米国関連

レア映像!中東での実戦任務に「ビーストモード」状態のF-35Aが出撃

アラブ首長国連邦に配備された米空軍のF-35Aが、ビーストモードと呼ばれる、機外兵装満載の姿で抑止任務に出撃している様相を収めた映像が公開された。

参考:WATCH: F-35 Reportedly Stationed in UAE Takes Off With Full Payload

ビーストモード状態で実任務につくF-35A

ユタ州、ヒル空軍基地所属の第388戦闘航空団、第419戦闘航空団から中東、アラブ首長国連邦へ派遣されているF-35Aが、胴体内兵器倉(ウェポンベイ)だけでなく、主翼下に3ヶ所、左右計6ヶ所のハードポインに兵器を搭載した、通称「ビーストモード」と呼ばれる形態で、北東アフリカからトルコまでの地域における抑止任務へ出撃して行く様子の動画が公開された。

ビーストモードと呼ばれる完全武装形態は、機外ハードポインに搭載した兵器がレーダー反射面積を増やし、F-35が持つステルス性能を著しく低下させるため「戦争が始まってから3日目」と呼ばれる事に対し、ウェポンベイのみに兵装を限定した状態を「戦争初日」と呼ばれている。

動画に登場する米空軍のF-35A主翼下ハードポインには、外側に短距離空対空ミサイル「AIM-9X」(左右計2発)、内側2ヶ所にGBU-12“PavewayIV”レーザー誘導爆弾(左右計4発)を搭載し、ウェポンベイ内側扉裏側にAIM-120 AMRAAMを搭載してることまでが動画で確認できるが、ウェポンベイ内部天井に、何が搭載されているのかまでは確認出来なかった。

恐らく、2,000ポンド爆弾のJDAMが搭載してあるのだろう。

F-35Aは最大約2万ポンド程度までの兵器を搭載可能で、今回、ビーストモード状態に設定されたF-35Aには、合計6発の精密誘導爆弾と、4発の空対空ミサイルを搭載し約7000ポンド程度の兵器を携行している。

そのため搭載量には、まだまだ余裕があるように見える。

出典:public domain LAU-88

1つのハードポイントに複数の兵器を搭載できる、連装または三連装ランチャーを搭載すれば、さらに多く兵器が搭載できるだろうが、現在使用されているソフトウェアの「ブロック3F」では、運用できる兵器に制限(500ポンド~2000ポンド誘導爆弾か、空対空ミサイルのみ)があるので、最大兵器搭載量の2万ポンドまで兵器を搭載するのは、現時点では事実上不可能。

今後、導入される「ブロック4」になれば、核兵器B61や、小型の巡航ミサイル、空対地ミサイル、ウェポンベイに搭載できるAIM-120 AMRAAMを6発(現行最大4発)まで引き上げる事が可能な「Sidekick」の採用など、現行の「ブロック3F」よりも、運用可能な兵器の種類が増えるので、搭載兵器の組わせも多彩になり、約2万ポンドの兵器搭載量が活かせるようになる。

どちらにせよ、ビーストモード状態のF-35Aを撮影した今回の動画は非常に珍しく、ビーストモード状態で実任務につくこと自体が珍しい(恐らく初?)。

一つだけ、どうしても気になるのは、F-35Aに取り付けられたパイロンだ。

主翼下に、ピッタリとパイロンが取り付けられている訳ではなく、主翼下に設置されたパイロンと主翼面の間には結構な隙間があり、太いビスのようなもので固定されているだけで、パイロン自体の作りも安っぽく見えてしまう。

Attribution: Hunini / CC BY-SA 4.0 P-1のハードポイントに取り付けられたパイロン

第4世代機などの胴体・主翼下等に設置してあるパイロンと比べると、あまりにも簡易過ぎて、「臨時に設置しただけ」感が、ヒシヒシと伝わってくる。

 

※アイキャッチ画像の引用先:YouTube / Gung Ho Vids

イタリア海軍の苦難!F-35Bが調達ストップで空母「カヴール」が存続の危機前のページ

ポーランド、旧ソ連製戦闘機の更新用に32機のF-35A導入を決定!日本も105機のF-35を追加導入へ次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米海軍、海兵隊沿岸連隊を輸送する新型揚陸艦を30隻調達予定

    米海軍と米海兵隊は大規模な部隊再編計画「Force Design 20…

  2. 米国関連

    ロシア軍、北朝鮮から入手した弾道ミサイルをウクライナに向けて発射

    複数の米メデイアが「ロシアは北朝鮮から数十発の弾道ミサイルとランチャー…

  3. 米国関連

    J-20に劣るF-22A Block20、今後も維持するなら次世代戦闘機の開発費が吹っ飛ぶ

    米空軍と議会はF-22A Block20の退役問題で対立しており、空軍…

  4. 米国関連

    米国の危機感、なぜ米国の同盟国は中国から無人航空機を購入するのか?

    米国のミッチェル航空宇宙研究所は無人航空機は航空機であり巡航ミサイルや…

  5. 米国関連

    ロッキードがF-35Aの値上げを予告、2.5億ドルの損失は次世代戦闘機開発に関係?

    今後F-35Aの調達コストは値下がりではなく値上がりに転じる可能性が高…

  6. 米国関連

    米外交官、独裁者がやると言ったことを民主主義国家は疑わず信じるべき

    米外交官のロバート・ピアソン氏は「独裁者がやると言ったことを民主主義国…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 5月 28日

    そりゃ、恒常的に使うもんじゃ無いんだから容易に撤去出来なきゃアカンでしょ
    そもそも外部兵装付ける自体がイレギュラーなんだから

    1
    • 匿名
    • 2019年 5月 28日

    前々から思ってたが、スクランブル待機させる(ことがあるなら)空自のF-35は常にビーストモードでよさげだよな

    • 匿名
    • 2019年 5月 29日

    わざわざ高価なステルス塗料とか使ってるのにこれじゃ
    そりゃまF-15EXでいいかって話になるわな…
    ステルス機の能力フルに使って戦わなきゃならない敵ってのがほぼいないんだからなぁ

    • 匿名
    • 2020年 9月 05日

    隙間があるのは主翼下面のステルス塗装を傷つけないよう、わざとクリアランスを取ってるんでしょうね。機体から突き出したビスに固定することで、機体それ自体とパイロンを接触させないで済みますから。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
PAGE TOP