米国関連

米空軍がステルス無人航空機「RQ-180」と推定されるイメージを初めて公開

米空軍は今月9日、ステルス無人航空機「RQ-180」と推定される機体イメージを公開したと報じられて注目を集めている。

参考:Secret RQ-180 “White Bat” Spy Drone Alluded To In New Air Force Video

動画のラストシーンに登場した白い全翼機こそが謎のベールに包まれているRQ-180である可能性が高い

高度な防空システムに守られた空域を高速で貫通することで敵支配領域の情報収集に活躍していたSR-71退役後、米空軍には同様の情報収集・監視・偵察(ISR)任務を実行できるプラットフォームが存在せず、この問題を解消するためノースロップ・グラマンが開発したのがステルス無人航空機「RQ-180」だ。

出典:public domain SR-71B(NASA機)

RQ-180は高度な防空システムに守られた空域をSR-71のように「スピード」ではなくB-2のような「ステルス」で貫通することを狙っているため採用されたステルス技術(RQ-180のレーダー反射断面積は全方位において既存のステルス機を凌駕しておりRQ-170よりもステルス性能を上回っているらしい)は非常に高度で、18,000mの高高度を24時間飛行するため「全長約10mの機体に40m前後の翼をもち膨大な燃料を詰め込んでいる」と言われている。

同機は2017年に北極上空を飛行する最終テストに合格、カリフォルニア州ビール空軍基地にRQ-180を運用するため第74偵察飛行隊が設立され完全な運用状態に入っていると噂されているが、現在でもRQ-180は公式に存在しない機体として扱われているため同機が飛んでいるという目撃情報(カリフォルニア州とネバダ州で1回づつと今年フィリピン上空で1回の計3回)だけしかない。

しかし米空軍は今月9日、過去数十年の間に空軍の情報収集・監視・偵察(ISR)任務がどの様に変化を遂げたのかをまとめた動画「Heritage Today-ISR and Innovation」を公開、この動画のラストシーンで白い全翼機が一瞬だけ登場するのだが動画のナレーションはこの機体について「white bat=白いコウモリ」と表現しており、Aviation Week誌によるとRQ-180の非公式な名称は「Great White BatもしくはShikaka」でビール空軍基地に設立された第74偵察飛行隊の徽章にも白いコウモリが描かれていると報じている。

つまり動画のラストシーンに登場した白い全翼機こそが謎のベールに包まれているRQ-180である可能性が高いという意味だ。

出典:PACE Profession of Arms Center of Excellence

勿論、これは全て状況証拠から推測しただけの話なので当てにはならないが動画自体は米空軍公式のものなので非常に興味深く、RQ-180の後に登場する謎の機体はもしかするとロッキード・マーティンが開発を進めていると噂されているSR-72のイメージなのかもしれない。

 

※アイキャッチ画像の出典:PACE Profession of Arms Center of Excellence

エアバス、カザフスタンに続きインドネシアからもA400Mの受注を獲得前のページ

ドバイ航空ショーに参加したC-2関係者、アラブ首長国連邦との事前協議が実を結びつつある次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米海軍が年内にコンステレーション級フリゲートを建造開始、IOC宣言は2029年頃

    米海軍は建造開始が遅れているコンステレーション級フリゲート1番艦(FF…

  2. 米国関連

    ウクライナ人パイロットは4ヶ月の訓練でF-16を操縦できるようになる?

    ウクライナ人パイロットは約2週間のシミュレーターテストで技量の高さ示し…

  3. 米国関連

    安泰のロッキード・マーティン、F-16V受注急増で総生産数5000機超えも

    ロッキード・マーティンは9日、F-16の総生産数が5,000機を越える…

  4. 米国関連

    米陸軍、パトリオットのギャップを埋める新しい防空システムに「AIM-9Xインターセプター」を採用

    米陸軍はパトリオットシステムのギャップを埋めるため新しい防空システムに…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 11月 19日

    白コウモリもSR-72も、正式採用されるといいなぁ
    ランニングコストとか諸々の問題で、少数生産とか早期退役になったらやだなぁ
    色んな意味で超優秀偵察機U-2くんはいつになったら退役できるんだろうか

    9
    • 匿名
    • 2021年 11月 19日

    えらい突然のポロリだな、
    日本にも欲しいけど、こういうキチンとした兵器は
    売ってくれないんでしょうね
    どうせ、中国がパクるんでしょ

    1
    • 匿名
    • 2021年 11月 19日

    >RQ-180の後に登場する謎の機体はもしかするとロッキード・マーティンが開発を進めていると噂されているSR-72のイメージなのかもしれない。

    毎度思うが、開発リソースすごいな。
    同時に何機も作れるのは羨ましい。

    8
    • 匿名
    • 2021年 11月 19日

    度々、実写された写真が公開されていたけど、公式に映像が出るということは、
    すでに配備済みか、その直前なのだろうと思われるね。

    6
    • 匿名
    • 2021年 11月 19日

    RQ-170の例もあるし、無人機に前方偵察させることの限界を認識したうえでSR72(?)と併用という事なのかと思っていたけど、最後の黒いシルエットが72だとして人が乗る部分無いような…。コフィンシステムみたいに埋没式なのか、こっちも無人機なのか。
    72のほうは10年以上前にリークされた青写真と形そこまで変わってないように見えるし、高高度を超音速でぶっちぎる用途の機体も残すんですかね。

    6
      • 匿名
      • 2021年 11月 19日

      ロシアや中国みたいに国土がでかいのが相手だと、スピードでぶっちぎるのも必要なんじゃない?

      • 匿名
      • 2021年 11月 19日

      SR-72は無人機でしょうが

      1
    • 匿名
    • 2021年 11月 19日

    RQ-180?SR-72?
    どちらも機体表面がなめらかなのにくわえ、トップコートのおかげなのか、てかてかしてますね
    高級車のようなというか、きときとのお魚のようですw

    1
    • 匿名
    • 2021年 11月 19日

     他国からの領空侵犯は絶対許さんが他国への領空侵犯は平気で行うダブスタ大将米国らしい機体で笑っちゃう。

     そのうち在日米軍基地から飛ばすんだろうな。

      • 匿名
      • 2021年 11月 19日

      普通じゃね?
      それが国防ってもんだろ

      13
        •  
        • 2021年 11月 19日

         中国・ロシア『ウンウン』

        1
      • 匿名
      • 2021年 11月 20日

      もっとも冷戦時代からそれやっているせいでロシアを世界トップの地対空ミサイル開発国にしてS-400輸出入問題起こして間接的に自分の首を絞める羽目になっているという

      1
    • 匿名
    • 2021年 11月 19日

    素直に機体が美しいと見惚れてしまった

    1
      • 匿名
      • 2021年 11月 19日

      領空侵犯は普通ではないだろ

      1
        • 匿名
        • 2021年 11月 19日

        ミス。一つ上への返信のつもりでした

    • 匿名
    • 2021年 11月 19日

    無人機は頻繁に新型発表が出るご時世になったけど、正直、有人機ほどワクワクしない

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  2. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  3. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  4. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  5. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
PAGE TOP