インド太平洋関連

キーウを訪問した豪首相、M113など1億ドルの装備をウクライナに提供

NATO首脳会議に出席したオーストラリアのアルバニージー首相はキーウを訪問、M113やブッシュマスターなど1億ドルの装備提供を行うと発表した。

参考:President met with the Prime Minister of Australia in Kyiv
参考:Albanese visits war-ravaged towns in Ukraine

ウクライナへの武器支援で存在感を発揮するオーストラリア、非NATO加盟国の中で最大

キーウを訪問してゼレンスキー大統領と会談したアルバニージー首相は記者会見で「ウクライナの要請に応じてM113×14輌、ブッシュマスター×20輌、ドローンなど1億ドル相当の装備提供を行う」と発表、オーストラリアは「非NATO加盟国の中で最大の武器支援国(3億9000万ドル)だ」と報じられている。

出典:Hpeterswald/CC BY-SA 3.0

アルバニージー首相も「これはオーストラリア国民が誇りに思える支援だ。ウクライナの防衛はルールに基づく国際秩序を守る行為で、これが崩壊すれば世界中に影響を及ぼす」と述べており、人道支援も加えればウクライナに対するオーストラリアの支援額は4億ドルを超える計算だ。

オーストラリアのウクライナ支援
M113AS4 28輌
ブッシュマスター60輌
M7776門
詳細不明なレーダー数量不明
種類不明のドローン 数量不明
小銃数量不明
ロケット弾数量不明
155mm砲弾数量不明
各種弾薬数量不明
非致死性の装備品一式数量不明
人道支援6,500万ドル


関連記事:祈りと武器を捧げるオーストラリア、ウクライナにブッシュマスターを提供
関連記事:オーストラリア、ウクライナに155mm榴弾砲と砲弾を提供すると発表

 

※アイキャッチ画像の出典:President of Ukraine

ロシア軍がルハーンシク制圧を大統領に報告、スラビャンスクに向けて前進前のページ

マレーシア空軍の軽戦闘機調達、インドのテジャスMK.1Aが勝利か次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    韓国とUAEが多目的輸送機の共同開発で合意、MC-X開発にUAEが参加する可能性

    アラブ首長国連邦を訪問中の尹大統領は防衛産業協力を大幅に強化することで…

  2. インド太平洋関連

    奮戦するアフガニスタン軍の特殊作戦部隊、タリバンを食い止める防衛ラインを構築

    アフガニスタン軍・治安維持部隊(ANDSF)は4日、タリバンから都市や…

  3. インド太平洋関連

    調達中止をひっくり返した韓国、インドのK30調達事業は予定通り実行か

    インドのシン国防大臣は今年9月、韓国から複合防空システム「K30Bih…

  4. インド太平洋関連

    豪海軍、トンガ派遣の強襲揚陸艦が電力を喪失して曳航中というニュースは嘘

    トンガ支援のため派遣されたオーストラリア海軍の強襲揚陸艦「アデレード」…

  5. インド太平洋関連

    義務と協力の違い、中国との戦いに米軍派遣を期待しない台湾人が増加

    台湾国防部は「ロシア軍によるウクライナ侵攻が国民の国防意識に及ぼした影…

  6. インド太平洋関連

    台湾製の武装ドローン「Revolver860」がポーランド経由でウクライナへ

    海外では「台湾企業が製造する武装ドローン「Revolver860」がポ…

コメント

    • 名無し
    • 2022年 7月 04日

    IDFさん曰くの、移動式装甲兵員火葬車ってやつですね。饅頭乗っけて効果あるんだろうか。
     

    3
    • EijiK
    • 2022年 7月 04日

    「〜億ドル相当!」というのが巧妙なトリックで。実際に渡すのは自国の使い古しの装備品ですから、減価償却はほぼ終わってるものだらけ。
    もちろんウクライナは新品だろうが中古だろうが今使えるものが欲しいわけですから、それで何の文句もなく。
    オーストラリア首相は政治的には高らかに金額と規模を誇れるし、実際には自国の財布は見た目ほどは痛まない。
    上手いやり方だな、と思いますね。
    日本もトヨタのハイエースやピックアップを民生支援だと言って100台ぐらい送りつけたら非常に喜ばれたと思います。

    17
      •  
      • 2022年 7月 04日

      なんなら退役費用が浮いて助かるなんてことも

      2
        • perorin
        • 2022年 7月 04日

        トラックとかは武器も装甲もついてないし、
        今後1年以内に退役予定で補充発注済みの装備なら順次送っても部隊運用に支障でないだろうにね。
        ほんと今の政府は渋いね。

        3
          • samo
          • 2022年 7月 04日

          民生トラックといった事業車は、日本は海外じゃめちゃくちゃ弱いですよ。
          海外における整備拠点なんかそもそも存在してないし、大半が右ハンドル。
          それを欧州持っていってもゴミにしかならない

          どうしても民生トラックといった事業車にこだわるんだったら、欧州でも強いヒュンダイなんかに部品供与を優先させるとかがせいぜい

          2
      • 暇人28
      • 2022年 7月 04日

      まじめに兵器と疑われるものは難しいというか無理なんだろうけど、トヨタ車とか沢山送ったら使い道色々ありそうな気がする

      8
    • Rex
    • 2022年 7月 04日

    FH70とか定数削減で退役させるんだから、少しは送れるでしょーに。

    ロシアにサハリン2の件で、一方的にされて黙って注視だけしてる岸田くんは情けなさすぎる。

    9
      • ナイトアウル
      • 2022年 7月 04日

       情けないのは直接殺しにつながるような装備を提供するのを是としない大多数の日本国民であって総理云々じゃない。
       直接的な日本の危機でもないから提供したら、それこそ国内的には意味無く政権が倒れるだけで自民党に旨みなんてないからやろうとも思わないだろう。

      11
        • samo
        • 2022年 7月 04日

        国民の反対を押し切ってでも、国益に必要なことならやるのが政府の仕事。
        世論調査で反対が多いからやりません、だったら政府の存在価値はなくなってしまう。
        なんのための代議制と議院内閣制という間接民主主義をとっているのか。

        反対が多いからやらないっていうのは、それは衆愚政治っていうんですよ
        政府が非常に愚かというしかない

        7
        • samo
        • 2022年 7月 04日

        例えば、集団的自衛権容認についても、7割以上が反対していました。
        それでも安倍政権は行使容認を決めたんですよ。

        もちろん5年主張し続けて、支持をほぼ5分まで持っていったという時間をかけたという面もある。
        だが、今の政府は主張していますか?国民理解を得るための行動をしていますか?
        やっていることといえば、八方美人を気取って風見鶏。
        逆風の中に飛び込む行動力が欠如している。
        世論が反対だからやりません、を是とする政府じゃいけないんですよ

        11
          • くらうん
          • 2022年 7月 04日

          てか本当に日本の与野党って、安全保障に関する本質的な議論しませんね。
          敵地への攻撃能力を「北朝鮮の弾道ミサイル運搬車両へのため」なんていつまで言っているのだろう。
          どう考えても中国の固定目標に対してだろうに、言わないんだよなあ。

          1
            • samo
            • 2022年 7月 04日

            リスクを取らない政治家は、ロクなやつじゃないです。
            政治家としての仕事を半ば放棄しているも同然。
            保身には長けているけれど、国家国民にとっては害悪以外のなにものではない

    • NATTO
    • 2022年 7月 04日

    小銃は何を渡すんだろ?
    F88だと操作が独特だから、M4が一番喜ぶだろうけど。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  2. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  3. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  4. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  5. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
PAGE TOP