米国関連

ボーイング、ドイツ政府が間もなくF/A-18E/FとEA-18Gに購入要請書類を発行する

ドイツ政府が間もなくF/A-18E/FとEA-18Gに関する購入要請書類を発行するとボーイングは予想しており、両機の製造や運用をサポートするドイツ企業に情報提供依頼(RFI)を発行したらしい。

参考:Boeing to expand Super Hornet, Growler industrial team for Germany

ボーイングが正しいのか、ドイツ通信社が正しいのか、全世界は知らんと欲す

ドイツのメルケル政権は米国と核兵器を共有する協定(ニュークリア・シェアリング/NS)を維持するためトーネードの後継機にF/A-18E/F×30機、EA-18G×15機、タイフーン×90機を導入する決断したが、米国家核安全保障局(エネルギー省傘下)が戦術核兵器B61/Mod12の統合機種からF/A-18E/Fを除外、これを受けてショルツ首相とランブレヒト国防相はトーネード後継機について協議を行い「最終的にF-35AとタイフーンECR/SEADの導入検討に入った」とドイツ通信社が報じていた。

出典:Public Domain

しかし英国のジェーンズは12日、ドイツ政府が間もなくF/A-18E/FとEA-18Gに関する購入要請書類を発行するとボーイングは予想しており、両機の製造や運用をサポートするドイツ企業に情報提供依頼(RFI)を発行したと報じている。

ボーイングは「スーパーホーネット及びグラウラー導入についてドイツ企業はメンテナンス、部品製造、トレーニング、オーバーホールなどの分野で重要な役割を果たすことになり、グラウラー向けの次世代電子妨害装置開発にも参加できる」と述べているが、これが事実ならF/A-18E/FへのB61/Mod12統合問題はどうするのかなど非常に疑問が多く、もはやドイツのトーネード後継機問題はパニックに近い。

関連記事:独トーネード後継問題は最終的に先祖返り、ショルツ政権がF-35A導入検討を指示

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Navy photo by Lt. Cmdr. Darin Russell/Released

フランス、第6世代戦闘機向け試作エンジンのテストに成功したと発表前のページ

アーレイ・バーク級の正統な後継艦、米海軍が次期駆逐艦DDG-Xを発表次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米議会、F-35の状況が改善されない限り別の戦闘機で不足分を穴埋めすると警告

    米軍全体の航空機調達に強い影響力をもつ戦術航空陸上部隊小委員会のドナル…

  2. 米国関連

    米ミサイル防衛局、SPY-7とベースラインJ7.Bが弾道ミサイル防衛に対応できることを実証

    米ミサイル防衛局は日本向けに開発を進めているAN/SPY-7対応のイー…

  3. 米国関連

    米国、HIMARSや巡視船の提供を含むウクライナ支援パッケージを発表

    バイデン政権は23日、多連装ロケットシステムの追加提供や沿岸海域を保護…

  4. 米国関連

    ボーイングが空中給油機に革命を起こす? KC-46A空中給油作業無人化に繋がる技術を開発

    もしかすると日本も導入する空中給油機「KC-46A ペガサス」の空中給…

  5. 米国関連

    ボーイングとって朗報はT-7Aレッドホーク、悲報はKC-46Aペガサス

    ボーイングが開発中の訓練機「T-7Aレッドホーク」の潜在的な輸出先にオ…

  6. 米国関連

    国防予算から見た米空軍の方針、レガシーな航空戦力を切ってF-35Aや次世代戦闘機を優先

    バイデン大統領は2022会計年度の予算教書(連邦政府予算案)を正式に発…

コメント

    • 伝説のハムスター☆☆☆
    • 2022年 1月 13日

    ロシアが東進してくるかもしれないのにこの体たらくとは🤣
    いや~平和っていいですね🙄🥴

    19
    • ブルーピーコック
    • 2022年 1月 13日

    うんとこしょ、どっこいしょ。それでも核は落とせません

    ボーイングの悪あがきなのか、ドイツがスーパーホーネットも買うつもりなのか、まだ分からんな。

    12
    • (-_-)
    • 2022年 1月 13日

    そもそも訓練等で墜落すると、中国やロシアが先に見付けないように大騒ぎして捜索するF-35なんて実戦投入出来んのか?

    3
      • 7C
      • 2022年 1月 13日

      別に問題なく実戦投入するのでは?

      何で今回収してるかというと平時である現在の段階で最新兵器の情報が知れ渡るのがやばいからだろうし、中国ロシア相手に実戦投入する状況になると相手国も墜落した機体を回収して解析して弱点見つけて対抗手段を開発して実戦配備してる時間は多分ないので(兵器の開発ペースと現代戦の様相的に回収する前に決着が付く可能性もあると俺は思うし
      むしろ平時の今だからこそ回収に躍起になってると思う

      というか実戦投入って話だけなら3年ちょっと前にイスラエルやアメリカが実戦投入してるし、昨年はアメリカに加えてイギリスも実戦投入してるよ

      33
    • そら
    • 2022年 1月 13日

    本当にパニックになって、F-18もF-35もかったら爆笑だわ。

    15
      • 黒丸
      • 2022年 1月 13日

      EA-18GとF-35の組み合わせなら悪くないと思うのだが

      2
        • そら
        • 2022年 1月 13日

        記事を見るにあくまで主力はタイフーンで、F-18.F-35は核用みたいだから、2機種はいらないんじゃないかな。
        大元から方針転換して空軍の構成自体を転換するなら感心するわ。

        10
      • きっど
      • 2022年 1月 13日

      アメリカ側のちゃぶ台返しが突然すぎて、もう今更契約キャンセル出来ない状態だったとしたら……
      外から見る分には爆笑だけれども、実務者レベルだと地獄の案件ですな……

      5
        • 台湾大好き
        • 2022年 1月 13日

        まともな契約ならB-61の統合を契約条件か解除条件にするだけ。そんな陰謀論向めいたこと言ってやるなよ

        9
    • 7C
    • 2022年 1月 13日

    別に問題なく実戦投入するのでは?

    何で今回収してるかというと平時である現在の段階で最新兵器の情報が知れ渡るのがやばいからだろうし、中国ロシア相手に実戦投入する状況になると相手国も墜落した機体を回収して解析して弱点見つけて対抗手段を開発して実戦配備してる時間は多分ないので(兵器の開発ペースと現代戦の様相的に回収する前に決着が付く可能性もあると俺は思うし
    むしろ平時の今だからこそ回収に躍起になってると思う

    というか実戦投入って話だけなら3年ちょっと前にイスラエルやアメリカが実戦投入してるし、昨年はアメリカに加えてイギリスも実戦投入してるよ

    3
    • ザコ
    • 2022年 1月 13日

    F-35Aより欧州産のタイフーンを買え→まあわかる。
    タイフーンじゃNS問題クリアできないからF-18Eも買え→F-35Aじゃいかんのか?とは思うが一応理解はできる。

    F-18EじゃB61運用できないけど買うよ→なんで⁉︎
    飛ばし記事じゃないとしたらドイツ人が何考えてるか本気でわからないよ…

    25
      • あばばばば
      • 2022年 1月 13日

      F-35を買うと、独仏の共同開発戦闘機と役割が重複するから、F-35を買ったら次期戦闘機の購入に差支えが出るという話だった。

      今回の場合は「ボーイングが予想している」という話だから、ドイツから出た話ではなく、ボーイングがただ単に言っているだけ……

      13
      • 匿名
      • 2022年 1月 13日

      せめて核の運用の出来るF-15Eにすべきだろうに…。

      3
    • gcgir59629
    • 2022年 1月 13日

    ところでE-MAILに入力するメールアドレスでGravatarを登録してると、コメント欄にアイコンを表示できますね

    リンク
    リンク

    12
    • DEEPBLUE
    • 2022年 1月 13日

    EA18G、日本も前に購入打診してたよね

    • 戦略眼
    • 2022年 1月 13日

    トーネード延命しかなさそうだな。
    素直にF-35Bでも買って、グラーフツェッペリンでも建造したら面白いのに。
    実は、ノルドストリーム2の件で虐められているだけだったりして。

    3
    • MOKA
    • 2022年 1月 14日

    逆にタイフーンに統合出来ないものなのか・・・

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  4. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP