ロシア関連

ロシア、年内引渡し予定の第5世代戦闘機「SU-57」量産初号機が墜落か?

ロシアの第5世代戦闘機SU-57がテスト飛行中に墜落したが、パイロットは無事脱出し救助されたとロシア国営放送「イタルタス通信」が報じている。

参考:Russia’s Su-57 fifth-generation fighter jet crashes in Far East

SU-57量産初号機が墜落で、年内引渡は絶望か?

12月24日、ロシア極東部のハバロフスク地方の都市、コムソモリスク・ナ・アムーレにあるスホーイ社の子会社「Yu.A.ガガーリン記念コムソモーリスク・ナ・アムーレ航空機工場」で製造されたSU-57が、同地域にあるロシア空軍基地で試験飛行を実施中に墜落したという。

出典: Dmitry Zherdin / CC BY-SA 3.0

幸い、操縦していたパイロットは墜落前に脱出し救助され、墜落したSU-57に巻き込まれた人間もいなかったが、破損したSU-57や機体に搭載されていたブラックボックスなどは回収できていない。

アレクセイ・クリボルチコ国防副大臣が同工場を11月に視察した際、SU-57の量産初号機の年内引渡しについて準備が整った語っており、恐らくだが墜落したのは14機製造された「試作機」ではなく「量産機初号機」の可能性が高い。

当時、国防副大臣が同工場を訪問し、SU-57の製造ラインをバックに「量産初号機の年内引渡し」を公言したのは、SU-57の量産が順調に進んでいることをアピールする狙いがあるものと見られていたが、技術的な問題や製造中のミスが今回の事故原因の場合、量産に深刻な影響を及ぼすかもしれない。

SU-57はこれまで、エンジンが火を吹いて緊急着陸をするなどのトラブルはあったが、飛行中に墜落したのは今回が初めてだ。

出典:Rulexip / CC BY-SA 3.0 MAKS-2011においてサージングを起こしたSU-57

ロシア軍関係者はSU-57の墜落について、テストパイロットのミスか、まだ見つかっていないSU-57の技術的な不具合が今回の事故を引き起こしたと考えており、現地のハバロフスクでは、既にSU-57墜落事故の原因を調査する特別委員会が設立された。

どちらにしても、ロシア空軍へSU-57量産初号機を年内に引き渡せなくなったのは間違いない。

 

※アイキャッチ画像の出典:Attribution: Vitaly V. Kuzmin / CC BY-SA 4.0 Su-57

ホワイトハウスが閃いた斬新な方法? 不可能と言われた米海軍「355隻体制」実現か前のページ

米国、無人偵察機「グローバルホーク」を韓国に引渡すも、肝心の情報収集装置は未搭載次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    ロシア軍関係者の証言、既存の防空システムが無人航空機に対して無力な理由

    なぜ既存の防空システムはトルコ製UAV「バイラクタルTB2」や小型の徘…

  2. ロシア関連

    ロシア、TB2キラーと名付けられた無人航空機「オリオン-E」の海外売り込みを開始

    海外市場で人気を集めるトルコ製UAV「バイラクタルTB2」に強力なライ…

  3. ロシア関連

    バフムートを取り囲んだ露ワグネル、ゼレンスキー大統領に撤退を要求

    露ワグネルのプリゴジン氏は「実質的にバフムートを取り囲んだ。残されたア…

  4. ロシア関連

    黒い布が外れたロシアの新型第5世代戦闘機、エアインテークは機首下で確定

    ロシアのロステックが今月20日に開幕する「MAKS国際航空ショー202…

  5. ロシア関連

    ロシア、新型のステルス爆撃機「PAK DA」はスタンドオフミサイルのみで運用

    ロシアのイタルタス通信(TASS)は9日、新型のステルス爆撃機「PAK…

  6. ロシア関連

    ロシア、海外デビューを飾ったチェックメイトと能力的に対等なのはF-35のみ

    ロステックのCEOを務めるセルゲイ・チェメゾフ氏はドバイ航空ショーで海…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 12月 25日

    韓国絡まないとコメント欄に全く人がいないのに草w

      • 2019年 12月 25日

      それだけ皆あの国にうんざりなんだよ。

    • 匿名
    • 2019年 12月 25日

    良いニュースだね。 
    相手が勝手に非戦闘損耗+脅威の配備延期。

    • 匿名
    • 2019年 12月 25日

    さっそく最新機種で試したのか!さすがロシアの脱出装置は世界一!
    またロシア製の脱出装置の優秀っぷりが発揮されてしまった

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  2. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
PAGE TOP