ロシア関連

ロシア軍の動員に対する母親の怒りがダゲスタンで爆発、警察は威嚇射撃で対抗

ロシア連邦を構成するダゲスタン共和国では動員に対する強烈な抗議が始まっており、住民が動員を阻止するため道路を封鎖、これを解散させるため警察が威嚇射撃を行い物議を醸している。

参考:В Дагестане жители перекрыли федеральную трассу, протестуя против мобилизации. Полиция открыла стрельбу в воздух

ここだけは動員に反対する住民の勢いが治安部門を圧倒しており、手のつけられない母親の怒りは爆発寸前だ

連邦を構成するダゲスタン共和国のハサヴユルトでは夫、兄弟、息子の動員を阻止するため住民(主に母親)が道路を封鎖、これを解散させるため警察が威嚇射撃を行う様子を映した動画が登場、死傷者の有無は不明だが「ネオナチ組織だけでなく西側諸国の軍事機構全体を相手にしているため部分的な動員が必要だ」というプーチン大統領の訴えは地方でも支持されていないようだ。

特にダゲスタン共和国では住民が警官に「ウクライナがロシアを攻撃したのではなくロシアがウクライナを攻撃した」と問い詰める様子や、抗議から逃げだした警官を住民が追いかけ回す様子も確認されており、ここだけは動員に反対する住民の勢いが治安部門を圧倒しているように見える。

もし動員された夫、兄弟、息子が多数戦死すれば、手のつけられない母親の怒りがロシア全土に広がりプーチン大統領を追い詰めるだろう。

関連記事:母親の怒りを恐れるプーチン、軍に徴兵された兵士動員の責任を押し付ける
関連記事:ロシアが動員対象者の出国禁止をまもなく導入か、早ければ27日夕方?
関連記事:ゼレンスキー大統領、降伏を考えるロシア人へ3つの約束を発表
関連記事:ロシア軍は農村部で根こそぎ動員か、男性全員が連れて行かれた村も
関連記事:リトアニア外相、動員から逃げ出すロシア人は祖国でプーチンと戦え

 

※アイキャッチ画像の出典:Meduza

ロシアが動員対象者の出国禁止をまもなく導入か、早ければ27日夕方?前のページ

ゼレンスキー大統領、西側製防空システム「NASAMS」を受け取った次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    ロシア、信頼性の高いエンジンとステルスは単発戦闘機に十分な生存性を担保する

    ロシアがシングルエンジンの第5世代戦闘機を開発しているのは「信頼性の高…

  2. ロシア関連

    脱GPSが進む航法システム、ロシアが電子妨害の影響を受けない小型ドローンを発表

    AK-47の開発で有名なロシアのカラシニコフ・コンツェルンは今月14日…

  3. ロシア関連

    小学生に洗脳教育を試みるプーチン大統領、ウクライナでの民間人攻撃は全てウソ

    ロシア教育省は3日、小学生に対する公開レッスンを通じて「ウクライナ解放…

  4. ロシア関連

    謎に包まれたロシアの防空システムS-550、テストをパスして運用を開始

    ロシアのショイグ国防相は防空システム「S-550」の存在を今年11月に…

  5. ロシア関連

    戦死者を認めたロシア国防省、敵の装甲車輌223輌と航空機28機を破壊

    ロシア国防省は27日、ウクライナ軍の戦車・装甲車輌223輌、航空機28…

  6. ロシア関連

    ロシア、第6世代戦闘機の開発はスホーイやミグでなくUACが担当

    ロシア通信(RIAノーボスチ)は16日、ロシアの第6世代戦闘機やMiG…

コメント

    • なっとう
    • 2022年 9月 26日

    プーチンの戦争であってロシア人の戦争じゃ無いんだな。

    67
      • バクー油田
      • 2022年 9月 26日

      と、いう事にしようとしてるように見えます。
      侵攻当初から世論調査はウクライナ侵攻に賛成してましたよね世論は
      侵攻当初からの世論調査が正確なものであれば、の前提はつきますが
      この戦争をプーチンの戦争とロシア国民が思っていたのであれば、
      少なくともウクライナの領土を奪ったクリミア併合時点で国民から大規模な違和感の表明の活動はあったはずです。
      プーチンはこれまで沢山の紛争を行い、殆ど勝利しています。
      今回もウクライナ侵攻時点では勝つと国民は思っていたでしょう。さすがプーチンと
      で、分が悪くなり、更に身内に徴兵が及んで来たら反対運動をしてる。
      それは別に構わないんですが、この戦争をプーチン一人の暴走とロシア人が結論づけようとするのであれば
      それは違うやろと思いますし、国際社会はそんなロシア国民のご都合主義を認めてはいけないと思います。

      85
        • 無無
        • 2022年 9月 26日

        その物語は終戦のために必要なんですよ、敵国への分断工作として
        すべてのロシア国民に責任があるとか言い出したら、ロシア人は政府の言うとおり外国はロシアの解体とロシア人滅亡を企てているから死ぬまで戦うしかないと思い込む、そういう民族性なんですよ
        窮鼠猫を噛むの状況に追い込んでも何ら得はありません、
        悪いのはプーチンということにしておけばいいんです

        35
          • せい
          • 2022年 9月 27日

          終戦へのルートとしてはそれでもいいけど、戦後のウクライナへの責任はしっかりロシア人にとってもらわないとね。

          2
        • チェーホフ
        • 2022年 9月 26日

        戦争反対したら制裁されかねないことも考慮する必要があるかもね。
        言論の自由が無いと反対の意見は出づらいし、賛成の声がプロパガンダされてる側面もあるしね。

