インド太平洋関連

インドネシア国防相、F-15EX導入は政府の最終決定を待っているところ

米国防長官と会談したインドネシアのプラボウォ・スビアント国防相は「F-15EX導入に関する交渉は続けられており、政府の最終決定を待っているところだ」と明かした。

参考:Govt’s final decision awaited for F-15 EX purchase: Defense Minister
参考:Indonesia approves USD3.9 billion in foreign loans for fighter aircraft programmes

プラボウォ国防相が言及した「政府の最終決定」とは債務保証の発行を指しているのだろう

インドネシアは総額81億ドルでラファールを42機導入することで今年2月にフランスと合意、両国は6機のラファール導入に関する契約を締結しているため、合意された42機導入に必要な資金供給が一括で承認された訳では無く、これと同タイミングで米国務省が36機のF-15ID(F-15EXのインドネシア向けバージョン)売却の可能性を承認して交渉が続けられてきた。

出典:Boeing F-15EX

インドネシアは2024年までに最初の8機を受け取るため2022年中の契約締結を目指しているが、ボーイング側は提示された支払い方法に課題(インドネシアは分割払いを要求)があると考えているため交渉が難航、年内の契約締結は難しいと予想されているが、米国防長官と会談したインドネシアのプラボウォ国防相は「F-15ID導入に関する交渉は続けられており、政府の最終決定を待っているところだ」と明かしている。

恐らくF-15ID調達資金はラファールと同じように海外から調達する可能性が高く、これを実現するためにはインドネシア政府による債務保証を財務省に発行してもらう必要があり、プラボウォ国防相が言及した「政府の最終決定」とは債務保証の発行を指しているのだろう。

出典:public domain

因みにインドネシア財務省は空軍が提出した3つの調達案件に最大39億ドルの債務保証を発行、これによりラファールの第2バッチ分(12機~18機)の契約が発効、カタール空軍から退役するミラージュ2000取得(ラファール導入までの繋ぎでパイロットの訓練用らしい)のための入札に参加できるようになったと報じられているが、残り1つの案件が何なのかは判明していない。

関連記事:インドネシアとボーイングがF-15EX導入を交渉中、アローヘッド140建造もまもなく

 

※アイキャッチ画像の出典:ボーイング F-15EX

ロシア大統領報道官、ウクライナの政権交代は特別軍事作戦の目標ではない前のページ

ウクライナの外務副大臣人事にポーランドが反発、不幸な出来事でもっと配慮すべき次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    韓国、A-10 サンダーボルトⅡ主翼製造に続き「機体整備」を約231億円で受注

    米国防総省は12月9日、在韓米軍に配備されている攻撃機「A-10 サン…

  2. インド太平洋関連

    韓国が天武288輌をポーランドに輸出、約9,000億円の契約を19日に締結

    韓国政府の関係者は17日、多連装ロケットシステム「天武」のポーランド輸…

  3. インド太平洋関連

    順調な開発をアピールする豪空軍、ロイヤル・ウィングマンの2号機をテストに投入

    西側諸国の中で最も開発が先行している有人機とエアチーミングが可能なロイ…

  4. インド太平洋関連

    台湾外相、ウクライナでの戦いから学ぶべき教訓は非対称戦と民間防衛

    台湾の呉外相(外交部長)は1日、米CNNの番組に出演して「ロシア軍と戦…

  5. インド太平洋関連

    インドネシア空軍に続きタイ空軍も韓国からT-50を追加導入すると発表

    韓国航空宇宙産業はインドネシア国防省とT-50i追加導入に関する契約を…

コメント

    • α
    • 2022年 11月 22日

    アメリカが同盟国のオーストラリアと揉めてるインドネシアにF-15EXを売り付けるのはどうなんだろう?非ステルスとはいえ強力すぎるような…。
     オーストラリア的にはF-35があるから平気なのかな?

    2
      • 匿名希望
      • 2022年 11月 22日

      まあフランカーやラファール入れるだけですしな>インドネシア
      ある程度のコントロールできるようにしておきたいのでは?

      13
    • 半蔵
    • 2022年 11月 22日

    フランス目線で、潜水艦は補償されるといえオーストラリアでやられたからインドネシアでもラファールこのまま導入されるはずの42機無くなるとかなんとしても阻止したいだろうから、ポーランドウクライナで反対にまわるとか他にやり返す取引材料を探してるところなんじゃないかな。

    1
    • 戦略眼
    • 2022年 11月 22日

    先立つものがあるのか?

    4
      • 戦略眼
      • 2022年 11月 22日

      追記です。
      インドネシアで大規模な地震があったようです。
      益々、金が足りなくなる。

      1
    • 無無
    • 2022年 11月 22日

    インドネシアの地力を考えると、オーストラリアとは小競り合い以上にはなれないと読み切られて、むしろ他国からさらに兵器導入されるよりは米製兵器でコントロールしたほうが得策と判断されたな、

    1
    • ななし
    • 2022年 11月 22日

    インドネシアは相変わらず節操なくあちこち手を出してるな。
    KFXやラファールでもさんざんゴネてちょっとでも支払い削ろうとしている姿を見ていると、F-15EXでも揉めるんだろうなという感想しか浮かばないが。

    1
    • さめ
    • 2022年 11月 22日

    F-15の運用国増えたなぁ
    ちょっと前まで限られた国だけが使える高級戦闘機ってイメージあったのに
    まあインドネシアと日本は政治的な対立ほぼないし、東南アジアの要となる友好国が強力な防空体制を敷くのは歓迎すべきことなんじゃないか

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  5. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP