ロシア関連

退役済みのSu-24を輸送するロシア軍、ウクライナ空軍の攻撃を偽装か?

ウクライナ人ジャーナリストは23日、ベラルーシ空軍から退役したSu-24を使用するロシアの偽旗作戦に警告を発している。

参考:Andriy Tsaplienko

まもなくベラルーシ領空を侵犯したウクライナ空軍のSu-24を撃墜するロシア軍の事前準備?

ウクライナ人ジャーナリストのアンドリー・ツァプリエンコ氏は23日、ベラルーシ人から入手したSu-24の写真を公開して「ベラルーシ空軍から退役したSu-24がロシア陸軍の手でウクライナ国境に輸送されている」と指摘、この不可解な動きについて「国境周辺に集結するロシア軍部隊を攻撃するためウクライナがSu-24で攻撃を仕掛け、逆にロシア軍の防空システムに撃墜されたという偽旗作戦の証拠に使用されるのではないか?」と説明している。

もし彼の懸念が当たっているのなら間もなく露メディアが「ベラルーシ領内に駐留するロシア軍を攻撃するためウクライナ空軍のSu-24が領空を侵犯、これを我が軍の防空システムが撃墜した」と報じ始めるに違いない。

 

※アイキャッチ画像の出典:Chris Lofting / GFDL 1.2

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

米国、ロシアが48時間以内に侵攻を開始する可能性をウクライナに通知前のページ

国防総省、ウクライナ周辺に集結したロシア軍は動員予想の100%に到達次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    ショイグ露国防相、ロシア軍を49万人増の150万人に拡張する可能性

    ロシアのショイグ国防相は21日「軍の規模を150万人まで増やす必要があ…

  2. ロシア関連

    戦闘機に随伴可能な露ステルス無人機「S-70」、空対空ミサイル試射に成功

    ロシアが開発中のステルス無人攻撃機「S-70オホートニク」が空対空ミサ…

  3. ロシア関連

    印露首脳会談で両国が関係強化、インドは主権国家であり米国の制裁には屈しない

    ロシアのラブロフ外相は「インドへのS-400引き渡しは米国の妨害にも関…

  4. ロシア関連

    ロシア、無人航空機迎撃に対応した多目的対戦車ミサイルを開発

    ロシアの巨大複合企業ロステック傘下のトゥーラ器械製造設計局(KBP)は…

  5. ロシア関連

    究極の乗組員保護、ロシアの次世代主力戦車「T-14」は遠隔操作で戦闘可能

    ロシアは最近、無人のT-14を遠隔操作して戦闘が行えるのか実証テストを…

  6. ロシア関連

    ロシア軍は2月15日までに新たな攻勢準備が整う、本物の機械化旅団を用意

    ルハンシク州のガイダイ知事は6日「2月15日以降にロシア軍は新たな攻勢…

コメント

    • tofu
    • 2022年 2月 24日

    > ベラルーシ領内に駐留するロシア軍を攻撃するためウクライナ空軍のSu-24が領空を侵犯
    爆弾が施設やその近くに着弾するけど死傷者はゼロなんですねわかります

    17
      • 四凶
      • 2022年 2月 24日

      普通に考えたら旧式機で最新鋭の防空システムに攻撃しかけるのはあり得ない話だから誰も信じない。

      3
        • 四凶
        • 2022年 2月 24日

        途中送信しちゃった。

        唯一の可能性として戦端が公に開いた状態ならナゴカラ紛争のように旧式機有効活用はあり得るのかなとは思う。

        1
          • 戦略眼
          • 2022年 2月 24日

          飛行場で、爆破して、攻撃を受けたと主張するのかな。

    • 無無
    • 2022年 2月 24日

    どっかの国の人たちみたいに、ウソでも声の大きいほうが勝つというお話ならば、
    もうお腹いっぱいですから遠慮したい
    ただ、こういう話を聞くと、何でベラルーシはロシアからわざわざ独立したんですかと疑問ばかり

    19
    • 匿名
    • 2022年 2月 24日

    このIT化時代に雑い事してもSNSでバレバレなの誰か露軍首脳にお伝えしろ!

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  3. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  4. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  5. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
PAGE TOP