欧州関連

ウクライナへ英国がスターストリークの供給開始、米国は徘徊型UAV供与を発表

英国は妨害対策が効かない携帯型防空ミサイル「スターストリーク」のウクライナ供与が始まっていると発表、米国も本格調達に移行したばかりの最新の徘徊型UAV「Switchblade」供与を発表した。

参考:Минобороны Британии подтвердило поставку ПЗРК Starstreak Украине
参考:Словакия планирует предоставить Украине системы С-300
参考:США предоставят Украине беспилотники, которыми обладают только две страны

ウクライナ軍に届けばSwitchbladeが届けばロシア軍地上部隊の後方を襲撃するのに役立つ

英国のウォレス国防相は今月8日、ロシア軍は戦い方を変更して空爆と大砲による民間施設への無差別攻撃を行い始めたと指摘して「ウクライナ軍も戦い方を変える必要がある、ウクライナ軍の防空能力を強化してロシア軍の空爆を抑制することが重要だ。英陸軍が保有するスターストリーク供与の検討を始めた」と述べていたが16日のNATO国防相会議でスターストリークの供与が始まっていると明かした。

出典:Sgt Mark Webster / OGL v1.0

スターストリークは携帯式防空ミサイルシステム(MANPADS)の一種だが西側標準のスティンガーよりも有効射程(Iは7km/改良型のIIは7km以上)が長く、レーザー誘導なのでフレアや電子妨害といった対策が通用しないという特徴を備えており、S-300に迎撃されるリスクを最小限に抑えるため低空飛行を余儀なくされているロシア軍機にとって妨害の効かないスターストリークは非常に危険だ。

ウクライナ空軍の戦闘機や防空システムを潰せればMANPADSが届かない高度を飛行できるのだが、未だに制空権確保も敵防空網制圧も達成できていないためスティンガーやイグラが猛威を振るう低高度を飛行するしかなく、ウクライナ軍発表でロシア軍は計192機(残骸が画像で確認できたのは53機/正確に言えば地上での破壊も含まれる)を防空システムとMANPADSによって撃ち落とされている。

出典:Командування Повітряних Сил ЗСУ ウクライナ空軍のS-300

さらにスロバキアが保有するS-300をウクライナに供給することに合意したとも報じられているが、こちらはMiG-29供与と同じように代替システムの供給=米国によるパトリオットシステムの補填が焦点になっているため直ぐに実現するかは不透明だが、一先ずウクライナが最も望んでいるS-300を供給(これ以外にも旧ソ連製の地対空ミサイル供与について動きがある)について動きがあることだけは確かのようだ。

あと米国が新しく発表したウクライナへの武器追加支援(8億ドル)の中にSwitchbladeが含まれている。

エアロバイロメントが開発したSwitchblade300は折りたたみ式の主翼や尾翼を備えた電動推進式の徘徊型UAV(作動範囲10km/滞空時間15分/発射装置や輸送キットを含む重量は2.5kg)で、米陸軍が以前から少量調達して評価テストを行っていたが2021年4月に本格的な調達に移行、英国もFMSを通じてSwitchbladeを発注している最新の自爆型ドーロンだ。

これがウクライナ軍に届けばロシア軍地上部隊の後方を襲撃するのに役立つはずで、ますます補給部隊を襲撃するのが容易になるだろう。

関連記事:米陸軍がカミカゼドローン導入を本格化、英国も対外有償軍事援助を利用して同一機種を発注
関連記事:英国がスターストリークのウクライナ供与を検討中、フレアでは妨害不可

 

※アイキャッチ画像の出典:Photo by Cpl. Jennessaa Davey

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ウクライナとロシアが戦争終結に向け合意文書を作成中、数日内に成立の可能性前のページ

ウクライナ大統領、ロシアに戦争終結、安全保障、主権、領土の回復を要求次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    国産COIN機まで売れ始めたトルコ航空産業界、ニジェール共和国がTB2とヒュルクシュCを発注

