米国関連

米空軍が公開したレア映像!飛行中の「F-35A」コックピットから見た世界

米空軍のF-35デモンストレーションチームが、飛行中のF-35のコッピット映像を公開した。

見ているだけで爽快な気分にさせてくれるスペシャルな映像

この映像は米空軍公式のF-35A Lightning II デモンストレーションチームによるもので、マイアミビーチ上空を飛行するF-35Aのコックピット内部を撮影したものだ。

5月9日に、ショートバージョンが公開されていたが、この度、フルバージョン(7分31秒)が公開された。

ショートバージョンの時にも触れたが、パイロットがフライ・バイ・ワイヤ制御のF-35をサイドステックで操っている様子がよく分かる映像だ。

20年以上前に設計されたステルス戦闘機F-22と、最新鋭のステルス戦闘機F-35のコックピットを見比べると、コックピットの広さは圧倒的にF-35の方が広く、上半身の大部分が機体より上、キャノピー部分に収まっているためか、視点に位置が高く、視界の良さが桁違いだ。

F-35のコックピットが従来の機種よりも、広く作られているのは訳がある。米軍や英軍では、兵士の肥満問題に頭を悩ませていて、英国議会では、肥満した兵士のために、潜水艦のハッチの大きさを大きく、戦闘機の座席を大きくするよう提案が出るほど深刻化している。

恐らく、伝統的なコックピットの広さ以上の空間を確保しているF-35は、肥満気味なパイロットが乗っても窮屈な思いをしないで済むだろう。

今回のフルバージョンの映像では、F-35Aの主翼付け根や主翼端にヴェイパーが発生しているのが確認できた。

ヴェイパーとは、戦闘機が高速で移動する際、機体や主翼などに生じる飛行機雲の一種で、急激な気圧の低下により断熱膨張が起き、温度が低下して水分が凝結し、飛行機雲が発生する現象のことだ。

湿度が高いほどヴェイパーは発生しやすくなり、条件さえ揃えば低速な旅客機でもヴェイパーが発生することがある。

今更、珍しい現象でもないが、通常、航空ショーなどで披露されるデモフライトの際に発生するヴェイパーは、地上から見る場合が多く、コックピット内からヴェイパーが発生している様子を眺められるのは珍しい。

あと、F-35Aのパイロットが被っているヘッドマウントディスプレイシステムを搭載したヘルメット「Gen 3」が非常にカッコいい。

出典:public domain F-35専用ヘルメット「Gen 3」

今まではコックピット前面に搭載されていたヘッドアップディスプレイに投影されていた情報を、F-35では、専用のヘルメットのバイザー部分に直接投影する事ができ、F-35の機体に6ヶ所搭載されている赤外線カメラの映像を投影することもでき、パイロットは360度の視界を得ることが出来る。

人類の歴史上、もっとも先進的な戦闘機用ヘルメット「Gen 3」の価格は、約40万ドル(約4,340万円)だと噂されており、人類の歴史上、もっとも高価なヘルメットという説もある。

何れにせよ、F-35を操縦するパイロットにとって、F-35の機体は勿論、支給されたF-35専用の装備を不注意で壊してしまった場合、酷い目に会うのは間違いない。

 

※アイキャッチ画像の出典:US Air Force / Senior Airman Alexander Cook

スウェーデン自主開発を放棄、第6世代戦闘機「テンペスト」開発に参加前のページ

台湾「M1A2戦車」導入へ前進!米国務省、戦車108輌売却(約2000億円相当)承認次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米海軍、次期駆逐艦DDG-Xでタイコンデロガ級とアーレイ・バーク級の更新を想定

    米議会調査局(CRS)は海軍のDDG-Xについて「1万2,700トン前…

  2. 米国関連

    米空軍が1,000機調達予定の無人戦闘機、ボーイングなど5社で競争試作を実施

    ケンドール米空軍長官は「早ければ2024年にCCA(有人機に随伴可能な…

  3. 米国関連

    米メディア、ロシアはマイクロチップの備蓄を大量に持っている可能性

    ニューヨーク・タイムズ紙は「今月15日の攻撃は『ロシア軍が保有する精密…

  4. 米国関連

    F-35のエンジン問題、米国防総省は最大380億ドルを追加負担する可能性

    米政府説明責任局(GAO)は30日「国防総省はF-35の冷却要件とエン…

  5. 米国関連

    ボーイング、スキージャンプ台を使用したF/A-18E/Fの発艦テストを実施中

    ボーイングは現在、メリーランド州のパタクセント・リバー海軍基地に設置さ…

  6. 米国関連

    米海軍、ワスプ級強襲揚陸艦6番艦で爆発を伴う火災事故が発生

    米海軍のワスプ級強襲揚陸艦6番艦「ボノム・リシャール(LHD-6)」は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  2. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  3. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  4. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  5. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
PAGE TOP