ウクライナ戦況

ウクライナ侵攻以降に引渡されたTB2は50機、7月にも新たに到着予定

ウクライナのレズニコフ国防相は28日、ロシア軍による侵攻以降に配備されたTB2の数が50機に達したと明かして注目を集めている。

参考:Резников рассказал о “масштабных планах” по приобретению “Байракторов”

たった3ヶ月間で50機ものTB2をウクライナに供給できるBAYKARの製造能力に驚かされる

ウクライナはトルコ製UCAV「バイラクタルTB2」を12機(空軍6機+海軍6機)導入、自国での運用結果やナゴルノ・カラバフ紛争での活躍もあり計52機(空軍向け48機+海軍向け4機)を追加発注、ロシア軍の侵攻前に追加発注分の3機が引き渡さと言われており、ウクライナ軍は2月24日時点で計15機のTB2を保有していたことになる。

出典:Ministry of Defence of Ukraine / CC BY 4.0

BAYKARは2月24日以降もTB2の引き渡しを継続していることが確認されていたが、レズニコフ国防相は「ロシア軍による侵攻以降に配備されたTB2の数が50機に達した」と28日に明かしており、ウクライナは侵攻前に発注していた以上のTB2(追加発注分の残数49機+リトアニア提供分の1機?)を受け取っていたことになるため非常に興味深い。

さらにレズニコフ国防相は「7月中に追加のTB2が幾つか届く予定で、BAYKARと数十機の追加購入について交渉を行なっている」とも述べており、たった3ヶ月間で50機ものTB2をウクライナに供給できるBAYKARの製造能力に驚かされるばかりだ。

BAYKARはモロッコ、ポーランド、イラク、エチオピア、キルギス、ニジェール向けのバックオーダーも抱えている中でウクライナ軍の需要に対応しており、恐らく他社製のUCAVでは対応不可能な数だろう。

出典:BAYKAR リトアニアに引き渡されるTB2

因みにBAYKARはリトアニア人とウクライナ人がTB2を購入するため集めた資金を受け取らず、無償で計4機のTB2をウクライナに提供すると発表している。

関連記事:ロシア軍にとって凶報、追加発注分のバイラクタルTB2がウクライナに到着
関連記事:BAYKARがTB2を無償提供、ウクライナ人が集めた2,000万ドルは他の支援に
関連記事:BAYKARがウクライナ向けTB2を無償提供、寄付金は人道支援に使って

 

※アイキャッチ画像の出典:President.gov.ua / CC BY 4.0

米国、ウクライナが年内に反攻に必要な戦力を準備できる可能性は低い前のページ

ウクライナが待ち望む防空システム、NASAMSを扱うための訓練を開始か次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    映像や画像で確認された装備損失、ロシア軍は636、ウクライナ軍は204

    軍事アナリストが運営するサイト「Oryx」は5日、映像や画像でロシア軍…

  2. ウクライナ戦況

    ゼレンスキー大統領、ロシアやベラルーシと接する全地域への要塞建設を指示

    ウクライナ人ジャーナリストや現地メディアは「10年間も時間があったのに…

  3. ウクライナ戦況

    シルスキー陸軍司令官、ロシア軍がクピャンスク方面でも攻勢を開始

    ウクライナ軍のチェレバティ報道官は17日「敵がクピャンスク・リマン方面…

  4. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍、年内にクリミアを解放して春先までに全土を解放する

    ウクライナ国防省のハヴリロフ次官(元少将)は19日、英SkyNewsに…

  5. ウクライナ戦況

    侵攻初日を終えた現在の戦況、ウクライナ軍も対戦車ミサイルで反撃

    24日午前5時(現地時間)に始まったロシア軍によるウクライナ侵攻は現在…

  6. ウクライナ戦況

    ロシア軍が5月に撃ち込んだミサイルは562発、4月と比較して5倍以上

    バフムートが一段落したロシア軍はミサイル攻撃を強化、少しでもウクライナ…

コメント

    • ido
    • 2022年 6月 28日

    TB2は今何機撃墜されて何機補充できたかが気になる。しかしTB2の製造は簡単なのかな?

    5
      • G
      • 2022年 6月 29日

      特別な仕様がなく、性能も突出したところはなく生産難易度が高い部分は無さそうなので、ミドルクラスの無人機としては生産性やコスパは良い機体かと
      ただステルスやジャマー・フレアなどといった防御機構はなく、搭載可能火力は少なく、索敵範囲も限定的なため、初期のような突出した敵部隊相手ならともかく、防空を含めた陣地構成をしつつ侵攻してくるロシア軍相手ではこの先どこまで活躍できるか少なからず怪しいところはありますが

      9
    • たかさん
    • 2022年 6月 28日

    戦いは数だし、いざと言う時に使える兵器だよ兄貴!!

    15
    • 2022年 6月 29日

    ドローンばかりに目がいくけど、トルコってNATO最大規模の陸軍国なんだよな?
    陸上装備は提供しないのかな?

    1
    • すえすえ
    • 2022年 6月 29日

    やっぱ無人機には使いつぶせる安さが求められるのだろうか

    2
      • 匿名
      • 2022年 6月 30日

      かつてのティルピッツや大和・武蔵の如く、「高価格高機能機は結局温存され続けてタンスの肥やしになるのがオチ」という現実

      第5世代戦闘機なんかも同じ道を辿りそうな気がヒシヒシとするので、結局某元海自三佐氏の言う「ステルス機買うよりJF-17を買うべき」は正しかった…???(ナイナイ)

      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  2. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  3. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  4. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  5. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
PAGE TOP