欧州関連

ウクライナの首都キエフにあるロシア大使館で煙が発生、機密資料の処分?

ウクライナメディアは17日、首都キエフにあるロシア大使館から煙が発生していると報じている。

参考:Russian embassy in Kiev seen with smoke billowing out, – video

首都キエフのロシア大使館で発生した煙が意味するものは?

ロシアは「ウクライナ侵攻はない」と主張しているものの欧米各国は万が一に備えて首都キエフの大使館スタッフを国外退避(米国は大使館機能をポーランド国境に近いリヴィウに移転)させている最中で、露国営メディアも外交筋の話を引用して「首都キエフからロシア大使館スタッフをモスクワに向けて脱出させ始めた」と12日に報じていたが、ウクライナメディアは「首都キエフにあるロシア大使館から煙が発生している」と17日に報じて注目を集めている。

今のところ煙の発生原因については不明だが、一般的に危機的状況の大使館で発生する煙は「機密資料の処分過程で生じたもの」というのが相場なので非常に意味深だ。

関連記事:高まる侵攻リスク、ロシア大使館スタッフもウクライナからの脱出を開始

 

※アイキャッチ画像の出典:Dmitry Karpezo / CC BY-SA 3.0 キエフにあるロシア大使館

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ロッキード・マーティン、タイ空軍のF-35A調達話は公式のものではない前のページ

ロシア陸軍の最新鋭T-90M、ウクライナと国境を接するクルスク地域に配備次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ポーランドの安全保障に貢献した報酬? 米国と韓国が原発建設を分け合う

    ポーランドはエネルギー供給を天然ガスや石炭から原子力に転換する予定で、…

  2. 欧州関連

    クロアチアが旧ソ連製ヘリのウクライナ移転作業を開始、10日以内に14機の準備が整う

    クロアチアはウクライナに軍事支援を行っていると予想されているものの政府…

  3. 欧州関連

    ウクライナ国防相、対地攻撃モードのS-300は最大220km先の目標に到達する

    ウクライナのレズニコフ国防相は「対地攻撃モードで使用されるS-300は…

  4. 欧州関連

    レーダー開発が進む第6世代戦闘機「テンペスト」、2020年代テストベッド機試験開始

    イタリア防衛産業企業のレオナルド S.p.Aは、英国防省と「テンペスト…

  5. 欧州関連

    エーゲ海上空の航空優位は誰の手に? ギリシャ空軍がラファールの初号機を受け取る

    トルコと深刻な軍事対立に直面しているギリシャは待望の新戦力「ラファール…

  6. 欧州関連

    スペイン国防省、第6世代戦闘機開発に資金を供給するためF-35導入の余裕はない

    第6世代戦闘機開発を共同で進めている仏独に「米国製戦闘機導入に色気を見…

コメント

    • K(大文字)
    • 2022年 2月 17日

    本当に「機密資料の処分」をしているのなら、なんかお粗末だね。自分から攻めに行く気マンマンじゃんと言うか。
    それでもいざ侵攻する段になったら「ウクライナから攻撃された!これは自衛戦だ!」って猿芝居するんだろうけど。
    ロシアの面の皮の厚さ、RHA換算でどんくらいなんだろ。

    19
    • や、やめろー
    • 2022年 2月 17日

    機密資料処分ってことはまだ攻撃する可能性があるって事だな。日本人の退避は終わったのかな?

    4
      • G
      • 2022年 2月 17日

      今日付けのキエフにあるボリスポリ空港の情報を見る限りではウクライナ国外への飛行機は空席が十分ある、つまり退避希望者で溢れているわけではないので、日本の外務省が去年から段階に応じて随時注意喚起していたこともあり、ウクライナから退避を希望する人は大体退避し終えた後かと
      在ウクライナ日本大使館の関係者も退避手続き等に必要な一部職員を除き、すでに退避を開始しているとのことです

      ただ生活基盤がウクライナにある等の理由でまだ退避するか迷っている日本人や、ぎりぎりまで離れられない政府関係者はいると思われます

      7
      • 2022年 2月 18日

      ウクライナに留まってると思われる邦人のブログがあるんですが、正常化バイアスが出まくっていて正直見てらんないです
      なにがヤバいって、同じ目に合ったら自分もその人みたいな行動をしそうなところですね

      11
        • くじら
        • 2022年 2月 18日

        恐らくオデッサ在住のブログ主が書いてる「虚構日記」の事だと思いますけど、あのブログの執筆者実は奥様とお子様と一緒に普通に日本に帰国してるそうで……1月下旬に当該ブログで帰国報告普通にしてましたね

        その後帰国報告記事を削除(ついでにツイッターの更新も停止)して件の記事書き始めたのでバズり狙いではないかな、と。写真も実際は現地の義理のお兄さん(奥さんがウクライナ人)が撮影したものを投稿してるようです。とはいえ筆者の奥様の親戚は皆オデッサに残ってるようでそのあたりは大分心配ではありますけど

        5
          • 2022年 2月 18日

          あの人が小泉氏に文句付けたあたりから追っているんですが、帰国したと主張しているだけでそうは見えないんですよねえ……確証があるわけではないんですが

          7
    • 2022年 2月 17日

    何かあっても露はやられた側を演じるんだろうな。
    文書処分も反露勢力に狙われてるとか言って。

    1
    • くじら
    • 2022年 2月 17日

    五輪閉幕した直後くらいかね……完全に開戦する前提でロシアサイドが動いてる情報しか出てこない

    • ナナシ
    • 2022年 2月 17日

    唐突に説得力のない撤退を演出したり、かと思えば侵攻間近と思わせるような発煙騒ぎを起こしたりと、ウクライナ国民や国際世論を混乱させて心理的に疲弊させるのが目的なんじゃないのかなあ?
    プーチンの頭の中に侵攻のオプションがあるとしても、そんなことせずに目的を達成するために最大の努力(というか悪知恵)をしてるはずだろう

    5
    • 無無
    • 2022年 2月 18日

    独ソ戦勃発の話では、ドイツは直前までソ連と友好を演じつつ、ヒトラーは軍部には外交的な成果は無視して進軍の準備を続けろと命令しており、
    ソ連のほうもその巨大な情報網によりドイツによる侵攻をほぼ正確に予測しながらも、スターリンに報告を握り潰されて対応できず初戦の敗退を招いたとある
    今回攻める側のロシアははるかに優位にある

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  2. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  3. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  4. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP