米国関連

ロッキードマーティン、F-35スペアパーツ問題を認め補償支払いで合意

ロッキード・マーティンはF-35のスペアパーツ電子ログ問題についてミスを認め補償を支払うことで合意、国防総省と補償額や支払いの方法について協議中だと報じられている。

参考:Lockheed in Talks to Compensate Pentagon for Flawed F-35 Parts

F-35のスペアパーツ問題でロッキード・マーティンがミスを認め補償に応じる

この問題はF-35のスペアパーツ自体に安全性や品質上の欠陥があるのではなく、スペアパーツを適切に管理するための使用履歴や耐用年数等の電子ログが未入力もしくは誤入力された状態で納入され続けているため、米軍の整備担当者が問題の修正のため本来必要のない作業を強いられており、この問題に対処するため国防総省が負担した追加の人件費の総額は過去5年間で約3億ドル(約320億円)に達している。

出典:U.S. Air Force photo by J.M. Eddins Jr.

F-35のスペアパーツ問題について調査を行った米下院監視・政府改革委員会の議員達は「軍はF-35を運用状態に保つため投入されている多くの人員の中には本来必要のない作業に従事しているものが含まれ、この問題が如何に無駄なコストを発生させているのかを学んだ」と語り、ロッキード・マーティンに「スペアパーツ問題に関する失敗について説明責任を果たせ」と要求するなど怒りをぶち撒けた。

因みにスペアパーツの電子ログ問題が解決されなければ国防総省は今後も毎年5,500万ドル(約58億円)を追加負担しつづける必要があり、このコストは最終的にF-35プログラムコストに転嫁されるためF-35の価格に影響を及ぼすことになる。

結局、何年も放置してきたスペアパーツの電子ログ問題で追い詰められたロッキード・マーティンはミスを認め補償を支払うことで合意、国防総省と補償額や支払いの方法について協議中だと報じられている。

補償の規模については詳細が明らかになっていないため不明だが、これまでの追加負担額を考えるとロッキード・マーティンは少なくともF-35A3機分に相当する約3億ドルを国防総省に対して補償する可能性が高い。

関連記事:F-35スペアパーツ問題に米議会が激怒、5年間で3億ドルの追加コスト発生

トルコをF-35サプライチェーンから排除すれば、F-35の価格が約10億円上昇か?

ついでにF-35関連の話題をもう一つ。

参考:It’s official: US Air Force to buy Turkish F-35s

米空軍はトルコ向けに製造され保管していた2機のF-35Aを空軍が購入することを正式に発表した。このF-35Aはトルコが発注した最初の機体で米国のルーク空軍基地でトルコ人パイロットを訓練するために使用される予定だったのだが、ロシア製防空システム「S-400」を導入したためF-35プログラムからトルコは締め出されてしまった。

その結果、ルーク空軍基地で保管されているトルコのF-35Aをどうするのかに注目が集まっていたが最終的に米空軍が購入して使用することになったのだが、支払い済みの代金返還もないままF-35Aを取り上げられたトルコは強く反発している。

出典:US Air Force / Senior Airman Alexander Cook

上院軍事委員会は2021年国防権限法(NDAA)案にトルコは発注していた残り6機のF-35Aについても米空軍が購入して使用することを許可する内容が含まれているため、トルコ向けに製造されたF-35Aは全て米空軍の所有になることがほぼ確定的だが、F-35サプライチェーンからのトルコ企業排除は全く進んでいない。

当初の予定では2020年3月までにトルコ企業をF-35サプライチェーンから排除する予定だったが、トルコ企業が担当していたF-35の機体やエンジン製造の全てを直ぐに切るのは難しく、2022年までの契約が切れるまでは引き続きトルコからF-35の部品調達を続ける方針だ。

さらに2023年以降にトルコ企業をF-35サプライチェーンから排除すれば、その費用がF-35の機体価格に反映され1機あたり700万ドル~900万ドル価格が上昇するだろうとトルコ側が警告している。

この試算が正しいのは謎だが、仮にF-35Aの価格が900万ドル(約9.6億円)上昇すれば7,600万ドルまで値が8,500万ドルまで上昇することになるため、ロット12~14までに予定されている値下げ分が完全に吹き飛ぶことになる計算だ。

実際問題、トルコ企業が製造していた部品製造を他に移すために掛かる費用は6億ドル~9億ドル(約970億円)と見積もられており、この費用はF-35プログラムコストに転嫁されるためF-35の価格上昇に直結するというトルコの主張は恐らく正しいと思われる。

そのため順調に価格を下げてきたF-35だが価格上昇の要因は至るところに潜んでいるため、まだまだ安心するこことはできない。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Senior Airman Christopher Quail

スウェーデン、グリペンの後継機開発のため英国に次期戦闘機研究所を設立前のページ

1週間で3隻目、今度は艤装工事中の空母「ジョン・F・ケネディ」で火災発生次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    F-22稼働率引き上げは絶望的か、米空軍は正式に戦闘機稼働率80%という目標を放棄

    米空軍は7日、ジェームズ・マティス前国防長官が命じた「F-22、F-3…

  2. 米国関連

    生まれ変わる米空軍のF-22A、F-35並のアビオニクス搭載で2060年頃まで運用予定

    F-22はもう間もなく待望のアップグレードが始まり、第6世代に取って代…

  3. 米国関連

    米空軍がF-15EをF-15EXで更新する可能性? どう考えてもノーチャンス

    米空軍がF-15EをF-15EXで更新するかもしれないという、ボーイン…

  4. 米国関連

    米海軍、ワスプ級強襲揚陸艦6番艦で爆発を伴う火災事故が発生

    米海軍のワスプ級強襲揚陸艦6番艦「ボノム・リシャール(LHD-6)」は…

  5. 米国関連

    約60年間のP-3C運用に終止符! 米海軍、対潜哨戒機P-8Aへの移行が完了

    約60年も運用を続けてきた対潜哨戒機P-3Cオリオンが姿を消し、米海軍…

  6. 米国関連

    F-35はいよいよ成熟段階に突入か? 米国、カテゴリー1Aの欠陥を全て修正完了

    F-35を操縦するパイロットの生命を危険に晒す「カテゴリー1A」に分類…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 7月 21日

    制裁は仕方ないにしても、その駆け引きの材料にされちゃったF35とロッキードマーティンはたまったもんじゃないなこりゃあ

    • 匿名
    • 2020年 7月 21日

    日本が導入するF35の価格にALICE利用料が含まれてたと思うけれど、これはどうなるんだろうかね

    • 匿名
    • 2020年 7月 21日

    このサイトを1年ぐらい前から知っているが
    その時はコメント欄がスカスカだったが
    最近は結構増えて活発だな

    • 匿名
    • 2020年 7月 21日

    ロッキード社の事だからまた政治献金とロビー活動で上手く立ち回ると思う。

    • 匿名
    • 2020年 7月 21日

    >支払い済みの代金返還もないままF-35Aを取り上げられたトルコは強く反発している。

    いくらなんでも筋は通すべきだろ、アメリカ。

    • 匿名
    • 2020年 7月 21日

    2018年1月から三沢に配備している日本も同様の問題が発生するはずだが聞かないな
    ちゃんと日本も補償されるんですかね・・・

    • 匿名
    • 2020年 7月 21日

    製造元から部品番号間違えて納入されたら管理のしようがないわな
    同じボルトに別番号ふられてあちこちの基地に点在してますとか悪夢としか言いようがない

    • 匿名
    • 2020年 7月 21日

    この辺りのアメリカとトルコの争いは正直、子供っぽい。

    • 匿名
    • 2020年 7月 21日

    こういうの見ると多国間共同開発は平和な時代だからこそ成り立ったのだと思うよ
    サプライチェーンが大きく途切れる事態は起こらない事が前提
    まるで大戦前

    • 匿名
    • 2020年 7月 21日

    トルコについては、エルドアンを始末する以外ないないな。
    その上で、S-400をインドに売却すれば、解決する。
    問題は、F-35の部品管理だが、トヨタに泣き付けとしか言えないな。
    アメリカは、もう物作りの基礎を失ったのだろうか。

    • 匿名
    • 2020年 7月 22日

    F-35は国際開発で出資国に部品製造を割り当てたグローバルサプライチェーンなので、 各国の企業に割り当てた製造や保守の末端で電子ログが不適切に取り扱われたら制御不能ですからね。

    LMは製造と保守の主契約者として責任を負う立場ではありますが、各国への製造割当は政府間交渉なので私企業に負わせるには難しいところもありますね。

    • 匿名
    • 2020年 7月 22日

    保証の内容は米軍の人件費が上昇したことに対する保証では?
    日本には全く関係ないから日本に保証する筋合いは皆無。

    願望としては、トルコの分担を日本が肩代りしてでも獲得できれば、遅れてきた出資国扱いで自衛隊向けアップデートに日本製武器の統合なりを発言できそうだが。

    無理だよね。。。

      • 匿名
      • 2020年 7月 23日

      補償、かな?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  4. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
PAGE TOP