米国関連

ホワイトハウス、大統領も政権も首をはねられた子供の写真を見ていない

バイデン大統領は11日「テロリストが子供の首をはねている写真を見ることになると思わなかった」と言及したが、ホワイトハウスは直ぐに「大統領も政権関係者もハマスによって首をはねられた子供の写真を見ていない」とバイデン大統領の発言を訂正した。

参考:Biden administration official clarifies president, admin have not seen pictures or verified reports of children beheaded by Hamas
参考:IDF continues overnight strikes against Hamas; more slain soldiers named
参考:Babies and toddlers were found with “heads decapitated” in Kfar Aza, Netanyahu spokesperson says
参考:Did Hamas kill babies in Israel attack?
参考:Despite refutations from Israeli military, headlines that Hamas ‘beheaded babies’ persist

流石に見てないものを「見た」と発言したしてしまったのは不味いだろう

イスラエル国防軍は「ハマスによる民間人虐殺の現場=ガザ地区から約2km離れたクファル・アザ集落」を報道陣に公開、このツアーに参加したi24NEWSが「頭を切り落とされた赤ん坊の遺体や、ベットで銃殺された家族の遺体を発見した兵士もいる」と報じ、ネタニヤフ首相の報道官も「クファル・アザ集落で赤ん坊や幼児が首を切断された状態で発見された」と述べ、バイデン大統領も11日の演説で「テロリストが子供の首をはねている写真を見ることになるは思わなかった」と言及したため注目を集めたが、ホワイトハウスは直ぐに大統領の発言を訂正した。

ホワイトハウスの報道官は「大統領も政権関係者もハマスによって首をはねられた子供の写真を見ておらず、その報告を独自に確認もしていない。大統領の発言はネタニヤフ首相の報道官とイスラエルメディアの報道に基づいたものだ」とコメントしたため、不用意な発言を行ったバイデン大統領に批判が集まっている。

イスラエルでも「頭を切り落とされた赤ん坊の遺体」について話が二転三転しており、イスラエル国防省のニル・ディナール報道官は「首を切られた幼児の遺体もあった」と発言、この話を最初に報じたi24NEWSも「3人の兵士からクファル・アザで約40人の赤ん坊と幼児が殺害され、ある者は焼かれ、ある者は首をはねられたと聞いた」と主張しているが、トルコメディアの取材に対してイスラエル軍の報道官は「その話をニュースで知ったが事実かどうかは確認していない」と答えた。

因みに一部の西側メディアも「この話はハマスを悪者にするためのプロパガンダだ」と報じるところもあるが、クファル・アザで発見された「幼児の炭化した遺体」は写真で確認されている。

このような写真()を見る限り、頭を切り落とされた赤ん坊の遺体があったとしても不思議ではないと思っているが、流石に大統領が「見てないものを見た」と発言するのは不味いだろう。

参考:Israeli official says the government cannot confirm babies were beheaded in Hamas attack

追記:イスラエル当局者はCNNに「ハマスの戦闘員が赤ん坊の頭を切り落としたという具体的な主張を確認していない」と述べた。

関連記事:戦争ではなく虐殺、イスラエル国防軍が民間人の虐殺現場を報道陣に公開

 

※アイキャッチ画像の出典:President Biden

ハンファの米国進出、10年以内に陸上装備の主要サプライヤーを目指す前のページ

イスラエルとハマスの戦い、6日間の戦いで1万人以上の死傷者が発生次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    戦闘機生産ライン存続の危機? ボーイング、米空軍F-15EX導入「最大の後ろ盾」失う

    国防長官のポストは、前任者辞任以来、国防副長官だったパトリック・シャナ…

  2. 米国関連

    ウクライナ人パイロットの訓練完了は来年の夏以降、反攻作戦はF-16なしでも可能

    ウクライナ人パイロットの訓練についてワシントン・ポスト紙は「訓練が終わ…

  3. 米国関連

    米陸軍、AbramsはFPVドローンの攻撃を防ぐように設計されていない

    米陸軍のノーマン准将は「FPVドローンの脅威は全ての戦闘車輌にとって現…

  4. 米国関連

    米商務長官、ロシアの戦車には冷蔵庫向けの半導体が使用されている

    米国のレモンド商務長官は11日、出席した上院の公聴会で「ロシアは食洗機…

  5. 米国関連

    初飛行から30周年、B-2爆撃機は米空軍の全世界に対する攻撃能力の象徴

    米空軍は1989年7月17日に初飛行を行ってから30周年を迎える「B-…

  6. 米国関連

    米軍のICBMは有事の作動を保証できるのか? 能力維持が目的の「ミニットマンIII」試射に失敗

    大陸間弾道ミサイルの更新問題が浮上しているタイミングで実施されたミニッ…

コメント

    • たむごん
    • 2023年 10月 12日

    アメリカ大統領が、見たとしてものを見ていないと発言撤回するのは、仰る通り非常にまずいですね。
    大統領選挙前ですから、ダメージになるのではないかと、感じてしまいます(人柄のイメージに影響するため)。

    ハマスがSNSに、襲撃や誘拐動画をアップしまくっていますし、現場の写真も続々と公開されていますからね。
    ハマスのイメージが、上がっていく事は、何れにしても当面ない気がします。

    アラブのインテリ層は、ハマスを褒め称えているのでしょうか?素朴な疑問が湧きます。
    上流にまでなれば、西側文化に留学やビジネスで触れる人も多いでしょうから、少し気になっています。

    18
    • 一般通過OSINT
    • 2023年 10月 12日

    一応事態をさらに悪化する前に訂正ぐらいはするようになったから、ナイラ証言事件よりは少し進歩したとても言えるだろう

    39
    • 還暦
    • 2023年 10月 12日

    ストーリーが先走りすぎて失言したかボケてるのか

    37
    • ハリス副大統領を大統領に
    • 2023年 10月 12日

    やはり認知機能に問題が…

    27
    • あばばばば
    • 2023年 10月 12日

    前の大統領選の時からボケが来ているようだったが、この情勢下でボケられたら溜まったもんじゃないなと実感している
    世界の命運を握っている米中露の首脳は軒並み70歳以上であるから恐ろしい(バイデン大統領は80歳)

    34
      • kitty
      • 2023年 10月 13日

      任期中にガチのアルツハイマー病発症してた大統領は実在していましたけどね。

    • 暇な人
    • 2023年 10月 12日

    元々プロパガンダでやってるんだからどうでもいいのです

    12
    • けい2020
    • 2023年 10月 12日

    常時ではなさそうで、会見の緊張とかで妄想記憶の発作起こしてるのかな
    認知症の症状としてはおかしくもないし、任期いっぱいまでは誤魔化すしかないかな

    11
    • 鼻毛
    • 2023年 10月 12日

    画像まとめお疲れ様です。
    ファクト確認として大切な作業ですが、管理人さんもPTSDになったりしないようお気をつけください

    19
    • あへあへ
    • 2023年 10月 12日

    プーチンは最高指導者を長くやりすぎて、バイデンみたいな単純なボケではなくて、違った意味で認知がおかしくなってきたんだと思う、習近平もその道を後追いしている感じ

    23
      • 拓也さん
      • 2023年 10月 12日

      独裁者は周囲がイエスマンしかいなくなってしまうので一般人との認知の歪みは凄まじそうですね(まあプーチンは第2次チェチェン紛争前のマッチポンプテロを見ると元々まともではないような気がするけど)。 バイデンは批判されることが多いけど自浄作用というか選択肢があるって幸せなんだなあ。

      13
      • sjgjaw
      • 2023年 10月 12日

      中国はチャイナセブンという最高指導部が領導する政治体制で、中共には習近平派閥以外の派閥も複数あります。
      習近平がプーチンのように認知がおかしくなったら、まずは中共で史上最大の内紛が起きると思います。
      もっとも、中共のような超巨大組織が独裁する国家は史上初なので、今後どうなるか予測は難しいのですが。

      9
      • k.ziro
      • 2023年 10月 13日

      まわりにイエスマンしかいなくなりますとおかしくなりますよ。
      でも習近平さんは治安維持の腕前は一流です、人民武力部なんて現代に作るなんて思いにもよりませんでした。

    • トーリスガーリン
    • 2023年 10月 12日

    バイデン大統領だからなぁ…とはいえもう少し慎重に発言して欲しいと思うところ

    4
    • 名無し
    • 2023年 10月 12日

    ほんの1週間ぐらい前までは、自分達が知らぬ存ぜず扱いしてたウクライナと、まさか同じような目にあうとはイスラエルも思わなかったでしょうね・・。

    この調子じゃ、中国が台湾に電撃的に攻め入っても誰も気づかないかもしれませんね・・。

    人間、一寸先は闇とはよく言ったもんだ・・。

    そのうち我が国もどうなるか・・。

    21
    • TA
    • 2023年 10月 12日

    次の大統領選後期高齢者同士の戦いでほぼ決まりやぞ
    怖くね

    6
    • 折口
    • 2023年 10月 12日

    この件「ん??」と思ったんですが、やっぱりエビデンス無かったんですね。状況的には実際あったかもしれませんが、今日日は映像証拠もないものを安易に信じたらいけませんね。

    Twitterだとミリタリ界隈の人たちが軒並み大統領発言を引いて本当だったんだ!と噴上がっていましたが、過去の経緯を考えても米国の中東関連の情報収集と情報発信のどっちも信頼し難いところがありますし、有事下では誰もが冷静な判断力を失うということなんですかね。

    8
      • 匿名希望
      • 2023年 10月 12日

      映像が一番ですが映像も小細工は出来てしまうので難しい所ですね。
      例えばゲリラ兵の遺体から武器弾薬や装備だけを回収して民間人の遺体にでっち上げることもできますし。
      写真や証言だけだと日本も過去の戦争で散々利用されて面倒な事になってますし。
      実際に起きたことに誇張や嘘を少し加えれば人は簡単に騙されます。
      まあとりあえずは情報が出たら一喜一憂する前に落ち着いて確証を得られるまで待つのが一番ですかね?

      12
    • 2023年 10月 12日

    即時訂正出来るのはアメリカもナイラ証言のときよりはマシになったんだな

    6
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  3. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  4. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  5. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
PAGE TOP