘導弾(改)(中SAM改)」などに、更新中らしいけど。

    12
    • ぽち
    • 2022年 10月 14日

    ありがたいですね。ドローンに対抗できるか

    気になるのは「14日は空襲警報に注意を」というゼレンスキー大統領の言葉
    大規模ミサイル攻撃とかの情報が入ったのか?
    ロシアをテロ国家認定された腹いせ?? 
    猿芝居の「ロケット砲を持ったウクライナ人」がテロを計画、だから反撃するとか?
    なんでもありで、やりかねないのが怖い。キーウにテルミット焼夷弾とか。。。
    ガスパイプラインの破壊とか、ダム破壊とか

    対空防御は、統合よりも、できることからすぐに始めないと、大半のインフラが破壊されてしまう
    2000万の難民を作ってEUに送り込めってマジやりそう
    そしたら、NATOがウクライナの都市部に展開するしかないんじゃない?
    さすがに攻撃できないでしょ。核使ったら、ロシア軍は壊滅させられし
    ウクライナは14日の8:30過ぎましたね。通勤、夜、週末・・・大変でも、ずっと警戒MAXに願う

    1
    • ハガ
    • 2022年 10月 14日

    ホークって、あのホーク!? まだ生きてたの?
    と思って調べてみたら、まだ普通に現役だったんですね・・・。

    1
      • きっど
      • 2022年 10月 14日

      まだ自衛隊でも使っているよ
      さっさと03式中SAM改に更新して、直接供与が駄目ならアメリカにでも売却して迂回供与すれば良いのに

      5
        • 無無
        • 2022年 10月 14日

        03式高いからな、だからさっさと進まんのよ

        2
          • 匿名希望
          • 2022年 10月 14日

          あと製造ラインの関係もあるわな
          じゃんじゃん作ってじゃんじゃん政府が一次プールで買い取った上でウクライナに売却やほしがりそうな国に有償ODAとかとかするなら別だろうけどね

          2
        • 匿名希望
        • 2022年 10月 14日

        よほどのことがない限り演習で使い切る計画立ててるんじゃあないですかね?

        2
    • ミリ猫
    • 2022年 10月 14日

    欧州の防空事情について興味深い動きがあるようです。
    10月13日付のThe Warzoneからですが、

    >>ロシアがウクライナの都市をミサイルや無人機で攻撃し続ける中、NATO14カ国とフィンランドの国防相は、「欧州スカイシールド構想」(ESSI)という共通の防空調達・配備同盟を形成することに合意した。

    参加国の一覧を見ると

    ベルギー、ブルガリア、チェコ、エストニア、フィンランド、ドイツ、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、オランダ、ノルウェー、スロバキア、スロベニア、ルーマニア、イギリス

    となっており、フランスが入っていないのと、獅子身中の虫になりかねないハンガリーが入っていることが気になりました。

    1
    • k
    • 2022年 10月 14日

    リトアニアが兵器を提供すると、少ない国防力に穴が開くような気がしますが替りの車両を後に米国等から供給されるのでしょうか?

    1
    • あお
    • 2022年 10月 15日

    低速、低高度のドローン相手なら、古の防空機関砲や自走対空砲を引っ張り出してきた方がコスパは良さそう。
    M163なら弾に困ることもないだろうし。

    不動品ばかりですかねぇ?

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  4. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  5. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
PAGE TOP