欧州関連

フランス、第6世代戦闘機向け試作エンジンのテストに成功したと発表

フランスの装備総局は今月10日、仏独西の3ヶ国で共同開発を進めている第6世代戦闘機向け試作エンジンのテストを成功したと発表した。

参考:La DGA réalise un essai majeur pour préfigurer le prochain moteur du SCAF
参考:France tests NGF engine prototype

久々にFCAS関連で動き、フランスの装備総局が第6世代戦闘機向けエンジンのテストに成功

仏独西で共同開発を進めている未来戦闘航空システム(Future Combat Air System:FCAS)プログラムに含まれる第6世代戦闘機/NGF向けエンジンの開発はサフラン(仏)、MTU(独)、ITP(西)の3社からなる合弁会社「EUMET」が独占的に開発を担当することになっているが、仏装備総局(DGA)は2015年から次世代エンジン開発計画「テュレンヌ・プログラム」をサフランと共同で開始、新たに開発したタービンブレードなどの要素を組み込んだスネクマM88派生型を使用した地上試験に成功したと発表した。

出典:Safran/DGA 新たに開発されたタービンブレードと試験中のスネクマM88派生型

以前、NGFのデモンストレーターにはM88ベースのエンジンを搭載すると発表していたが、DGAとサフランが今回テストしたM88派生型が「M88ベースのエンジン」に該当するのかは不明で詳しい仕様なども一切明かされていない。

因みに下記の画像はダッソーが2021年に発表したFCASのCG画像の着色バージョン

Rama/CC BY-SA 3.0 FR ダッソーが2021年に発表したFCASのイラスト

関連記事:不毛な争いに終止符、フランス、ドイツ、スペインが第6世代戦闘機「FCAS」のエンジン開発で合意

 

※アイキャッチ画像の出典:AIRBUS

台湾人の58.8%は有事に米軍介入を期待、但しバイデンを馬鹿正直に信じるのは危険前のページ

ボーイング、ドイツ政府が間もなくF/A-18E/FとEA-18Gに購入要請書類を発行する次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    役に立たない? アルメニアとロシアの間で勃発した弾道ミサイル「イスカンデル」論争

    アルメニアのサルキシャン大統領、パシニャン首相、ロシアを巻き込む短距離…

  2. 欧州関連

    英陸軍、攻撃ヘリ「AH-64」の30mm機関砲が基地に向かって暴発

    英陸軍の攻撃ヘリ「Apache AH Mk.1(英国仕様のAH-64D…

  3. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用

    英海軍のヴァンガード級原子力潜水艦は核燃料交換が不要な原子炉「PWR2…

  4. 欧州関連

    トルコとウクライナ、無人航空機やエンジンの共同生産を通じて急速接近

    トルコとウクライナは軍事分野での協力を急速に拡大中で、両国は無人航空機…

  5. 欧州関連

    第6世代戦闘機「FCAS」開発で仏独対立、要求性能の「食い違い」で開発資金確保が困難?

    第6世代戦闘機「FCAS」開発のための法的な枠組みを定める協定にフラン…

コメント

    • 無無
    • 2022年 1月 13日

    この手の話で毎回わかんないんだが、第六世代機の定義を誰か教えて

    4
      • 伝説のハムスター☆☆☆
      • 2022年 1月 13日

      大西洋と大平洋で求められる航続距離が変わってくるから機体の大きさは除いて以下の点が個人的に第六世代だと思う
      ステルスとチーミング機能でそれ+大容量発電が出来るエンジンを装備し、無人機等のセンサーから得られた情報をAIが瞬時に処理しパイロットを補助する機能が装備されたものだと思う

      22
    • 匿名
    • 2022年 1月 13日

    開発した側が、第六世代機だと感じたら、それは第六世代機だ。(c) K国

    30
      • 無無
      • 2022年 1月 13日

      明快至極な教唆
      ありがとうございますwwwwww

      8
      • もり
      • 2022年 1月 13日

      ガチでそれ
      F-35がスパクル出来ない可能性があった時アメリカはシレッと第5世代の要項からスパクル消してた事がある

      45
    • シーキャトワン
    • 2022年 1月 13日

    なんだかFCASのイラストがJ-20っぽく見えてしまうのは、ステルス性を追求した結果的ななにかなんですかね?

    1
    • もり
    • 2022年 1月 13日

    想像図がFCASも日本のF-3もJ-20そっくりなんだよね
    コンセプトとして長大な航続距離と大きな積載量を持つステルス戦闘爆撃機のようなJ-20方向が結果として正しかった、と言う事かな

    8
      • 自称ミリオタ
      • 2022年 1月 13日

      ステルス性を引き換えにする・しないという違いがあるから、たまたまだと思うけど確かに大型で平べったい形はよく似てる。

      1
      • バーナーキング
      • 2022年 1月 13日

      お目目が節穴か、変なバイアスが掛かってるだけでは?
      目と鼻と口の数がいぅしょだからそっくり、と言ってる様な物かと。

      26
        • 野菜連合
        • 2022年 1月 13日

        むしろカナード翼付きデルタを採用したJ-20はステルス機の中でもだいぶ異端ですよね
        J-10の経験値を活かすためにそうせざる負えなかったらしいけど

        5
          • バーナーキング
          • 2022年 1月 14日

          ですよね。カナードの有無はもちろん主翼と尾翼の配置が全然違いますし。
          航空機を見る目が全くないか「J-20方向が結果として正しかった」という結論ありきか、どっちかでしょうね。

          6
    • 電話猫
    • 2022年 1月 13日

    FCASもテンペストもなんでインテークが外側が突き出てる形になってるんだ…?
    この方が空力的に優勢なのか…?
    今までにない形状でちょっと困惑してる

      • 自称ミリオタ
      • 2022年 1月 13日

      ステルス性を維持しつつ、大型のエンジンに十分な空気を送り込む為だと思う。

      6
      • バーナーキング
      • 2022年 1月 13日

      >インテークが外側が突き出てる

      ってのは具体的にどういう事を指してるんだろう?
      今までにない、と言うからにはF-35のインテークはそうなっていない、と言う解釈でいいよね?

      6
        • 匿名
        • 2022年 1月 13日

        嫌味な言い方だね。わかっているくせに。

        9
          • バーナーキング
          • 2022年 1月 13日

          いや、ごめん。素で分からんのよ。
          下でハガさんが言ってる様にDSIの話だとしたら「インテーク」が突き出てる、とは言わないだろうし、
          インテークが「左右に大きく張り出してる」であればターボファンの双発機では珍しくもないし。

          4
            • そら
            • 2022年 1月 13日

            吸入部が上から見たら前進翼みたいになってる所じゃないですかね?
            一般的なものは機体形状に沿って、後方へ流れるような形状をしてることが多いですし。

            2
            • 電話猫
            • 2022年 1月 13日

            上の人が言ってるように現代戦闘機の側面インテークはF-15とかのように上面が突き出てショックコーンの役割を果たすタイプと、F-35とかのように胴体側が突き出る形のが多かったけど
            テンペストやFCASのように胴体側が後ろに下がって外編が突き出てるタイプのはほとんどなくね?って話
            それこそF-105あたりまで逆戻らないと出てこないような形状を今更採用するのが理解できないのだ

            2
              • バーナーキング
              • 2022年 1月 13日

              > F-35とかのように胴体側が突き出る形

              申し訳ない、説明してもらってもやっぱり全く分からない。どこのどう言う形状の事を言ってるんだろう?

              • バーナーキング
              • 2022年 1月 13日

              ああ、でもF-105の話が出てきたって事はそらさんの言ってる通りインテークが前進してる形状の事なのかな?
              でも、だとしたらF-35もそっちのグループだと思うんだけど…
              そしてもしそうならにわかに採用機が増えた理由は自称ミリオタさんの言う通りステルス性だと思う。

              1
      • ハガ
      • 2022年 1月 13日

      よく分からんけどDSIの話ですかね??
      だとしたらDSIを調べてみると良いかも。
      リンク

      1
        • 電話猫
        • 2022年 1月 13日

        これDSIじゃないでしょ
        DSIは胴体側にコブが出来てそっちで境界層切り裂いてるし

        1
          • ml
          • 2022年 1月 14日

          コブ(bump)と前進する突起(tip)を組み合わせることで境界層を引き裂くのがDSI
          DSIを採用しているF-35, FC-1, J-10B, J-20, TEDBFは、いずれも胴体のbumpと対になる側に
          突出したtipを持っています(機種によってはあまり突出していないのでbumpだけに見えるかも)
          FCASとテンペストはbumpが小さくて見えづらいだけかと思います

          リンク

          2
    • そら
    • 2022年 1月 13日

    なんかサムネ画像が草

    3
      • あのか
      • 2022年 1月 14日

      ウルトラホークだわなw

      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP