軍事的雑学

今度こそ実現か? 韓国、4度も延期された無人偵察機「グローバルホーク」引渡を12月に予定

韓国政府は、これまで何度も引き渡しが延期されてきた無人偵察機「RQ-4 グローバルホーク」が12月中旬に引き渡される予定だと明らかにした。

参考:대북 감시용 ‘글로벌 호크’, 12월 중순 한국 도입 계획

12月中旬にグローバルホークの引き渡し?それとも引き渡し延期予告?

韓国は2014年にノースロップ・グラマン社製の無人偵察機「RQ-4 グローバルホーク」導入契約を米国政府と結び、2018年後半には1号機の引渡しを受ける予定だった。

しかし、韓国向けに製造された「RQ-4 グローバルホーク」の搭載機器(電子光学・赤外線センサー)が不調で、2018年中の引渡しが不可能になったとノースロップ・グラマン社が通告、初号機の引渡しを2019年5月まで延期することになった。

補足:ノースロップ・グラマン社の説明によれば、ハードウェアではなくソフトウェアの問題で、電子光学・赤外線センサーの異常(画像がぼやける)を発見したため、この問題を修正するためには「数ヶ月」の時間が必要という話だった。

しかし問題の解決が遅れ、再度「2019年9月」引渡しを目指し修正作業が行われていたが、今度は合成開口レーダーの性能が基準(解像度が上がらない)を満たしていないことが発覚し、この問題を修正するために初号機引渡しを再度2019年11月に変更したが、この約束も守られることはなく、既に予定よりも1年以上導入が遅れている。

出典:public domain RQ-4 グローバルホーク

韓国政府の関係者は3日、グローバルホークの初号機が今月中旬にも引き渡されることを明らかにし、来年の5月までに発注した4機のグローバルホークを全て受け取る予定だと話した。

NATO向けのグローバルホーク初号機が11月20日に、イタリアにあるシゴネラ基地に問題なく到着しており、これ以上、韓国向けのグローバルホーク引き渡しが遅れることになれば、韓国向けに輸出されるグローバルホークには、韓国向けに調整された特別仕様=米軍やNATOとは全く異なる「ソフトウェア」が搭載されている可能性が高くなる。

韓国向けに「調整」されたといえば聞こえが良いが、実際には偵察性能を左右する画像解像度が意図的に下げられた「ダウングレード」が施されているという意味で、この「ソフトウェア」が機体や搭載機器と上手く統合されておらず、問題が発生しているのではないかと言う意味だ。

韓国政府の関係者は、年内を予定しているグローバルホークの引き渡しを明らかにしたが、同時に引き渡しが「延期」される可能性=2020年にズレ込む可能性もあると付け加えたと言う。

ある意味これは「5回目」の引き渡し延期予告と言っても良い。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Andy M. Kin

不味い食事や待遇が原因? 英国軍、1年で1万5,000人以上の兵士が軍を辞める前のページ

豪州のアタック級潜水艦より安い? 米海軍、バージニア級原潜ブロックV建造に3.8兆円を投資次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    ボーイングが空中給油機に革命を起こす? KC-46A空中給油作業無人化に繋がる技術を開発

    もしかすると日本も導入する空中給油機「KC-46A ペガサス」の空中給…

  2. 軍事的雑学

    いよいよ始まる!韓国、正式に韓国型戦闘機「KFX」試作機製造にGOサイン

    韓国国防部傘下の防衛装備庁は26日、韓国型戦闘機「KFX」の詳細設計検…

  3. 軍事的雑学

    日本は良くて韓国はダメ?韓国、固体燃料使用を禁じた「韓米ミサイル指針」改正を要求

    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、韓国の民間ロケットが「固体燃料…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|米空軍採用の新鋭機!ボーイングが航空自衛隊に売り込む次世代訓練機「TX」とは?

    ボーイングが日本への売り込みを表明した、次世代訓練機ボーイングTXとは…

  5. 軍事的雑学

    防衛省、海上自衛隊が装備する救難飛行艇「US-2」の後継機検討に着手

    防衛装備庁は、海上自衛隊が装備する水陸両用機の救難飛行艇「US-2」後…

  6. 軍事的雑学

    走行中射撃すら出来ない?時代遅れな戦車「チャレンジャー2」でロシア対抗は不可能

    英国の国防大臣、ペニー・モーダント氏は、英国軍の主要な装甲戦闘車両につ…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 12月 05日

    今の韓国には、引き渡したらあっという間に北朝鮮に鹵獲される(させる)不穏さがありますね。

    • 匿名
    • 2019年 12月 05日

    飛行先を探知出来れば彼らがどこを敵国とみなしているか推察できるかもしれませんね
    晴れて上空に現れたならば何かを照射して頂くと彼らの真意も測れるかもしれませんね

    • 匿名
    • 2019年 12月 05日

    これは韓国へは、新規にダウングレードした製品を売るので手間がかかってると読めばいいのかね

      • 匿名
      • 2019年 12月 05日

      でしょうね。
      でもって、更に遅れる(遅らせる)でしょうね。
      中韓で軍事同盟的な協定(GSOMIAより進んだ物資の相互供給的なの)を結ぶ動きもあるみたいだし=本当か? は別にしてそういう動きが言われてるから、アメリカも考えるでしょうよ。

    • 匿名
    • 2019年 12月 05日

    一機00億以するにだ、落とすのが怖いから格納庫の置物にするにだ。

    • 匿名
    • 2019年 12月 05日

    あいつらに渡したら、絶対北朝鮮が絡んでるから、わざと落としてるんだろうな
    盗みが仕事だから

    • 匿名
    • 2019年 12月 05日

    日本に納品される機体もこれと同型のブロック30iらしいが、大丈夫かな?
    イタリアのはアメリカと同じRQ-4Dらしいけど。

      • 匿名
      • 2019年 12月 06日

      韓国分だけ遅れればそれが答え合わせでしょうね。

    • 匿名
    • 2019年 12月 06日

    たとえ、中国で同等品が作られるようになってきたとしても、
    時代遅れ気味とは言え、高性能兵器をパクり常習犯に販売すると、
    リバースエンジニアリングなどで、モド機が作られ、
    アメリカの輸出市場を荒らされる怖れがある。
     
    ダウングレード版の譲渡も考えられるが、
    ムンが大統領でいる間は、
    引き続き、とってつけたような理由で、
    譲渡遅延が、更に繰り返されるのではないか。

    • hayata
    • 2019年 12月 07日

    韓国には届かないんじゃないかな
    わたしたら危険でしょう

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  2. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  3. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  4. 軍事的雑学

    導入したこと自体が間違いか?戦闘機タイフーンを導入したオーストリア空軍の後悔
  5. 軍事的雑学

    英海軍が頭を抱える問題、原潜用原子炉「PWR2」の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP