欧州関連

ロシア空軍基地の爆発は事故、NYT紙はウクライナ軍による攻撃だと主張

クリミア半島のサキ空軍基地で観測された爆発についてロシア国防省もウクライナ大統領顧問も「事故だ」と主張しているが、NYT紙だけは「ウクライナ軍が攻撃に関与している」と報じている。

参考:Источник назвал основную версию причины взрывов в Новофедоровке
参考:Подоляк о взрывах на военном аэродроме в Крыму: Мы здесь при чем?
参考:Ukraine claims a rare attack on a Russian air base in Crimea.

匿名のウクライナ軍高官がウクライナ製兵器を使用して基地を攻撃したと明かした?

クリミア半島のサキ空軍基地(ノヴォフェドロフカ)で大規模な爆発が発生、ロシア国防省は直ぐに「安全規則違反が原因で複数の航空機用弾薬が爆発した可能性が高い」と発表、ウクライナのポドリャク大統領顧問も「ノヴォフェドロフカの爆発に我々は関与していない」と述べているが、NYT紙だけは「ウクライナ軍が攻撃に関与している」と報じている。

出典:Telegram経由の画像とGoogleMapの画像

匿名のウクライナ軍高官が「ウクライナ製兵器を使用して基地を攻撃したと明かした」とNYT紙は報じており、これが事実ならウクライナ軍はVilkha-M2を使用したという意味だ。

ウクライナ企業が開発した多連装ロケットシステム「Vilkha-M2」は最大射程202kmの誘導ロケット弾(R-224M2)を使用することができ、これならウクライナ南部からサキ空軍基地を直接叩くことができるが、本格的な調達前にロシア軍の侵攻が始まったためランチャーもロケット弾も数が少なく、ウクライナ軍が実戦に投入しているのかもよく分かっていない。

本当にウクライナ軍はVilkha-M2とR-224M2弾の組み合わせでサキ空軍基地を攻撃したのだろうか?

因みにサキ空軍基地の爆発で黒焦げになったSu-24の様子がSNSにアップされており、この爆発でロシア軍は何機の航空機を失ったのかにも注目が集まっている。

追記:ザポリージャ州のキリリフカでも爆発が発生、ここもHIMARSの射程圏外なので何が起こっているのか本当に謎だ。

関連記事:前線から200km以上離れたクリミアのロシア軍基地で爆発、ウクライナ軍の攻撃?

 

※アイキャッチ画像の出典:Defense of Ukraine

前線から200km以上離れたクリミアのロシア軍基地で爆発、ウクライナ軍の攻撃?前のページ

トルコ、陸軍在庫から計200輌の装甲車輌Kirpiをウクライナに提供か次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    オランダ首相、イタリアが自走砲をウクライナに送ると決めたと明かす

    NATO首脳会議に出席したオランダのルッテ首相は「イタリアも自走砲をウ…

  2. 欧州関連

    ドイツ、チェコが要請していた歩兵戦闘車BMP-1のウクライナ移転を許可

    ドイツは31日、旧東ドイツが所有していた歩兵戦闘車「BMP-1」をウク…

  3. 欧州関連

    トルコが2万点に及ぶ第5世代戦闘機「TF-X」の構成パーツ製造を開始、実機公開は2023年3月予定

    トルコ航空宇宙産業のコティルCEOは今月4日、TF-Xを構成する最初の…

  4. 欧州関連

    トルコとギリシャの対立が再燃、レーダー照射を裏付けるレーダーログを提出か

    ギリシャはNATO司令部に「トルコの戦勝記念日を祝うメッセージを削除し…

  5. 欧州関連

    フィンランドとスウェーデンのNATO加盟の行方、首脳会談がまもなく終了

    NATOのストルテンベルグ事務総長、トルコのエルドアン大統領、フィンラ…

  6. 欧州関連

    マリウポリで戦うアゾフ連隊、負傷者を公開して治療の必要性を訴える

    マリウポリのアゾフスタル製鉄所で抵抗を続けるアゾフ連隊は10日、負傷し…

コメント

    • ido
    • 2022年 8月 10日

    ATCMASか?まあ、現場猫でもありがたいことだな。いくらパルチザンが燃料貯蔵庫攻撃してもここまで大きく爆発するとは思えん。てか写真のSUー25燃えたというか溶けてるというか。飛行機って燃えるとこうなるんだなって。初めて見た

    8
      • くらうん
      • 2022年 8月 10日

      ATCMAS→ATACMS
      Su-25→Su-24
      すまん知ってるとは思うけど

      7
      • けい2020
      • 2022年 8月 10日

      爆発系の攻撃じゃならないやつですね
      大火災が起きたのでしょうけど、原因はともかく被害甚大なのは確かでしょう
      空軍基地でキノコ雲連発とか、復旧諦めてもおかしくないかも

      2
    • 半分の防衛費の国から
    • 2022年 8月 10日

    根拠はありませんけど、F-117ナイトホークを操るPMC(民間軍事会社)の人が居て、密かに攻撃しているとか?だと面白いのですけど。実際には記録的な熱波が原因で自然発火してそう‥

    参考
    現役に再復帰したF-117ナイトホーク

    リンク
    F-117ナイトホーク

    リンク

    2
    • 名無し
    • 2022年 8月 10日

    ウクライナ軍がやったとしても、アメリカ政府とウクライナ政府の両方が事態の悪化を防ぐ為に否定するでしょうし、ロシアとしても防空能力が低いことが露呈することによる国内の不安を防ぐ為に事故だと言うでしょう。
    だから、nytが言うことにも一理あると思います

    18
    • すえすえ
    • 2022年 8月 10日

    もうロシアの弾薬すべて爆発しろw
    そうすりゃ平和になる

    42
    • 7743
    • 2022年 8月 10日

    Vilkha-M2ならウクライナ製なので、NATOを非難するのは筋違いになりますからね。
    ロシアとしても抗議のしようがないところ。

    残骸が残ればVilkha-M2以外の兵器であることが明らかになる可能性もありますが、
    ここまで激しく燃えていれば痕跡を探すのは困難でしょう(そもそもロシアはそんな面倒くさいことはしない)

    しかしロシアもせっかくハイマース対策として後方に移動させたのに、その矢先から爆発させていたら結構つらいものがあるのではと思います。

    13
      • けい2020
      • 2022年 8月 10日

      これが攻撃による被害なら、戦略レベルで破綻しかねないし
      現場猫案件にとる被害なら、国家レベルで危険度右肩上がり

      どっちえ転んでも頭抱えるしか無い

      8
        • 無無
        • 2022年 8月 10日

        単なる事故でなく、兵士に厭戦気分がまん延してての意図的なテロ行為に出てるならば、もう軍の末期症状です
        ロシア軍の実情が知りたいとこ

        4
    • 毎日暑いです
    • 2022年 8月 10日

    3月末にセヴァストポリ上空にドローンが侵入しS-400が作動した件やベルジャンシクでの揚陸艦攻撃がありウクライナ軍が射程100キロ以上の何らかの攻撃手段を有し使用の機会を伺っているというのは薄々察する所ではあるのですが、本件で使用されたか否かについては状況証拠以上のものが無いので断言は難しい所です。弾頭の破片や残骸は割と見つかるものなので続報が無ければ事故で片付けられるんですがね。

    2
    • 2022年 8月 10日

    やっぱ敵基地攻撃力って必要だわ

    56
    • 折口
    • 2022年 8月 10日

    真偽は定かじゃないですがViktor Andrusivなるウクライナ内務省の元顧問と称される人物がウクライナへの射程200~300kmのミサイルの供与を認めたという話が出回ってますね。何とは言ってないですが、可能性としては…

    仮にATACSM供与がされていたとして、真っ先にクリミア大橋を狙わないのも理解できる気がします。というのもロシア軍は大橋攻撃はロシア本土への攻撃でありレッドラインだと述べてきました。(もっともウクライナ側はその前にも後にもロシア本土を小規模ながら直接攻撃していますが)エスカレーションを急激に上げてロシア側に政治的なボーナスを与えるよりは、いつでも破壊できるという状況を明示してロシア側の対応を確認し、譲歩が引き出せないのであれば改めて破壊という手順を踏むのかなあと。
    新兵器投入第一弾で大橋なり艦隊なりの政治的に最大価値の目標を破壊しますとロシアからすれば「対応の余地が無かった危機」です。しかしウクライナが新型兵器を使ってさらに後方の「相対的に最大ではない価値の目標」を破壊し始めたという事実の積み重ねがあって、それからしばらく後に満を持して大橋攻撃となった場合は「その間にロシア軍は何をしていましたか」という印象をロシア世論に与えるでしょう。または、少なくともそのような影響が世論にあることをロシア政府に意識させることができるでしょう。総工費37億ドルとも言われる橋を、ウクライナは人質にとれる可能性があるわけです。
    あくまで仮の話で、本当に供与されたら即使ってしまうというのも全然あると思いますが…

    8
      • 折口
      • 2022年 8月 10日

      ATACSMじゃなくてATACMSですね…恥ずかしい…

      2
    • 暇人28万号
    • 2022年 8月 10日

    露の現場猫もありうるからなんともだけど、仮に攻撃だとしてもウクライナ側も事故じゃないですな?うち知らないっすねと言っといた方が良いのでしょうね。

    1
    • やたーまん
    • 2022年 8月 10日

    写真を見て、「お仕置きだべ〜」というフレーズが頭に浮かんでしまった

    11
    • daishi
    • 2022年 8月 10日

    「サキ空軍基地」は地名由来のようですが、サキ・ヴァシュタール中佐の指揮する基地=エリア88かと思ってしまいました。
    ウクライナの攻撃としても、今のところは公開しないでしょうね。
    クリミア大橋を落とした後なら公開する可能性はありそうですが。

    2
      • ああああ
      • 2022年 8月 10日

      エリア88みたいなゴロツキ(+マッコイじいさん)がウクライナ側にいたら、ロシアの空軍はとっくに壊滅してる。

      6
    • shkk
    • 2022年 8月 10日

    なんだかんだで兵器自体はウクライナは結構自前でもそこそこの性能のがあるんだな

    1
    • ナイトアウル
    • 2022年 8月 10日

     ウクライナ独自の兵器で有るならヴィルカか弾道ミサイルのフリムあたりじゃないかな。
     ただウクライナのロケットやミサイルの推進部分作っている企業が早々に攻撃されたとか元々企業活動が低調だったとかの話があるから、
    それが本当ならば使用してしまったら後が無いと思われる状態で攻撃に使用する価値はあったのか。

     ダメ元で使ったかは不明だが試作の国産155mm自走榴弾砲2S22も重要拠点への攻撃に使用したので同じような感じ何だろうか。

    • 匿名
    • 2022年 8月 10日

    モスクワ沈んだ時も火災だと言ってたような
    人災だからセーフみたいな謎のボーダーライン

    5
    • マロリー
    • 2022年 8月 10日

    この開戦当時から時々起こる、現在の戦況とあまり関係ないロシア軍支配地域の奥深くで発生するウクライナ政府も「俺らも知らん」系の謎攻撃って
    007のジェームズボンドやメタルギアのスネークみたいな、秘密エージェントたちが暗躍してくれているんじゃないかとひそかに期待してる。 外国の諜報機関なのかウクライナの特殊部隊なのか、ロシアの裏切り者なのか誰がやったのか知らんけど。

    5
    • ふぇふぇふぇ
    • 2022年 8月 10日

    ウクライナ軍が本気で攻撃する気なら、パニックの誘発と消化活動を遅延させるために夜襲すると思うんだけどな。
    軍幹部や政府要人が来訪でもない限りあえて昼間に攻撃する必要性があるように思えない。

    それに、昼間に攻撃してるんなら飛翔体の目撃情報や空襲警報のサイレンとか目撃情報がSNS上に沢山出てくるはずなんだよね。

    1
    • 2022年 8月 10日

    以前、親中軍事学者の北村淳がアメリカ軍の戦闘機が着地失敗して海中に落下する事故があった時、
    「これでアメリカ軍は権威失墜!」とかはしゃぎまわっていたけど(実際には中国軍だって戦闘機墜落事故とかがあるけど、それは見ない見えない聞こえない)、
    その程度のことで権威失墜するなら、敵に攻撃されたわけでもない(はずの)軍事基地で多重爆発を起こして戦闘機をおしゃかにしてまうロシア軍の権威は暴落すると考えるのが自然。
    だが北村淳みたいなアメリカ嫌いの学者は、アメリカの失敗に対するのと同じ厳しさでロシアの失敗を非難することが決してしない。

    アメリカ叩きが好きな識者って、アンフェアなまでにロシアに甘い。

    13
    • 匿名
    • 2022年 8月 10日

    宇南部アゾフ海沿岸の露占領地で爆発あり=メリトポリ市長
    リンク
    フェドロウ・メリトポリ市長は、9日にウクライナ南部ザポリッジャ州のアゾフ海に面し、ロシアに一時的に占領されているキリリウカにて、少なくとも2回の爆発があったと伝えた。
    (中略)
    なお、9日は、ロシアの占領する南部ヘルソン州のへニーチェシク地区とクリミアのノヴォフェドリウカでも爆発が報告されていた。

    同時に3カ所ロシアの現場猫が発生するとは考えにくいですねえ
    やはりウクライナ軍の攻撃と考えるしか無いような

    3
      • 匿名
      • 2022年 8月 11日

      人の子たちよ、知っていますか?
      現場猫はこの世界のありとあらゆる場所に顕在するのですよ…✨👼✨

      1
    • 匿名
    • 2022年 8月 10日

    ISWは前線から離れた2箇所の地点が同時に爆発してるんだから偶然なわきゃないって言ってるな
    ロシアとしては防空能力の欠如を認めたくないから事故と言い張るしかないとも
    だとしたらウクライナ側が攻撃を否定してるのは面白い
    ある意味クリミアを攻撃する政治的なリスクを踏み倒せることになるからな

    4
    • makumaku
    • 2022年 8月 11日

    POLITICO (@POLITICOEurope)が、複数のウクライナ政府高官の言葉を引用して、
    ①サキ空軍基地攻撃にウクライナ軍当局が関与している
    ②ウクライナ軍による南部戦線での反攻が開始された
    ことを伝えています。
    リンク

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP