欧州関連

市街戦が続くウクライナ都市マリウポリ、ロシア軍が化学兵器を使用か

激しい市街戦が続くウクライナ南部の都市マリウポリで「ロシア軍が化学兵器を使用した」と報告されており、一部の海外メディアは「ロシア軍が神経ガスのサリンを使用した」と報じている。

参考:Россияне сбросили на Мариуполь неизвестный яд – Азов
参考:Оккупанты в Мариуполе распылили с неба неизвестное отравляющее вещество: есть пострадавшие
参考:Ukrainian southern port city is under chemical attack

もし化学兵器の使用が事実なら米国やNATOは黙っていないだろう

マリウポリを防衛するアゾフ連隊は12日、Telegramに「約1時間前、マリウポリのウクライナ軍と市民に対しロシア軍がUAVを使用して毒ガスを投下した」と報告、ウクライナ国防省に近い情報筋も「ロシア軍が化学兵器を使用した可能性が非常に高い」と述べているが、まだ政府はこの件について公式な発表やコメントを行なっていない。

しかし一部の海外メディアは現地からの情報に基いて「ロシア軍がマリウポリで使用したのは神経ガスのサリンだ」と報じており、もし化学兵器の使用が事実なら米国やNATOは黙っていないだろう。

追記:化学兵器が使用されたのはアゾフ連隊の拠点(アゾフスタル製鉄所)に対してのみという情報もあり、これが事実なら化学兵器の使用は「比較的限定された範囲=市民への影響が少ないという意味」に留まるのかもしれない。

 

※アイキャッチ画像の出典:АЗОВ – Маріуполь

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ゼレンスキー大統領、韓国は我々に必要な武器を持っているで支援して欲しい前のページ

マリウポリを防衛する第36旅団の弾薬が枯渇、今日が最後の戦いになる次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ロシアのスパイとして射殺されたキレフ氏、実際はキーウ占領を阻止した功労者

    ロシア軍によるウクライナ侵攻初期の3月上旬、ウクライナ代表団の一員だっ…

  2. 欧州関連

    ロシア軍はドニエプル川に仮設の橋を建設、ウクライナ軍は破壊すると予告

    ロシア軍はアントノフスキー橋の橋脚部分にぴったりと沿うよう仮設の橋を建…

  3. 欧州関連

    スロバキアが次期IFVにCV90MkIVを選択、17億ユーロで152輌を調達

    スウェーデンとBAE Systems ABは競合したRheinmeta…

  4. 欧州関連

    極東派遣した英空母打撃群の展開コストは約110億円、但しF-35Bの損失は含まず

    7ヶ月間に及ぶ極東派遣を終えた空母打撃群の展開費用について議員に質問さ…

  5. 欧州関連

    ウクライナ空軍の報道官、全域の空をカバーするには180機の戦闘機が必要

    スペインのEL PAÍS紙は「24機のF-16を入手したいとウクライナ…

  6. 欧州関連

    占領下の街に潜伏を余儀なくされたウクライナ軍兵士、6ヶ月間ぶりに帰還

    ウクライナ国防省情報総局は「ロシア軍占領下の街で潜伏生活を強いられた兵…

コメント

    • だいぶ溜まってんじゃん
    • 2022年 4月 12日

    本当なら、逆に言えばマリウポルを落とそうと躍起になってるとも考えられますね

    アゾフ連隊の全滅はロシア・ウクライナ双方で政治的に多いに利用されるでしょうね

    関係ないですけどギリシャ議会でのゼレンスキーの演説でアゾフ連隊の隊員を出して、議会・国民共にヒンシュクを買ってかなり批判されてましたね

    5
      • Vahagn
      • 2022年 4月 12日

      ギリシャはあの債務危機の頃から反EU・親ロシア寄りの国ですから。もともと左翼社会主義政党が強い国だし信用ならん。ただ、ウクライナがEU加盟するに向けてはギリシャの支持も必要ですからね……。

      ギリシャはEU、言うまでもなくドイツとトルコが大嫌いで、債務危機で困っていた時に手を差し伸べたのがバルカン半島への南下政策のチャンスを伺うロシアと、一帯一路の西端出入口確保を狙う中国でした。
      ギリシャの政治家や大使がプーチンや習近平に祝辞を送ったりとか、親密にしている。

      ロシア人の富裕層が夏場にクルーズ旅行でヴァカンスに行くのがギリシャのリゾート地だったり、キプロスがロシアのオリガルヒが税金逃れに登記したり別荘を持っている場所だったり。ウクライナを迂回してギリシャ経由でパイプラインを建設する計画があったりと関係が深い。

      ギリシャ人の国民感情的にはウクライナ戦争葉「(ややロシア寄りの)俺たちにゃどうでもいいわ」くらいの話ではないでしょうかね。

      22
    • BC
    • 2022年 4月 12日

    マリウポリ防衛戦に参加しているアゾフ連隊がスターリンク使った投稿で
    今日には弾薬が尽き、最早明日には死か捕虜しかない

    47日間で補給は1度のみ、完全に包囲されており惨状の悲惨さからマリウポリでは
    ゼレンスキー大統領は投降も認めたらしいが、部隊は最期まで戦うとの事

    ウクライナ版「硫黄島の戦い」の様相を呈しており
    本当に心苦しく命懸けで領土を守ろうという士気の高さに敬意しかない

    33
      • 四凶
      • 2022年 4月 12日

      普通に利敵行為な情報なんで話半分でいいと思う。

      3
        • 猫鉈
        • 2022年 4月 12日

        弾薬残りわずかと自分から公表するなんて攻撃してくださいといっているようなものですからね。
        真偽はわかりませんがパッと考えて思い付くのは罠をはってロシア軍の攻勢を誘っているとか、ロシア側のプロパガンダとかですかね。

        12
          • R
          • 2022年 4月 12日

          どうせ弾も無くて死ぬんだから、最後に伝えたいことを伝えたかったんだろ。
          利敵行為って、、ここまで補給も寄越さず追い込んだウクライナ軍司令部に恨みの1つも言いたくなるのは当然。

          ロシアの稚拙さが見えるが、マリウポリに関してはウクライナも酷いよ。

          3
            • 四凶
            • 2022年 4月 12日

            疑心暗鬼になって様子見してくれればいいけど、すぐにでも白旗あげないなら攻勢厳しくなって生存率下がると思うけどな。

      • ダヴー
      • 2022年 4月 12日

      情報が錯そうしているのでしょうか。
      私が読んだ記事ではその発信はアゾフ連隊ではなく、第36海兵旅団によるものでした。

      「私たち海兵を忘れないでほしい」
      この言葉は印象に残っているので、どうしても気になりました。

      20
        • BC
        • 2022年 4月 12日

        >>私が読んだ記事ではその発信はアゾフ連隊ではなく、第36海兵旅団によるものでした。

        自分の誤認でした。第36海兵旅団の発信のようですね

        4
    • や、やめろー
    • 2022年 4月 12日

    マリウポリに最後まで残って、投降許可が与えられているにもかかわらず祖国防衛のため戦い続けてるアゾフ連隊。彼らがウクライナ国民を虐殺するとはとても考えずらい。言ってるやつは恥を知れ。命をかけて戦って死んでしまった人に失礼だ私は思う。

    19
    • m
    • 2022年 4月 12日

    そんなに2014年以降のアゾフ連隊を嫌う根拠が見当たらない。暴走族が旭日旗や類似デザインを使用してもそこに帝国主義や右翼思想は無いわけで、末端兵士が逆鉤十字を模した装飾をしていてもそこに主義は無いと感じる。ただ、アゾフ=ナチズムといったロシア系プロパガンダだけにしてはアゾフは嫌われ過ぎている気がする

    24
      • Vahagn
      • 2022年 4月 12日

      2014年のマイダン革命の時に表沙汰になったプラヴィ・セクター、スヴォボダの武装行動隊、UNA-UNSOといったモノホンのネオナチ、ファシスト信奉者たちを組み入れてアゾフ連隊を含む内務省国家親衛隊は組織された、までは事実ですけどね。
      ただ、それが国家親衛隊の全てでもなければ、ネオナチのガチ勢な人々はウクライナ政府にコントロールされるのを嫌って入隊拒否したし、選挙でも大して票を取れなかった。

      マイダン革命の時に市民デモ隊と治安部隊の両方に暴力を振るってトリックスターの役割を果たしたとされている。
      ただ、そのリーダーだったムズィチコという人物が何者かに暗殺されたので、真実は闇の中。

      アメリカがネオナチを使ってウクライナを東西に分断しようとしているのだ、という左派や親ロシア派からの主張も、まあまあ一部は事実なんでしょう。疑わしい点は確かにある。
      ただ、もっと怪しいのは、彼らネオナチ、極右のほんとうのスポンサーはロシア情報機関だったのではないか。似非ナチ、似非愛国者を名乗る連中の正体はウクライナを貶めようと画策するロシアのエージェントだったのではとも推測されている。

      まあ、米露どちらがというより、米露の双方がウクライナの不良少年を扇動し、ネオナチを駒として利用してきた、と考えるのが自然なのかもしれません。

      8
        • 2022年 4月 12日

        おっしゃるとおりで、ウクライナに限らず欧州の愛国過激派がナチス的ななにかと容易に結びつくのはたびたび指摘されているところであり、為政者がそれらを利用している面はあると思います
        そもそもワグナーグループ創始者のドミトリー・ウトキン自身がネオナチとも言われていて、彼らを許している段階でロシアも人のことは言えないだろうと感じております

        6
      • 2022年 4月 12日

      ロシアも本邦のロシア支持者も全部アゾフ連隊のせいにしようとしてますが、思想ではアゾフ連隊に引けを取らないドンバス大隊とクルチツキー大隊、ガチの右翼であるプラヴィセクターの右派義勇兵大隊に触れないんですよね。ようはウクライナに過激派のレッテルさえ貼ってしまえば正確さなんてどうでもいいんでしょう

      私の付け焼き刃な知識ですが、そもそもドネツク人民共和国にもナチスにかぶれた民兵なんかたくさんいて、ドネツク人民軍の創設者であるグバレフはロシアのネオナチと密接な関係があると言われてました。スパルタ大隊は残虐行為で知られており、民兵組織のルシッチなんかはバルト・スラビック・スワスチカを使用していました。さらにはロシア正教軍や聖イシュトヴァーン軍団(ハンガリー義勇兵)のような、ネオナチなのか過激宗教組織なのか愛国者グループなのかさっぱり分からない民兵も多く存在します。既存権力へのアンチとしてナチス的意匠と民族主義が悪魔合体しており、メディアは分かりやすさを求めてそれらに群がっている気がしています

      5
    • ちゃわんビートル
    • 2022年 4月 12日

    非戦闘員に無差別爆撃され
    原発を危機に陥れられ
    その上サリンを撒かれたのに、

    それを全部経験した唯一(多分)の国が戦闘面で援助できんってのは歯痒いな

    36
      • 四凶
      • 2022年 4月 12日

      非戦闘員が無差別爆撃された以外は他国によるものではなく日本国内での人災?によるだから全てが戦闘のウクライナとは違うと思うんだよな。

      1
    • 2022年 4月 12日

    アゾフ連隊と行動を共にしてたフランスの外人部隊が全滅したって話もありますね
    補給がないのはやはりしんどすぎる

    8
    • AAA
    • 2022年 4月 12日

    ほーん、シリアでのロシア軍の司令官を務めたドヴォルニコフ大将がウクライナ侵攻総司令に就任した途端化学兵器ですか
    手段を選ばない冷酷なやつだからウクライナ市民が危ないと言われていた前評判の通りじゃないか

    17
    • 下僕
    • 2022年 4月 12日

    これはNATO軍派兵必至じゃないですか?真珠湾攻撃のようなものとなるんじゃないかな。

    3
      • 名無し2
      • 2022年 4月 12日

      普通に核戦争の危機ですね

      3
    • 名無し2
    • 2022年 4月 12日

    ウクライナはNATOの支援のもと化学防護で戦えるでしょうが風向きを計算できないロシアは大丈夫なんでしょうか。化学兵器を使ったからといって核が使用されるとは限らないですがちょっと心配ですね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP