日本関連

防衛省、空自F-15J改修費用の予算計上を2年連続で見送り?

航空自衛隊の戦闘機F-15Jのアップグレードが大幅に遅れる可能性があると報じられている。

参考:F15改修、初期費膨れ大幅遅れへ 南西諸島防衛に影響

F-15Jのアップグレードが大幅に遅れる?来年度の予算計上の内容次第で現時点では早計か

航空自衛隊は運用中のF-15J(J-MSIP機)に搭載されているレーダーやアビオニクスを更新して性能を向上させる予定で、今年7月にはアップグレード作業を請け負う三菱重工業がボーイングと契約を締結、F-15Jアップグレードパッケージ「Japanese Super Interceptor(JSI)」を施すのに必要な図面、地上支援装置、技術資料など一式をボーイングから受け取っており、2022年からF-15Jのアップグレードに取り掛かる予定だ。

現在の中期防衛力整備計画(2019~2023)によれば航空自衛隊は5年間で20機のF-15Jにアップグレードを施すことを決定しており、19年度予算には2機分のアップグレード費用として108億円が計上されているので、単純に計算すれば残り4年間で18機分のアップグレード費用を予算計上(年平均4.5機分)する必要がある。

出典:航空自衛隊 F-15J

しかし朝日新聞の報道によれば2020年度予算と2021年度概算要求にF-15Jアップグレード費用は計上されておらず、アップグレードを実施するために必要な関連経費(20年390億円/21年213億円要求)を計上しているだけなので、2019年から3年間で確保できたF-15Jのアップグレード費用は2機分108億円のみだと指摘しているのだ。

念の為、2019年度と2020年度の予算と2021年度の概算要求を確認したが朝日新聞が指摘している通りで、2020年度予算と2021年度概算要求にはF-15Jアップグレード費用は計上されていない。

この状況について朝日新聞はアップグレードを実施するために必要な関連経費が高騰(関連費用1,015億円)しているせいではないかと指摘しているが、これは飽くまで朝日新聞の推測なので防衛省が関連経費の高騰でF-15Jアップグレード費用が捻出できないと認めた訳ではなさそうだ。

しかし31中期防で設定された数字をクリアするには、残り2年間で18機分のアップグレード費用972億円(1機の改修費用が54億円と仮定した場合)を計上しなければならないが、1年あたりに直せば480億円程度なので「アップグレードが大幅に遅れる可能性がある」と騒ぐのは早計かもしれない。

出典:Official U.S. Navy Page / CC BY 2.0

なぜ2020年度予算と2021年度概算要求にF-15Jアップグレード費用が計上されなかったのかは不明だが、好意的に解釈すればボーイングから引き渡された図面、地上支援装置、技術資料など一式を吟味して2022年から本格的にF-15Jのアップグレード費用を計上するつもりだったのか、2020年度から調達が始まったF-35Bの関連経費(整備機材等)に2年間で341億円を支払う必要があったためF-15Jのアップグレード費用計上時期をずらしたのではないかと解釈することが出来る。

ただ2022年度予算でF-15Jアップグレード費用が計上されなかったり、計上されても2~4機程度のアップグレード費用しか計上されなければ朝日新聞が指摘したとおりF-15Jのアップグレードが31中期防で設定された数量に満たない=アップグレードスケジュールが大幅に遅れるのかもしれない。

本来なら防衛省がF-15Jのアップグレードスケジュールを公表すれば済む話なのだが、果たして朝日新聞の報道を見た防衛省は何を思うのだろうか?

因みに2019年度に予算計上されたF-15Jのアップグレードは2023年7月までに完了して航空自衛隊に引き渡されるらしい。

 

※アイキャッチ画像の出典:航空自衛隊

発展し続けるトルコ防衛産業、UAV「バイラクタルTB3」を開発中前のページ

中国、空対艦ミサイルも搭載可能な新型UAV「翼竜10」を公開次のページ

関連記事

  1. 日本関連

    日豪が「相互アクセス協定」大枠合意に6年もかかった理由

    日本の菅首相は17日、オーストラリアのモリソン首相と首脳会談を行い自衛…

  2. 日本関連

    日本政府がインドネシアに護衛艦の輸出を計画、競合は仏ゴーウインド級?

    時事通信は4日、日本政府がインドネシアに護衛艦の輸出を計画していると報…

  3. 日本関連

    契約総額は約3,000億円、日本がインドネシアに護衛艦8隻輸出を推進中

    時事通信が日本政府がインドネシアに護衛艦の輸出を計画していると報じてい…

  4. 日本関連

    日本の次期戦闘機「F-X」開発支援、ロッキードはノースロップと共同で

    岸防衛相は5日、戦闘機F-2の後継機として開発を予定している次期戦闘機…

  5. 日本関連

    自衛隊が豪州軍を警護、日豪が「武器等防護」実施に向けて調整

    日本メディアは20日、自衛隊が武器を使用して外国の艦船や航空機等を守る…

  6. 日本関連

    日本にとって朗報、インドが防衛装備品の輸入に課していたオフセットを停止

    インド政府は海外製防衛装備品の輸入に課していたオフセット条項を停止する…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 11月 03日

    まとめて発注した方が総額は安く上がるやし>アップデート費用

    12
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      費用もそうだけど、中期防の調達予定数ってあくまで予定だから、予定数通りに調達しない事も珍しくないから、20機アップデートしなかったところで平常運転ではある。

      中期防にわざわざ記載しといて守らないのが普通で良いのかは微妙だけど…

      8
    • 匿名
    • 2020年 11月 03日

    F-35をじゃんじゃん買ってるから空自の分の予算は使い切ってるとかそういうことかね

    12
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      ボーイングがロッキードに激おこプンプン丸、って古いか。

      2
    • 匿名
    • 2020年 11月 03日

    F15はもう引退を目論み、F35の調達を増やす秘策でもあるのか

    5
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      F-15の改修費用、高すぎだと思います。割に合ってるようには思えない。中止されるかもしれないてますね。

      10
        • 匿名
        • 2020年 11月 03日

        F-3の調達数が増えてくれればそれでもいいんですけどね。
        とはいえまだF-3の成功は約束されていないしどうなるのやら。

        7
        • 匿名
        • 2020年 11月 03日

        中止するつもりなら高額な初年度費用計上しねぇっていう

        2
    • 匿名
    • 2020年 11月 03日

    そもそも空自に長距離攻撃能力を与えることが憲法に違反するのではないか?との憲法議論をしっかり行わなければならない。
    そういう手続きをすっ飛ばして進めている現在の防衛政策は文民統制に違反している。自衛隊が好き勝手に敵攻撃能力を獲得している現状に多くの市民が憂慮している。世論調査でも反対意見が多い。

    3
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      ぜんぶ文民統制に基づき議会を通して承認された装備ですよ
      ここは軍が好き勝手できる国じゃないから
      もう帰国したら?

      80
        • 匿名
        • 2020年 11月 03日

        >ここは軍が好き勝手できる国じゃないから

        数週間か数ヶ月前に公文書偽造の報道がなかったっけ?好き勝手でなければなんなのか?

        3
          • 匿名
          • 2020年 11月 03日

          不正や違法はちゃんと報道される、それがおたくの祖国ではあり得ないだろ

          68
          • oominoomi
          • 2020年 11月 03日

          >防衛省は7日、2017年度の海上自衛隊艦艇の修理や航空機部品の調達に関する公文書9件について、偽造された疑いがあると発表した。
          >装備庁は公文書偽造容疑で、容疑者不詳のまま警務隊に告発した。防衛監察本部による調査も進める。(時事10月7日付)

          「海自警務隊に告発」
          「防衛省が発表」ですよ?
          確かに不祥事だけど、自衛隊の内部監査が機能していて、防衛省も情報公開を行っている、という証拠じゃないですか?
          一体どこが「好き勝手」なんですか?

          61
          • 匿名
          • 2020年 11月 03日

          党がすべてを独裁する国からおいでですね、ここは自由民主の平和国家ですから

          51
      • 人民
      • 2020年 11月 03日

      ぱよぱよち~ん

      23
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      「市民」≠「国民」
      「市民」=「人民」
      朝鮮公民も「日本市民」

      6
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      憲法上世界征服をしても違反にはならないぞ。

      8
        • 匿名
        • 2020年 11月 03日

        憲法上は、敵基地攻撃も核兵器保有も(自衛の為の必要最小限度なら)合憲という答弁があり、結構出来る事は多い。

        35
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      一体どこの市民様方の憂慮なのやら。
      で、本当はどなたなんですか?

      23
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      出た!パヨクお得意の「多くの市民が憂慮している。世論調査でも反対意見が多い。」

      多くの市民ってどれだけですか?反対意見が多いってどれだけですか?

      私は、新聞やテレビ・インターネットニュースをよく見るのですが、そのような数字を見たことが無いんですけど。

      そもそも、投稿主が問題にしているのは「好き勝手に行動している」ことなのか「敵攻撃能力を獲得している」ことなのでか、どちらですか?

      投稿主は、印象操作に必死ですね。テンプレな投稿は、突っ込まれやすいので止めたほうがいいよ。

      28
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      最近サヨクっぽい妄言書き込みをよく見るが、同一個体がやってるのか?

      14
        • 匿名
        • 2020年 11月 03日

        気になるよねー
        管理人は全部お見通しなんだろうけど

        22
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      他国の市民が反対しても本邦には関係が無い事を学んで欲しい。

      17
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      >そういう手続きをすっ飛ばして進めている現在の防衛政策は文民統制に違反している。
      そう信じるのでしたら、告訴してください。
      中国と違い、日本では政策が法律に反していると思ったら生命の危険無しに訴えることはできます。

      >自衛隊が好き勝手に敵攻撃能力を獲得している現状に多くの市民が憂慮している。
      どこの国の市民ですが?

      >世論調査でも反対意見が多い。
      出典元はどちらですか?
      「反対意見が多い」では少数意見なのか大半の意見なのかも分かりません。

      19
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      中国人民解放軍傘下の海軍軍事研究所は、日本の装備ではDF-17は迎撃できないと「恫喝」するコメントを発していますが、これは正に周辺国の安全保障を脅かす脅威に該当すると考えます。
      この状況で日本としても敵基地攻撃能力の検討に進むことは生存権をめぐる正当な権利と考えます。

      ”日本がイージス艦を増強してもDF-17を迎撃することは不可能”
      リンク

      リンク

      7
    • 匿名
    • 2020年 11月 03日

    アカヒ新聞のいつもの誤報である事を祈りたいが、事実ならば極めて遺憾だ。長距離攻撃能力は一刻も早く導入を進めて欲しい…

    32
    • 匿名
    • 2020年 11月 03日

    防衛省はもうちょっと情報公開をしっかりしたほうがいいと思うけどね。
    アップグレードのスケジュールなんて機密事項でもないだろうに。
    むしろ海自のカレーのレシピが流出してるほうが問題だ(違

    23
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      空自はから揚げレシピを出し始めたし
      陸自は最近影薄いぞ

      25
        • 匿名
        • 2020年 11月 03日

        陸自は出来立てをお届けするのが使命だから⋯⋯

        9
        • 匿名
        • 2020年 11月 03日

        イージスアショアでこけたからな

        • 匿名
        • 2020年 11月 05日

        「空揚げ」ね。

        1
    • 匿名
    • 2020年 11月 03日

    ただ単に2機の改修テストで判断するのでは?
    テスト次第で追加でしょう。

    24
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      それもありそう
      イーグルもかなりのロートルだもんな、改修しても将来のいつまで通用するのか

      8
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      ですよねえ
      最初の2機の改修の評価(機体の劣化などは想定の範囲内か?)
      改修後の性能評価(主翼、ハードポイントの耐荷重、アビオニクスの性能)が済んで、見極めがついてから、ってプロセスを踏むって考えるのが普通。
      のプロセス

      18
    • 匿名
    • 2020年 11月 03日

    防の中にいるC国やK国の工作員が長射程ミサイルの取得を遅らせようと頑張ってんだろ
    やっぱスパイ防止法成立の方が先だわ

    17
    • oominoomi
    • 2020年 11月 03日

    例えば海自の艦齢延伸や機能向上の場合、先に部品取得の予算を計上しておいて定期検査に合わせて工事が行われる訳ですが、もちろん工事の費用はその年度に要求されてますね。
    空自の場合もオーバーホールに合わせて工事が行われるのではないかと思うのですが、たまたま2年間オーバーホールに入る機体がなかった、とかそういうことではないのでしょうか?

    3
    • 匿名
    • 2020年 11月 03日

    絶対に無理だけどF-15の代わりにSu-35が欲しい…。
    俺はアメリカのダイナマイツぼでぃー(F-15系)よりもロシアの美女(Su-27系)の方が好きなんや…。

    1
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      だが抱き心地はちょいポチャ(F-35)のほうが圧倒的に上なのだよ

      10
        • 匿名
        • 2020年 11月 03日

        元々防衛省の発表で、2機を先行改修だったはずで、量産改修の予算取りはもっと先に思ってましたが。
        すでに近代化改修形態I型でAN/APG-63(V1)になってますし、要撃機としての運用上は急ぐ必要も小さい。
        AAM-4の運用能力も付与する必要あると思うので、試験的に改修して、テスト後に全面改修の判断する考えかと。

        14
          • oominoomi
          • 2020年 11月 03日

          納得のいく説明、有り難うございます。

          2
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      ロシア系の美女は劣化が早いんですよ、ほんと。

      17
        • 匿名
        • 2020年 11月 08日

        美女でも30過ぎたらクリーチャーとなるから

      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      ロシアも結構えぐいことをやっていて、輸出モデルはグレードダウンしたモンキーモデルを出している。

      だから、機体自体はロシア空軍と同じでも電子装備やエンジンは同じとは限らないし、F-15以上の金食い虫になりかねない。

      女性と同じで、見た目で判断すると後悔するよ。

      18
    • 匿名
    • 2020年 11月 03日

    右も左も全方位に不安を煽る、実に「朝日新聞らしい」記事の書き方だよね。

    31
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      人を大衆化して右往左往する様を眺めるのが大好きなのですよ。

      16
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      朝日新聞を見ていると、「不安になる」記事で売上げを稼ぐ、というビジネスモデルに忠実であると思えます。

      19
    • 匿名
    • 2020年 11月 03日

    最近のボーイングは信用出来ないことが信用出来る有様なので、最悪だとボーイングの都合でアップグレードが滞っている可能性が有るんだよなと……

    17
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      それ、ありえますねー。
      考えたくないけれど。

      5
    • 匿名
    • 2020年 11月 03日

    F-15Jの改修費用って1機あたり54億もするのですか?
    なんだか、そのお金でF-35Aを増やした方が良いのでは?というのは素人考えですかね?

    4
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      最初の2機は試改修だから高い
      今後は1機当たり約35億にしたいと防衛省は文書出してる
      オーバーする可能性はあるが

      4
    • 匿名
    • 2020年 11月 03日

    朝日だからね、真実味は1%ぐらいじゃない

    5
    • 匿名
    • 2020年 11月 03日

    改修費用が高騰して割に合わないから
    米軍のようにF15を新造するか
    F35の新規購入に踏み切るのかもしれない
    最近の日本の国防関連は思い切ったことをするからどうかわからないな

    2
    • 匿名
    • 2020年 11月 03日

    関連費用の20年:390億、21年:213億は、米軍/ボーイングへのFMS代金でしょうか?
    だとすると、三菱へのアップグレード費用は別で1機54億だと、F-15のアップグレード費用は合計で、1機当たり100億近くなるのでは?これだとちょっと高すぎでしょう。
    19年度の1機54億が三菱のアップグレード費用にFMS込みでFMSは1機当たり47億なので、三菱の作業は7億で済むのかな?
    ここら辺のFMSと三菱の費用が分かりにくく、読み取りにくいように予算がカモフラージュされているように思えます。
    本当に1機100億かかるならやる意味ないですね。
    まあ、1機54億でも高すぎですけど。ここまでして延命する必要があるのか疑問です。

    1
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      F-35Aは90億円ぐらいだけど関連費用を考えると1機の導入費用は250億円ぐらいだから

      それを踏まえて関連費用込みで100億円の改修費用が高い判断した方がいい

      5
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      初度費は=FMS料金ではないし実施予定の68機で割るべき経費ではある

      1
      • 匿名
      • 2020年 11月 04日

      FMSの価格はアメリカで98機で4700億円が議会に報告されていますので、初度費用を含めて機体割すると1機47億となります。
      これには、図面、設備、予備品等も含まれていますので、この部分が今回の関連費用に含まれていると思っています。大部分はこの費用でしょう。
      これで機数が減ると1機当たりの価格が上昇してFMS分だけで1機当たりの価格が47億ですまなくなるので、68機や20機などに機体数が減るとあっという間価格が上昇してしまうでしょう。
      まあ、得意のこの部分をわからなくして、単価が安いように見せるのかもしれませんが。
      あまり費用対効果はよくないように思います。
      まあ、しかし、FMS分はもう契約しているでしょうから、今さらやめたは出来ないでしょうけど。

      1
    • 匿名
    • 2020年 11月 03日

    対領空侵犯措置をやっている以上、全部F-35にするわけにはいかないので。致し方ありません。

    8
      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      エンジントラブルなどの機体異常があると、同一機種が全機飛行停止になってしまい、領空侵犯へのスクランブルに使えなくなってしまう。

      実際に、F-2が全機飛行停止になったときにF-4EJ爺さんがスクランブルしていた。そうならないためにも、全機を同一機種にするのはリスク分散という意味で悪手です。

      14
        • 匿名
        • 2020年 11月 04日

        F-2のエンジンはGE開発のF110-IHI-129で、F-15JのP&W開発のF100-IHI-100/220Eと異なるんですよね。

        当初「F-16はF100を積めるから同じエンジンを積むF-15も単価を下げられる」をアピールしていたんですが、F-16の運行リスク軽減でF110-GE-100を開発してエンジンをデュアルソース化しました。
        F100のエンジントラブルで飛行停止になるとF-15もF-16も飛べなくなるので、F-15JとF-2もそれに倣ったということですね。

        1
      • 匿名
      • 2020年 11月 04日

      リフレクターつけるなどする必要はあるが将来はすべてステルス機になるのであえて非ステルス機を残したりはしないでしょ

    • 匿名
    • 2020年 11月 03日

    一番若くて20歳。30歳未満しか改修しない感じかな。
    追加でF15EX買った方が?

      • 匿名
      • 2020年 11月 03日

      約70機の予定と国会答弁出てるぞ

      1
      • 匿名
      • 2020年 11月 04日

      F-15EXはアローとかいう核ミサイルを運用する為に造られた可能性が高いデス、MIG-31にキンジャールの組み合わせに対抗する為と思われますが・・新規購入はスーパーホーネットとどちらが良いのでしょうか?どうせならグラウラーもセットで考えた方がいいのでは?

  1. 2020年 11月 03日

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
PAGE TOP