欧州関連

英国がウクライナに長距離を飛べる無人機を提供、Shahed-136タイプか?

英国のTelegraph紙は15日「スナク首相がゼレンスキー大統領との会談に合わせて防空ミサイルと『長距離飛行が可能な攻撃型無人機』の提供を発表する」と報じており、数ヶ月以内に200km以上を飛行可能な無人機を数百機提供するらしい。

参考:Rishi Sunak latest news: Britain to send Ukraine hundreds of missiles and attack drones Updated 25 minutes ago

今度はロシアが安価な自爆型無人機の攻撃に悩まされる番なのかもしれない

米ディフェンスメディアは今年2月「極秘プログラムの元で開発された長距離飛行が可能な自爆型無人機をウクライナに送る可能性がある」と指摘していたが、Telegraph紙は15日「スナク首相がゼレンスキー大統領との会談に合わせて防空ミサイルと『長距離飛行が可能な攻撃型無人機』の提供を発表する」と報じており、数ヶ月以内に200km以上を飛行可能な無人機を数百機提供するらしい。

出典:PRESIDENT OF UKRAINE

英国はロシア軍と戦うウクライナ軍に適した複数の無人機を極秘裏に開発、詳細は不明なものの「3Dプリンターを活用した垂直離着陸タイプの無人機やデルタ翼の自爆型無人機が含まれている」と米ディフェンスメディアは指摘しており、Shahed-136と同じタイプの自爆型無人機をウクライナに提供するのではないかと予想していた。

ウクライナに提供される無人機の最大到達距離は分からないが、占領された地域を攻撃するだけなら300km~400kmもあれば十分なので、今度はロシアが安価な自爆型無人機の攻撃に悩まされる番なのかもしれない。

出典:IMA Media 演習に登場したShahed-136

因みに米Aero Vironmentのナワビ最高経営責任者は最近「Switchblade600をウクライナに納品した」と明かし、Switchblade300の最新バージョン(Block20/滞空時間を20分拡張しセンサーシステムを改善)が将来のウクライナ支援パッケージに含まれる可能性を示唆したが、同社はVOAの取材に「政府の準備が整い次第、最新の戦術無人機をウクライナに送れるよう生産を開始した」とも明かしている。

VOAは言及された「最新の戦術無人機」について米陸軍がRQ-7Bの後継機に選定した「Jump20」だと予想しており、ノースロップ・グラマンは今年1月「Group3の小型無人機向け精密誘導弾薬『Hatchet』が実戦配備に近づいている」と言及し、Jump20へのHatchet統合を進めているらしい。

つまり「Jump20とHatchetはウクライナに送られる可能性が出てきた」という意味で非常に興味深い動きだが、ウクライナ国営の防衛産業企業「ウクロボロンプロム」が開発中と明かしていた「最大1,000kmの作動範囲と75kgの弾頭重量を携行できる自爆型無人機」らしき写真も最近登場している。

関連記事:英国提供の長距離攻撃兵器、Shahed-136タイプの自爆型無人機かもしれない
関連記事:RQ-7B後継機選定の前哨戦にJump20が勝利、革命を起こすと評されたV-Batは敗退
関連記事:ノースロップ・グラマン、TB2クラスの無人機向け精密誘導弾薬が実戦配備に近い

 

※アイキャッチ画像の出典:dalکاخ/CC BY-SA 4.0

ロシア軍のバフムート制圧方針に変更はなく、新たに空挺部隊を市内に投入前のページ

英国、ウクライナ人パイロットに対する西側製戦闘機の訓練を夏に開始次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    トルコの新型無人航空機「バイラクタルAkinci」の引渡式典に日本の駐在防衛官も参加

    バイラクタルTB2で有名なBaykar社が開発を進めていた新型の双発無…

  2. 欧州関連

    ドイツ軍の敵は「装備」も「予算」も与えないドイツ政府か?

    飛べない飛行機、動かない艦船、足りない戦闘車両など、ドイツ政府は自国軍…

  3. 欧州関連

    ゼレンスキー大統領が反攻作戦を示唆、我々は絶対に実行する

    ゼレンスキー大統領は3日「(反攻作戦の)準備が整う時期を話すことは難し…

  4. 欧州関連

    ウクライナ軍の反攻時期、シュミハリ首相が春ではなく夏になると発言

    ウクライナの反攻作戦は3月~5月=春に開始されると予想されていたのだが…

  5. 欧州関連

    Redbackのテストがポーランドで進行中、豪陸軍モデルとポーランド陸軍モデルを提案

    ポーランドが採用を検討しているRedbackは第18機械化師団によって…

コメント

    • zerotester
    • 2023年 5月 15日

    この手の攻撃型無人機のぶつけ合いになったらウクライナ+西側のほうが圧倒的に有利なはずです。ロシアは部品の輸入規制があるから難しく、同様に規制のあるイランからの輸入に頼っている。一方で西側は生産し放題です。

    安価な兵器なので数百機といわず数千機でも送って使いまくるべきかと。日本も協力できればいいんですけどそれはまぁ愚痴にしかならないでしょう。

    一方で対ドローンについては、無誘導のロケット弾に誘導装置をつけたAPKWSレーザー誘導ロケット弾が対ドローンでも使えるようで、既にウクライナ国内で使われているという説もあります。比較的安価なシステムなので、これを増やしていけばウクライナ側の被害は減らせますね。

    28
    • 名無し
    • 2023年 5月 15日

    深センの雑居ビルにShahed-136の残骸持って行って、コイツのコピー品作ってくれと頼んだら、翌月にはタンマリ納品されてそう。(小並感

    30
      • ヤゾフ
      • 2023年 5月 15日

      主流になった民生用クアッドコプターも最初の始まりはそんな形でしたね…

      5
    • 鼻毛
    • 2023年 5月 15日

    ロシアが当たり前のようにやってきたことだから戦略爆撃へのエスカレートは核戦争待ったなしみたいな緊張感があんまりない

    13
    • ななし
    • 2023年 5月 15日

    ロシアのドローン攻撃は民間施設を狙ったキタナイ攻撃
    ウクライナのドローン攻撃は軍事施設を狙ったキレイな攻撃

    9
      • 匿名
      • 2023年 5月 15日

      みんないいおとなだからおおっぴらにはいわないけど
      あたりめーだろ

      30
    • 半分の防衛費の国から
    • 2023年 5月 15日

    実際にどれくらいの戦果が上がるのか確認してから、攻撃ヘリとのバランスをどうとるか決めていくのでしょうね。無人機の飽和運用と、攻撃ヘリはベルのコブラを作り直しの様なインビクタス360とチーミングに行くのか?シコルスキー&ボーイングのアパッチに破れた?(シャイアン復活)レイダーXにして汎用型と攻撃型のニンジャヘリにするか、アメリカ軍も人員削減方向に行くので、生存性の高い方を選びそうですけれど久しぶりの陸軍大改革に期待してますよ。

    参考

    自衛隊が考えているのかもしれない無人機の運用方法
    JUMP 20 VTOL Fixed-Wing Medium UAS

    リンク
    無人機から自爆攻撃ドローンを発射する実験
    Switchblade 300 LMS & JUMP 20 MUAS |システム統合

    リンク
    アメリカ、将来型攻撃偵察機(Future Attack Reconnaissance Aircraft, FARA)計画[現在開発中]

    攻撃偵察機型もベルテキストロンになるのか?
    Bell 360 Invictus Indo Pacific Mission

    リンク
    輸送型はベルV-280バーローに決まっているので、攻撃偵察型がどうなるか?
    Sikorsky – Boeing Future Vertical Lift: The Way Forward

    リンク
    未来攻撃偵察任務FARA

    リンク

    1
    • 58式素人
    • 2023年 5月 15日

    ウクライナ領内の目標は西側供与の自爆ドローンで。
    ロシア領内の目標は、ウクライナ製の自爆ドローンで。
    空爆/空偵があまり出来ない代わりに無人機で代替しないとですね。
    爆弾であると思えば、千機単位で必要な気がします。

    13
    • チェンバレン
    • 2023年 5月 15日

    この程度の弾頭重量があれば、装甲車両や対空レーダーも無力化できるでしょう

    一方で、兵器工場などを機能不全にするにはすこし足りない気がします

    また、罷り間違って市内にでも落ちたら、それこそ大々的に被害者ヅラして喧伝するのは目に見えているので、ぜひ飛行ルートには気を付けてもらいたいところ

    6
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  2. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  3. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  4. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  5. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
PAGE TOP