軍事的雑学

嘘みたいな本当の話、予算不足で韓国型戦闘機「KFX」から対地攻撃能力を削除?

韓国の韓国型戦闘機「KFX」は当初、空対空、空対地攻撃能力を備えた状態で1次量産(2026年)に入ることを計画していたが、現在、KFXから空対地能力が削除されていると国会の国防委員会が指摘した。

参考:한국형전투기, 공대지미사일도 없이 실전 투입

予算不足で韓国型戦闘機「KFX」対地攻撃能力を削除か?

韓国型戦闘機「KFX」は、退役間近のF-4(20機)とF-5(100機)を更新するために現在、韓国で開発が進められている第4.5世代戦闘機だ。

この2機種は主に、最前線で戦う味方地上軍の要請に基づき「近接航空支援」を行う任務に投入されており、F-4には対地攻撃用の「AGM-65 マーベリック」や「AGM-142 ハヴ・ナップ」を、両機とも韓国が国内で開発した韓国型GPS誘導爆弾(KGGB)を搭載出来るよう、わざわざ改良を施すほど「対地攻撃能力」を重視している。

出典: 대한민국 국군 Republic of Korea Armed Forces / CC BY-SA 2.0 韓国空軍のF-5E タイガーII

この両機の後継機となるはずの韓国型戦闘機「KFX」には当然、空対地兵器の搭載能力が求められており、計画当初には空対空、空対地攻撃能力を備えた状態で1次量産(2026年)に入ることになっていた。

しかし、開発を主管する韓国国防部傘下の防衛装備庁からKFXの開発状況に関する資料を受け取った国防委員会のキム議員(陸軍軍出身:最終階級は准将)は、国会の国防委員会でKFXが備えるべき空対地ミサイルの能力自体が開発計画から削除されていることを指摘した。

そもそも韓国には国産化された独自の空対空ミサイルや空対地ミサイルがないため、開発当初から搭載兵器を米国から購入し、KFXに統合(使用できるように)する予定だと言われていたが、米国が韓国に対し「兵器データー開示」を拒否したため、韓国はAIM-120の代わりに英国製の「ミーティア」を、AIM-9の代わりにドイツ製の「IRIS-T」を調達する方向に切り替え(未だに欧州から兵器データーの開示を受けたというニュースは見たことがない)ることになる。

同じように対地攻撃用兵器に関しても欧州に切り替えるものと見られていたが、実際にはKFXから対地攻撃能力を削除=純粋な制空戦闘機もしくは、無誘導爆弾や無誘導のロケット弾程度の対地攻撃能力しか有していない戦闘機として開発が進められていることが明らかになった。

出典:KAIが公開したYouTube動画のスクリーンショット

防衛装備庁は、KFXの対地攻撃能力の削除について米国が「兵器データー開示」を拒否したためと報告してきたが、キム議員が防衛装備庁の言い訳が嘘であること国会で暴露した。

キム議員の調べでは、防衛装備庁は計画当初からKFXの対地攻撃能力の開発コストについて、米国に一度も問い合わせることなく、これまで米国から購入した対地兵器の購入価格を元に算出した「推定単価」を根拠に、KFXの対地攻撃能力付与に掛かるコストを適当にはじき出し計上したため、KFXへの統合に必要なシステム開発のコストや、性能確認のための試射弾薬購入費などの費用が含まれておらず、予算不足に陥り身動きが取れない状況だと指摘している。

そのため仮に米国が「兵器データー開示」を開示していたとしても、KFXの対地攻撃能力を開発することは不可能で当然、空対空ミサイルのように欧州製に切り替える予算もないため、防衛装備庁は全ての責任を米国になすりつけたという話だ。

このまま開発が進めば、韓国のKFXはF-4やF-5、国産のFA-50ですら持ち合わせている対地攻撃能力を持たないまま量産化されることになり、韓国空軍の戦力低下は避けられないとキム議員は話した。

 

※アイキャッチ画像の:KAIが公開したYouTube動画のスクリーンショット

関連記事

  1. 軍事的雑学

    レア映像!飛行中の「F-22ラプター」&「F-35ライトニングⅡ」コックピット映像を公開

    今回、米空軍が公開したF-22の映像は、デモンストレーションチームによ…

  2. 軍事的雑学

    軍事的雑学|テンペストは本当に開発出来るのか?欧州の第6世代戦闘機計画の怪しい話!

    今回は欧州の第6世代戦闘機開発、英国のテンペストプロジェクト、ドイツと…

  3. 軍事的雑学

    空母は時代遅れ?米国が「悪魔の兵器」と呼ぶ極超音速ミサイルの脅威

    米国の上院軍事委員会は、極超音速ミサイルの登場で、火力投射ツールとして…

  4. 軍事的雑学

    特殊塗料を塗った戦闘機「J-16」は、中国第3のステルス戦闘機になり得るか?

    中国人民日報傘下の環球時報紙(グローバルタイムズ)は、中国空軍が運用中…

  5. 軍事的雑学

    エンジンが無いトルコ第5世代戦闘機「TFX」、試作機に「GE製F110」搭載

    トルコの国防衛産業庁長官、イスマイル・デミル氏は、国内で開発している第…

  6. 軍事的雑学

    艦載機のステルス化が進む中国、今度は空母にステルス無人機を配備

    最近、中国初のステルス戦闘機「J-20」の艦載機化が有力だと報じられた…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 10月 08日

    KFXは3個飛行隊分のF-5と、F-16未改修分の後継だったはずだが

    • 匿名
    • 2019年 10月 08日

    流石韓国は期待を裏切らないな。

    • 匿名
    • 2019年 10月 08日

    空からのCASが滞ると死活問題な陸軍サイドからのリークって事ですかねこれは。

    • 自衛隊は?
    • 2019年 10月 09日

    隣国より、自国の方が危ない。

    • 匿名
    • 2019年 10月 09日

    予定通りでしょ?
    北朝鮮と開戦する予定は無いのだもの。
    日本に対するミサイル攻撃の時に製空戦に使う予定なんでしょ。

      • 匿名
      • 2019年 10月 21日

      飛行能力も削除しろ

    • 匿名
    • 2019年 10月 09日

    >韓国の韓国型戦闘機
    いきなり笑わせないで下さい

    • LLLLL
    • 2019年 10月 09日

    いっその事、対空攻撃能力も取っ払っちまえば良いのに!
    (´・ω・`)

      • 匿名
      • 2019年 10月 09日

      ひょっとして潜水艦から潜水能力を削除したように飛行能力を削除すればよくね?

      つか陸軍国が対地攻撃能力無くしてどーすんねん(約全員)

    • 匿名
    • 2019年 10月 09日

    隣国を喜ばせる微笑み外交ということか
    実は戦争しない平和国家なんだね

    • 匿名
    • 2019年 10月 09日

    実際のところ、遠距離の空対地攻撃はF-35、CASはA-50で足りるというところかもしれない。日本の場合はF-2の置き換えなので空対艦攻撃能力が必須なわけですが……

    • 匿名
    • 2019年 10月 10日

    他人事みたいに言うが自衛隊だって対地攻撃する兵器なんて持ってないんだけど。対空や対艦ミサイルはあるよ。対地ミサイルって敵基地を攻撃する奴だから憲法違反だって言って持たせてくれていないはずだよ。

    • 匿名
    • 2019年 10月 10日

    嘘みたい?
    いやいや、いかにも韓国らしい話の間違いでしょ

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP