インド太平洋関連

米国務省、豪州に最大220発のトマホークを売却する可能性を承認

米国務省は16日「オーストラリアに対外有償軍事援助で最大20発のトマホークBlockIVと最大200発のトマホークBlockVを売却する可能性を承認した」と発表、取得するトマホークはホバート級駆逐艦での運用が予定されている。

参考:AUSTRALIA – TOMAHAWK WEAPON SYSTEM

噂されていたコリンズ級潜水艦へのトマホーク統合と関連があるのかは不明だ

オーストラリア海軍はバージニア級原潜を取得する2030年代までコリンズ級潜水艦の運用を続けるため、ディーゼルエンジンを含む推進システム全体の交換、冷却能力のアップグレード、非貫通式潜望鏡への変更などを含む大掛かりなアップグレード(Life of Type Extension=LOTE)を計画しており、コリンズ級潜水艦へのトマホーク統合も検討していたが、米国務省は「オーストラリアに対外有償軍事援助(FMS)で最大20発のトマホークBlockIVと最大200発のトマホークBlockVを売却する可能性を承認した」と発表した。

出典:Nick-D / CC BY-SA 4.0 オーストラリア海軍 ホバート級駆逐艦

米国がオーストラリアに売却の可能性を承認したのは最大20発のトマホークBlockIVと最大200発のトマホークBlockVで、スペアパーツ、トレーニング、メンテナンスなど関連機器やサポートなど含む契約額は最大8億9,500万ドルだと通知している。

今回のトマホーク導入は「ホバート級駆逐艦(恐らくハンター級フリゲートも含まれる)に配備することを前提している」と報じられており、コリンズ級潜水艦へのトマホーク統合と関連があるのかは不明だ。

出典:Royal Australian Navy

因みに潜水艦発射タイプのトマホークは垂直発射に対応したCLSキャニスタータイプ(米海軍の原潜が採用)と魚雷発射管に対応したTTLキャニスタータイプ(英海軍の原潜が採用)があり、英海軍の調達は終了しているためオーストラリアは「レイセオンが再生産ラインに応じるかが問題だ」と指摘している。

追記:繰り返しになるが米国務省の通知は「最大220発のトマホークをオーストラリアに売却できる」という可能性に過ぎず、議会が反対しなければオーストラリアは最大220発の枠内でレイセオンと正式な交渉を開始するため、まだトマホーク導入も、導入数量も、契約額も確定した訳では無く、日本が導入すると発表しているトマホークの買収はまだ米国務省が承認前の段階だ。

関連記事:豪海軍、アップグレードを行うコリンズ級潜水艦にトマホーク統合を検討

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Jonathan Sunderman/Released

ノルウェー軍の調達部門、レオパルト2A7とK2に大きな性能差はなかった前のページ

スロバキアがウクライナへのMiG-29引き渡しを発表、ポーランドと合わせて計17機次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    再掲載|韓国が日本のグローバルホーク導入に期待している効果とは?

    在韓米軍の駐留費用大幅アップを要求する米国と小幅アップに留めたい韓国と…

  2. インド太平洋関連

    韓国財政部が軽空母設計予算を全額削除、事業の妥当性検討を要求

    韓国メディアは12日、企画財政部(財務省相当)は防衛事業庁が軽空母建造…

  3. インド太平洋関連

    米空軍、タイにF-35Aを運用できるか調査するためチームを派遣

    タイにF-35Aを運用できる能力があるのか調査するため米空軍の関係者が…

  4. インド太平洋関連

    韓国で大規模な兵器データ流出事件が発生、移転を受けた技術も含まれ国際問題化する恐れ

    韓国メディアは26日、国防科学研究所から機密扱いの技術データが大量に流…

  5. インド太平洋関連

    台湾の次世代戦闘機は2024年5月までに登場、KF-21に良く似た仕上がり

    台湾メディアの上報は13日「空軍は蔡総統が退任(2024年5月)する前…

  6. インド太平洋関連

    豪空軍、KC-30Aを使用したF-2との空中給油適合試験が完了したと発表

    豪空軍は空中給油機KC-30Aによる空自F-2との空中給油適合性確認試…

コメント

    • 2023年 3月 17日

    トマホーク
    みんなで撃てば
    怖くない

    21
    • 日本太郎
    • 2023年 3月 17日

    友ホーク!!

    4
    • ニッポン太郎
    • 2023年 3月 17日

    友ホーク!!

    3
    • 無印
    • 2023年 3月 17日

    トマホークがぼちぼち輸出され始めたのは、トマホークと同等か、それよりヤバイミサイルをいろんな国が持ち始めたからでしょうか?
    日本ですら巡航ミサイルを国産、極超音速ミサイルを開発配備しようとするご時世に、出し渋ってる場合ではなくなった感じですかね

    日本の高速滑空弾をオーストラリアあたりに輸出できませんかね(願望
    まぁオーストラリアなら日本から買うより、アメリカから同等の品物を導入しそうですが

    20
    • 名無し
    • 2023年 3月 17日

    写真でコリンズ級の艦首がぷっくり膨らんでいるように見えるんですが
    葉巻型だよねアレ?

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  2. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  3. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  4. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  5. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
PAGE TOP