ロシア関連

ロシア、マリウポリで戦ったアゾフ連隊の捕虜交換を禁じる法案を検討

露メディアは「ロシア下院議会がナチス犯罪者の捕虜交換を禁じる法案について18日に検討を行う」と報じており、アゾフスタル製鉄所からのウクライナ軍退去は何の確約もない「降伏」という見方が強い。

参考:Госдума рассмотрит проект, запрещающий обмен нацистских преступников
参考:Другой формулы спасения военных из “Азовстали”, чем нынешняя, не может быть – МОУ

降伏した捕虜の取り扱いについて交渉を進めていたが食料が尽き、負傷の状態が限界に達したため見切り発車で「降伏」を選択した可能性が高い

ウクライナ軍参謀本部は16日「マリウポリを防衛する部隊は司令部が要求した全ての任務を達成した。各部隊の指揮官に兵士の命を救うよう命じた」と発表、重傷者56人がノボアゾフスク(ロシア軍占領下)にある病院に移送され、211人の兵士がオレニフカ(ロシア軍占領下)に移動「捕虜交換手続きを経てウクライナ軍支配地域に戻る予定だ」と説明しているが、どうやらアゾフスタル製鉄所から退去は「何の確約もない降伏」という見方が強い。

ウクライナ国防省は17日「彼らは司令部が要求した全ての任務を達成したが我々にアゾフスタルの封鎖を解く力はない。現在の方法でしか彼らを救出する方法がなかった。これしか方法がなかったんだ。現在兵士の救出作戦を進めている最中で全員を救い出すまで取り組みは続けられる」と述べており、露メディアは「ロシア下院議会がナチス犯罪者の捕虜交換を禁じる法案(アゾフ連隊の兵士は死刑が妥当だと法案を提出した議員は主張)について18日に検討を行う」と報じている。

アゾフスタルで降伏したアゾフ連隊、第36旅団、第12特務旅団、国境警備隊、領土防衛軍の兵士(露メディアは265人が降伏したと報じている)の内、最低でもアゾフ連隊に所属する兵士は捕虜交換を拒否してドネツィクに設置されるナチス犯罪者を裁く法廷に連行、ロシア人や民間人に対する数々の血なまぐさい犯罪を犯した者を裁きにかけるというプーチン大統領の宣言を実行するつもりなのだろう。

出典:АЗОВ Маріуполь

つまり予想されたアゾフ連隊への不利益を回避する取り組み=降伏した捕虜の取り扱いについてウクライナはロシアと交渉を進めていたが食料が尽き、負傷の状態が限界に達したため見切り発車で「降伏」を選択した可能性が高い。

勿論、無意味に餓死するよりも生き残るチャンスがある降伏は正しい選択だが、超人的な戦いを続けた兵士達を政府も現地メディアも戦意高揚のため「英雄」として祭り上げてしまい「彼らを救出するため政府は動いている」と国民に説明してきた手前、捕虜交換の確約なしに降伏したと発表すれば「政府が英雄を見捨てた」と映るため「各部隊の指揮官に兵士の命を救うよう命じた」という曖昧な表現に終始しているのだろう。

出典:露メディアRTが公開した動画のキャプチャ

ただ捕虜になった第36旅団のバラニューク司令官は「政府や軍が偽りの約束で抵抗を強いたため命令を無視してマリウポリからの脱出を試みた」と露メディアに告白、ウクライナ軍は「マリウポリから勝手に逃亡した臆病者」と非難するハメに陥っており、超人的な戦いの裏には表面化していない各兵士の葛藤や不満が渦巻いている可能性が高く、英雄的なマリウポリでの抵抗がウクライナ政府への非難に変貌しなければ良いのだが、、、

関連記事:ウクライナ軍、全任務を達成したマリウポリ部隊に「兵士の命を救え」と命令
関連記事:ウクライナ軍、第36旅団の司令官はマリウポリから勝手に逃亡した臆病者
関連記事:アゾフ連隊司令官、第36旅団は戦うのに十分な装備と弾薬を持っていた

 

※アイキャッチ画像の出典:Маріупольська міська рада

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

苦戦を予言していた元ロシア軍大佐、西側製の武器がロシア軍を追い詰める前のページ

日本が次期戦闘機を日英開発に転換した理由、米国が乗り気ではなかった次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    ロシア領ベルゴロドやドンバスの弾薬庫が爆発、ウクライナ軍による攻撃か

    露国営メディアは26日、ハルキウ州に隣接するロシア領ベルゴロド、スタラ…

  2. ロシア関連

    ロシア軍にとって動員した人々は大砲の餌、たった1日の訓練で即前線投入

    露独立系メディアのMediazonaは「ドンバスに送られようとしている…

  3. ロシア関連

    ロシア軍基地が炎上中、ウクライナ軍が戦術弾道ミサイルで報復か

    ロシア領ロストフ州にあるミレロヴォ空軍基地が何者かに攻撃を受けた可能性…

  4. ロシア関連

    ロシア人はイジューム虐殺を否定、侵攻以前の墓地を掘り返しているだけ

    イジュームの虐殺についてロシア人アナリスト達は「墓地に埋葬されている人…

  5. ロシア関連

    ロシア国防次官、パニックを防ぐためクリミアで発生する爆発の隠蔽を指示か

    ロシアのブルガコフ国防次官はクリミア当局に「住民や観光客が逃げ出すのを…

  6. ロシア関連

    ロシア大統領報道官、ウクライナの政権交代は特別軍事作戦の目標ではない

    ロシアのペスコフ大統領報道官は21日、ゼレンスキー政権の退陣及び新政権…

コメント

    • ななし
    • 2022年 5月 18日

    北方領土を返すつもりがないから領土の譲渡を禁じる法律作ったり
    ロシアはこういう事を平気でやりますよね
    日本政府がウクライナ支援に積極的な理由の一つに
    誠実な対応を全くしないロシアに対する恨みがあるのかもしれません
    遊覧船沈没事故で亡くなられた方のリュック返還拒否も日本人にとってマイナスイメージです
    きっとロシアではリュックを返すのを禁止する法律でもあるのでしょう

    67
      • 伊怜
      • 2022年 5月 18日

      リュックの件は拒否じゃなくて、まだ返事がきてないだけでしょ。そもそも拒否するぐらいなら最初から連絡する理由なんかないんだからさ。

      2
        • ありさか
        • 2022年 5月 19日

        ロシアのこれまでの行動を見るに、嫌がらせのために連絡したと見るのが自然ではないでしょうか。
        遺留品がある事を伝えた上で返還要求は無視することで日本人(遺族)を苦しめるのが目的かと。

          • 伊怜
          • 2022年 5月 19日

          ちなみに6時間前のニュースで返還が発表されてる、日本領事館に運ばれたようだ

          1
    • zerotester
    • 2022年 5月 18日

    このままだと全員死亡するのが確実で、それよりは捕虜交換されることに望みをかけたということでしょう。
    捕虜交換に応じず虐待などすればロシアに非難が向くでしょうし、以後ウクライナ兵は追い詰められても降伏せず戦い抜くのでロシア軍としては厄介になります。
    ロシア兵士の母の会の方のインタビューを見ましたが、捕虜交換を進めて欲しいと訴えていました。それが望みの綱でしょうし、捕虜交換を妨げるようなことをするとその方面からも批判されそうです。

    45
    • 鳥刺
    • 2022年 5月 18日

    降伏後の捕虜の取り扱いが心配されますね。

    とは言えロシアにせよDPRにせよ、捕虜を古めかしい見世物裁判にかけたり
    スピード判決で大量処刑などやってしまったら、プロパガンダ的にも
    逆効果ではないですかね?

    >「各部隊の指揮官に兵士の命を救うよう命じた」という曖昧な表現
    まあ実質上、降伏許可を出す形で体裁を整えたわけではあります。

    ただ、ウクライナ政府が、ここまででやるべき事をやらなかったというような
    非難に価するのかと言うと、状況と推移から言って酷かなとも感じます。

    29
      • HY
      • 2022年 5月 18日

       プーチンはウクライナを「ネオナチ国家」だと言っているから、むしろ公開処刑にしないとプロパガンダが成立しない。温情を与えて「プーチン万歳」と言わせる案もあるけど、アゾフの戦士たちが応じるとも思えないし。

       ウクライナ政府としてはどうしようもないのが本音でしょう。プーチンもそれを見越してこれ見よがしに、もはやハーグ陸戦条約を正面から破るような法律を建てたんです。それでゼレンスキー政権に批判が集まればクレムリンの独裁者にとってこれほどうれしいことはない。

       プーチンの真の敵は民主主義だからね。

      4
        • HY
        • 2022年 5月 18日

         ハーグ陸戦条約に「捕虜の交換」を定めた記述はありません。ロシアの新法律は条約違反とは見なされません。この場を借りて訂正し、謝罪します。

        7
    • 無無
    • 2022年 5月 18日

    ふつう、勝っている側は捕虜に虐待などしない、唯一の例外がロシア、勝ち負けに関わりなく捕虜を奴隷と見なす
    こうして国際的に民度の低さをさらけ出していく

    24
    • 無能
    • 2022年 5月 18日

    ロシアとしては捕虜が帰ってきて、余計な発言をされるとプロパガンダ的にマイナスだから帰ってきてほしくない?

    10
      • 無無
      • 2022年 5月 18日

      まるで戦陣訓
      生きて虜囚の辱しめを得ず
      要するに敗け戦は隠したいから戦死してくれの意味
      大日本帝国の人間軽視の伝統をロシアが継承してくれてるね
      戦後にこそ兵士の母の会の怒りが爆発するだろう

      10
        • めらめら
        • 2022年 5月 19日

        この場合、ロシアが継承したのはロシアの成り立ち的に、捕虜になるのは恥と教育して、冬戦争が終わり捕虜交換で帰ってきた捕虜をシベリア送りにしたソ連では?

    • 匿名
    • 2022年 5月 18日

    兵士の安全が保証されて降伏指示が出たんじゃなく、降伏以外どうしようもなくなったのか
    まあ見捨てたと言えば見捨てたことになるけど、国民の非難は司令部よりはロシア軍に向かうんじゃないかな

    7
    • ミリオタの猫(ロシアは地獄に落ちるかどうかを考え中)
    • 2022年 5月 18日

    こうなると、ロシア側がウクライナ側を騙した可能性すら有り得ると思います。
    そもそもロシアは旧ソ連時代から捕虜を虐待するのは御家芸なので、散々ナチス呼ばわりしたアゾフ連隊の兵士を今更捕虜交換するとは思えず、さりとて自力での攻略も困難だったので、捕虜交換やアゾフ連隊等のウクライナ軍部隊の保護と言う『嘘』をウクライナ側に提示して降伏させた可能性が有ります。
    只、ロシア側が不利になりつつある情勢下でこれをやると、ロシア側がウクライナからの撤退を強いられた後、国際社会から「戦争犯罪」として非難されるのは確実なので、ロシア側にとっては悪手なのですが…もうそんな冷静さは失われているみたいですけど。

    15
      • 伊佐
      • 2022年 5月 18日

      WW2ではウクライナ出身の兵士も相当数最前線に送り込まれてるんだから、ソ連時代の残虐行為の話を持ち出してロシアを貶すのは違うと思うんだ

      1
    • や、やめろー
    • 2022年 5月 18日

    ナチス犯罪者→プーチン
    よって、大統領閣下、あなたを逮捕します。FSB

    11
    • えぞ
    • 2022年 5月 18日

    と言いますか、兵士が降伏したら安全を保障するのが当たり前なんですよ…!!
    ロシアの言い分を通すなら、逆らうウクライナ人はみんなナチスなので、丸ごと虐殺してOKにしかならないですよね。

    8
    • zerotester
    • 2022年 5月 18日

    ISWは、ロシアは条件付き降伏に同意したのではないかと言ってますね。最近の失敗を取り繕うためにロシアとしてもメリットがあるので。
    それに対してロシアのSNSでは「テロリストと交渉するのか」といった非難の声が上がっている。この法案というのも政府ではなく議員が出そうとしてるもので、そうした民意を反映しているのでしょう。
    ロシア政府としては扱いが難しいところでしょうが、「捕虜交換で兵士の母親がこんなに喜んでるよ!」という方向のプロパガンダでおさめてもらえないでしょうか。

    6
    • 匿名
    • 2022年 5月 18日

    >ロシア人や民間人に対する数々の血なまぐさい犯罪を犯した者を裁きにかけるというプーチン大統領の宣言を実行するつもりなのだろう。

    この部分を抜き出すと、プーチン自身を裁きにかける必要性が

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  2. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  3. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  4. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  5. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
PAGE TOP