軍事的報道

大胆な新デザイン!海自向け「次世代潜水艦コンセプトモデル」に海外も注目

日本の新型潜水艦のコンセプトモデルに対して、世界中から注目が集まっている。

参考:Япония представила облик подводной лодки будущего

これまでの日本の潜水艦とは、全く異なる次世代潜水艦コンセプトモデル

日本の主力潜水艦、そうりゅう型潜水艦の最終艦、SS-512の進水は2019年中に行われる予定で、2020年からは「そうりゅう型潜水艦」の後継艦「3000トン型潜水艦」が進水する予定だ。

6月17日、千葉市美浜区の幕張メッセで開催された「MAST Asia 2019」で、三菱重工業が披露した次世代潜水艦のコンセプトモデルに世界中から注目が集まっている。

2020年に1番艦が進水する3000トン型潜水艦の外形は、そうりゅう型潜水艦とあまり変わりがないと言われているが、MAST Asia 2019で披露された次世代潜水艦のコンセプトモデルでは、これまで踏襲されてきた日本の潜水艦デザインを捨て、大きな変化が加えられている。

そうりゅう型潜水艦に比べ、艦橋が大幅に小さくなり、船体に溶け込むように取り付けられていて、潜舵の取り付け位置も、艦橋側面から船体側面に変更され、ロシア製潜水艦を彷彿とさせるデザインだ。

出典:Attribution: Vlsergey / CC BY-SA 3.0 アクラ型原子力潜水艦

この大幅デザインの変更、艦橋の小型化により潜航中の抵抗は減少し、潜水艦を加速するためのエネルギー効率や最大速度の向上、ノイズの発生を抑える効果が期待できるだろう。

推進方式も、従来のプロペラ方式から、ポンプジェット方式に改められているが、そうりゅう型潜水艦で採用されたX型の後舵装置は、次世代潜水艦にも引き続き採用されている。

更に、3900トン型護衛艦(通称:30FFM)で採用が予定されている統合コントロールシステムを取り入れ、小人数で艦のコントロールを全て行えるようになっていて、これまでの日本の潜水艦とは、全く異なる新しいコンセプトを採用していると言える。

今回披露された次世代潜水艦のコンセプトモデルについて、多くの海外メディアが報じているが、情報が錯綜している部分もある。

そうりゅう型潜水艦の後継艦の「3000トン型潜水艦」=今回披露された次世代潜水艦だと報じているメディアもあれば、「3000トン型潜水艦」の初期建造分は従来のそうりゅう型潜水艦と変わりがないが、後期建造分から次世代潜水艦のコンセプトが取り入れられるだろうと報じているメディアもある。

これまで伝えられた「3000トン型潜水艦」の青写真とは大きく異なる、今回の次世代潜水艦のコンセプトは、三菱重工業による独自のコンセプトモデルで、恐らく「3000トン型潜水艦」、もしくはその後継艦の正式なコンセプトモデルと異なるものだと思われる。

しかし、海外のメディアの次世代潜水艦コンセプトモデルへの関心度の高さは、日本が建造する潜水艦に取り入れた技術や装備は、通常動力式潜水艦を建造・運用する国にとって、参考にすべき指針となりうる可能性が高いからだろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

関連記事

  1. 軍事的報道

    自滅するドイツ海軍!「212A型潜水艦」座礁で、実戦投入可能な潜水艦は2隻だけ?

    数少ないドイツ海軍の稼働可能な潜水艦が座礁し、最悪、実戦に投入できる潜…

  2. 軍事的報道

    再び「水漏れ」トラブル、英空母「クイーン・エリザベス」緊急帰投

    英海軍が誇る最新鋭空母「クイーン・エリザベス」が「水漏れ」のため、予定…

  3. 軍事的報道

    ついに全貌を表す第6世代戦闘機「FCAS」、パリ航空ショーでモックアップ公開予定

    フランスのダッソーは、17日の月曜日(現地時間)、パリ航空ショーでFC…

  4. 軍事的報道

    海上自衛隊の戦闘指揮所が進化!近未来的なCICを搭載する新型護衛艦

    米国最大の海上兵器の博覧会「Sea Air Space 2019」で、…

コメント

  1. 海自は第二次大戦時の戦訓によるダメージコントロール優先から人材不足対応に訓建艦の際の優先度を変更したようですね。
    FFMは明らかに乗員の数を減らすのを最優先させるためにローテンションシステムに変更しましたし.
    3000t潜水艦も指令室の変更は当然ソナーシステムを統合し戦闘システム自体をAI化するでしょう、
    それにとどまらず機関を呼び発射管システムも無人化に大きく変更される可能性があります。
    それは実験艦の建造のアナウンスがあることからで推測されます。

    • 匿名
    • 2019年 7月 06日

    省力化は絶対に必要な部分、日本の潜水艦は3交代制を取っているからどうしても乗員数が多くなる。
    省力化で担当乗員を減らすことが出来るのは重大なメリット、ダメコン的には弱点になるが。

    • 匿名
    • 2019年 7月 06日

    国民に増税の負担までさせて潜水艦作って誰が喜ぶの?
    ホントバカバカしいったらない

    アベが政治に関わってる限りこんな世迷い事がいつまでもいつまでも続いていくんだわ

      • 匿名
      • 2019年 7月 06日

      エラ見えてんぞwww
      トンスル飲むニカ?www

        • 匿名
        • 2019年 7月 14日

        安全がタダで手に入ると信じる人には、軍備への注力はムダにしか見えないのでしょうね。
        何かあってから対処すれば間に合うと信じる人には、平時から備えておく必要は無いと考えるのでしょう。

        確かに、軍備を無くせば戦争は確実に防げます。侵略は防げませんけど。
        それが平和というのなら、頭のなかがお花畑になっているとしか言いようがない。

      •  
      • 2019年 7月 06日

      何で君みたいな軍事に何の興味も無いバカがこのサイトに来るの?
      邪魔でしか無いからもう来ないでくれ

      • 匿名
      • 2019年 7月 06日

      私は喜びまーすw

      • 匿名
      • 2019年 7月 08日

      今の日本は潜水艦にも守られてんだぞ
      無能だな

      • マウントフジ
      • 2019年 7月 13日

      こんな意見を言うの!このお方、政治音痴、軍事音痴にも程がある❗もっと勉強せーや!

      • 匿名
      • 2019年 7月 14日

      安全がタダで手に入ると信じる人には、軍備への注力はムダにしか見えないのでしょうね。
      何かあってから対処すれば間に合うと信じる人には、平時から備えておく必要は無いと考えるのでしょう。

    • 匿名
    • 2019年 7月 06日

    >セイルの取り付け位置も、艦橋側面から船体側面に変更され

    ????

      • 匿名
      • 2019年 7月 06日

      なにが「????」なのか意味不明
      俺が????だわ

      • 匿名
      • 2019年 7月 06日

      艦橋の流線型化による不可避の変更か、はたまた海氷を突き破って浮上する気なのか

      • 匿名
      • 2019年 7月 06日

      × セイル
      ○ 潜舵

      • 匿名
      • 2019年 7月 06日

      毎度ご苦労なこった。
      わざわざコメントしてこなくて結構。
      誰かが喜ぶ喜ばないの問題じゃねーだろ。
      国防に必要だから、作るこれ以上の理由はない。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP