インド太平洋関連

インドネシア海軍の潜水艦が消息不明、要請を受けたシンガポール海軍が潜水艦救難艦を派遣

インドネシア海軍の潜水艦「ナンガラ」は21日の午前3時頃(現地時間)、通常の魚雷訓練を実施するためバリ島北部の海域で潜航許可を要求後に連絡が取れなくなり行方が分からなくなった。

参考:Indonesia searching for missing submarine with 53 on board
参考:Indonesian Navy searches for missing submarine with 53 people on board

シンガポール海軍の潜水艦救難艦とレスキューチームはすでにバリ島北部の海域に急行中

インドネシア国防省は直ぐに現場海域に航空機を派遣してナンガラが消息を断ったと推測される海域周辺で油の流出を確認、インドネシア海軍は潜航中のナンガラに何らかの機械的トラブルが発生して艦の制御に必要な電力を失い海底に沈没したとの見解を示したが、同海域の平均水深700mに対してナンガラ(ドイツ製209型/1300潜水艦)の潜航限界は500mしかないので海軍のスポークスマンは「乗員53人(通常は34人だが訓練のため定員よりも多い53人が乗り込んでいたらしい)が無事生きて帰れることを祈ろう」と言っている。

※潜水艦ナンガラが消息を断ったとおもわれる海域

インドネシア国防省は海軍所属の海洋調査船2隻を派遣して海底地形図作成のため使用するソナーシステムを使用してナンガラの位置特定を急いでいるが、インドネシア海軍には浮上不能になった潜水艦の乗員救助にあたる潜水艦救難艦を保有していないため周辺国に支援を要請、これにオーストラリア、インド、シンガポールが応じ模様でシンガポール海軍の潜水艦救難艦とレスキューチームはすでにバリ島北部の海域に急行中らしい。

出典:Rjv25 / CC BY-SA 4.0 シンガポール海軍の潜水艦救難艦MV Swift Rescue

潜水艦にとって最大潜航深度は機密情報に該当するので500mという数値は恐らくウィキペディアの情報(ロイターは250mと報じている)に基づいたものである可能性が高く、仮に500mという数値が正しいとしても設計上の安全マージンが幾らか残されているため700mの海底でも生存可能な艦内環境が奇跡的に保たれているかもしれない。

しかし潜水艦ナンガラは就役から40年も経過(2012年に韓国で大規模なアップグレードを受けている)しているため耐圧殻が設計通りの性能を維持しているのか怪しく、海底で奇跡が起こっていたとしても長くは持たないだろう。

一刻も早くシンガポール海軍の潜水艦救難艦が到着して海底に沈んだナンガラから乗員53人が全員救助されることを祈る。

余談だがシンガポール海軍の対応が素早いのはインドネシアと締結している潜水艦救難に関する協定が存在するためで、恐らくシンガポール海軍は潜水艦事故の一報を受けて準備を始めていたのだろう。

告知:軍事関係や安全保障に関するニュースが急増して伝えきれない=記事化が追いつかないためTwitterの方でも情報を発信します。興味のある方は@grandfleet_infoをフォローしてチェックしてみてください。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain インドネシア海軍の潜水艦ナンガラ

クアッドにも影響を及ぼす米国のインド制裁、トルコが注目する理由とは?前のページ

米中央軍の最高司令官、UAV接近を検出するのは困難で完全な制空権を失ったと告白次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    止まらない台湾の米国製兵器調達、MQ-9リーパーやハープーン調達を計画中

    米国政府は潜水艦で使用する大型誘導魚雷Mk48 Mod6を台湾へ売却す…

  2. インド太平洋関連

    順調に開発日程を消化する韓国の戦闘機KF-X、試作機の年内完成を発表

    韓国航空宇宙産業(KAI)の関係者は10日、次世代戦闘機「KF-X」の…

  3. インド太平洋関連

    オーストラリア、数ヶ月以内に極超音速ミサイルのプロトタイプ試射を実施

    豪メディアのシドニー・モーニング・ヘラルド紙は1日、オーストラリアは数…

  4. インド太平洋関連

    謎が深まるインドネシアの潜水艦事故、制御不能になった原因は電源の喪失?魚雷の暴発?

    インドネシア海軍の潜水艦「ナンガラ」は838mの海底で船体、船尾、主要…

  5. インド太平洋関連

    インド、総額6,810億円を投じて国産戦闘機「テジャスMK.1」を83機導入

    インドのモディ首相が議長を務める内閣国防委員会(CCS)は13日、国産…

  6. インド太平洋関連

    米国、韓国の第4.5世代戦闘機「KF-X」に対し精密誘導兵器の統合を許可

    どうやら韓国が開発中の第4.5世代戦闘機「KF-X」に対して一部の米国…

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  3. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  4. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
PAGE TOP