軍事的報道

韓国、新型コロナ影響でアルゼンチンへの軽戦闘攻撃機FA-50輸出が消滅

韓国航空宇宙産業(KAI)は6日、国産軽戦闘攻撃機FA-50(超音速訓練機T-50の派生型)のアルゼンチン輸出が新型コロナウイルス「COVID-19」の影響で無期限延期になったと発表した。

参考:“KAI의 FA-50 아르헨티나 수출, 코르나 사태 후 달러 강세로 중단”

新型コロナウイルスの影響でFA-50の輸出が事実上、白紙化してしまった韓国

アルゼンチンは老朽化した攻撃機「A-4AR ファイティングホーク」を更新するため昨年7月に韓国航空宇宙産業が開発した軽戦闘攻撃機「FA-50 ファイティングイーグル」を8機~10機程度調達することを発表、詳細な調達条件を詰めるため交渉が続けらていると言われていたが、新型コロナウイルスの感染拡大によってアルゼンチンは国防予算を削減しなければならなくなり計画されていた幾つかのプログラムを諦めることになった。

出典:Jorge Alberto Leonardi / CC BY-SA 3.0 A-4AR ファイティングホーク

その中に韓国から調達するFA-50が含まれていると現地メディアが今月4日に報じていてたが韓国航空宇宙産業も6日にFA-50のアルゼンチン輸出が無期限延期になったと発表、アルゼンチン政府の公式発表は今の所ないがFA-50の輸出が新型コロナウイルスの影響で頓挫したのはほぼ間違いないだろう。

韓国にとってアルゼンチンへのFA-50輸出は非常に重要な意味を持っていたため、今回の知らせに韓国航空宇宙産業は肩を落としているに違いない。軽戦闘攻撃機のFA-50や超音速訓練機T-50の昨年正式な受注契約を1件も獲得できなかった韓国航空宇宙産業にとって、アルゼンチンとの輸出契約締結は期待値が高くT-50よりも高価なFA-50(約3,000万ドル)の輸出は契約総額3億ドル(約320億円)以上になると見込まれていた。

因みに新型コロナウイルスの状況が落ち着けばアルゼンチンとの輸出交渉が再開されるは言及されておらず、時間が経てば経つほど機種選定やり直しになる確立が高くなるため今回の無期限延期は実質的に「白紙化」だと見て間違いない。

ただ日本も同じ問題に直面しており、他人事だと笑ってはいられない。

フィリピン国防省は3月4日、空軍近代化の一貫として3ヶ国(日本/米国/イスラエル)から提案されていた空中警戒管制レーダーを検討した結果、日本が提案した三菱電機製の固定式警戒管制レーダー「J/FPS-3ME」と車両に搭載された移動式レーダー「J/TPS-P14ME」を取得することを発表、今後60日以内(5月末)に日本政府と正式な契約を結ぶと明らかにしていたが、新型コロナウイルス「COVID-19」の影響で日本政府との輸出交渉が行き詰まっている。

関連記事:戦後初の防衛装備品輸出に暗雲? 新型コロナの影響でレーダー「J/FPS-3ME」輸出交渉が停滞

交渉自体は新型コロナウイルスの状況が落ち着けば再開可能だが、アルゼンチンと同じようにフィリピンも経済的な理由で国防予算を削減することになれば真っ先に槍玉に挙げられるのが新規導入などの案件だ。

あくまで可能性の話だが、日本にとって戦後初となる国産防衛装備品の海外輸出が新型コロナウイルスの影響によって立ち消えになってしまえば本当に笑えない。

 

※アイキャッチ画像の出典:Photo by ROKAF(2013)/ CC BY 2.0 FA-50 ファイティングイーグル

開発費が不足か? 韓国国防部長官が次世代戦闘機「KF-X」緊急会議を招集前のページ

第4.5世代戦闘機最強はF-21?Su-35?印空軍の多用途戦闘機調達を巡って米欧露が激突次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    米国もお手上げか? インド「S-400」導入に続き、「Su-57」導入を検討中

    インド空軍の関係者は、最近、量産が決定したロシアの第5世代戦闘機「Su…

  2. 軍事的報道

    F-15並の精密攻撃が可能? 韓国、国産軽攻撃機「FA-50」に照準ポッド「スナイパー」統合

    ロッキード・マーティンは10月15日、韓国の韓国航空宇宙産業と共同で開…

  3. 軍事的報道

    日本でのF-35A墜落が影響?予定より7年も早く地表衝突回避システム搭載へ

    7月24日、ロッキード・マーティンは米空軍、F-35プログラムオフィス…

  4. 軍事的報道

    ステーキ調理可能な戦車!台湾、20億ドル相当のM1A2エイブラムス導入か?

    米中貿易摩擦が激化する中、米国が台湾へ、20億ドルを超える武器売却を進…

  5. 軍事的報道

    ドイツ空軍でミステリアスな事故? 戦闘機「トーネード」に装着された増槽2個が同時に落下

    ドイツ空軍は9月、新人パイロットを養成するための訓練飛行中だった戦闘機…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 4月 08日

    輸出の取れ消しだけならば良いけど次期戦闘機の開発費用の削減とか30ffmの調達数の低減とかは本当にやめて頂きたい

      •  
      • 2020年 4月 08日

      削減するならアホな政治家の思い付きと思われる、必要性の薄い病院船にして欲しい

      • 匿名
      • 2020年 4月 08日

      日本も防衛費の削減が行われるかもな
      それにアメリカからの兵器購入の圧力も高まるだろうから国産兵器はかなりピンチだな

        • 匿名
        • 2020年 4月 11日

        「政府自民、次期戦闘機の輸出議論」
        リンク

        CSISが作った次期戦闘機交渉の非公式フォーラムに、豪政府関係者も参加しているのは、これに関係しているのかな?

      • 匿名
      • 2020年 4月 08日

      コロナ動乱に動じて病院船を作って何らかの利権を獲得したい野郎がいるが
      病院船の機能を有したひゅうが級いずも級があるじゃないかと
      それでも必要だというのであれば強襲揚陸艦を新造すればいい
      今後の日本の国防情勢を鑑みれば絶対必要だし、病院としての機能もある

    • 匿名
    • 2020年 4月 08日

    アメリカ製ウエポンが使える分KFXよりマシなのかも知れない。

      • 匿名
      • 2020年 4月 09日

      TA-50ってどこまでの性能なんでしょう。
      A-4を魔改造した方が安価で信頼できそう。
      ただし機体強度が限界かな。

    • 匿名
    • 2020年 4月 08日

    アルゼンチンはまだA-4をを使っているんですね。
    フォークランド紛争で使っていたのを記憶しております。
    ちなみに初飛行は先に空自を退役したF-4より前です。
    すごいなー。

    • 匿名
    • 2020年 4月 08日

    フィリピンも正直な話さっぱり信用できないから、売れない方が安全保障の観点から見ると良い事なのかもしれない。

    • 匿名
    • 2020年 4月 09日

    定期的にデフォルトしているようなアルゼンチンに戦闘機を更新する予算はないだろう。
    FA-50の輸出も韓国政府の借款がセットになっていたはずだけど、それでも返却できる目処もたたなく
    なったってことじゃないかな。

    • 匿名
    • 2020年 4月 11日

    ただ、冷戦終結やバブル崩壊に直面してもF-2を開発し終えた実績は在るから、
    今度も、まぁ何かしら形にはしてくれると思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  2. 軍事的雑学

    導入したこと自体が間違いか?戦闘機タイフーンを導入したオーストリア空軍の後悔
  3. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
PAGE TOP