ロシア関連

衝撃的事実、プーチン大統領自らS-400に極超音速兵器の迎撃能力はないと証言

プーチン大統領が最近、ロシア製防空システム「S-400」や「S-500」は極超音速で飛行する標的の迎撃能力はないと発言して注目を集めている。

参考:Путин опроверг возможности С-400 и С-500 сбивать гиперзвуковые ракеты

自国の防空システムが作り上げた神話を自ら否定したプーチン大統領

ロシアが開発した防空システム「S-400トリウームフ」や量産配備を控えている最新の「S-500プロメテウス」は、これまで極超音速で飛行する標的への迎撃能力があると散々喧伝されてきたのだが、プーチン大統領が自ら極超音速で飛行する標的の迎撃能力はなく、極超音速兵器に対応した防空システムは開発中だと明らかにした。

この発言が真実ならロシアの防空システムはマッハ5.0以上で飛翔する極超音速兵器の迎撃能力は持っていないことになり、このような発言は極超音速兵器を開発中の米国を喜ばせるだけで非常に不可解である。

ロシアは中国にS-400を売却する契約を結んだことを明らかに際、S-400は弾道ミサイル、巡航ミサイル、航空機、無人航空機など全ての空中標的と極超音速で飛行する標的を破壊するように設計されていると主張、2018年にはS-400が運用する迎撃ミサイル「48N6E」が極超音速で飛行する標的の迎撃テストに成功したことを明らかにするなどアピールを続けてきたため、S-400は極超音速兵器迎撃が可能であると信じられてきた。

さらに量産配備を控えている最新のS-500もS-400と同様に極超音速兵器の迎撃が可能だと繰り返しロシアが主張してきたが、そもそも実用化された極超音速兵器はロシア(最近中国が実用化に成功)しか持っていないため実戦で極超音速兵器が迎撃されたことはなく、本当に極超音速兵器の迎撃能力があるのかは開発国のロシアやS-400を導入した中国などにしか分からないため謎に包まれている。

出典:vitaly kuzmin / CC BY-SA 4.0 S-500を構成する92Н6Аレーダー

これをプーチン大統領が「極超音速で飛行する標的の迎撃能力はない」と言い出したため余計怪しさが増してきた。

単純にプーチン大統領の言葉が正しいのなら「なぜ米国を喜ばせるだけの発言を行ったのか?」という疑問が湧き、西側を混乱させるために敢えて否定的な発言をおこなったのではないかと考えられるからからだ。もしそうならプーチン大統領の言葉とは真逆の結果が正しい可能が高くなるため「やはりS-400やS-500は極超音速兵器の迎撃能力があるのではないか」と考えてしまう。

果たして、プーチン大統領はどうして自国の防空システムが作り上げた神話を自ら否定したのだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:Минобороны МО / CC BY 4.0

軍事衛星破壊が目的? 中国が疑う日本のレーザー搭載衛星開発の意図前のページ

中国は困惑、ロシアがインドに「T-14」を供給して軍事バランスを調整次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    露ステルス爆撃機「PAK DA」製造を開始、2021年中にプロトタイプ完成予定

    ロシアのタス通信は26日、以前から噂されていた新型ステルス爆撃機「PA…

  2. ロシア関連

    究極の乗組員保護、ロシアの次世代主力戦車「T-14」は遠隔操作で戦闘可能

    ロシアは最近、無人のT-14を遠隔操作して戦闘が行えるのか実証テストを…

  3. ロシア関連

    防空システムの天敵? 露攻撃ヘリ「Ka-52M」に長射程巡航ミサイルを搭載

    ロシアでは珍しい(表にでるという意味で)軍需産業の不正事件や、開発中の…

  4. ロシア関連

    ロシアがまた新しい極超音速ミサイルを開発 今度は爆撃機Tu-22M3M搭載用か?

    ロシアは航空機搭載用として3種類目となる新型極超音速ミサイルの開発を進…

  5. ロシア関連

    ロシアのペテンが中国にバレた? S-400は極超音速兵器と交戦できない

    中国がロシア製防空システム「S-400」に不満を述べている原因について…

  6. ロシア関連

    イスラエルのUAVを撃墜か? ロシア、戦車T-14に続きレーザー兵器まで実戦投入

    ロシアが開発した自走式レーザーシステム「ペレスヴェート(Peresve…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 6月 15日

    プーチンさんのできない発言は・・まあ事実はそうなんでしょね。
    かといってアメリカを喜ばせるためなんてことはないでしょう。
    兵器は本来の諸元より低スペックに宣伝するものと考えればおかしな発言とも言えませんし。
    むしろ、馬鹿な民主党議員がS-400/500にそんな能力はない、と極超音速兵器の予算に待ったをかける可能性は捨てきれませんね。

      • 匿名
      • 2020年 6月 15日

      > 馬鹿な民主党議員がS-400/500にそんな能力はない、と極超音速兵器の予算に待ったをかける可能性

      そこで「極超音速兵器予算に待った」は理屈がおかしいでしょ。むしろ極超音速兵器の価値が上がる話なんだから。

      あるとすれば開発兵器の目標引き下げ狙い?
      例えばS-400で「実はマッハ7までなら迎撃出来る」としたら
      この発言+αで「米がマッハ6の極超音速兵器を開発する様に誘導する」のは有効かもしれない。

        • 匿名
        • 2020年 6月 15日

        いやいや、サーバーよりもクラウド増やせとか言うのが民主党。その程度は不思議ではない。

          • 匿名
          • 2020年 6月 16日

          プーチンがそれを期待して発言した、なんてのを可能性のレベルでも本気で提唱しているなら貴方も同程度に頭おかしい。

            • 匿名
            • 2020年 6月 16日

            何故そんな解釈になるのか意味が分からない
            勝手な解釈でいちいち噛みつくのはやめなさいなみっともない

    • 匿名
    • 2020年 6月 15日

    ボルシチは、ロシアの料理ではありません。ウクライナの料理です。ロシアの食べものは、固いパンと固い牛肉。
    中世から、進化してないロシアです。

    ロシア人は、強国を誇りに思う民族ですが、
    プーチンに期待しても、国土が広い為、一向に飛躍しない経済にがっかりでしょう。
    一時は、シナ人の投資に舞い上がった弊害も残るのです。
    欧州でも無い、中央アジアでも無い、特亜でもあるロシアは・・プーチンだけは誇り

    • 匿名
    • 2020年 6月 15日

    防御ばっかり充実させても隣国の野心を抑止できない
    第一撃を受けてもなお確実十分な反撃ができる戦力の保持が戦争を抑止する

    • 匿名
    • 2020年 6月 15日

    >これをプーチン大統領が「極超音速で飛行する標的の迎撃能力はない」と言い出したため余計怪しさが増してきた。

    一国の元首なので発言自体は本当でしょうね。マッハ5.0とは指していないですし。
    問題は「極超音速で飛行する標的の迎撃能力はない」の指すロシアの「極超音速」とは幾らの速さか?、となります。
    後から振り返って、発言は新世代ミサイルの速度が(マッハX)以上となる前触れであったとなる可能性を含んでいます。
    (発言内容が正しく、かつ、更に高性能なミサイルを開発中を推考した場合)

    • 匿名
    • 2020年 6月 15日

    米国や日本は性能を過小に公表しますが、中露、南北朝鮮は過大に公表して脅威を煽ってきました。
    やっとロシアも世界のスタンダードになったという事でしょう。だから油断は禁物。

    • 匿名
    • 2020年 6月 15日

    Unanswered Israeli Air Strikes Against Syria Raise S-400 Questions
    Link

    • 匿名
    • 2020年 6月 15日

    相互確証破壊こそが唯一にして真のミサイル防衛
    高性能な戦略原子力潜水艦
    それに搭載する全世界が射程に入る潜水艦発射弾道ミサイル
    迎撃しきれないほどの十分な数の弾頭
    追跡されて撃沈されないために友軍しか入れない聖域
    これを揃えた国に攻撃することは滅亡と同義だから誰も攻撃しなくなる
    核保有国のなかでも米露しか満たせてない厳しい条件
    地上のサイロやTELなんて偵察で把握されてたら発射前にやられる
    潜水艦にしても低性能なら母港から出撃した直後からずっと追跡される

    ロシアからすればミサイル防衛可能というのは自分で使うためというより輸出の宣伝に使える程度の付加価値でしょう

    • 匿名
    • 2020年 6月 15日

    この場合の「極超音速」は弾道ミサイルも含むのでしょうか?

    • 匿名
    • 2020年 6月 15日

    中国に対するロシアの牽制でしょうか?
    貴国に売ったS-400では米国の極超音速兵器は迎撃出来ないので新型を買え的な。

    • 匿名
    • 2020年 6月 15日

    正直でよろしい。

    • 匿名
    • 2020年 6月 15日

    ロシアしか持っていなかった兵器をロシアの兵器で迎撃可能、という評価・宣伝
    これ自体が、個別の兵器毎の宣伝としては有効だけど、総体としてみるとなんかおかしいんだよな
    ロシアがS400やS500を輸出したとして、それで迎撃可能とされる極超音速兵器はロシア(中国)しか保有していないという
    輸出型からは極超音速迎撃能力を外すか、もとから大した確度も無かったのか
    わかりませんけどね

    • 匿名
    • 2020年 6月 15日

    もともとこの辺りの最近のロシアの兵器は、その謳うスペックが胡散臭さが拭えない物ばかりでしたから驚きはあまり感じないのですが、何かテストにより性能評価を見直した可能性もあるのかもしれませんし、先日のロシア軍需産業の不正を公表したのと合わせて体制の引き締めの一環であったりとか国内事情によるものかもしれません。

    • 匿名
    • 2020年 6月 15日

    未だ、ロシアは、真空管の時代かも・・

    • 匿名
    • 2020年 6月 16日

    要はアメリカの極超音速兵器の開発をストップさせて、自国は極超音速兵器を保有して優位に立ちたという所だろう。

    • 匿名
    • 2020年 6月 16日

    「極超音速兵器」は極超音速滑空兵器などを指しているのでは?
    中国がS-400の試射で模擬弾道ミサイルの迎撃に成功しているし。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  2. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
PAGE TOP