ロシア関連

ロシア対外情報庁、ポーランドがウクライナ西部を併合するため住民投票を計画

ロシア対外情報庁のナルイシキン長官が「ポーランドはウクライナ西部地域を併合するため住民投票の準備を加速している」とフェイクニュースをねじ込んできた。恐らくウクライナの閣僚人事で悪化した世論を宥めるドゥダ大統領の努力を妨害するためだろう。

参考:Нарышкин: Польша форсирует подготовку к аннексии Западной Украины

こんな見え透いた手に引っかかるのかは謎だが、これでウクライナとポーランドの関係にヒビが入れば儲けものと思っているのだろう

ナルイシキン長官は露国営メディアの取材に対して「ポーランドはウクライナへの軍事援助、難民の受け入れ、ミサイル誤射事件に対する賠償を受け取るべきだと考えており、ドゥダ大統領はウクライナ西部地域に対するポーランドの権利を主張するため公式な見解や資料を速やかに準備するよう関係機関に指示した。この主張の根源は1943年に発生したヴォルヒニア虐殺で、ポーランドはウクライナ西部地域を併合するため住民投票を実施したいと考えている」と明かし注目を集めている。

出典:Дмитрий Медведев

ロシアがこのタイミングで「ポーランドによるウクライナ西部地域の併合」というフェイクニュースをねじ込んできたのは、ウクライナの閣僚人事で悪化した世論を宥めるドゥダ大統領やモラヴィエツキ首相の努力を妨害するためだろう。

ゼレンスキー大統領がヴォルヒニア虐殺でポーランド人を怒らせた元駐独大使を外務副大臣に起用、ポーランド国内からウクライナへの批判が高まる中でもドゥダ大統領は「これはウクライナの主権に基づいた決定で抗議するつもりはない」とゼレンスキー大統領を擁護、モラヴィエツキ首相はキーウを訪問して両国の関係が依然として強固であるとアピールしているが、ミサイル誤射事件から2週間も経過してもゼレンスキー大統領はポーランド国民の命を奪ったミサイルがウクライナ軍のものだったと認めておらず、ポーランド世論はウクライナに対する不満が燻り続けている。

出典:Sandro Halank/CC BY-SA 4.0

要するにロシアはウクライナ国内の民族主義者に「ポーランドがウクライナ西部地域の併合を狙っているぞ」と煽ることで、両国で見解が異なるヴォルヒニア虐殺やヴィスワ作戦の問題を再燃させようとしているのだ。

こんな見え透いた手に引っかかるのかは謎だが、ロシアとしては「外務副大臣人事で両国の歴史的な問題にスポットライトが当たっているので、これで少しでもウクライナとポーランドの関係にヒビが入れば儲けもの」と思っているのかもしれない。

出典:Polish Ministry of National Defense

因みに副首相を兼任するブラスザック国防相は外務副大臣人事について「個人的にメルニク氏の起用は良くない。この決定に喜んでいるのは本人とクレムリンだけだろう」と述べていたが、その通りになってしまったとも言える。

関連記事:ポーランドが遂にウクライナ批判、築き上げた関係を台無しにする気か?
関連記事:ウクライナの外務副大臣人事にポーランドが反発、不幸な出来事でもっと配慮すべき
関連記事:ポーランド、ウクライナ人専門家による爆発現場での調査を許可してない

 

※アイキャッチ画像の出典:PRESIDENT OF UKRAINE

欧州委員会のフォンデアライエン委員長、ウクライナ軍の戦死者数を漏らす?前のページ

ロシア軍が前進を見せるバフムートの戦い、ウクライナ軍にとって厳しい戦い次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    世界はロシア連邦の崩壊に備えるべきで、2度目の準備不足は許されない

    米欧州陸軍のベン・ホッジス元司令官は「ロシアの敗戦や政変ではなくロシア…

  2. ロシア関連

    世界で最も非常識な兵器? マッハ9.0で作動するロシアの極超音速対艦ミサイル

    ロシア海軍は、マッハ9.0で作動する極超音速対艦ミサイル「3M22ジル…

  3. ロシア関連

    ロシア、ウクライナ軍のザルジニー総司令官とシルスキー司令官を指名手配

    露国営メディアは30日「内務省が刑法の条文に基づきウクライナ軍のザルジ…

  4. ロシア関連

    バフムートに関する噂レベルの情報

    ロシア側の情報源は「バフムート周辺の天候が悪化して野外の移動が困難にな…

  5. ロシア関連

    露軍元大佐、ウクライナとの戦争をクレムリンは成り行きと偶然に任せている

    ロシア軍元大佐のイゴール・ガーキン氏は「まもなく始まる攻勢は数ヶ月間に…

  6. ロシア関連

    ロシア軍、ルハーンシク州で戦うウクライナ軍の補給ルート遮断に成功

    ロシア軍はセベロドネツク~アルチェモフスクを結ぶ幹線道路「T1302」…

コメント

    • hogehoge
    • 2022年 11月 30日

    戦後復興資金が不足するだろうから、国際社会で半分ぐらい費用拠出して、
    ポーランドに一部ウクライナ国土を買わせるってのは意外とアリな気が・・・。

    安全保障的にも、ベラルーシとの国境線を縮小できればだいぶ再編できるだろうし。

    1
      • ユーリ
      • 2022年 12月 01日

      もうそんなことで国境線を変えられる時代ではないでしょう

      42
        • hogehoge
        • 2022年 12月 01日

        寧ろ貿易自由化の今の時代だからこそ出来るんだぞ。

        当該地域にEU方式の出入国や関税、就労の自由化を実施すれば、
        東部は復興資金投入、西部はEUとの貿易活性化で経済が回せる。

          • HY
          • 2022年 12月 01日

           それ国土を売るのと全然意味が違うんじゃない?今のウクライナはEUに入るつもりだし、そしたらウクライナ全土がEU方式の出入国、就労の自由化になると思う。親ロシア派やEU懐疑論がごねた場合西部だけになる可能性もあるけど、領土割譲するのとは訳が違う。

          15
    • 無無
    • 2022年 11月 30日

    なんとしてでもポーランドとウクライナを離反させろって大統領からの直命でもきてるのか、無理難題を押しつけられる宮仕えには同情するよ

    23
    • 名無し3
    • 2022年 11月 30日

    言うだけならタダを国家レベルでやってるの超カッコイイ
    カッコ良すぎて俺なら自殺してるぜ

    28
    • 774rr
    • 2022年 12月 01日

    ウクライナはまだポーランドへの誤射を認めてなかったんだ
    ポーランドを蔑ろにして何か良い事あるのかな?

    7
    • ぬるぽ
    • 2022年 12月 01日

    こんなあからさまなフェイクニュースは逆効果だと思うが…
    ロシアが真の敵であることをわざわざ思い起こさせるようなもの

    20
    • 折口
    • 2022年 12月 01日

    「ポーランドがウクライナ西部の併合を画策してる!」って話が本当だったとしてもですよ、領土の強制割譲を画策どころか実行に移した国がとやかく言う問題じゃないと思うんですが、SVR側は変に思わなかったんですかね…。なんかもう公然とプロパガンダを流しすぎてどこまでが建前でどこまでが真実なのか当事者もよく分かってないのでは

    18
    • 無能
    • 2022年 12月 01日

    ロシア軍が撤退したら返却とか条件付きでウクライナ西部をポーランド領にしてしまうのはある意味アリなんだけどな
    NATOの傘に守られた地域だからインフラ攻撃出来ないし、東欧に散った難民を集める事も出来るし、軍需物資の生産工場をここでガンガン生産することも出来る

    5
    • まつ
    • 2022年 12月 01日

    ポーランド軍参戦してドンパスクリミア半島どころかアゾフ海東部地帯ロシアからウクライナ奪還できたらありうるかも元はウクライナ領土である。東移動。

    • 2022年 12月 01日

    わざわざそんなお荷物を背負うほど馬鹿ではないだろう。
    ロシアは知らんが。

    3
    • 2022年 12月 01日

    国土を売るような真似したら内戦になるわ

    2
    • チュル
    • 2022年 12月 01日

    ポとウの関係も日韓関係みたいなもんだからな。
    歴史問題で対立してるが安全保障上共通の敵がいるから共闘してるだけで。

    3
    • らっく
    • 2023年 2月 06日

     ウクライナの旗色か悪くなれば、ポーランドはリビウを保障占領しかねないと、エマニュエル・トッド氏は考察してましたよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
PAGE TOP