日本関連

ボーイング、航空自衛隊向けに製造したKC-46A初号機が空中給油のテストに成功したと発表

ボーイングは16日、航空自衛隊向けに製造したKC-46Aの初号機が空中給油のテストに成功したと発表した。

参考:Boeing KC-46A Tanker for Japan Completes First Refueling Flight

限定的なステルス機への空中給油が可能になったKC-46A、空自向けの機体が空中給油のテストをパス

航空自衛隊向けに製造したKC-46Aの初号機はワシントン州の上空で米空軍のKC-46Aに燃料を移送することに成功、さらに米空軍のKC-46Aから燃料を受け取ることにも成功したとボーイングが16日に発表した。

出典:ボーイング

日本は米空軍が導入を進めている新型の空中給油機KC-46Aを6機導入する予定(2017年に1機、2018年に1機、2020年に4機分の予算を計上済み)で、今回空中給油のテストに成功したは初号機は美保基地に新設された航空自衛隊の第405飛行隊(昨年12月編成)に引き渡され予定だ。

同隊のパイロットと給油オペレーターは米国のアルタス空軍基地に派遣されてKC-46Aの操縦や給油方法に関する訓練を履修済みなので日本側のKC-46A受け入れ体制は整っているのだが、新型コロナウイルスの影響で当初6月予定だった引き渡しは年内中へと変更されており、今のとこと何時日本に到着するのは判明していない。

出典:U.S. Air Force Airman 1st Class Amanda Lovelace

因みにKC-46Aは欠陥の影響でフライングブームを使用したステルス戦闘機やステルス爆撃機への空中給油を制限(空中給油を受ける機体表面に損傷を与える可能性があるため)されていたのだが、米輸送軍司令部は最近「限定的なステルス機への空中給油を解放した」と報じられている。

KC-46Aがフライングブームを使用してF-35Aに空中給油を行えるのは「国内での訓練や演習時のみ」で海外での演習や実戦でF-35Aに空中給油を行えるのはKC-135やKC-10に限られており、この制限が解放されるのは欠陥修正が完了する2023年以降になるのではないと予想されている。

関連記事:KC-46A受け入れ準備が進む空自、米国に派遣中の第405飛行隊が訓練が完了

 

※アイキャッチ画像の出典:ボーイング

バイデン大統領、予想より早くカーブルが陥落したのは指導者が抵抗することを諦め逃げ出したせい前のページ

米国、国外脱出者を輸送したC-17の降着装置からアフガニスタン人の遺体を発見次のページ

関連記事

  1. 日本関連

    護衛艦いずも、仏空母「シャルル・ド・ゴール」の次は米空母「ロナルド・レーガン」と共同訓練

    現在、インド太平洋地域の各国海軍等との共同訓練を実施し、部隊の戦術技量…

  2. 日本関連

    ボーイングによる空自向けKC-46Aのスペアパーツ価格釣り上げ疑惑が浮上、米議会で討議される予定

    ボーイングは空中給油機KC-46Aの開発過程で被った損失を回収するため…

  3. 日本関連

    日本、2035年配備の無人戦闘機は「自律的制御」や「AI」に非対応か

    日本は次期戦闘機(F-X)と連携して作動する無人戦闘機を2035年まで…

  4. 日本関連

    海外メディアも注目、日本の「島嶼防衛用高速滑空弾」に関する情報流出事件

    国内メディアは20日、島嶼(しょ)防衛用高速滑空弾に関する情報が三菱電…

  5. 日本関連

    在モンゴル日本大使、祖国への帰還を夢見ながらモンゴルで亡くなった日本人抑留者に哀悼の意

    在モンゴル日本大使の小林弘之氏は終戦記念日の8月15日、ウランバートル…

  6. 日本関連

    日本の自力移動を前提にしたアフガン退避作戦は終了、緻密な事前準備で韓国は391人の輸送に成功

    岸防衛相はアフガニスタンからの日本人や協力関係にあった現地人の国外退避…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 8月 17日

    >KC-46Aがフライングブームを使用してF-35Aに空中給油を行えるのは「国内での訓練や演習時のみ」で海外での演習や実戦でF-35Aに空中給油を行えるのはKC-135やKC-10に限られており、この制限が解放されるのは欠陥修正が完了する2023年以降になるのではないと予想されている。

    これは、日本側の責任で決定することではなくて、米国の決定で日本の運用が制限されるという意味なのですか?
    米国の指示でボーイングが機能開放してくれないんですかね?

    1
      • 匿名
      • 2021年 8月 17日

      アメリカ内での制限で日本には適応されないとは思う
      もっとも欠陥を公表している以上、日本が欠陥修正前にこれでF-35に空中給油して傷つけてステルス性低下しても自己責任として損するだけだろうけど

      26
      • 匿名
      • 2021年 8月 17日

      逆だよ米国の責任でKC-46はステルス機に給油不可にしてるのを、日本の独自判断で国内使用に限って許可してる。

      民間機で言えばFAAの耐空証明が取れてない機体を日本が独自に飛ばしてるようなもの。
      そういやMRJ何処行った・・・

      1
    • 匿名
    • 2021年 8月 17日

    KC-46Aによる永久機関

    9
      • 匿名
      • 2021年 8月 17日

      ♂と♀にも見える

    • 匿名
    • 2021年 8月 17日

    申し訳ないけどエアバス A330 MRTTの方が100倍いい空中給油機だろ

    8
      • 匿名
      • 2021年 8月 17日

      カブールでも活躍してたな

      2
      • 匿名
      • 2021年 8月 17日

      防衛予算の関係上、しかたがなかったんや

      7
      • 匿名
      • 2021年 8月 17日

      自衛隊はE-767やKC-767とボーイング製を導入してきたのに、エアバス製に変えたら機器は違うし、工具類含め一から導入しなきゃいけなくて、コストが掛かりすぎるから無理だと思う。

      25
      • 匿名
      • 2021年 8月 17日

      国内の航空キャリアでA330系を運用してるところがない
      整備、教育面で運用を維持できない

      KC-46は国内で767系列を運用してるので、運用インフラが整っているので、KC-46が最善だった

      18
    • 匿名
    • 2021年 8月 17日

    KC-767という成功例がすぐ横にあったのに何で炎上したんだよ
    もうボーイングが雇用を確保する為にワザと開発遅延して炎上させたとしか思えない

    4
      • 匿名
      • 2021年 8月 17日

      ボーイングが発注の仕様変更を勝手にやったとはいえ、悪いのはボーイングだけじゃない。
      米空軍の監査が適当で済ませてしまったのも含めなければならない。
      ついでにボーイングを甘やかしていたFAAも悪い。

      21
      • 匿名
      • 2021年 8月 17日

      >もうボーイングが雇用を確保する為にワザと開発遅延して炎上させたとしか思えない

      いやぁそれはないでしょ、ボーイングが修正のための開発費用数千億位自社で負担する羽目になってるし
      事実上KC-767とはまるで違う新設計の概念をろくに検証しないまま開発進めたのが最大のミスだと思うけど

      15
        • 匿名
        • 2021年 8月 17日

        >まるで違う新設計の概念をろくに検証しないまま開発進めたのが最大のミスだと思うけど
        まるで某海軍の某新型空母みたいだなぁ(直喩)

        やっぱ、この問題の根幹はアメリカ軍やアメリカの製造業自体に有るんだろうな
        こうも似たような問題を各方面でやらかしているって事は

        12
      • 匿名
      • 2021年 8月 17日

      素人目にはイタリア向けKC-767にホースを一本加えただけに見えるが、いったいなぜこんなに拗れてるの?

      3
    • 匿名
    • 2021年 8月 17日

    本来喜ばしい話なのに全く嬉しいと感じないんだよなぁ…

    13
    • 匿名
    • 2021年 8月 17日

    自衛隊なら目視と手動操作で問題を解消しそうな気がする。
    「ちょい右、そのまま真っ直ぐでオケ!」みたいな。

    11
      • 匿名
      • 2021年 8月 17日

      空中給油の熟練者でさえリスクが大きいからとアメリカでは規制しているのに、やり方教えてもらったばかりで実戦経験皆無な自衛隊員なら問題なくできるとは到底思えないな

      13
        • 匿名
        • 2021年 8月 17日

        日本が空中給油機を導入するのは初めてなわけじゃあるまいし、
        自衛隊員をド素人扱いするのはどうかと思うぞ。

        この機体、ソフト以外にブームの設計自体にも問題があるみたいだから、
        一旦受領してしまったらボーイングは対策品に交換してくれるのかいな?
        このまま使い続けるならどのみち隊員の技に期待する事になるぞ。

        3
          • 匿名
          • 2021年 8月 17日

          戦闘機でも輸送機でも空中給油機でも機種が違えばそれはもう別物だぞ
          だからこそ各機種ごとに訓練プログラムとシミュレーターとライセンスがあるわけで

          14
            • 匿名
            • 2021年 8月 17日

            まぁ、訓練プログラムが欠陥をカバーする前提のものではないだろうし、
            欠陥品を受け取ってしまう以上は何とかして使うしかないわけで。

            1
            • 匿名
            • 2021年 8月 17日

            機種転換の度に1から再訓練する訳じゃなかろう。

              • 匿名
              • 2021年 8月 18日

              アップデート機ならともかく、機種が違えばほぼ一から訓練やりなおしてライセンスとる必要があるよ

              ボーイングが737を新たに再設計せず737 MAXという無茶な機体を作った理由もそこにある
              あくまで737系だったら既存の737のライセンスが使えるし再訓練プログラムもほぼ不要だけど、新機体にすると類似した機体であっても訓練しなおして新たなライセンスを取る必要があるからね
              商業的には不利になる

              4
                • 匿名
                • 2021年 8月 18日

                ほらそこで「ほぼ」が入る。

      • 匿名
      • 2021年 8月 17日

      そういう名人芸で解決しちゃだめなんだよ

      23
        • 匿名
        • 2021年 8月 17日

        訓練ならともかく実戦で名人芸をし続けるのは現実的じゃないからな

        16
        • 匿名
        • 2021年 8月 17日

        誰がやっても簡単にできるというのが第二次大戦の大きな教訓

        10
          • 匿名
          • 2021年 8月 17日

          誰がやってもは言い過ぎ。
          資格保有者なら誰がやってもということかと。

          1
      • 匿名
      • 2021年 8月 17日

      夜間の活動を制限することになるからデジタル化は必須

    • 匿名
    • 2021年 8月 17日

    飛べるのか、すごい!

    3
      • A
      • 2021年 8月 17日

      おいおい、いくらなんでも。

      3
    • 匿名
    • 2021年 8月 17日

    F-35並に難産な機体やな

    1
    • 匿名
    • 2021年 8月 17日

    KC-46って空中給油に欠陥がある機体だろ。
    ステルスと言うか遠隔操作の問題じゃなかったけ?
    ちょっとボーイングが”成功した”と言うのも怪しいと思うけどな。

    2
      • 匿名
      • 2021年 8月 17日

      そうだよ。非ステルス機は、給油ノズルがコツコツ機体を叩いても平気なんでは?
      F-35A,Cも給油口周りは金属だけど盛大に外すと複合材に当たるってとこでは。

      5
    • 匿名
    • 2021年 8月 19日

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  2. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
PAGE TOP