ロシア関連

謎の爆発に襲われたロシア軍、クリミア配備の航空戦力を後方に下げる

ウクライナ国防省情報総局は17日、ロシア軍は一連の爆発後「クリミアに配備されていた航空戦力をクリミアの南端かロシア本土に退避させている」と発表した。

参考:После взрывов в Крыму россияне перемещают свои самолеты на территорию РФ – разведка

南部方面で戦うウクライナ軍にとっては素晴らしいニュース、ロシア空軍の作戦機が後方に退避

ロシア軍はクリミアについて「HIMARSの射程圏外なので安全地帯だ」と信じていたが、8月にサキ(11日)とグヴァルデイスコエ(16日)にある空軍基地で謎の爆発が発生、これ受けてロシア軍はヘルソン州に近いクリミアの基地から戦闘機やヘリコプターをセバストポリ近郊の基地かロシア本土の基地へ退避させてるらしい。

出典:Минобороны России

ウクライナ国防省情報総局は「最低でも36機(Su-27、Su-30、Su-34、MiG-31、Ka-27など)が17日までに退避した」と発表しており、退避のため飛行中だったMiG-31で火災が発生して「エンジンとアビオニクスが消失した」と付け加えているが、墜落したのか基地にたどり着いたのかは不明だ。

どちらにしても多発する謎の爆発のせいでロシア空軍の作戦機は後方に退避したため、南部方面で戦うウクライナ軍にとっては素晴らしいニュースと言える。

出典:Командування Повітряних Сил ЗСУ 謎の爆発が発生したサキ空軍基地の様子

因みにロシア軍は174日間の戦いでSu-25×19機、Su-24×7機、Su-30×12機、Su-35×1機、Su-34×11機、An-26×1機、Mi-8×13機、Mi-24×4機、Mi-35×5機、Mi-28×7機、Ka-52×16機、正体不明のヘリ×6機、OrionUCAV×1機、Orlan-10×74機、Orlan-20×5機、Orlan-30×3機、Eleron-3×12機、Eleron-T28M×1機、Takhion×2機、ZALA 421-16Е2×4機など計212機を失ったことが視覚的に確認されている。

ウクライナ軍発表だとロシア軍は戦闘機233機、ヘリコプター196機、UAV792機を失っており、欧州方面や極東方面の防衛を維持しながら戦うロシア軍にとってウクライナでの損失は決して軽くない。

関連記事:クリミアで続く謎の爆発、今度はシンフェロポリ近くの空軍基地で爆発
関連記事:前線から200km以上離れたクリミアで再び爆発、弾薬庫と変電所が炎上
関連記事:ウクライナ空軍は健在、最大規模の航空攻撃でロシア軍の防空システムを破壊か
関連記事:ロシア空軍基地の爆発は事故、NYT紙はウクライナ軍による攻撃だと主張
関連記事:前線から200km以上離れたクリミアのロシア軍基地で爆発、ウクライナ軍の攻撃?

 

※アイキャッチ画像の出典:Oleg Belyakov./CC BY-SA 3.0

ウクライナ軍、ラトビア製ドローンがロシア軍妨害下でも作動することを確認前のページ

スイスで国民投票に必要な署名が提出される、F-35導入禁止の憲法明記を問う?次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    ロシアの市議会議員、プーチン大統領を国家反逆罪で告発すべきだと提案

    露独立系メディアのThe Insiderは8日、サンクトペテルブルクの…

  2. ロシア関連

    プーチン大統領、18日にロシア軍の予備役招集に関する法令へ署名

    露国営メディアのRIAノーボスチは18日、ロシア軍の予備役招集に関する…

  3. ロシア関連

    ロシア、7月の航空ショーでシングルエンジンの第5世代戦闘機を発表か

    ロシア通信(RIAノーボスチ)は23日、ロステックが開発中の全く新しい…

  4. ロシア関連

    早くも「SU-57」後継機を検討?ロシアでも第6世代戦闘機の研究が進む

    ロシアは第5世代戦闘機「SU-57」の量産に着手したばかりだが、ロシア…

  5. ロシア関連

    黒い布が外れたロシアの新型第5世代戦闘機、エアインテークは機首下で確定

    ロシアのロステックが今月20日に開幕する「MAKS国際航空ショー202…

  6. ロシア関連

    ロシア、年内引渡し予定の第5世代戦闘機「SU-57」量産初号機が墜落か?

    ロシアの第5世代戦闘機SU-57がテスト飛行中に墜落したが、パイロット…

コメント

    • すえすえ
    • 2022年 8月 18日

    ロシアさーん

    たばこの火の不始末と言ってましたけど
    嘘だったんですかー

    まさかタバコから逃げたのwでも残念、本国にもタバコはあるだろw

    42
      • ブルーピーコック
      • 2022年 8月 18日

      《退避のため飛行中だったMiG-31で火災が発生して「エンジンとアビオニクスが消失した」と付け加えているが、墜落したのか基地にたどり着いたのかは不明だ》

      飛行中にポイ捨てとかマナー悪過ぎですよね。エンジンが吸い込んじゃったじゃん。

      16
    • 匿名希望
    • 2022年 8月 18日

    戦闘機が無くてもS-400など防空システムが機能して、ウクライナの攻勢をしのぎ切れるか、押されるか?

    ウクライナはこの機に攻勢に出られるか?

    6
      • 7743
      • 2022年 8月 18日

      そのS-400もレーダーが優先的に狙われて、まともな対空能力を発揮できなくなった。
      まだ使えるS-400は残っているんだろうけど、東西に広がり切ってしまった占領地をすべてカバーするのは不可能と思われる。

      38
    • 名無し
    • 2022年 8月 18日

    航空優勢もとれないし、ウクライナの防空システムも無効化できないし。
    我々の信じていた強大なロシア軍とは一体……。

    29
      • 無無
      • 2022年 8月 18日

      それは西側による強大な支援あってのこと
      それに戦闘に参加せずともNATOや我が国が多方面で軍を構えている限り、疑り深いロシアはウクライナに兵力を全力投入できっこない
      本来は大人と子供の一方的な戦争のはずが、木刀でタコ殴りしてくる子供と片手片足を縛られた大人とのケンカになってるよ

      23
        • くらうん
        • 2022年 8月 18日

        なお知能は大人の方が低かった模様

        17
        • 匿名
        • 2022年 8月 20日

        その子供、親が武器やら弁当やら何度も渡してるんだ…

    • AAA
    • 2022年 8月 18日

    おー
    軍用機だけでも撤退させたのは朗報だな
    陸軍も撤退させたいがまだ先は長そうだな

    17
    • プー
    • 2022年 8月 18日

    素人考えだけど、撤退を見越して戦闘機の迎撃(追撃?)ってできんかったんかな

    1
      • ido
      • 2022年 8月 18日

      やろうと思えばできたでしょうけどsー400のなどの防空兵器が陣取ってる以上危険すぎるでしょう。ウクライナ空軍も数少ない戦闘機を失いたくないでしょうし。

      26
      • ブルーピーコック
      • 2022年 8月 18日

      前線から遠く離れた基地から撤退するからにはレーダーで補足できても届く対空ミサイルは無いでしょう。

      最適解としてはフォークランド紛争のSASみたいに密かに基地に侵入して、駐機状態の機体や燃料集積所、弾薬集積所を破壊するのが良いかもしれませんね。(ペブル島襲撃)
      おや?最近、似たような事例があったような・・・?

      12
        • zerotester
        • 2022年 8月 18日

        そもそもSASは北アフリカでドイツ軍の飛行場を襲撃するために作られたものですからね。特殊部隊の由緒正しい任務です

        14
    • ブルーピーコック
    • 2022年 8月 18日

    確認された航空機の損失の殆どが無人機か。落とされることは織り込み済みだろうけど、さすがに多いな。一番落とされてる無人機が例の日本製エンジンとカメラの奴なのは簡素な機体だからなのか「部品が手に入らなくなりそうだから使い潰しちゃえ」という判断からなのか。

    ただ、いくら西側のヘリより安くとも、各種ヘリが51機も落とされてるのは痛かろうな。Ka-52アリゲーター16機とか、配備された全機体の1割ほどじゃないか確か。

    16
    • zerotester
    • 2022年 8月 18日

    後方に下げたといってもノヴォフェドロフカ(サキ空軍基地)からセバストポリは90kmくらいしか離れていません。ただセバストポリ近郊にはサキ空軍基地ほど大規模な基地が無さそうに見えるので、多くはロシア領内に下がったのかもしれません。だとしたら作戦に支障をきたしそうです。
    パルチザンの攻撃なら警備を増やせばよいことだと思うのですが、ロシア側としても原因がまだ分かっていのでしょうか?

    8
    • 匿名
    • 2022年 8月 18日

    あれ?Su-35も撃墜されていませんでしたっけ?

    1
    • タイヤキ
    • 2022年 8月 18日

    ロシア側のタバコの不始末正当化するために駅周辺の路上に野ざらしでおかれていた大量のロケット弾や榴弾砲弾薬公開していたロシア人いたが、タバコの不始末原因でも最前線にロシア空軍は 戦闘機おいておけないよな。
    大量の弾薬保存する倉庫が足りてない。毎日5万発とかあり得ない砲撃戦のためにロシア軍も無理していたんでしょうね。

    5
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  3. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  4. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP