軍事的雑学

2026年まで量産は無理? 中国、第5世代戦闘機用の新型エンジン年間生産量は5基

中国の第5世代戦闘機「J-20」の性能を引き上げる新型国産エンジン「WS-15」の実用化には、まだ多くの時間が必要で、2026年までに完成することはなさそうだ。

参考:China still struggling to develop new military turbofan engines

第5世代戦闘機「J-20」用の新型エンジンは2026年までに完成する見込みはない

中国鋼鉄研究総院(CISRI)の子会社が証券取引所に提出した資料によれば、第5世代戦闘機「J-20」に搭載される予定の新型国産エンジン「WS-15」の今後6年間で製造される数について「毎年5基」づつだと報告している。

出典:emperornie / CC BY-SA 2.0 2機のJ-20戦闘機

現在時点でJ-20は、SU-27やSU-30に搭載されているロシア製の「AL-31F」か、中国製の「WS-10A」を搭載しているため同機の性能を制限する原因になっており、米国のF-22Aが搭載する「F119-PW-100」並の性能を実現することを目標に開発されている新型国産エンジン「WS-15」への換装が待ち望まれているが開発は難航中だ。

中国はJ-20の実戦配備を開始し、機体の量産も始まっていると報道されており、遂に「WS-15」を搭載したJ-20の量産機が登場するのではないかと噂されていたが、今回の資料が事実なら「WS-15」を搭載した完全版のJ-20が登場するのは少なく見積もっても6年後ということになる。

出典:wc / CC BY-SA 4.0 2014年珠海航空ショーでの瀋陽J-31

さらに中国が開発した2機目のステルス戦闘機「J-31(FC-31)」に搭載するため開発されている新型国産エンジン「WS-19」も状況は同じで、2026年までに製造される数は「毎年5基」づつだ。

爆撃機「H-6K」や輸送機「Y-20」に搭載するために開発中のエンジン「WS-18」は、使用される新素材を研究中で開発が中断されており、そのためY-20に搭載するエンジンとして「WS-20」が限定的に製造される予定が、その数は6年間で116基に過ぎず、4発機のY-20を29基製造する量しかない。

出典:L.G.Liao / CC BY-SA 3.0 2016年の中国国際航空宇宙博覧会で飛行展示のY-20

逆に中国が開発した第4世代戦闘機「J-10」、ロシアのSU-27を複製した戦闘機「J-11」、同機の空母搭載型「J-15」、最新の艦上戦闘機「J-16」に搭載されているエンジン「WS-10」は、今後6年間で2,700基以上が生産される予定だ。

要するに、第4世代戦闘機へ供給する「WS-10」の生産が伸びているということは、同エンジンの性能がようやく安定してきたことを示しているが、第5世代戦闘機へ供給する次世代のエンジンは、依然として開発に手間取っており、これを量産するには少なくとも10年前後の時間が必要だろう。

結局これは、中国の戦闘機開発は航空機用エンジンの開発に足を引っ張られていると言う意味だ。

 

※アイキャッチ画像の出典:Alert5 / CC BY-SA 4.0 エアショー中国2016でのJ-20

露のステルス戦闘機「SU-57」量産初号機が墜落、原因は尾翼の不具合前のページ

2019年ミリタリーニュース10選、F-35Aが価格で第4.5世代戦闘機を下回る次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    軍事的雑学|映画「トップガン2」に、まさかのF-14実機がカメオ出演?

    映画「トップガン2」の撮影に、まさかのF-14が登場? トップガン世代…

  2. 軍事的雑学

    軍事的雑学|英国は単独で、独仏は共同で第6世代戦闘機開発に乗り出す

    ドイツとフランスは、第6世代の戦闘機に関する両政府のビジョンを絞り込む…

  3. 軍事的雑学

    韓国防衛産業界、最終量産の「国産戦車K-2」に国産パワーパック採用をゴリ押しする狙い

    韓国のS&T重工業労組は11日、国産主力戦車「K-2 ブラックパンサー…

  4. 軍事的雑学

    日本の水陸機動団、第二次大戦以降「最大規模」の上陸演習『タリスマン・セイバー19』参加

    陸上自衛隊と海上自衛隊は、オーストラリアのクイーンズランド州、ショール…

  5. 軍事的雑学

    軍事的雑学|米空軍が大型爆撃機の運用を諦めない3つの理由

    世界的に見れば、衰退する一方の大型爆撃機を、なぜ、ここまでの費用を掛け…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 12月 27日

    >新型国産エンジン「WS-15」への換装が待ち望まれているが開発は難航中だ。

    ロシア製エンジンを外見上コピーしても、西側第五世代エンジンの設計図をハッキングしても耐熱合金製造のノウハウには追い付けていないということが良く分かる。分かりやすい。

    我が国として警戒すべきはXF9-1エンジンの材料、製造に関わるノウハウを抜かれないようにしないと。

    1
      • 匿名
      • 2019年 12月 27日

      知識がないなら黙ってた方がいいと思うけどWS-15はロシア系列のエンジンじゃねぇよ
      1980年代にアメリカとの共同開発の際にもらったF101の旅客用型がベースだぞ
      なんもわかってねぇじゃねぇか

    • 名無し
    • 2019年 12月 27日

    タービン入口温度が1500度程度のWS-10エンジンまでしか量産できない中国としたらXF9-1が喉から手が出るほど 欲しいんだろうな。
    中国機にXF9-1を載せたら性能が一変する。
    こはいくら金をつぎ込んでも大して効果の無い分野だからな、冶金や高温材料関係の技術の蓄積が物を言う。

    • 匿名
    • 2019年 12月 27日

    今後10年?開発、量産に手間取るとあるが、中国共産党がそれまであるだろうか?少なくともアメリカとの貿易戦争で悲鳴をあげている中国が生き残っていないとは言わないが、落ちていくのは確実だろう。経済が停滞する中で金のかかる開発費にどれだけお金を割けるのか見ものだ。

    • 匿名
    • 2019年 12月 27日

    邪推ではありますが、袈裟から出した鎧をまた隠そうとしている雰囲気がありますね。いずれにしろ、どんなに表面上態度が変わろうとも、彼らの覇権に対する野望は一切変わらないと胆に銘じておく必要があります。

    • 匿名
    • 2019年 12月 27日

    Su-35をこっそり購入してて正解だったな(笑)

    • 匿名
    • 2019年 12月 27日

    兵器ってのは経験工学の世界だから予算をつぎ込めば確実にリターンが得られるって訳じゃないんだよね
    中華の最新兵器をやたら持ち上げる日本の文系軍オタはそこを全く理解出来てない

      • 匿名
      • 2019年 12月 27日

      日本が研究開発費の割に成果を出してるのは、それ故でしょうが、
      研究開発費が潤沢なら、もっと開発が加速されてただろうと思うと…。

    • 匿名
    • 2019年 12月 28日

    ロシア戦闘機のエンジンは6~8年に1度エンジン交換しないといけなくて機体寿命までに8基エンジンが必要になるけれど、それをコピーした中華エンジンは短命なロシア製エンジンにさえ耐久性能で劣ることを考えると年間生産5基では運用出来るのか?

      • 匿名
      • 2019年 12月 28日

      さすがに情報が古い。ロシアエンジンは機体寿命6,000時間中1回の交換で良くなっている。中国のWS-10も国内ではレニウムが発見されて、それをタービンに冶金したB型以降は2,400時間程度まで寿命時間が伸びて、J-16で全面採用(寿命中2回交換)。2017年以降はロシアの対中国輸出のAL-31がなくなっている(デジタルで紐づけされたSu-35専用のAL-41F1Sと輸出するJF-17用RD-93は引き続き輸入)。

      • 匿名
      • 2019年 12月 28日

      現有の戦闘機数で、搭載されてるWS-10のユニット数は約1,400ユニット以上
      (今後、5年間で2,700基を新規製造にするにしても)
      寿命を考えると足りるの? って感じ

      最新のロシア製でさえ寿命は1,500時間と言われてる(完全OHを3回実施した上で)
      もっと前のロシア製 、つまりは材質が前世代の場合は寿命は800時間、更に前なら300時間(完全OHは100時間ぐらい?)
      中国製のはもっと短いでしょうからねえ、WS-10がロシアの前世代相当の材質までキャッチアップできててると最大限に評価しても2,700では足りないのでは?  って思う。
      (2017ね当たりの数字)
      制空戦闘機 J-11B/BS 140機
      マルチロール機 J-11 105機
      マルチロール機 J-10A 196機
      マルチロール機 J-10B 56機
      マルチロール機 J-10C 60機
      マルチロール機 J-10S 80機
      戦闘爆撃機 J-16 50機

    • 匿名
    • 2019年 12月 28日

    j-20を改良して機体形状を三角翼+V尾翼にしてエンジンをXF9-1に換装して超高性能なAESAを装備すれば世界最強アル。
    それってもしかしたらNGFじゃないの?

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP