米国関連

アフガニスタンで旅客機墜落は誤報? 米空軍の戦域通信中継機「E-11A」が墜落

ポーランドのF-35導入契約に関する話題や、アフガニスタンで民間旅客機が墜落したというニュースの続報について簡単にまとめてみた。

参考:Poland to sign $4.6 billion F-35 fighter jet deal: minister

ポーランドのF-35導入契約は42億ドルで決着

ポーランドのマリューシュ・ブワシチク国防相は今週の金曜日、ステルス戦闘機「F-35AライトニングⅡ」を32機購入するため契約に関する署名すると明らかにした。

この契約にはF-35A 32機、エンジン「F135」33基、F-35に搭載される電子戦システム、F-35の保守やスペアパーツの管理を行う「ALIS」システムへの接続権利、ポーランド軍のパイロットやエンジニアの訓練費用、各種スペアパーツ、ロッキード・マーティンによるサポート費用などが含まれているが、同機が使用するAIM-120やAIM-9、誘導爆弾「JDAM」などは含まれていない。

出典:Public Domain F-35A

当初、この契約は最大で約65億ドル(約7,000億円)必要になると見られていたが、ロイター通信やポーランドメディアによれば約42億ドル(約5,000億円)で決着したらしい。

ここまで契約金額を削減出来たのは、ポーランドがF-35A導入契約と引き換えに要求するはずだった「オフセット契約」を辞退したためで、同じようにF-35Aを34機導入しながらオフセット契約を辞退したベルギーの契約金額(42億2,500万ドル)とよく似ている。

ポーランドはステルス戦闘機「F-35AライトニングⅡ」を導入することで、旧式化した旧ソ連製戦闘機SU-22M4/UM3K(SU-17の輸出型)やMiG-29A/UBを置き換える予定だが、ロシアからしてみれば首都モスクワがF-35の作戦範囲に収まることになるため、今後対応に乗り出してくるものと思われる。

アフガニスタンで墜落したのは民間の旅客機ではなく米軍機

昨日、アフガニスタンで旅客機墜落が墜落したと日本でも報じられていたが、実際に墜落したのは米空軍第430遠征電子戦闘飛行隊所属の戦域通信中継機「E-11A」だった。

参考:Highly Specialized Air Force E-11A Communications Aircraft Crashes And Burns In Afghanistan

墜落した地域を支配するタリバンはE-11Aを撃墜したと主張しており、搭乗していたハイレベルのCIA関係者を含む全ての搭乗員を殺害したと言っているが、E-11Aは情報収集機ではなく戦場の上空で異なる無線周波数を変換したり互換性の無い通信装置間を中継することで、情報共有や状況認識を改善するための機体でCAI関係者が搭乗することはまずない。

米空軍もE-11Aの墜落は認めているが、何故墜落したのかについては原因を調査中だと発表している。

とにかくアフガニスタンで墜落したのは民間の旅客機ではない。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Senior Airman Kaylee Dubois

嘘か真か、F-35プログラムからのトルコ追放は韓国に幸運をもたらすか?前のページ

ドイツ軍に予算を与えても無駄にするだけ? 政府が軍の現状に関する報告書を発表次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    F-35Block4の目玉機能、2024年にアップグレードされたAN/ASQ-239を実装

    BAEが「LOT17向けに新型電子戦システムの製造契約を受注した」と発…

  2. 米国関連

    米メディア、なぜエジプトは複数の提案から韓国のK9を選んだのか?

    米ディフェンス・メディアのDefenseNewsは2日、約17億ドルの…

  3. 米国関連

    バイデン大統領、ロシア領に届くロケットシステムはウクライナに提供しない

    バイデン大統領は30日、ロシア領に届くようなロケットシステムをウクライ…

  4. 米国関連

    余裕のない米造船業界、海軍はメンテ作業遅延で約7.5隻分相当する原潜を失う

    米潜水艦部隊の司令官は「メンテナンス作業の遅れによって昨年約7.5隻分…

  5. 米国関連

    アイオワ級戦艦ニュージャージー、フィラデルフィア海軍造船所に移動中

    アイオワ級戦艦2番艦のニュージャージーがフィラデルフィア海軍造船所の乾…

  6. 米国関連

    ステルスは現代戦への入場料と主張するミッチェル研究所、米空軍にF-15EX調達中止を提言

    米空軍協会のミッチェル研究所は今月26日、行き詰まりの将来性しかないF…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 1月 28日

    > CAI関係者が搭乗することはまずない。

    CAI というのは何でしょうか?

    • hiroshi
    • 2020年 1月 28日

    > CAI関係者が搭乗することはまずない。

    CAIって何ですか?

    • 匿名
    • 2020年 1月 28日

    なぜだかわからないけど管理人は変な誤字するよね。CAIとか

      • 匿名
      • 2020年 1月 28日

      割と誤字が多いサイト

      • 匿名
      • 2020年 2月 01日

      超極音速もよく見る

    • 匿名
    • 2020年 1月 28日

    SU-22M4の退役はとても残念。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  4. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP