インド太平洋関連

日本の安全保障にも影響? アジアの「ある国」が第5世代機「SU-57」導入を検討中

ミャンマーは空軍近代化のため、ロシアが開発した第5世代戦闘機「SU-57E」導入を検討しているという。

参考:Major Power Overnight: Su-57 Jets in Myanmar Could Strike Targets As Far As Japan, Australia and the Middle East

ミャンマーがSU-57を導入すれば、日本の安全保障に影響を与えることも

ロシアからSU-30SMEを購入する契約を結んだばかりなのに、SU-57導入話まで浮上してきた。

ロシアが開発した第5世代戦闘機「SU-57」は最近量産に入ったばかりでロシア空軍でさえ、まだ十数機の試作機しか持っておらず、8月にロシアで開催された「MAKS国際航空ショー」で輸出向けバージョンの「SU-57E」が発表されたばかりだ。

出典: Dmitry Zherdin / CC BY-SA 3.0

では、なぜミャンマーはSU-57に興味を示すのか?

ミャンマーは、これまでも長距離攻撃能力の獲得のため北朝鮮の弾道ミサイル開発を支援(2012~2017)し、核兵器開発も実際に行ってきた過去(現在は開発が放棄されたと見られている)がある。さらに化学兵器に関しても禁止条約に署名はしているものの、批准には至っておらず未だに化学兵器の破棄は行われていないと見られている。

このようにミャンマーは「抑止的効果」の高い兵器保有に関心があり、実際、北朝鮮から短距離弾道ミサイル「火星6(スカッドC)」を10基程度、入手し運用している可能性が高い。

SU-57は第5世代戦闘機に加え、空中給油を受けなくても推定戦闘半径2000km~2700km(機外に増槽携行時)と言われる広大な航続距離を持ち、マッハ10で飛翔し地上の固定目標や水上を移動する空母や巡洋艦、駆逐艦を攻撃することが可能な極超音速ミサイル「KH-47M2 Kinzhal(キンジャール)」を搭載すれば、その抑止効果は4,000kmを超えるだろう。

※参考にした記事では4,000kmではなく4,500kmと主張しているが、流石に4,500kmは言い過ぎではないかと思う。

補足:ロシアが開発した極超音速ミサイル「KH-47M2 Kinzhal(キンジャール)」は、2018年3月にプーチン大統領が行った演説の中で、初めて存在が明らかにされた攻撃用ミサイルだ。このミサイルの射程は少なくとも1,000km以上と言われており、MiG-31Kで運用した場合は2,000km以上、Tu-22M3で運用した場合は3,000km以上の攻撃範囲を持ち、さらにマッハ10.0、時速12,240kmで飛翔することが可能で母機から発射後、数秒から十数秒で目標に到達する。因みに現在、SU-57に搭載するためKH-47M2を小型化する作業が行われている。

出典: kremlin.ru / CC BY 4.0 KH-47M2 Kinzhalを搭載したMiG-31K

もちろん、4,000km離れた移動する目標を捕捉する技術や装備がなければ、SU-57+KH-47M2の組み合わせも意味がない。しかし、地上に設置された価値の高い固定目標に対しては、十分脅威を与えることが出来る上、日本もその射程圏内(大阪から西の地域)に入ってしまう。

果たしてロシアが輸出向けの「SU-57E」に加えて、極超音速ミサイルの「KH-47M2」まで提供するのかは不明だが、過去、ロシアはミサイル技術を中国やインドに移転したことがあるので、絶対に無いとも言い切れない。

現在、ミャンマーと日本は政治・軍事的に大きな対立点はないが、中国との結びつきが強いだけに、このような兵器を保有されると日本の安全保障に影響を及ぼす可能性も出てくる。

日本は中国や北朝鮮といった周辺国の脅威に対処することも大切だが、ミサイルの長射程化が進み、これまで脅威の対象として捉えていなかった国が今後、日本の安全保障に関わってくることを認識し、防衛や外交政策に厚みを持たせる=周辺国という範囲(認識)を拡大させる必要があるかもしれない。

もしかすると十数年後、日本に影響を及ぼす周辺国と言う定義は、世界中を指す言葉に変わっているのかもしれない。

 

※アイキャッチ画像の出典:Moose / stock.adobe.com

嘘みたいな本当の話、予算不足で韓国型戦闘機「KFX」から対地攻撃能力を削除?前のページ

第4.5世代機「ラファール」は、インドにとっての「現実的」なステルス戦闘機?次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    カザフスタン、MQ-1Cに匹敵するUCAVアンカをトルコと共同生産

    カザフスタンはトルコ航空宇宙産業と共同でUCAV「アンカ」を生産すると…

  2. インド太平洋関連

    インドネシア、KFX開発費負担減額と潜水艦導入契約キャンセルを韓国に要求か

    韓国メディアは今月2日、インドネシア側がKF-X滞納分の支払いを実質的…

  3. インド太平洋関連

    米国とって屈辱、タリバンが米国製装備品を身に着け「硫黄島に星条旗掲げる写真」を模倣

    タリバンは押収した米国製装備品を身に着けた戦闘員で「硫黄島に星条旗掲げ…

  4. インド太平洋関連

    フィリピン、米国が提案したAH-1ZもAH-64Eも高価すぎて購入拒否

    フィリピンのデルフィン・ロレンザーナ国防大臣は13日、米国が販売を承認…

  5. インド太平洋関連

    中国との対立が続くインド、ロシア製戦闘機Su-30とMiG-29を緊急調達

    インドは中国との深刻な軍事的対立に直面中だが、ロシアから戦闘機を33機…

  6. インド太平洋関連

    韓国、純国産ロケット「ヌリ号」初打ち上げに向けメインエンジン開発完了

    韓国メディアは最近、来年打ち上げ予定の純国産ロケット「ヌリ号」に搭載す…

コメント

    • 通りすがりの動物号
    • 2023年 4月 12日

    長射程の極超音速ミサイルが普及したら、よほど領土の広い国以外は、主要軍事施設、インフラ、政治拠点がすべて射程圏内になりますね。そういう武器を政情不安定な国が持つと、政治状況が変わるたびに周辺国からの干渉が避けられない。ますます世界の情勢が不安定化しそう。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  2. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  3. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  4. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  5. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
PAGE TOP