ロシア関連

モスクワとサンクトペテルブルクの議員19人がプーチンの辞任を要求

露独立系メディアのThe Insiderは12日、モスクワとサンクトペテルブルクの議員19人が共同声明を発表して「国家と国民の未来にとって有害なプーチン大統領の辞任を要求した」と報じている。

参考:Мундепы 17 округов Москвы и Петербурга потребовали от Путина уйти в отставку

もうひと押しの勇気があれば国民の不満が堰を切ったように表面化するだろう

サンクトペテルブルクの議員は「プーチンが始めた特別軍事作戦は逆効果で、派遣されたロシア軍部隊が失われ続けているため国家と国民の安全が脅かされている」と主張、プーチン大統領を国家反逆罪で告発する提案を議会に提出して注目を集めたが、直ぐに警察は「支配層の信用をおとしめた」と理由で議員を含む関係者4人を拘束。

しかしモスクワ南西部のロモノソフスキー地区議会も「大統領の考えや統治手法は絶望的に時代遅れで発展や可能性を妨げている」と主張してプーチン大統領の辞任を要求、さらにモスクワとサンクトペテルブルクの議員19人は「国家と国民の未来にとってプーチン大統領は有害でロシア連邦大統領職からの辞任を要求する」と共同声明を発表した。

議員19人を代表して共同声明を発表したサンクトペテルブルクのトルストレム議員は「弾圧により公の場で発言するのが難しく、最初に声を上げた議員を応援するため共同声明を発表した。我々はまだ異なる意見や考えをもつことも大統領に辞任を求めることも禁じられていない。プーチンは君主ではなく国民の税金で雇われた労働者に過ぎず、我々の仕事は国民の利益を代表することで現在の国民は幸せではない」と述べており、個人的にも「プーチンの行動全般の動機が理解できない。彼の政権は長くは保たないだろう」と付け加えている。

出典:Kremlin.ru/CC BY 4.0

ここまで来るとモスクワやサンクトペテルブルクの議員に続く勢力が登場しても不思議ではなく、もうひと押しの勇気があれば国民の不満が堰を切ったように表面化するだろう。

恐らくウクライナ軍の反撃もプーチン批判への原動力になっている可能性が高く、この勢いが維持できればプーチン政権が倒れて戦争が終結するかもしれない。

関連記事:ロシアの市議会議員、プーチン大統領を国家反逆罪で告発すべきだと提案
関連記事:モスクワの区議会、サンクトペテルブルクに続きプーチンの辞任を要求

 

※アイキャッチ画像の出典:Kremlin.ru/CC BY 4.0

ウクライナ軍がドネツ川を越えてスヴャトヒルシク入り、リマン付近でも戦闘中前のページ

アゼルバイジャン軍がアルメニア領に激しい砲撃、両軍間で激しい衝突次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    ロシア、シングルエンジンの第5世代戦闘機開発はスホーイ設計局が担当か

    ロシアの国営企業「ロステック」がシングルエンジンの第5世代戦闘機の開発…

  2. ロシア関連

    今度はロシアがドローン攻撃に悩む番、2日連続でイリスキー石油精製施設が炎上

    ロシア領クラスノダール地方のイリスキー石油精製施設がウクライナ軍のドロ…

  3. ロシア関連

    3度目の撤退? ロシア軍が一般市民の避難にまぎれてヘルソン州から撤退か

    ウクライナメディアのMOSTは19日「ドニエプル川北岸地域のロシア軍は…

  4. ロシア関連

    ロシア軍がHIMARS×2輌を破壊したと発表、但し視覚的な証拠はなし

    ロシア国防省は「ドネツィク州でウクライナ軍のHIMARSを破壊した」と…

  5. ロシア関連

    遂にバフムートが陥落、露ワグネルのプリゴジン氏が完全制圧を発表

    露ワグネルのプリゴジン氏は20日「今日の午後、バフムートの支配を完全に…

  6. ロシア関連

    部分的動員に服務期間の定めなし、ロシアでも兵士の動員解除を求めてデモ

    ウクライナ人兵士の親族らは「勝利の責任(負担)は平等であるべきで動員か…

コメント

    • ゆう
    • 2022年 9月 13日

    今の状況だとプーチン失脚はよろしくないと思う。
    ロシアは、今、停戦交渉しても「今回の占領地からの撤退」程度でしかロシア国民は納得しないだろう。
    それは、ロシア国民は「自分たちの戦争被害」を実感していないから。
    そして、ウクライナはこれでは納得しまい。
    賠償、クリミア半島からの撤退、は当然求めてくる。でも、ロシアは飲むまい。
    もうしばらく、プーチンが悪逆非道なことをし続けるか、ロシアが負け続けるかしないと、ウクライナの望む結果が得られないと思う。

    52
      • 7743
      • 2022年 9月 13日

      第一次世界大戦のドイツが似たような状況と言えるかもしれませんね。
      あの戦争末期、連合軍はほとんどドイツ国内へ進入できず、国民はほとんど戦争被害を体験しませんでしたが
      軍は何十万人もの捕虜を出して壊滅状態でした。

      クリミア半島からの撤退を実現するには、ロシア軍そのものを壊滅させるしかないでしょう。
      幸い、ロシア本国からの増員は非常に難しくなったことから、ウクライナは上限のある相手と戦う事になります。
      まずはヘルソンにてロシア軍が撤退要求をしているとのことなので、キッチリと無力化する必要がありそうです。

      39
      • 無無
      • 2022年 9月 13日

      そういう意味での本当の革命はロシアに期待できないと思う
      ソ連崩壊で歴史は変わったのか、いやレーニンのロシア革命で何が変わったのか、
      ロシアという国の対外的な姿勢だけは何一つ変化してないことに注視する

      42
      • samo
      • 2022年 9月 13日

      クリミアが新たな火種になりかねないのに、全くの同意ですね。
      そもそも、今のロシア人たちに、今回の戦争そのものが悪であるという認識がない。
      あくまで「負けているから」、この一点だけでしか結束できそうにない

      43
    • ブルーピーコック
    • 2022年 9月 13日

    負けがこむとこうなるという見本。この後の独裁者は血の海を作るか亡命するか、居座り続けて投獄or暗殺って感じだが、はたしてツァーはどのような行動をお取りになるかな。

    19
    • 慕華館
    • 2022年 9月 13日

    「総動員令」が発令されて身内がバンバン徴兵されるような事態にならない限り、国民が「話が違う!プーチン辞めろ!」とはならないのでは(-_-;)
    だからこそ強硬派から「ヘタレ」扱いされても、絶対に総動員令出さないのでしょうが(-_-;)

    21
    • あばばばば
    • 2022年 9月 13日

    21世紀にスターリンも驚くほどの大粛清が実行されるのだろうか
    そういえば治安維持部隊をウクライナに地域占領要員として動員していようだが、ロシア国内で暴動が発生した場合、これを抑えきれるほどの戦力が国内に残っているのか?

    7
    • zerotester
    • 2022年 9月 13日

    プーチンはなんだかんだ言っても圧倒的な民衆の人気で今の地位におり、それはロシア人が強いリーダーを求めているからです。それは戦争に強いことも意味していて、そもそもチェチェン紛争を収めた手腕で注目されたのだし、大統領になってからは強引ながらも多くの紛争で勝って領土(未承認国家含む)を増やしています。

    しかしプーチンが負けていることはもう隠せなくなってきました。東部の敗北は彼の指揮する軍隊が弱いことを露呈したし、南部ももうすぐ悲惨な状況が明らかになるでしょう。まとまった数のロシア軍部隊が降伏するという話はマジのようなので。

    プーチンがいきなり失脚することはないでしょうけれど、求心力がだいぶ下がっていることは確かで、彼が取れる手はどんどん減っているでしょう。

    40
    • ワオン
    • 2022年 9月 13日

    ウクライナに苦戦する弱いオーク王はいらない(意訳)としか思えないんだが…
    どうせ辞任させてもウクライナからロシア撤退及び核を含む軍縮及び賠償等をするわけじゃないし
    なのでプーチン大統領は徹底して反抗的なネオナチ議員を粛清してほしいね

    7
    • makumaku
    • 2022年 9月 13日

    プーチン氏はソチの別荘に居るそうで、これからの政治手段について考えていることだろう。

    2
    • 半蔵
    • 2022年 9月 13日

    19人程度なら手が伸びないと踏んだ議員たち。4人が既に警察レベルで拘束されてるし、今後も圧力はかかり続ける。ウクライナがモスクワやサンクトペテルブルクに空爆しないとは限らない。

    1
      • 匿名
      • 2022年 9月 14日

      ウクライナ側がそれを行ったら、ようやく漕ぎ着けた西側諸国の(ほぼ)全面的支持を一遍に失うでしょうね…

    • とくめい
    • 2022年 9月 14日

    1発だけなら誤射かもしれない。

    • ab
    • 2022年 9月 14日

    〉「支配層の信用をおとしめた」と理由で議員を含む関係者4人を拘束。

    はえ〜すげー理由だな

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  4. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  5. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
PAGE TOP