ロシア関連

首都キエフのロシア大使館に続きオデッサの領事館でも機密資料を処分か

首都キエフのロシア大使館に続きオデッサのロシア領事館でも資料焼却の様子が確認されており、ウクライナ侵攻に備え機密資料を処分しているのかもしれない。
ウクライナに残るロシア人外交官が攻撃対象になっている?

首都キエフのロシア大使館では今月17日、建物から煙が発生しているのが確認され「ウクライナ侵攻に備えて大使館内の機密資料を処分しているのではないか?」と噂されていたが、今度は黒海に面した都市オデッサのロシア領事館でも資料を焼却している様子が確認された。

今回はロシア領事館の裏庭でスタッフが紙の資料を火に焚べているシーンが映っており、これがウクライナ侵攻に備える機密資料の処分なら「黒海に面したオデッサも戦場になる可能性がある」という意味なので非常に興味深い。

因みにロシア外務省は22日「ウクライナに残るロシア人外交官が攻撃対象になっているにも関わらず現地当局はウィーン条約の義務に反して何の措置も講じていない、外務省はキエフの大使館、オデッサ、リヴィウ、ハリコフの領事館に残るスタッフを速やかにウクライナから避難させる」と発表している。

追記:首都キエフのロシア大使館でも再び煙が発生しているのが確認された。

関連記事:ウクライナの首都キエフにあるロシア大使館で煙が発生、機密資料の処分?

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay ロシア大使館のイメージ

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

プーチン大統領、ウクライナは自らNATO加盟を放棄して中立を宣言すべき前のページ

ウクライナ大統領が予備役招集を発表、我々は泣くのではなく勝つのだ次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    再びセバストポリ上空に無人航空機が侵入、クリミアの安全神話は崩壊

    昨夜に続き今夜もセバストポリ上空に無人航空機が侵入、ロシア軍の防空シス…

  2. ロシア関連

    ロシア、第5世代戦闘機Su-57がどの様に製造されているのかを公開

    ロシアの国営企業「統一航空機製造会社(UAC)」は先月29日、Su-5…

  3. ロシア関連

    ロシア領に侵入したウクライナ軍とロシア軍が交戦? 歩兵戦闘車2輌を破壊

    露国営メディアのRIAノーボスチは21日、南部軍管区の発表を引用して「…

  4. ロシア関連

    最も安価な第5世代戦闘機チェックメイト、調達コストは2,500万ドル~3,000万ドルを想定

    ロシアは軽量な単発戦闘機「チェックメイト」を20日発表、2023年に初…

  5. ロシア関連

    プーチン大統領、韓国がウクライナに武器・弾薬の提供を決めたと言及

    プーチン大統領は27日、ヴァルダイ国際討論クラブで「韓国がウクライナに…

  6. ロシア関連

    極東の戦力強化を進めるロシア、今後も千島列島に防空システムや電子戦装備を配備する予定

    千島列島の中間に位置する松輪島にロシア軍が沿岸ミサイル防衛システム「K…

コメント

    • 紫猿
    • 2022年 2月 23日

    火をつけたのが自分な上約束のやの字も守らんくせに、権利だけはいっちょ前に主張するんだな。金もないしそら嫌われるわ。

    13
    • 無無
    • 2022年 2月 23日

    嘘くさすぎる
    防衛にすら手の回らないウクライナの逆侵攻とかあり得ないし
    そういう姿勢こそがロシアへの信用の低さの原因

    15
    • 民草
    • 2022年 2月 23日

    連邦軍の反抗作戦を受けたジオン将兵かな?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  4. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  5. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
PAGE TOP