米国関連

無事就役できる? 米海軍、フォード級空母2番艦「ジョン・F・ケネディ」が進水

ニューポート・ニューズ造船所は10月29日、建造中の「ジョン・F・ケネディ(CVN-79)」が横たわる「乾ドック」に海水を流し込み始めた。

参考:PCU John F. Kennedy Crew Marks another Milestone, Flooding of Dry Dock

当初の予定よりも3ヶ月早く進水の日を迎えた空母「ジョン・F・ケネディ」

空母「ジョン・F・ケネディ」は、ジェラルド・R・フォード級空母2番艦として2015年8月に起工、あらゆる工数削減の努力が実り、当初の予定よりも3ヶ月早く進水の日を迎えた。

10万トンを超える空母「ジョン・F・ケネディ」を建造した乾ドックを海水で満たすには、数日間に渡り、約4億リットルもの海水を流し込む必要があるため、まだ空母「ジョンF.ケネディ」の船体が海に浮かんだと言えないが、進水日は海水を流し込み始めた日付で記録される。

出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Adam Ferrero/Released 空母「ジョン・F・ケネディ」が横たわる乾ドックに海水が流れ込み始めた様子

今後、空母「ジョン・F・ケネディ」は海水で満たされたドック内で各種試験が行われ、12月7日に予定されている「洗礼式(船首にシャンパンボトルを叩きつけて割る儀式)」を受けた後、乾ドックから出渠し、ニューポート・ニューズ造船所の桟橋に係留され艤装工事が行われる。

空母「ジョン・F・ケネディ」が米海軍に引渡されるのは2024年を予定しているが、1番艦の空母ジェラルド・R・フォードが直面している問題を解決出来ない限り、ジョン・F・ケネディもまた同じ問題で苦しむことになる。

特に電磁力で作動し、ミサイルや爆弾を飛行甲板へ運ぶための「先進型兵器エレベーター(計10基)」は、エレベーターを制御するためのソフトウェアに問題があり、就役から2年以上が経過しても正常に作動するようになったのは、たったの3基だけだ。

出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Connor D. Loessin/Released空母ジェラルド・R・フォードの先進型兵器エレベーター

残りの7基について米海軍は、2019年中に正常化すると言っているが、本当に上手く動くのか誰にも分かっていない。

1番艦の空母「ジェラルド・R・フォード」は就役後まもなく動力部に問題が発生、この問題を解決するためニューポートニューズ造船所のドックに戻り、約15ヶ月間に及ぶメンテナンスを受け、10月25日に海へ戻ってきたばかりだ。

そのため、蒸気式カタパルトの代わりに開発した「電磁式航空機発射システム」の基礎データ(艦載機を射出するための数値データ)収集が進んでおらず、電磁気と水圧でアレスティング・ワイヤーの制動を行う「新型着艦制動装置」のテストも中断されたままだ。

出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist Seaman Cory J. Daut/Released出港する空母ジェラルド・R・フォード

空母「ジェラルド・R・フォード」は現在、動力部の修正箇所を海上で試験しており、このテストに合格すれば海軍へ復帰し、再び電磁式航空機発射システムや新型着艦制動装置のテストに復帰する予定なので、2024年までに問題を潰しきれば、空母「ジョン・F・ケネディ」の就役も大きな問題なく進むことが予想される。

そのためにも空母「ジェラルド・R・フォード」は、これ以上、新たに問題を増やすことなく「順調」にスケジュールを消化する必要がある。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Adam Ferrero/Released

米国、日本のF-15J近代改修仕様「Japanese Super Interceptor」を45億ドルで承認前のページ

台風の影響? 海上自衛隊の「おやしお型潜水艦」が横須賀沖で立ち往生次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    特殊部隊の作戦支援向け? 米軍の無人航空機RQ-21が小型ドローンの運搬能力を獲得

    米海軍や米海兵隊が採用している無人航空機「RQ-21ブラックジャック」…

  2. 米国関連

    米海軍の次期戦闘機「F/A-XX」は有人機、ただ将来の空母航空団は40%以上が無人機に

    米海軍の関係者が久々にF/A-18E/Fの後継機=つまり次期戦闘機につ…

  3. 米国関連

    元米陸軍中佐、アゾフスタル製鉄所を封鎖した決断は理に適っている

    元米陸軍中佐は21日、アゾフスタル製鉄所への攻撃を中止して「封鎖」する…

  4. 米国関連

    米海兵隊が戦車を廃止したい理由は? 世界中に無人機と精密誘導兵器が氾濫したため

    米海兵隊は23日、全ての戦車大隊(主力戦車M1A1エイブラムス)廃止を…

  5. 米国関連

    米国、まもなく発表するウクライナ支援に榴弾砲やMQ-9が含まれる可能性

    バイデン政権はウクライナに対する7.5億ドル規模の支援パッケージを間も…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 10月 31日

    ソフトウェアだけの不具合なのかどうかも疑問ですね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP