米国関連

海山との衝突で損傷したシーウルフ級原潜、海軍復帰は2025年9月頃か

海山との衝突で損傷した米原潜「コネチカット」について米海軍は「運用制限のない状態に復元することが可能」と判断、修理には最大31ヶ月間かかる可能性があるため、海軍への復帰は「2025年9月頃」になるかもしれないと報じられている。

参考:U.S. Navy Commences USS Connecticut (SSN 22) Repairs

コネチカットの修理がEDSRAで想定されている期間を目一杯つかうなら海軍への復帰は2025年9月頃になる予定

米海軍のシーウルフ級攻撃型原潜2番艦「コネチカット」は2021年10月、インド太平洋地域の国際水域で未知の海山に衝突して船首と舵の下部を損傷、本土の乾ドックで徹底的な調査を行い「コネチカットを運用制限のない状態に復元することが可能」と判断され、本格的な修理が始まっているらしい。

海軍航空システム・コマンド(NAVSEA)の報道官は「コネチカットの修理はFY23 Extended Docking Selected Restricted Availability(EDSRA)に含まる予定で、31ヶ月間を想定しているEDSRAの終了までにコネチカットはサービスの復帰する」と明かしており、仮にコネチカットの修理がEDSRAで想定されている期間を目一杯つかうなら海軍への復帰は2025年9月頃になる予定だ。

Naval Newsは「今のところコネチカットの修理に必要な部品が発注された形跡はなく、修理にどれだけの資金が必要なのかも分かっていない」と報じており、米海軍は原潜運用に関する情報を機密事項に指定しているため、なぜコネチカットは海山に衝突したのか?、具体的にどれぐらい損傷しているのか?、修理期間は正確にどれぐらいかかるのか?などは謎だが、数年先にコネチカットが完全な状態で帰ってくることだけは確定した。

出典:Public Domain シーウルフ級攻撃型原潜2番艦「コネチカット」

あとはサプライヤーの問題で修理計画が台無しにならいことを祈るしかない。

関連記事:米海軍のシーウルフ級攻撃型原潜が南シナ海で水中衝突、現在グアム基地に向け帰投中
関連記事:海山と衝突したシーウルフ級原潜コネチカットは船首が大破、短時間で戦線復帰は絶望的
関連記事:シーウルフ級原潜2番艦「コネチカット」の船首ドームがひどく損傷しているという噂

 

※アイキャッチ画像の出典:Public Domain シーウルフ級攻撃型原潜2番艦「コネチカット」

ポーランド首相、欧州は不足する155mm砲弾を韓国から購入すべきだ前のページ

中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を宣言次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    権利を行使したシコルスキー、V-280 Valorを選択した米陸軍の決定に抗議

    米陸軍はUH-60の後継機にベル/ロッキード・マーティンのV-280 …

  2. 米国関連

    米メディア、ゼレンスキー大統領とザルジニー総司令官の発言は対称的だ

    ゼレンスキー大統領は4日夜の演説に続き、NBC Newsに対しても「私…

  3. 米国関連

    米政府関係者、ロシア軍の戦死者数は28日時点で2,000人と明かす

    米メディアのThe New York Times紙は1日、米政府関係者…

  4. 米国関連

    2024年に無人機工場が完成、ロシア軍に供給される無人機の規模は桁違い

    米当局者は「ロシアはイランの協力を得て無人機工場を建設している。この工…

  5. 米国関連

    LM、米陸軍にMK.41を流用したタイフォン・ウェポン・システムを納品

    ロッキード・マーティンはMK.41を流用して「Typhon Weapo…

  6. 米国関連

    F-35Cが運用が出来ない建造費1.4兆円の欠陥空母! 米国「フォード級空母」受取り拒否?

    米国下院議会の委員会は、2020年度の年次国防政策法案の草案に、最新鋭…

コメント

    • G
    • 2023年 3月 27日

    アメリカの原潜事情に関してはサプライヤーの問題以上にドッグのキャパについてのほうが気になりますね
    ただでさえ余裕がない原潜整備可能なドッグを一つ最大31ヶ月間もの間専属にする余裕はあるのでしょうか

    8
    • たら
    • 2023年 3月 27日

    「海山」という名前の中国艦船があったかな?と勘違いしてしまいました。

    6
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  2. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  3. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
PAGE TOP