欧州関連

F-16V導入失敗に備えるトルコ、タイフーン購入を交渉中だと公式に認める

トルコの大統領報道官は23日、米議会がF-16V売却を妨害する可能性に備え「欧州とタイフーン購入について交渉している」と明かし注目を集めている。

参考:Turkey touts Eurofighter plan, should F-16 talks stall

果たしてトルコはTF-Xが完成するまでのギャップを埋める戦闘機をどこから入手するつもりなのだろうか?

トルコは旧式化したF-16C/Dをアップグレードするため米国にF-16V売却(新規にF-16Vを40機+既存機のV仕様アップグレード80機分)を要求中で、この売却話は「F-35プログラムからの追放に対する補償」のためバイデン政権から持ちかけたものと言われているが、S-400導入を問題視する米議会はトルコへのF-16V売却を認めず暗礁に乗り上げていた。

出典:Lockheed Martin

しかしトルコがフィンランドとスウェーデンのNATO加盟を支持したことでバイデン大統領や国防総省が「トルコの戦闘機近代化を支持する」と表明したが、米下院が7月末に可決したNDAAにはトルコへのF-16売却をブロックする条項が含まれており、F-16売却にはトルコが「ギリシャの領空侵犯を行わない」という保証する必要があるらしい。

東地中海問題やエーゲ海の武装化問題でトルコは鋭くギリシャと対立しているため米下院の条件を拒否、条件や制限がないF-16V売却を要求しており、バイデン政権も再三要求しているトルコへのF-16V売却を阻止する議会に辟易しているため、トランプ前大統領と同じように「国家安全保障上の緊急事態を宣言」して強行突破=議会の決定を無視してくる可能性もある。

出典:Public domain

トルコも米議会がF-16V売却の阻止した場合に備え、7月にエルドアン大統領がフランスのマクロン大統領に「ラファールへの関心」を伝えたという話や、急速に安全保障分野の関係強化を進める英国経由でタイフーン調達も検討しているという噂があったが、ジェーンズは26日「トルコの大統領報道官が欧州とタイフーン購入について交渉していると公式に認めた」と報じている。

恐らくバイデン政権に対する揺さぶりだとは思うが、そろそろ同問題にも決着をつける時がきているのかもしれない。

因みにタイフーン購入にはエアバス発行の「ユーザー証明証」を取得しなければならず、イギリス、ドイツ、スペイン、イタリアから承認と米議会の輸出許可(GPS等)が必要なので、方法論的にはトルコと欧州のタイフーン売却交渉を米議会は妨害することが可能だが、果たしてトルコはTF-Xが完成するまでのギャップを埋める戦闘機をどこから入手するつもりなのだろうか?

関連記事:米下院がトルコへのF-16売却阻止、インドへの制裁回避を含む法案を可決
関連記事:F-16V導入失敗に備えるトルコ、ラファールへの関心をフランスに伝達か

 

※アイキャッチ画像の出典:Copyright Eurofighter

ウクライナ軍がウズロヴォイを解放、ロシア軍は1960年代製の装備を移送中前のページ

ロシア軍の後退が止まらない東部戦線、ウクライナ軍が複数の拠点を奪回次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    故障した英空母プリンス・オブ・ウェールズはドック入り濃厚、F-35B試験も延期の可能性大

    英国のウォレス国防相はプリンス・オブ・ウェールズの故障について「乾ドッ…

  2. 欧州関連

    奇妙な事故?|仏空軍所属の戦闘機「ラファール」、射出座席が離陸中に作動し搭乗者を放り出す

    フランスが誇る戦闘機、ラファールが離陸中に射出座席が作動し搭乗員が機外…

  3. 欧州関連

    航空支援の無人化を進めるトルコ、無人電子攻撃機を2025年までに実用化か

    トルコのDaily Sabah(デイリーサバ)紙は24日、防衛産業庁(…

  4. 欧州関連

    ドイツ駐留の米軍をポーランドへ移動?国防費増額を行わないドイツ批判高まる

    独駐在米国大使のリチャード・グレネル氏は、NATOが2014年に約束し…

  5. 欧州関連

    サーブ、契約締結から約2ヶ月でポーランド空軍向けのAEW&Cを披露

    ポーランドはサーブと早期警戒管制機(Saab340 AEW&C)の契約…

  6. 欧州関連

    トルコ、強襲揚陸艦で運用するバイラクタルTB3が間もなく飛行テストを開始

    バイラクタルTB2の開発・製造を手掛けるBaykarはロイターの取材に…

コメント

    • 成層圏
    • 2022年 9月 27日

    トルコもあと十年大人しくしてれば、実力がついてやりたい放題できたのにね。
    中国もそうだか、あともう少しがなかなか待てないんだね。為政者の性なのか。
    まぁ中国においては、お陰で日本は助かったとこあるけど。

    36
      • hiroさん
      • 2022年 9月 27日

      エルドアン68歳、習近平69歳。
      独裁者の恒として、自分が生きているうちに偶像に成りたいのでしょうね。
      次の世代なんか知ったこっちゃない。

      17
    • 戦略眼
    • 2022年 9月 27日

    タイフーンで良いんじゃないかな。
    イギリスから少し買い取ってあげて。
    でも、今となっては、S400にそこまで価値があったのだろうか?

    14
      • 名無し
      • 2022年 9月 27日

      S400がF-35プログラム追い出されてまで欲しかったってのがよくわからないんですよね。
      西側に相当する武器がなかったってのもわからなくはないんですがF-35のプログラムパートナーの立場を捨てるほどか?みたいな。

      36
        • 名無し
        • 2022年 9月 27日

        そこらへんよく分からないですね
        元を辿ればたしかアメリカとパトリオット売却の為の交渉をしていて、技術移転しろ国内で生産させろみたいな要求を吹っ掛けてそれを拒否されたからS-400導入に流れたような話だった気がするんですけど、じゃあS-400導入に関しては技術移転セットだったんか?という疑問もあるし

        15
          • ナイトアウル
          • 2022年 9月 28日

           トルコのS-400は単純な話でもなかったと思うが。トルコも外国と様々な問題抱えているし、自国産業の育成もしたかったし、西側に紐付けされた兵器の運用で攻撃制限や購入制限食らったりするのを避けたかったのもある。

          1
        • TA
        • 2022年 9月 27日

        独裁者の賭けに勝てれば利益は大きいが普通に外すからなぁ
        アメリカとロシアを秤にかけて美味しい所を貰いたかったんだろうが当てが外れたんじゃね

        9
        • 台湾大好き
        • 2022年 9月 27日

        面子と権威は(選ばれ方はどうであれ)独裁者に必要不可欠ですから。プーでもエルドアンでも、宗教でも同族企業でも然り。

        3
      • ブルーピーコック
      • 2022年 9月 27日

      S-400は探知距離と射程距離がパトリオットミサイルよりも長いのが売りです。48N6DM/48N6E3対空ミサイルで最大射程250km、40N6ミサイルで400kmとされています。S-300PMU-1対空ミサイルが射程150kmとされており、パトリオットPAC2の最大有効射程70kmを遥かに上回ります(近距離用の9M96Eミサイルも有り。射程距離40km)

      まあカタログスペックなので実際の所は分かりませんが、S-300にしろS-400にしろ有効に活用できなきゃ意味は無いんですがね。

      1
        • ブルーピーコック
        • 2022年 9月 27日

        自レス
        国内外のサイトでパトリオットミサイルの射程がバラバラな件。一般人には真偽が分からんから困るんですけど。
        グローバルセキュリティの記載だとMIM-104Aが最大射程70kmで、MIM-104Cが最大射程が160kmと書かれているので、カタログスペックは多分、これが正しいはず。
        どちらにせよパトリオットミサイルはS-400の48N6ミサイルより射程が下回るから、嘘も間違いも書いてない(開き直り)

        3
    • 無能
    • 2022年 9月 27日

    それでもグリペンは選択肢に挙がらないのね…

    7
      • 無能
      • 2022年 9月 27日

      スウェーデンと対立してたんだった
      何言ってんだ俺は(恥)

      36
    • ななし
    • 2022年 9月 27日

    ポーランドに続いてFA-50をだな…

    3
      • もり
      • 2022年 9月 27日

      FA-50はロー機なのでミドル〜ハイ枠としては不適切なので…

      21
      • 徳明希望
      • 2022年 9月 27日

      トルコはFA-50に相当するヒュルジェットを開発してるし無いと思う

      7
      • ST-1
      • 2022年 9月 28日

      やめとけ(-_-;)

      1
      • ブルーピーコック
      • 2022年 9月 28日

      ギリシャがF-35を手に入れた場合、F-35相手にFA-50では圧倒的不利な上、クレタ島にアメリカ軍基地(ソダ基地)が設けられる以上、トルコがFA-50を購入してギリシャに対抗しようとすれば輸出を止められる可能性の方が高いかと。

      2
    • AAA
    • 2022年 9月 27日

    S400はウクライナに譲渡してアメリカと和解してF-35導入するのがいいと思うんだがなあ
    ロシアなんか味方にしたところで碌なもんじゃねえのは明らかだと思うが

    25
      • 名無し2
      • 2022年 9月 27日

      ”要衝”トルコを演じるためにはアメリカとの対立は外せないってことでしょうか…くだらなすぎる…。

      4
    • おわふ
    • 2022年 9月 27日

    S-400をウクライナに売ってしまえばいい。
    代わりにアメリカにパトリオットを補填させよう。

    13
    • T.Corwell
    • 2022年 9月 27日

    大穴でインドのテジャスもありえるかな?と思ったけどパキスタンがバイラクタル導入しているから可能性は薄いかな

    1
    • 匿名希望
    • 2022年 9月 27日

    純粋に列が長すぎて許可が出せない説を言ってみるテスト
    エンジンも110ではなく100系列の契約になったらラインが足りてないんだろうなーと

    3
    • よし
    • 2022年 9月 28日

    普通にS-400をウクライナに売っぱらってアメリカにゴメンナサイすればF-16位売ってくれると思うんだけどねぇ……
    この状況でロシア寄りの政策とる意味がわからん。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  3. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  4. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  5. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
PAGE TOP