米国関連

まだ必要ない? 米議会、海軍の第6世代戦闘機「F/A-XX」予算増額要求を拒否

米議会は海軍が要求した第6世代戦闘機「F/A-XX」の研究予算を7割カットしてしまった。

参考:Marinha dos EUA prevê cortes nos fundos para um caça de próxima geração

空軍はGO、海軍はSTOP、明暗が別れた米軍の第6世代戦闘機開発

米海軍は、空母で運用中している「F/A-18E/F スーパーホーネット」の後継機として、第6世代戦闘機「F/A-XX」を海軍単独で研究している。

出典:U.S. Navy photo by Lt. Cmdr. Darin Russell

第5世代戦闘機「F-35」については空軍と同一機種(仕様は異なる)を導入したが、第6世代戦闘機に関しては両軍とも独自に研究を進めており、空軍は次世代戦闘機「F-X(現在はデジタル・センチュリーシリーズ構想)」を、海軍は第6世代戦闘機「F/A-XX」プロジェクトを立ち上げた。

2019会計年度予算で海軍が「F/A-XX」に投資したのは500万ドル(約5億5,000万円)に過ぎなかったが、今回(2020会計年度予算)は「F/A-XX」のコンセプト研究だけでなく、高度な次世代エンジンの研究を行うと言う名目で、昨年の4倍にあたる2,070万ドル(約23億円)を議会に要求したが、議会は海軍の要求を拒否してしまった。

先週に可決した国防権限法案では、海軍が要求した2,070万ドルを拒否し、基礎研究費用の700万ドル(約7億6,000万円)しか支出が認められなかった。

これは議会が、海軍が要求した高度な次世代エンジン研究費用を全額削除したという意味で、第6世代戦闘機「F/A-XX」が次のステップへ進むことを拒否したのと同義だ。

これだけなら、まだ海軍にも救いがあったのだが、空軍が要求した約10億ドル(約1,100億円)もの次世代戦闘機「F-X(現在はデジタル・センチュリーシリーズ構想)」研究費用は、10%ほど削られただけで支出が承認されてしまった。

この違いは、どのような意味を持っているのか?

出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Rebekah M. Rinckey

恐らく議会は、中国やロシアとの戦いにおいて、高価で極超音速ミサイルに対し脆弱な空母を維持する必要性があるのか疑問に思っており、空母に搭載され運用される「F/A-XX」への投資に踏み切れないのだ。

両院の議員達は海軍の「F/A-XX」について「まだ必要ない」と話したという。

結局、海軍が第6世代戦闘機「F/A-XX」の開発を進めるためには、中国やロシアの極超音速ミサイルから空母をどのように保護するのか、その方法を具体的に示し、将来の戦場においても空母の存在意義が失われることはないと議員たちを説得する必要がある。

逆に議会が、海軍の「F/A-XX」に投資することを認めれば、米海軍の空母戦力維持についても承認を得られたことになるため、2021会計年度予算で要求される「F/A-XX」研究予算の行方が注目される。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Michael Singley

第4.5世代戦闘機「グリペン Type E」の実力は? 米メディア「平均以下」と辛口評価前のページ

ホワイトハウスが閃いた斬新な方法? 不可能と言われた米海軍「355隻体制」実現か次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    次世代の統合型電子妨害システム「EPAWSS」を搭載するF-15EXが見せた新たな可能性

    米空軍はボーイングから引き渡された2機のF-15EXをアラスカで行なわ…

  2. 米国関連

    無事就役できる? 米海軍、フォード級空母2番艦「ジョン・F・ケネディ」が進水

    空母「ジョン・F・ケネディ」は、ジェラルド・R・フォード級空母2番艦と…

  3. 米国関連

    流石にコレは安い、第4.5世代戦闘機F-16Vの機体単価は5,000万ドル台

    国防総省が14日に発表した契約内容を計算した結果、第4.5世代戦闘機F…

  4. 米国関連

    ボーイングの品質管理は脳死状態か? 米陸軍がAH-64Eの受け入れを停止

    米陸軍は不適切なボーイングの品質管理を理由にAH-64Eの受け入れを停…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 12月 24日

    まだ、要求性能が固まっていないからだろう。
    要素技術の開発なら、空軍と海軍で2重投資する必要は無い。
    F-35の三軍統一は批判も多いが、三軍統一の効果で今後の経費が大きく下がって行く。
    今後、F-35の評価は上がって行き、今後はF-35のコンセプトを引き継いだ戦闘機が開発されるだろう。

    • 匿名
    • 2019年 12月 24日

    まずはフォード級とF-35Cの戦力化が最優先でしょう

    • 匿名
    • 2019年 12月 24日

    ボーイングは踏んだり蹴ったりだな
    因果応報と言えばそれまでだが

    • 匿名
    • 2019年 12月 24日

    えっ…空軍のデジタルセンチュリーシリーズっていう狂気の計画マジでやるのか…?
    PCA一本で絞るんじゃなかったのか?

      • 匿名
      • 2019年 12月 24日

      デジタルセンチュリーシリーズって、要はスターウォーズ計画と同じですよね(計画そのものではなく、引き起こした結果)
       今度はスターウォーズ計画が引き起こした結果=敵国の経済の破綻 を計画の目的とする おロシアでは無く中国。
       まあ、中国経済の破綻への目論見ははもっと違う方法で実施中だけどね・・・

    • 匿名
    • 2019年 12月 24日

    既存の装備は整備が行き届かず、新鋭空母はまだ軌道に乗らない
    そんな状態で次とか片腹痛いわ
    ってことでは?

    次に投資するのはもちろん大事だけど、最悪また共同プロジェクトにできる目のある(なんならF-35も第六世代相当までアップデート可能かも?とか言われてる)次世代機より、まずはグダグダな今の体制何とかせえよって思っちゃうけどな

      • 全てF-35B
      • 2019年 12月 24日

      そして、F-35各型が、唯一の有人戦闘機になる。

    • 匿名
    • 2019年 12月 24日

    次世代戦闘機のエンジンは空海で共通化が望ましいので、塩害対策など艦上機固有の事情を後から考慮できるように空軍側に指示を出しておけば済む話ですね。
    現行の戦闘機のエンジンだと、
    F-15&F-16: P&W F100 or GE F110
    F-22: P&W F129
    F-35: P&W F135
    F/A-18C/

      • 匿名
      • 2019年 12月 24日

      F110の使用機に、F-14を加えてやって下さい。

      • 匿名
      • 2019年 12月 25日

      今更だけど、GEってじり貧?

        • 匿名
        • 2019年 12月 25日

        GEはB787やA350XWBなどに使われているGEnxなど単独、複数社合弁で民間旅客機のエンジンもやってるので、戦闘機用はF-16, F-15E, F/A-18シリーズのみでもジリ貧と言うことはないでしょう。
        F404はアメリカ空軍のT-7A新型練習機にも採用されたので数が出る見込みですし。

        GEはグループ内に金融部門もあるので、エンジン調達時にリース手数料も取れるなど旨みもあります。

        とはいえ、今後数が出る予定のF-35用エンジンのデュアルソースとなるGE/RR F136がキャンセルになったので戦闘機用高出力エンジンはP&W一強のイメージが強くなりますね。

        • 匿名
        • 2019年 12月 25日

        GE・アビエーションのジェット・エンジンは
        民間航空機
        船舶用
        ヘリ用(シャフトで駆動)
        では確固たる市場を持ってるのでは?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  2. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP