インド太平洋関連

インドネシア国防相、F-15EX導入は政府の最終決定を待っているところ

米国防長官と会談したインドネシアのプラボウォ・スビアント国防相は「F-15EX導入に関する交渉は続けられており、政府の最終決定を待っているところだ」と明かした。

参考:Govt’s final decision awaited for F-15 EX purchase: Defense Minister
参考:Indonesia approves USD3.9 billion in foreign loans for fighter aircraft programmes

プラボウォ国防相が言及した「政府の最終決定」とは債務保証の発行を指しているのだろう

インドネシアは総額81億ドルでラファールを42機導入することで今年2月にフランスと合意、両国は6機のラファール導入に関する契約を締結しているため、合意された42機導入に必要な資金供給が一括で承認された訳では無く、これと同タイミングで米国務省が36機のF-15ID(F-15EXのインドネシア向けバージョン)売却の可能性を承認して交渉が続けられてきた。

出典:Boeing F-15EX

インドネシアは2024年までに最初の8機を受け取るため2022年中の契約締結を目指しているが、ボーイング側は提示された支払い方法に課題(インドネシアは分割払いを要求)があると考えているため交渉が難航、年内の契約締結は難しいと予想されているが、米国防長官と会談したインドネシアのプラボウォ国防相は「F-15ID導入に関する交渉は続けられており、政府の最終決定を待っているところだ」と明かしている。

恐らくF-15ID調達資金はラファールと同じように海外から調達する可能性が高く、これを実現するためにはインドネシア政府による債務保証を財務省に発行してもらう必要があり、プラボウォ国防相が言及した「政府の最終決定」とは債務保証の発行を指しているのだろう。

出典:public domain

因みにインドネシア財務省は空軍が提出した3つの調達案件に最大39億ドルの債務保証を発行、これによりラファールの第2バッチ分(12機~18機)の契約が発効、カタール空軍から退役するミラージュ2000取得(ラファール導入までの繋ぎでパイロットの訓練用らしい)のための入札に参加できるようになったと報じられているが、残り1つの案件が何なのかは判明していない。

関連記事:インドネシアとボーイングがF-15EX導入を交渉中、アローヘッド140建造もまもなく

 

※アイキャッチ画像の出典:ボーイング F-15EX

ロシア大統領報道官、ウクライナの政権交代は特別軍事作戦の目標ではない前のページ

ウクライナの外務副大臣人事にポーランドが反発、不幸な出来事でもっと配慮すべき次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    鉄棒で武装したインド軍と中国軍が衝突、両軍合わせて63人が死亡または重症

    インド軍と中国軍が15日に軍事的衝突した結果、少なくとも両軍合わせて6…

  2. インド太平洋関連

    インド海軍が2隻目の国産空母建造計画を提出、ヴィクラント級空母の再発注

    インド海軍は2隻の空母=改キエフ級を改装したヴィクラマーディティヤと国…

  3. インド太平洋関連

    台湾空軍からの評価が低いミラージュ2000-5、F-16V導入で早期退役?

    台湾は米国から新たに製造されたF-16V Block70を66機導入す…

  4. インド太平洋関連

    ポーランド国防相の訪韓が中止、K2とK9の出庫式は予定通り実施

    韓国の現代ロテムとハンファディフェンスはK2とK9の出庫式を19日に予…

  5. インド太平洋関連

    量産化に向けて順調なテジャスMK.1A、プロトタイプが初飛行に成功

    ヒンドスタン航空機(HAL)最高経営責任者のマドハヴァン氏は今年1月「…

  6. インド太平洋関連

    米国人は台湾への軍事援助を支持、有事の米軍派遣を支持したのは38%だけ

    ロイターは16日「中国が台湾を攻撃した際、台湾防衛のため米軍派遣を支持…

コメント

    • α
    • 2022年 11月 22日

    アメリカが同盟国のオーストラリアと揉めてるインドネシアにF-15EXを売り付けるのはどうなんだろう?非ステルスとはいえ強力すぎるような…。
     オーストラリア的にはF-35があるから平気なのかな?

    2
      • 匿名希望
      • 2022年 11月 22日

      まあフランカーやラファール入れるだけですしな>インドネシア
      ある程度のコントロールできるようにしておきたいのでは?

      13
    • 半蔵
    • 2022年 11月 22日

    フランス目線で、潜水艦は補償されるといえオーストラリアでやられたからインドネシアでもラファールこのまま導入されるはずの42機無くなるとかなんとしても阻止したいだろうから、ポーランドウクライナで反対にまわるとか他にやり返す取引材料を探してるところなんじゃないかな。

    1
    • 戦略眼
    • 2022年 11月 22日

    先立つものがあるのか?

    4
      • 戦略眼
      • 2022年 11月 22日

      追記です。
      インドネシアで大規模な地震があったようです。
      益々、金が足りなくなる。

      1
    • 無無
    • 2022年 11月 22日

    インドネシアの地力を考えると、オーストラリアとは小競り合い以上にはなれないと読み切られて、むしろ他国からさらに兵器導入されるよりは米製兵器でコントロールしたほうが得策と判断されたな、

    1
    • ななし
    • 2022年 11月 22日

    インドネシアは相変わらず節操なくあちこち手を出してるな。
    KFXやラファールでもさんざんゴネてちょっとでも支払い削ろうとしている姿を見ていると、F-15EXでも揉めるんだろうなという感想しか浮かばないが。

    1
    • さめ
    • 2022年 11月 22日

    F-15の運用国増えたなぁ
    ちょっと前まで限られた国だけが使える高級戦闘機ってイメージあったのに
    まあインドネシアと日本は政治的な対立ほぼないし、東南アジアの要となる友好国が強力な防空体制を敷くのは歓迎すべきことなんじゃないか

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  2. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  3. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  4. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  5. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
PAGE TOP