インド太平洋関連

インドネシア海軍の潜水艦が消息不明、要請を受けたシンガポール海軍が潜水艦救難艦を派遣

インドネシア海軍の潜水艦「ナンガラ」は21日の午前3時頃(現地時間)、通常の魚雷訓練を実施するためバリ島北部の海域で潜航許可を要求後に連絡が取れなくなり行方が分からなくなった。

参考:Indonesia searching for missing submarine with 53 on board
参考:Indonesian Navy searches for missing submarine with 53 people on board

シンガポール海軍の潜水艦救難艦とレスキューチームはすでにバリ島北部の海域に急行中

インドネシア国防省は直ぐに現場海域に航空機を派遣してナンガラが消息を断ったと推測される海域周辺で油の流出を確認、インドネシア海軍は潜航中のナンガラに何らかの機械的トラブルが発生して艦の制御に必要な電力を失い海底に沈没したとの見解を示したが、同海域の平均水深700mに対してナンガラ(ドイツ製209型/1300潜水艦)の潜航限界は500mしかないので海軍のスポークスマンは「乗員53人(通常は34人だが訓練のため定員よりも多い53人が乗り込んでいたらしい)が無事生きて帰れることを祈ろう」と言っている。

※潜水艦ナンガラが消息を断ったとおもわれる海域

インドネシア国防省は海軍所属の海洋調査船2隻を派遣して海底地形図作成のため使用するソナーシステムを使用してナンガラの位置特定を急いでいるが、インドネシア海軍には浮上不能になった潜水艦の乗員救助にあたる潜水艦救難艦を保有していないため周辺国に支援を要請、これにオーストラリア、インド、シンガポールが応じ模様でシンガポール海軍の潜水艦救難艦とレスキューチームはすでにバリ島北部の海域に急行中らしい。

出典:Rjv25 / CC BY-SA 4.0 シンガポール海軍の潜水艦救難艦MV Swift Rescue

潜水艦にとって最大潜航深度は機密情報に該当するので500mという数値は恐らくウィキペディアの情報(ロイターは250mと報じている)に基づいたものである可能性が高く、仮に500mという数値が正しいとしても設計上の安全マージンが幾らか残されているため700mの海底でも生存可能な艦内環境が奇跡的に保たれているかもしれない。

しかし潜水艦ナンガラは就役から40年も経過(2012年に韓国で大規模なアップグレードを受けている)しているため耐圧殻が設計通りの性能を維持しているのか怪しく、海底で奇跡が起こっていたとしても長くは持たないだろう。

一刻も早くシンガポール海軍の潜水艦救難艦が到着して海底に沈んだナンガラから乗員53人が全員救助されることを祈る。

余談だがシンガポール海軍の対応が素早いのはインドネシアと締結している潜水艦救難に関する協定が存在するためで、恐らくシンガポール海軍は潜水艦事故の一報を受けて準備を始めていたのだろう。

告知:軍事関係や安全保障に関するニュースが急増して伝えきれない=記事化が追いつかないためTwitterの方でも情報を発信します。興味のある方は@grandfleet_infoをフォローしてチェックしてみてください。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain インドネシア海軍の潜水艦ナンガラ

クアッドにも影響を及ぼす米国のインド制裁、トルコが注目する理由とは?前のページ

米中央軍の最高司令官、UAV接近を検出するのは困難で完全な制空権を失ったと告白次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    オーストラリア、国内建造の準備が整うまでリース方式による米原潜調達を検討

    オーストラリアのダットン国防相は19日、国内建造による原潜戦力化までの…

  2. インド太平洋関連

    2032年頃に就役? 韓国、いずも型護衛艦を口実に軽空母導入前倒し検討

    韓国メディアは5日、韓国政府と軍はF-35Bを運用可能な韓国型空母の導…

  3. インド太平洋関連

    インドのテジャスMK.1Aと韓国のKF-X、東南アジア市場で競合する可能性が浮上

    インドは友好国に対して国産軽戦闘機「テジャスMK.1A」をインド空軍と…

  4. インド太平洋関連

    韓国の尹大統領、カナダ経由でウクライナへの155mm砲弾提供を承認か

    ロイターは30日、カナダが要請した155mm砲弾の供給に韓国が応じて「…

  5. インド太平洋関連

    韓国はF-35の重整備を何処で受ける?米国、韓国に対し「日本」の整備拠点利用を要請

    韓国で再び、空軍が導入中の第5世代戦闘機「F-35A」の重整備を、一体…

  6. インド太平洋関連

    契約総額57億ドルの行方、豪州の歩兵戦闘車と自走砲を巡ってドイツと韓国が激突

    オーストラリ軍の次世代歩兵戦闘車選定「Land 400」の最終評価テス…

  1. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  2. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  5. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
PAGE TOP