ロシア関連

ロシアの新型戦闘機「LTS」はステルスと安価な運用コストを両立したマルチロール機

ロシアのプーチン大統領はMAKS国際航空ショーの会場を訪れ、スホーイ設計局が設計した新型戦闘機「LTS チェックメイト」と初めて対面した。

参考:Ростех представил президенту России новый истребитель от компании «Сухой»

スホーイ設計局の新型戦闘機について今のところ大きな情報はなし、ミグ設計局は3種類のステルスタイプのプラットフォームを展示

ロシアのプーチン大統領は「MAKS国際航空ショー2021」を視察するためジュコーフスキー空港を訪れ、スホーイ設計局のブースでロステックのCEOを務めるセルゲイ・チェメゾフ氏や統一航空機製造会社(UAC)の関係者から新型戦闘機「LTS チェックメイト」の説明を受けた。


※関係者から新型戦闘機LTSの説明を受けるプーチン大統領の映像

ロステックのプレスリリースによる新型戦闘機LTSは高い飛行性能を備えた第5世代の単発軽量戦闘機で、優れた低観測性(ステルス性)と安価な運用コストを両立したマルチロールプラットフォームで人工知能による操縦のサポート機能なども組み込まれる。

興味深いのはLTSは機首周りをマイナーチェンジすることで比較的簡単に複座型を制作することが可能で、噂されていた無人機バージョンも作れると関係者がプーチン大統領に説明したらしい。

但し新型戦闘機の名称については媒体によって異なっており、ロステックのプレスリリースは新型戦闘機「LTS チェックメイト」と書いているが国営通信のRIAノーボスチは新型戦闘機「スホーイLTS」と報じて、どちらが正しい正式名称なのかは謎だ。

参考:Путину на МАКС-2021 показали новый российский военный истребитель
参考:На МАКС-2021 рассказали о возможностях нового истребителя “Сухой”

あとミグ設計局が3種類のステルスタイプのプラットフォームに関するコンセプトをブースに展示して注目を集めている。

展示されたプラットフォームは中国の第5世代戦闘機J-20と同じカナードとデルタ翼を組み合わせたクロースカップルドデルタ翼の双発機、Yak130をステルス機に改造したような単発機、ロシアが開発を進めている無人攻撃機オホートニクに垂直尾翼(?)を足したような無人機の3種類で、今年5月にミグ設計局へ設置された「Light Multi-Purpose Frontline Aircraft/LMPFA」と呼ばれる謎の軽量戦闘機プログラムに関係しているのかもしれないが今のところ詳しい内容は良くわからない。

 

※アイキャッチ画像の出典:Dambiev

韓国航空宇宙産業、インドネシアとT-50i×6機追加導入に関する契約を締結前のページ

強襲揚陸艦からの運用も可能、トルコがエア・チーミング対応の無人戦闘機「MIUS」を発表次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    ロシア国防省、ミサイル戦力の試射シーンを公開して西側に力を見せつける

    ロシア国防省は19日、核戦力部隊を含む戦略的抑止力の演習の一環として行…

  2. ロシア関連

    ロシアが再びウクライナとの国境沿いに軍を移動、精鋭の第1親衛戦車師団まで動員

    ロシアはウクライナとジョージア(旧グルジア)がNATOに加盟する可能性…

  3. ロシア関連

    プーチン大統領、解放者としてロシアを歓迎すると報告した関係者を処分

    プーチン大統領に「ロシア軍を解放者としてウクライナ国民は歓迎する」と報…

  4. ロシア関連

    プーチン大統領に必要なもの、歴史ではなく国民を団結させる記憶の構築

    Kyiv Independentの取材に応じたジェイド・マクグリン博士…

  5. ロシア関連

    元ロシア軍大佐、侵攻開始の3週間前にウクライナでの戦いが躓くと予言

    元ロシア軍大佐は侵攻開始の3週間前に「ウクライナを数時間で制圧するなど…

  6. ロシア関連

    努力するロシア軍、地上拠点をUAVによる攻撃から保護する新戦術をテスト

    ロシア国防省は25日、敵の無人航空機から地上拠点を保護するため新しい戦…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 7月 20日

    カッケー(最初のコメント)

    14
    • 匿名
    • 2021年 7月 20日

    将来の無人化も視野に入れた設計がされてるのかな?

    1
      • 匿名
      • 2021年 7月 20日

      されてるだろうね、遠からず輸出先からもそういう要望の来る時代になる
      にしても最先端兵器の発表に国家元首が足を運んでくれる、これが戦勝国の意気か。
      こっちとは雲泥の差だな

      11
      • 匿名
      • 2021年 7月 20日

      Su-57を補完するハイローミックスになるのかな。日本のF-3もこういうコンセプトにすれば良い。

      3
        • 匿名
        • 2021年 7月 21日

        ローの有人機も作れってコト?

        • 匿名
        • 2021年 7月 21日

        F-35をハイにしてF-3をローにしろって意味?

    • 匿名
    • 2021年 7月 20日

    えっロシアにしてはなんかダサい
    su-57はドンピシャなので凄いショック

    4
      • 匿名
      • 2021年 7月 21日

      サメの歯のペイントすればかっこよくなりますよ

      1
    • 匿名
    • 2021年 7月 20日

    エースコンバット3のニューコム所属戦闘機にこんなんなかったか?

    9
      • 匿名
      • 2021年 7月 20日

      ありましたね~
      貴方の年齢を想像しちゃいますわ!

      1
      • 匿名
      • 2021年 7月 21日

      X-32じゃないそれ

      2
    • 匿名
    • 2021年 7月 20日

    X-32に似てるから確かにそうかも。あれもパイロットからボロカス言われたらしいし。

      • 匿名
      • 2021年 7月 23日

      でも何かかわいいから好き。X-32

    • 匿名
    • 2021年 7月 20日

    ステルスコーティングはしないのかな?

    1
      • 匿名
      • 2021年 7月 20日

      ステルスコーティングは採用せず形状ステルスだけである程度のステルス性を出せたら、マジでミグ21の後釜になれる。
      機体単価もメンテも安ければ多くの国が飛びつくだろう、エンジンも無理に高温で性能を出さなくてもそれなりの性能が出せるなら寿命も延びる。
      今現在最も安価なセミステルス機になる可能性を持っている機体だから慌てる国も多いだろう。

      9
    • 匿名
    • 2021年 7月 20日

    さてさて本当に売れるのかな?どこが契約するか楽しみやね

    2
      •  
      • 2021年 7月 20日

      モックアップ段階で開発はこれからでしょ
      出資先が現れないと開発自体も進行しない案件

      4
        • 匿名
        • 2021年 7月 21日

        展示された機体はモックアップではない、実際に各種機器を積み込んだ試験機らしいがね
        本当に2023年あたりに初飛行するのならば、そのくらいには進んでいないと無理だろうし

    • 匿名
    • 2021年 7月 20日

    ロシアはやっぱり、決して侮れないなと改めて思わされたり

    9
    • 匿名
    • 2021年 7月 20日

    機首のデザインはXF8U-3 クルセイダー IIIに似てる(笑)

    2
    • 匿名
    • 2021年 7月 21日

    全体的なレイアウトはノースロップのMRF-54Eにめっちゃ似てない…?
    ノースロップマジで未来に生きてんなぁ…

    5
    • 匿名
    • 2021年 7月 21日

    アルゼンチンとかに売り込みたいらしいけどこう言うのが中進国のみならず紛争地帯の国々にまで広がったらF-16じゃ対抗出来なくなるのかな

    1
    • 匿名
    • 2021年 7月 21日

    評判通りの性能なのか、とりあえずデモフライトを見たいね

    3
    • 匿名
    • 2021年 7月 21日

    サイボーグMig21のJF-17を更に魔改造してステルス化した感じ

    1
    • 匿名
    • 2021年 7月 21日

    GDPが豪州よりちょっと上程度のロシアがこんなポンポンと最新兵器を開発出来るか疑問
    全てではないにしても””ハッタリ””が結構混じってる筈

    1
      • 匿名
      • 2021年 7月 21日

      先に巨大な軍需産業基盤が確立してるから新規投資は最小限で済ませられ、かつ科学技術の研究は広範囲に及んでいる、つまり冷戦時代の遺産で喰ってるんだと予想、いまロシアは福祉は遅れてるが、教育にはずっと力を入れている、つまり人材にも恵まれている
      しかし、その物語にも裏がありそうな気がするのは同意

      11
        • 匿名
        • 2021年 7月 21日

        ぶっちゃけ開発部門に余力が有ったとしても、量産品を量産する金が無いから宝の持ち腐れな希ガス
        色々作っているように見えても、ソ連崩壊で置いて行かれた分の取り戻しにすらなってないし

        2
      • 匿名
      • 2021年 7月 21日

      アメリカに制裁されてるからドルベースで見ると不当に低く見えるのであって、ルーブルで内製できるならドル決済する必要がない
      つまりドル建てGDPは宛にならない

      3
    • 匿名
    • 2021年 7月 21日

    こちらのサイトにも情報ありますね。
    リンク
    LTS って 軽量戦術航空機 という意味だったんですね。

    1
    • 匿名
    • 2021年 7月 21日

    極端に細くて機内容積が少なそうだし、安値なMiG-21, 23, 25, 27, 29やSu-7, 17, 22の後釜なのだろうなと。

    2
      • 匿名
      • 2021年 7月 21日

      そのリストにはそこそこヒット商品もあるではないですか
      ロシアは兵器輸出の経験豊富だから予想される顧客のニーズはつかんでますよ

      4
        • 匿名
        • 2021年 7月 21日

        顧客のニーズは掴んでいるかもしれないけれども、間違っても全部入り戦闘機のF-35(高度なステルス、センサー技術てんこ盛り、ぶっとくて燃料搭載量マシマシ、大きなウエポンベイ)と比較できるようなものではないのだろうなと。

        1
          • 匿名
          • 2021年 7月 21日

          ロシアは顧客の取り込み、管理までは野心を拡げないことで市場での支持を得たいんだろうね
          ある意味で、F35は成功のために失敗したと言えるよ

          • 匿名
          • 2021年 7月 21日

          ペイロードを捨てて値段相応にステルス性とセンサーだけ残した軽量戦闘機って感じですかね。
          ペイロードが欲しいならSu-57買うなりフランカーと連携させて下さい的な

          1
    • 匿名
    • 2021年 7月 21日

    mig1.44?生きていたのか?

    2
      • 匿名
      • 2021年 7月 23日

      どっちか言うとペーパープラン?の方のMig-4.12っぽい。
      カナード無しにして、垂直尾翼を外向きに傾斜つけて…

      ちょっとだけ似てる。エアインテークはX-32の可愛さがあってこの機体好きになるかもしんない。

    • 匿名
    • 2021年 7月 21日

    ダイエットしたX-32かな?

    2
    • 匿名
    • 2021年 7月 21日

    なんかプーチンさん不機嫌そう。
    タッチパネルがゴテゴテの操縦席を期待してたんじゃない?

      • 匿名
      • 2021年 7月 21日

      開会式に呼ばれてないからじゃないの?
      腹いせに、今度はロシアからグルジアに仕掛けたりしてw

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  4. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  5. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
PAGE TOP