    トルコのエルドアン大統領は18日、西アフリカのニジェール共和国に無人戦…

  2. 欧州関連

    対トルコ牽制、ギリシャ外相が英国と防衛を含む二国間協定を締結すると発表

    ギリシャのデンディアス外相は24日、現地メディアに対して「私は月曜日に…

  3. 欧州関連

    グリペン好きなブルガリア大統領、署名したF-16V導入契約を拒否

    ブルガリア政府が承認した総額12.5億ドル(約1,354億円)のF-1…

  4. 欧州関連

    ウクライナ軍、46日間で鹵獲したロシア軍装備の数が1,000を突破

    軍事アナリストが運営するサイト「Oryx」は10日、ウクライナ軍が鹵獲…

  5. 欧州関連

    相互運用性の確保が重要と説く独空軍​トップ、欧州の次世代戦闘機計画を統合すべきだと主張

    ドイツ空軍​総監のインゴ・ゲアハルツ中将は欧州で開発が進められている2…

  6. 欧州関連

    これで4ヶ国目、トルコもウクライナの安全保障の保証国になると発表

    トルコのエルドアン大統領は31日、ウクライナが要求している「中立を宣言…

コメント

    • すえすえ
    • 2022年 3月 17日

    アメリカの自爆ドローン投入ですか
    実戦テストも兼ねているのかな?

    まぁ補給網を叩くのに役立つな

    30
      •   
      • 2022年 3月 17日

      既に百発はウクライナに入ってるって話
      多分デルタ…義勇兵が持ち込んだんじゃないかと

      15
        • 干物
        • 2022年 3月 17日

        アメリカ人義勇兵の中にSIG MCXを持ったSEALのチーム3と思わしきグループが混っているので
        そちらの方々かも知れませんね。

        6
    • 2022年 3月 17日

    被撃墜53機…
    これロシア空軍再建できるの…?

    18
      • ペも
      • 2022年 3月 17日

      6月まで戦争が続けばロシア全軍は再建に半世紀かかると言われてますね…

      26
      • けい
      • 2022年 3月 17日

      時間・資金・工業力があれば可能

      そして資金と工業力は20年は回復見込みはない
      ロシアという国と国民性が危なすぎて、味方の5カ国以外は10年単位で制裁し続けるし、
      制裁回避の手伝いも迂闊にできない

      北朝鮮と同じで、ロシア国民が飢えたら食糧援助はしても制裁解除はしないでしょう

      15
    • 思い付きだけど
    • 2022年 3月 17日

    むしろこれまでは無人機の商売をトルコにごっそり持っていかれたので、いまのうちに米国が「マーケット」確保する必要性があるのだろうなあ。

    18
    • 味噌汁
    • 2022年 3月 17日

    バイラクタルが猛威を奮ってるからアメリカもドローンのテストがしたくなってしまったのかな?

    13
      • tofu
      • 2022年 3月 17日

      中高度,中型の汎用UCAVと、小型,個人携行の徘徊型自爆ドローンを一緒くたにまとめるのはいくらなんでも乱暴では

      同じ「車」だからと大型トレーラーと軽自動車とスーパーカーを並べて話すくらい乱暴な話だと思うな

      41
      • 四凶
      • 2022年 3月 17日

      そもそもアフガニスタンで散々テストしてるし、まぁ寒冷地テストと考えても良いかもしれんが。

      9
        • zerotester
        • 2022年 3月 17日

        ロシアの防空システムの元でも使えるか、というのは貴重なテストになるかもしれません

        4
          • POP
          • 2022年 3月 18日

          確かにそうですね
          ウクライナが敗北寸前ならテストもしづらいでしょうが現状下はテストチームの離脱も出来るでしょうし

          1
    • 無無
    • 2022年 3月 17日

    やはり平和国家としてはPS5の供与を

    これ、しょうもない話のようで、実はウクライナから供給されていたネオンガスが途絶すると生産が滞る見込みという報道を見て、改めて、中立国という選択すら難しいのが世界の実情なんだと知ったもんで。
    日本さえ平和で、自宅でゲームさえやれていれば遠い国のことなんてどうでもいいですか?そんな小市民な姿勢すらお花畑すぎて不成立なのが今の時代なのです、今回スウェーデンやスイスまでが長年の政策から転じてウクライナ支援を明確にしたのを、日本国民はもっと重く受け止めて欲しい

    13
      • hiroさん
      • 2022年 3月 17日

      気持ちは分からないでもないけど、企業やインフルエンサーや一般国民が募金に応じてたり、参加の有無は別として70名が義勇兵に応募したり、攻撃兵器では無いが初めて防衛装備品の供与を実施したり、メディアも連日連夜状況を報じたり等々、これ以上何をすれば重く受け止めたことになるのだろう?

      22
        • 無無
        • 2022年 3月 17日

        現時点では憲法の範囲内で可能なことを、根気よく続けることです、難民受け入れも形だけの体裁を取り繕うのでなく本気で考えていい時代
        ウクライナ戦争を一過性の流行みたく思ってるのが誤り
        これはすでに新冷戦時代の戦争なんですから、西側としての態度を明確に

        5
        • 無無
        • 2022年 3月 17日

        お分かりとは思うけど、将来に中国ともめたら我々こそ今のウクライナと同じ状況になるのだと。
        いつまでも安保条約が守ってくれるとは限らない、そのくらいに中国は日々膨張してますよ

        15
      • めらめら
      • 2022年 3月 18日

      個人的には他に優先するべきものが多すぎてゲーム供与どころではないと思うし、仮にゲーム機ならテレビに依存しないswitchの方が戦争中の国には喜ばれると思う
      テレビだって不足してそうだし、テレビがあるならニュース流して情報得たいんじゃないですかね

      1
    • えぞ
    • 2022年 3月 17日

    スターストリークって、だいぶ個性的というか見た目の癖が強いMANPADSですよね。
    ウクライナが英国面に染まってしまうのか……

    13
      • けい
      • 2022年 3月 17日

      英国面マシマシなのにちゃんと完成した高性能兵器になってる、真の英国面

      対処方法が、射程外、高機動回避、戦車並みの重装甲とかだから現実性が低すぎる
      どっかに存在Xが関わってるのかもしれない、、

      10
    • 無題
    • 2022年 3月 17日

    はたして露軍はいつになったらご飯を食べられるようになるのか

    21
      •  
      • 2022年 3月 17日

      キャベツと肉なしスープなら食べられてるからセーフ

      16
    • なー
    • 2022年 3月 17日

    言い方は悪いですけど、西側にしてみれば格好の性能テスト機会ですね

    22
      • 2022年 3月 17日

      露正規軍相手の試し撃ちなんてそうそう出来ないことだよね。

      2
    • DDD
    • 2022年 3月 17日

    Switchbladeの発射器の近くにコンプレッサータンクみたいなの見えますけど、空気圧で射出してるんですかね?
    発射機を小さくするために別にしたのかな

    6
      • 四凶
      • 2022年 3月 18日

      明確な資料は無いがコンプレッサーは普通使わないと思う。流石にそれが必要だとシステム重量何キロになるんだよって話だし、移動させにくい。様々な映像や写真見る限りだとタンクなんて無いし、訓練用の特殊発射管とかじゃ無いの?

      迫撃砲と同じ感じで撃ち出すか40mmグレネードと同じ感じなのか化学反応でガス発生させるか、小型のボンベで一気に噴出が普段使いなんじゃ?

      1
    • 通りすがり
    • 2022年 3月 17日

    非対称戦用のドローンの在庫処分って感じ
    アメリカの紹介動画でも、威力かなり低めだったし

    5
      • perorin
      • 2022年 3月 17日

      アフガニスタンで使われたスイッチブレード300(40mmグレネード)と、
      去年契約したばかりで最新のスイッチブレード600(重量10倍)があって、MSNBCとかでは600って報道されてるみたい。

      3
      • くらうん
      • 2022年 3月 17日

      今いちばんウクライナ市民に犠牲を出している、ロシアのMLRS狩りになら最適でしょう。
      ATMよりカバー範囲がずっと広いし、小さい威力でもコンテナ部に直撃すれば花火大会にできる。

      2
    • STIH
    • 2022年 3月 17日

    S-300が優秀な兵器だって言うのがよくわかったので、今後西側も似たような物を作るのかもしれない。なんならウクライナが自国製後継機を売り出せば、結構売れるのでは?
    しかしアメリカやイギリスは堂々と兵器を供与すると言い始めた以上、ロシアはどうすんですかねね。干渉したら核を打ち込むぞ、と言った以上なんかしらアクションをとらんと、西側の支援がインフレする一方なんじゃないか。

    8
      • 無無
      • 2022年 3月 17日

      パトリオットではダメですか?
      蓮舫

      ミサイル迎撃でなく戦闘機相手のパトリオットって、ほぼ未知数かね

      1
      • 四凶
      • 2022年 3月 18日

      今回ロシア軍のあり得なさを見ると優秀かってのは大いに疑問。

      少なくとも
      ・ロシア機体の電子戦が西側最高基準にあるのか

      ・ロシアのワイルドウィーゼル環境はどのレベルか

      ・ウクライナのレーダー運用は特殊な部類なのか(少なくとも固定レーダー以外の物は生存率上げるため稼働は最小との情報あり。NATOからのデータ供与で稼働が最小の可能性?)

      ・ウクライナ本家が対応出来ないほどの魔改造したミサイルを運用していたのか

      が分からないと判断なんて出来ないと思う。

      パトリオットなんて元は航空機メインで対ミサイルが後付何で未知数ってのは・・・。

      2
    • RE
    • 2022年 3月 17日

    もうロシア軍 全体で崩壊しそうやなぁ、、

    8
    • 匿名
    • 2022年 3月 17日

    しかしS300を供給したらそれミグ供与で言われてた参戦にならないのか疑問だし米国経由でならそんなん突っぱねる言うなら近でなく短のSAM送れよ思う
    それともこれまで中短SAMの弾のみ供与は秘密裏に行われてたと言うのか?

    5
      • てつ
      • 2022年 3月 17日

      一応ウクライナはブークをある程度近代化した上で、ロシアからのパーツ供給なしでも自国生産可能にしていて、実際にそれで戦果を上げている。
      訓練やらの問題もあるから、将来的は兎も角、現状はブークで頑張る方がよいかと。

      6
        • 匿名
        • 2022年 3月 17日

        近以外SAMは敵航空機の数に所要数が比例しアンチタンクのジャベリンほど絶対数は必要に無くまた内製化された短中SAMで継戦可能でS300長SAMのみストック無しってのはあるわな
        またジャベリン級装備は内製化されておらず輸入頼りならアンチタンク一括で万発にもなるの露軍がAFVで押し潰すタイプだからだがBMP潰すと歩戦分離で追い散らせるから好都合でもある

        1
    • husgag
    • 2022年 3月 17日

    S-300でこれだけの力なんだからS-400そりゃ売れるよねって感じ
    S-400ならまじでF-35落とせそうだな

    3
      • けい
      • 2022年 3月 17日

      むしろ最近のロシア製兵器の現状があれだから
      S-300の方が高性能の可能性もある

      S-400はロシアが過剰宣伝しまくってるけど、今回の戦争でロシアが宣伝しまくってる兵器のほうが怪しいという
      スペック通り開発されてて製造されてればよいんでしょうけど

      S-300はソ連時代に開発されたやつで、S-400はロシアが開発した
      新型のS-400が有るのに、なんでかS-300の改良型を開発して優先配備してるロシア

      18
        • NHG
        • 2022年 3月 17日

        S-300使ってる国にS-400を輸出したらバレることだから
        S-300より劣るってことはないと思われる

        3
          • 戦略眼
          • 2022年 3月 17日

          既存のS300をS400に接続出来るように改修しているのでは?

          1
            • NHG
            • 2022年 3月 17日

            そのへんも実際の性能も知らないけど、S-300より性能が劣るS-400買って制裁食らったトルコがバカみたいじゃん?
            むろんそれがS-400がS-300より高性能であることを意味しないのは分かってるけど、S-300より劣ってたら不誠実すぎじゃない?

            2
    • ハーメルン
    • 2022年 3月 17日

    この手の自爆徘徊ドローンの真価は、比較的単純で安価な兵器にも関わらず、敵に対して防御に小さくないリソースを割くことを強いることができる点にあると思ってる。
    40mmグレネード程度の威力でも、燃料タンクローリーなんかにとっては十分な脅威だし、小型な分発見が困難だし、なんなら軽便安価な点を活かして物量で対空防御を飽和させることだってできる。
    10年単位の将来は迎撃手段ももっとずっと発展しているだろうけど、どの道早期警戒には相応の物量を要するであろう事に変わりはないしね。

    6
    • 全てF-35B
    • 2022年 3月 17日

    トルコは、手持ちのS400を全てウクライナへ供与して、F-35のチームに復帰するんだ!
    F-35Bを載せたアナドルを黒海に押し出すんだ!
    無理か。

    3
    • 無無
    • 2022年 3月 18日

    トラックよりもT80戦車改造シャーシのS300のほうが萌える
    ミサイルを直立させた後にレーダーを起立させるのがイイ

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  2. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  4. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP