ロシア関連

第36旅団の脱出は失敗したと主張するロシア、副司令官の尋問風景を公開

マリウポリでの市街戦にカディロフツィを派遣しているカディロフ氏は13日「1,000人以上のウクライナ海兵隊員が降伏した」と発表、ロシア軍も降伏した第36独立海軍歩兵旅団の副司令官を尋問する様子を公開した。

参考:В Мариуполе сдались в плен более тысячи украинских морпехов, заявил Кадыров
参考:СК показал видео допроса сдавшегося замкомандира бригады морпехов ВСУ

降伏した第36独立海軍歩兵旅団の副司令官を尋問する様子を公開したロシア軍

カディロフ氏によるとマリウポリで戦うウクライナ軍の部隊は次々と解散してロシア軍やカディロフツィに降伏(1,000人以上)しており「何らかの理由で白旗を挙げて出てくるのを恐れている小グループのみが抵抗を続けている。アゾフスタル製鉄所には治療が受けられない約200人の負傷者がいる。抵抗を止めて帰国することが彼らのためだ」と明かした。

さらにロシア軍も降伏した第36独立海軍歩兵旅団の副司令官を尋問する様子を公開して「包囲されたアゾフスタル製鉄所からの突破を試みは失敗した」と主張、これが事実なら「ロシア軍の包囲を突破してアゾフ連隊に合流できた」という話は第36旅団の一部のみなのかもしれない。

因みにロシア軍が公開した動画に映る人物が第36独立海軍歩兵旅団の副司令官なのか検証するデータ(写真など)を持ち合わせていないため謎だが、今のところウクライナメディアは本件について一切報じていない。

関連記事:弾薬と食料が尽きた第36旅団、ロシア軍の包囲を突破してアゾフ連隊に合流
関連記事:マリウポリで最後の瞬間を待つ第36旅団、抵抗の代償を忘れず勝利してくれ
関連記事:マリウポリを防衛する第36旅団の弾薬が枯渇、今日が最後の戦いになる

 

※アイキャッチ画像の出典:Следственный комитет Российской Федерации

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

弾薬と食料が尽きた第36旅団、ロシア軍の包囲を突破してアゾフ連隊に合流前のページ

英軍元司令官、ロシア軍はウクライナ軍の5倍に相当する戦力を用意する次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    ロシアの新型戦闘機「チェックメイト」は最初の顧客を獲得済み、推定需要は300機前後

    ロシアのユーリー・ボリソフ副首相は「新型戦闘機チェックメイトはローンチ…

  2. ロシア関連

    ロシア軍の狙いはリマン奪回? 10日以内にクレミンナ方面で本格攻勢が始まる可能性

    ウクライナ軍関係者の話に基づき「ロシア軍が10日以内に本格的な攻勢を開…

  3. ロシア関連

    バフムートを巡る戦い、露ワグナーがバフムート北東のブラホダットネを制圧

    バフムート北東に位置するブラホダットネを露ワグナーに制圧されたことが視…

  4. ロシア関連

    ロシアが発表したキエフ方面の戦力削減、停戦交渉や合意を促進するため?

    ロシアのフォミン国防次官は「キエフとチェルニーヒウ方面の敵対行動を根本…

  5. ロシア関連

    衰えないロシア軍の装備補充、新たに大量のT-72やT-80BVを運び込む

    ロシア軍は甚大な損失を被っているにも関わらずドンバスでの攻勢は激しくな…

  6. ロシア関連

    世界はロシア連邦の崩壊に備えるべきで、2度目の準備不足は許されない

    米欧州陸軍のベン・ホッジス元司令官は「ロシアの敗戦や政変ではなくロシア…

コメント

    • だいぶ溜まってんじゃん
    • 2022年 4月 13日

    正直カディロフツィもカディロフも情報源としてはあまり信用していない(tiktok部隊なんて呼ばれる位だし)

    ただ、一ヶ月近くも包囲されていて、弾薬も不足している現在の状況ではあながち否定もできない。戦力パフォーマンスも落ちているだろうし。

    事実であるなら、捕虜として人道的扱いがなされることを願うばかりです。アゾフ連隊に比べれば穏当な扱いが受けられるのでしょうかね?

    28
      • hiroさん
      • 2022年 4月 13日

      先月、「ロシア兵士母の会」会長がロシア軍の問題点の1つとして、ウクライナ兵捕虜の所在が不明であることを述べていましたね。
      ロシア軍に人道という概念があるのかどうか。
      良くて洗脳教育かも。

      30
      • G
      • 2022年 4月 14日

      自国の兵士の命さえ軽んじ、ウクライナ人の女子供さえ平気で無差別に殺傷しているロシアが、まして敵であるウクライナ軍兵士を捕虜にしたとはいえまともに扱うとは到底……

      1
    • や、やめろー
    • 2022年 4月 13日

    ロシアは信用できないが、普通にありうる話

    22
      • 無無
      • 2022年 4月 13日

      これがウソでも本当でもどちらでもかまわないね、
      ロシアに正義のないことはいまさら

      7
    • 2022年 4月 13日

    単に”失敗した部隊もいた”という程度。
    ソ連得意技の二重包囲を完全に機能していれば全部隊を捕まえられるだろうけど、ロシアの指揮、士気によって機能しなければ網の穴から逃げていくだろうし、今の今まで制圧できないという時点で、完全には成功してないと予想出来るわな。

    26
      • けい2020
      • 2022年 4月 13日

      小隊単位とかで脱出して、最後まで残ったのが指揮官を含む決死部隊ってとこだろう

      全部降伏したなら全員を並べて写真撮って公開するのが効果的だけど、
      出てくるのが副指揮官だけなら、生きて捕まったのは極一部って可能性は高い
      (脱出できたのか戦死したのかは判断材料ないけど)

      5
    • パセリ
    • 2022年 4月 13日

    どちらにせよ降伏した隊員が人道的に扱われてることを祈るのみです

    11
    • 匿名希望
    • 2022年 4月 13日

    どちらも大本営発表だから、そればかりで分析したら間違える

    もちろん、大本営はロシアも含まれるが、米英、BBC、CNNも入ってるからな

    2
      • 匿名
      • 2022年 4月 13日

      それはそうなのですが、マリウポリに関しては民間の通信は全て断絶しているので、大本営発表を精査して状況を把握するしかないですね…

      13
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  2. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  3. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  4. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  5. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
PAGE TOP