        17
        • 名無し
        • 2022年 9月 26日

        そもそもプーチンはFSBを使って「チェチェン独立派のテロ」を起こして国民を右傾化させたり、それに対する懲罰戦を行なって自身の支持を取り付けてきた詐欺師ですよ。

        自身の親族をウクライナの国土の肥料にされまいと庶民が立ち上がっているのに、今更白々しい、なんてことはないと思いますがね。

        40
        • とおりすがり
        • 2022年 9月 26日

        プーチンが悪いにしてロシア国民を免責しないと、ロシア人を皆殺しにする民族浄化が始まりかねない。

        国際社会は、ロシアで政変があってプーチンが失脚して、そして強硬派が排除されれば、「プーチンが悪い」に同意するべきです。

        27
          • ななし
          • 2022年 9月 26日

          とは言え、プーチンを生贄にしたとて、ウクライナ国民への残虐な仕打ちへの賠償、インフラ破壊への補償、戦費の補償は免れないでしょうね。

          35
        • hiroさん
        • 2022年 9月 26日

        日本も先の大戦の責任のほとんどをA級戦犯に背負わせて復興したんだけどね。
        鳩山みたいに無制限の責任と謝罪を主張する輩がまともとは思えない。

        23
          • あらた
          • 2022年 9月 26日

          そうだね
          そもそも現代でもコロナでトイレットペーパーがなくなったように簡単に踊らされるのが大衆
          それはどこの国だろうが変わらないことで、アメリカだろうがロシアだろうが日本だろうが中国だろうがヨーロッパだろうがそうなればそうなるというだけのこと
          それが人間の集団の構造である以上全員に無限の責任を求めるのは人間というものがわかってない愚かな考えでしかない
          それを糾弾してる奴だって同じ状況になったら同様のことする人がほぼ全員でそれはたまたま生まれた国が違っただけでしかない
          英雄はほとんどやれる人がいないから英雄
          国とその代表が全体の責任取って大衆は金で賠償するのが妥当でだからそうなってる
          それを相手が悪いんだと本気で思える人がユダヤ人を全部殺そうとしたヒトラーと親和性の高い考えの人
          ユダヤ人がいかに悪辣か、ユダヤ人がいかに我々を苦しめたかを言われた時にユダヤ人許すまじとなるのか、みんな悪いわけじゃないだろとかそういう人もいるだろうけど環境の問題もあるしユダヤ人が悪いとするのはおかしいでしょとなるのかで前者がユダヤへの攻撃を支持できる層
          ロシア人が悪いんだと容易に思いこめる人たちはロシア人への攻撃を容易に支持するだろう
          それは結局のところロシアの国内でプロパガンダで熱烈にロシア政府を支持してる人と同じ
          彼らもロシア政府がロシアにひどいことをしようとする連中がいると言ってそういう映像を流してるので怒ってプーチンを支持してるわけなので、ロシア人は悪いから簡単には許さないぞと安易になれるタイプの人はロシアにいたらロシア政府を支持する側で合って反対派ではないんだわ
          プロパガンダってのはそういう考えの人を狙ってやるものだからな

          8
    •  
    • 2022年 9月 26日

    農村部は男手が全てと言っても過言ではないですからね
    働き手が居なくなれば給与や税金・設備等維持費支払いが不可能になり家族は畑を維持しきれず生活が崩壊し、手の行き届かなくなった畑を元の状態に戻すには年単位の労力が必要になる
    一次産業が無くなればロシア唯一の収入源と食料は無くなり、地方は壊滅。モスクワも食べ物の物価が上がるでしょう

    57
    • おわふ
    • 2022年 9月 26日

    そろそろロシア高官はプーチンを排除した方が得だと気付け。

    68
    • L
    • 2022年 9月 26日

    講義のために自家用車を使って徴兵事務局への道路を封鎖しているようです。これをどかすには…
    天安門再びか?

    17
      • 無無
      • 2022年 9月 26日

      鉄のカーテンの冷戦下ゆえ騒がれてはいませんが、ソ連時代は住民デモを戦車隊が轢き潰したり爆撃して鎮圧した実話もあります
      今のプーチン政権が同じくらい強気に出たときに、その支持に治安部隊や軍が従うのかが、プーチン政権の試金石となるでしょう
      本当に革命が起こるときには、まず権力者側から軍と警察が寝返る現象が起こりますから

      8
      • M
      • 2022年 9月 26日

      ソ連の若い兵士はおばあさんの集団を命令でも撃てなかった。
      中共は平気で機関掃射し戦車で轢いていたけど。

      33
        • 月虹
        • 2022年 9月 26日

        中国は「愛国教育」という名目で毛沢東や鄧小平など歴代の指導者の思想を学校で教える思想教育を行ってきた歴史があり、ここは旧ソ連など他の社会主義国と一線を画す部分ですね。また中国人民解放軍は中国共産党のための軍隊で士官は党幹部の子弟が多く、兵も当時は地方幹部が党に忠誠を誓いそうな人員を選抜していたので規律や思想は徹底していたと思います。

        旧ソ連は国土が広いことや賄賂が横行していたこともあり、常に監視社会であった東ドイツに比べると多少はマシだったのかも知れません。

        4
    • なわ
    • 2022年 9月 26日

    勝っていれば騒がなかっただろうし、ウクライナ人に対する謝罪もなし。
    つまり同情の余地なし。諦めてプーチンと共に死ぬがよい。

    62
      • KNOB CREEK
      • 2022年 9月 26日

      気持ちは分からんでもないけどこういう地方民はまともな情報収集手段も無いし、おそらく受けた教育がプーチンを筆頭としたロシアの権力者達に都合の良い教育しか受けられなかった事を考えるとモスカーリ人に比べればまだ多少の同情の余地はあると思うんよなぁ
      (まぁウクライナで実際に蛮行を働いた連中は問答無用でにすべきだが)

      しかしまぁ、ブチャの虐殺前に良心からここから逃げろ!と家々を回ったロシアの兵士も居るし、蛮行を伝えるために亡命して手記まで発行するスラブ系のロシア人とペスコフのクソ息子に生ドッキリを仕掛ける人も居るしなぁ…
      本当にやるせねぇよクソが

      33
    • イーサン・ハント
    • 2022年 9月 26日

    冒頭の動画で、銃口を上に向けているとはいえ、女性も少年も威嚇射撃を意に返さず治安部隊に詰め寄っている戦闘力の高さに感服しました
    ツイートのリプにもヒジャブをかぶった女性の集団が「ロシアがウクライナを攻撃した、我々は盲目ではない」と痛烈な吊し上げをして、警官がたじたじになってるのも印象的でした
    さすがISが支部設立を宣言した国ですね

    モスクワでぬくぬく暮らしているヘタレ高学歴ロシア人と、ISの元戦闘員も大勢いるであろう地域の人々が違う考え方をしているのは当たり前なのですが、ロシア政府は武力で抑えつけることしか知らないし、中国のような強力な情報統制もできないし、意外と地方の異民族共和国の反乱でこの戦争が終わる結末もあり得るのかなと思ってしまいました

    64
      • shkk
      • 2022年 9月 26日

      元々プーチンも母親を恐れてたわけで(ウクライナ戦争初期でも徴集兵の死者だけは社会問題として騒がれてたし)
      昔からこんな感じなんじゃないのかな

      5
    • zerotester
    • 2022年 9月 26日

    以前に「ロシア兵士の母の会」の会長さんが言っていたのですが、ロシア憲法59条3項に良心的兵役拒否の権利が定められているそうです。だとしたらプーチンの命令は憲法違反ということになりますが。

    ロシアの法律では徴集兵(一定年齢の若者が1年間軍務に就くもの)は前線に送られないことになっていますが、この法律はチェチェン紛争で徴集兵の被害が大きく、母の会の怒りを鎮めるために作られたものでした。しかし実際はかなりウクライナに送られているし、期間を終えた徴集兵はそのまま動員されるようです。母の会は激怒していることでしょう。

    巡洋艦モスクワが撃沈したときに息子を失った人が、軍から何も説明が無いことで怒っていて、「息子を失った自分に怖いものなんて何もない」と言っていました。愛する息子を失って怖いものが無くなった人たちが集まると、国を動かす力になるかもしれません。

    51
      • KNOB CREEK
      • 2022年 9月 26日

      古今東西、理不尽な形で家族を傷つけられたり失ったりすれば大真面目に家族・遺族は財産や社会的に地位なんて投げ捨てるバーサーカーになりますからねぇ…
      それこそバカ息子を庇うペスコフ報道官しかり自身の子供や師弟を前線に送らないロシアの上層部も同じ心情だと思うんですが…結局は銀英伝に出てくるようなバカ貴族と同レベルの連中でしかないんでしょうね

      23
    • AAA
    • 2022年 9月 26日

    そんでこのあと治安維持部隊が市民に無差別発泡して市民が殺されて血のなんとか事件って名前ついて革命が始まるやつでしょ
    歴史の本でよく見るやつやんけ

    29
      • 匿名
      • 2022年 9月 26日

      興奮したお婆さん達の背後へ、注射器手にした白衣の女医が忍び寄る姿かもしれませんね…🤔

      8
    • 慕華館
    • 2022年 9月 26日

    「突然ですが、お宅の旦那と息子招集します。悪いのは西側諸国です。ロシアは被害者です。」演説でロシア国民が嬉々として招集に応じると考えたプーチン(-_-;)
    頭の中どんだけお花畑なのやら(-_-;)

    42
    • K(大文字)
    • 2022年 9月 26日

    存分におやりなされ。
    どこの国もロシア本土に攻め入る事は不可能な以上、プーチンを吊るすのはロシア国民にしか出来ない。
    まぁ、きちんとヤツを吊るせるならば、そして国内のタカ派を抑えられるならば心中まではしなくて済むでしょう。
    ただその場合であっても、ロシアの国家として相応の対価は支払って貰わなきゃならないが。
    少なくとも再軍備の制限と平和教育、そして領土問題を抱える周辺各国と交渉のテーブルにつくこと。
    これくらいは受け入れて貰わないとね。

    38
      • KNOB CREEKk
      • 2022年 9月 26日

      再軍備の制限よか核の全廃最低限やってもらわにゃ
      こんな狂人国家に核なんざ持たせられんわ

      41
      • パンク
      • 2022年 9月 26日

      常任理事国からの追放も必要ですね。

      43
    • 無無
    • 2022年 9月 26日

    勝てない指導者には従いません、か。
    ロシア革命だってドイツ相手の泥沼の苦戦がなければボルシェビキが政権とれたのかすら疑問
    レーニンの最初の公約は共産化でなく戦争をやめることだったしね。
    こんどの革命は何を目指すのだろうか

    32
    • 無題
    • 2022年 9月 26日

    警察全然抑えきれてないじゃないの
    人手不足か?

    7
      • KNOB CREEK
      • 2022年 9月 26日

      本当の意味で信念があれば意地でも抑え込めるだろうが、まぁつまりそういう事よ
      警官連中も大義なんざ無ぇって本音ではひしひしと実感してるんでしょ

      46
    • HAi
    • 2022年 9月 26日

    おいおい、徴兵されると知るやいなや逃げ出す頭Zの馬鹿よりも母ちゃんのほうが強いんじゃないか?
    自分の運命すらママにおんぶに抱っことは情けないねぇ

    37
    • ななし
    • 2022年 9月 26日

    ウクライナ戦争でのタゲスタン共和国出身者の戦死は250人くらいで、モスクワ出身者の40倍以上。この数字をお母さん方が知ってるか判らないけど。口コミである程度広がってるかもしれない。
    それで学生に召集令状が届いたり村ごとごっそり引き抜かれたら、お母ちゃんはプーの嘘つき!とキレるわな。モスクワ周辺と地方の格差が酷すぎるから内乱の火種になりそうな気がする…。

    22
      • no
      • 2022年 9月 26日

      公称250人ならば、負傷者や帰って来ない兵士の数は、かなりではないでしょうか。地方は、どこの国も地縁、血縁は強いでしょうし、既に家族や縁者に被害を被った方たちの怒りに、この動員は油を注いだのではないでしょうか。

      28
        • ななし
        • 2022年 9月 26日

        負傷者は戦死の2.5~3倍だと750人くらい?行方不明がどれだけ水増ししてるか判らないけど。家族が居るから「ウクライナ戦争で酷い目にあったロシア軍の家族」となると1000~2000人は噂の元になるか。ネットとか無くても噂はねずみ講の様にガンガン広がるね。
        モスクワから遠い周辺国境がごった返しているのが理解できましたわ。

        4
      • h4
      • 2022年 9月 26日

      この半年戦った地方出身の契約兵たちは、「正義のために戦っているわけではないが、親方ロシアだから負けないだろうし割のいい出稼ぎとして行く」という感覚だったのだろうとは思いますね。死傷率が高く割に合わないことはすぐわかってきたが、契約兵だったので文句も言えなかったものの、動員となると死傷率の高さを知るだけに激烈な反対運動になると。

      これで「ダゲスタンの独立を問う住民投票」などでも始まるとモスクワ側の政治的正当性の確保に苦慮することになるので見ものなんですが。

      15
    • わからない
    • 2022年 9月 26日

    こういう(民衆に手を出す)治安維持部隊の中の人って何を考えて仕事してるんだろう?
    ・大義が正しくて、自分は野蛮な暴徒を取り締まっている
    ・是非に関係なく、法を執行するのが自分の仕事
    ・中立的に考えていたが、現場で民衆から攻撃されて怒りを覚えた
    ・元々暴力が好きで、政府をバックに民衆を嬲るのは楽しい

    4
      • HAi
      • 2022年 9月 26日

      治安維持部隊として活動してる間は徴兵されずに済むだろうよかった。ちゃんと仕事して異動命令でないようにしよう、じゃないですかね
      政府の犬とはいえ人員は地元出身者が主でしょうし、知り合いや昔馴染の中にはすでに赤紙が届いた人もいるだろうから、次は我が身にならないように治安維持部隊であり続けようとするのでないですかね。
      勿論本人もその親族も針のむしろ状態になるでしょうが

      20
        • 匿名
        • 2022年 9月 26日

        「治安維持部隊」という肩書が己の姑息な行き方を庇護・正当化してくれますからね…
        極力何も考えず人形になりきって当座をやり過ごす事だけを願う、そんな人が多いのでは…と

        8
    • KNOB CREEK
    • 2022年 9月 26日

    楽観的予測をするもんじゃないし後釜がさらにアタオカって可能性もあるから否定できないけど、なんかプーチンもカダフィ大佐と同じく自身の死体を街頭に晒される可能性もワンチャンありそうだなとか思えてきたな…

    33
      • 1.44スキー
      • 2022年 9月 26日

      仮にプーチンが失脚した後の代わりは…

      中々思想がヤバイ奴らしか居ないみたいな話を聞きました。
      もし、其奴らがトップに立った場合…向こう数年以上は混乱は治まらないでしょうねぇ。

      1
    • KNOB CREEK
    • 2022年 9月 26日

    全然関係ないですけど、今の状態を踏まえた上でロシア関連カテゴリの2019年代とかの過去記事を読み返してみると何とも言えない気持ちになりますね…(特にSu-57やT-90M関連)

    15
    • 匿名
    • 2022年 9月 26日

    この流れでシベリア独立しないかな

    4
      • 7743
      • 2022年 9月 26日

      この人たちだけでは独立は勝ち取れないと思いますが、
      バックに周辺国が付けば、流れは一気に変わるでしょうね。
      それは隣接するジョージアかアゼルバイジャンか、はたまたトルコか中国か欧州か。
      イスラム教国家だそうですが、イスラム教徒と言えど一枚岩ではないので、かなり複雑な状況にあるようですが。

      6
    • うぃるびぃ
    • 2022年 9月 26日

    報道や言論の統制と
    「モスクワや大都市の親戚や友人や知人に戦死者が出ないと他人事に思える(実感が無い)」
    というのが従来だったそうです。

    今回の動員も地方や共和国が中心のようですので、
    モスクワや大都市の人達に被害が増えるまで続くのやも知れません。

    19
    • 折口
    • 2022年 9月 26日

    ダゲスタン共和国、そもそも職業軍人が多かったり志願兵もたくさん出していたりして割りとモスクワ政府に協力的だったんですけどね、その裏返しがもう来ちゃってるんでしょうかね。
    ダゲスタンがプー政権の要求に積極的に応じていたのは「非スラブ」が多数をしめ「非正教徒」も一定数居るマイノリティの立場上、連邦内での地位を強化するためにはプーチンによるスラブ民族のための生存圏闘争に与するのが好機だと捉えたからという話をイズムィコ先生がしておりましたが、ここまで戦争で死人が出ると話は違ってくるんでしょうね。戦場ではロシア人指揮官の裁量で有色人種系の部隊を弾除けに使ってるなんて話もあり、ダゲスタン出身者で固められた部隊も何度か暴動起こしていましたからね。

    「ロシア人様(プーチンやモスクワ政府)の話をよく聞いて率先して動いていれば良くしてもらえる」と連邦内の異民族集団が信じられるようにしてやることがロシアの統治の基本だった訳ですが、この図式が崩れてしまうと(例えば陥落前のチェチェン共和国がいい例ですが)後はもう非スラブや非正教徒の集団は火種でしかないんですよね。ロシア人が民族自決主義について正しく理解する事はないでしょうから、この先民族間の緊張が高まっていったらもう戦争か抑圧かの2通りなんでしょうけど。

    17
    • 2022年 9月 26日

    ロシア人は悪魔だと一括りにして正義面してる人は怖いな。扇動に弱すぎでしょ。
    情報統制しているから、過多はわからないけど、反プーチンも親プーチンもいるでしょ。 
    実際に過去に反プーチンデモを起こしたり反戦活動して逮捕されている人達がいるって記事が沢山あったよね?情報統制してるから、実数はもっとあるはずだよね?
    その人たちの存在を都合よく無視して、上から目線でロシア人全体を断罪してるのに吐き気がする。

    でも結局は、ロシア人の入国は禁止したほうがいいと思うけどね。流入が多すぎて、親プーチンかの見分けをつけたり、西側の価値観への再教育を行うコストも時間もないですから。
    何よりロシア人の平均教育レベルは残念なことに日本よりずっと低いですから。

    7
    • makumaku
    • 2022年 9月 26日

    >もし動員された夫、兄弟、息子が多数戦死すれば、手のつけられない母親の怒りがロシア全土に広がりプーチン大統領を追い詰めるだろう。

    まさにコレはプーチン政権が背負ってしまった大きな政治リスク。
    そのとき、政府批判のデモに警察やOMONが発砲し流血となれば、政府は倒れずとも、傷ついた地方は中央に反目するかもしれません。

    8
    • 名無しさん
    • 2022年 9月 26日

    動員された兵に持たされた腐った銃より、よほど立派な銃を警察組織がロシア住民に向けている、というのは、どう考えればよいのですかね

    8
    • りにあ
    • 2022年 9月 26日

    住民投票見るとAKB総選挙のほうぐがよほどまともですね。組織票可能な総選挙でも票操作はないから編入総選挙?よりはまとも。
    また、ロシア戦果発表はハリコフ州で建敷地1・2件の制圧発表とか、あいからわず。
    バフムトのロシア攻勢は、ハリコフ州構成中のウクライナ軍がバフムトに到達するまで続くかもしれませんが。
    リマン・ヘルソンは包囲しつつあるものの、包囲殲滅戦は攻撃側にも被害が少なくないので兵糧攻め遅攻でじっくりいくかもしれません。

    1
    • りにあ
    • 2022年 9月 26日

    住民投票見るとAKB総選挙のほうぐがよほどまともですね。組織票可能な総選挙でも票操作はないから編入総選挙?よりはまとも。
    また、ロシア戦果発表はハリコフ州で建敷地1・2件の制圧発表とか、あいからわず。
    バフムトのロシア攻勢は、ハリコフ州構成中のウクライナ軍がバフムトに到達するまで続くかもしれませんが。
    リマン・ヘルソンは包囲しつつあるものの、包囲殲滅戦は攻撃側にも被害が少なくないので兵糧攻め遅攻でじっくりいくかもしれません。

    • torpedog
    • 2022年 9月 27日

    ロシアは低出生率の時代が長く特に徴集された年齢層だと一人っ子も多い。
    そして社会保障の面でも遅れているから、兵隊さんの家族にとっては万一戦死されたりすると人生計画が狂ってしまう。

    一方仮に10万もの死者を出したとしても1.46億の人口があるロシア全体でみるとごくわずか。
    新型コロナによる死者はロシアだとこれの4倍アメリカに至っては10倍にも及ぶが終息が近いとされている現在では
    以前の生活(つまり感染症に脆弱な社会)に戻そうとしていて、多少他人の血が流れたくらいでは人は変われないのだろう。

    ただこのような強権的な政権下でも長く自由主義と触れた結果か声を上げるロシア国民もいるので
    彼らのためにも早く戦争が終わるといいね。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP