ウクライナ戦況

フランス、相当数のVAB装甲兵員輸送車をウクライナに提供すると発表

フランスのルコルニュ国防相は27日、ウクライナにVAB装甲兵員輸送車を相当数提供すると明かして注目を集めている。

参考:Sébastien Lecornu : «Il faut aider l’Ukraine à tenir dans la durée»

ウクライナへの武器支援の詳細を明かさないフランスがVAB装甲兵員輸送車の提供を認める

フランスはウクライナに武器支援を行なっているものの詳細を明かしておらず、これまでに判明している支援内容は自走砲Caesar×18輌、対戦車ミサイルMilan2、1億ユーロ相当の装備品だけだが、LeParisienのインタビューに応じたルコルニュ国防相は「敵の攻撃を受けている地域を素早く移動するには装甲車輌が必要で、フランスは武装したVAB装甲兵員輸送車を相当数ウクライナに提供する」明かした。

出典:Marie-LanNguyen/CC BY 2.5

フランス陸軍はVAB装甲兵員輸送車を計2,500輌(調達数は4,000輌)保有しているので提供数に期待でき、ロシア軍よる砲撃の中を自家用車で移動することを強いられているウクライナ軍兵士にとっては本当に嬉しいニュースだろう。

しかもスロバキアでVABを輸送するトラック群(14輌)が目撃されているので、既にウクライナへの提供が始まっている可能性が高い。

因みにLeParisienはウクライナが求めている対艦ミサイルについて提供予定があるのかと質問しているが、ルコルニュ国防相は「検討中」としか回答していない。ただ長期化する戦いでウクライナを支えるため自国の防衛産業界に「戦時体制」に移行するよう訴えているのが興味深い。

関連記事:マクロン大統領、ウクライナに自走砲カエサルを提供していると発言

 

※アイキャッチ画像の出典:Kevin.B/CC BY-SA 4.0

フィンランドとスウェーデンのNATO加盟の行方、首脳会談がまもなく終了前のページ

トルコ、フィンランドとスウェーデンのNATO加盟支持を確約次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ゼレンスキー大統領、ロシアを止めるために必要な武器リストを公開

    ウクライナのゼレンスキー大統領は13日、世界中の国に対してロシアの侵攻…

  2. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍が対艦ミサイルで黒海艦隊の旗艦を攻撃、被害は甚大か

    オデーサを防衛するウクライナ海軍は13日、黒海艦隊の旗艦を勤めるスラヴ…

  3. ウクライナ戦況

    第3独立強襲旅団、アウディーイウカで対峙するロシア軍は正規軍の精鋭

    アウディーイウカに派遣された第3独立強襲旅団の報道官は15日「敵は機械…

  4. ウクライナ戦況

    ロシア空軍基地の爆発は事故、NYT紙はウクライナ軍による攻撃だと主張

    クリミア半島のサキ空軍基地で観測された爆発についてロシア国防省もウクラ…

  5. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍がTB2を囮にして露巡洋艦を対艦ミサイルで攻撃したという噂

    ウクライナ軍が「バイラクタルTB2を囮にして黒海艦隊の旗艦を対艦ミサイ…

  6. ウクライナ戦況

    ゼレンスキー政権、反攻作戦を指揮したタルナフスキー准将などを解任か

    TIME誌は「反攻作戦の責任を問うため反攻作戦を担当した将官をクビにし…

コメント

    • G
    • 2022年 6月 29日

    >因みにLeParisienはウクライナが求めている対艦ミサイルについて提供予定があるのかと質問しているが、ルコルニュ国防相は「検討中」としか回答していない。
    >ただ長期化する戦いでウクライナを支えるため自国の防衛産業界に「戦時体制」に移行するよう訴えているのが興味深い。

    NATO加盟後も当時最新鋭だった強襲揚陸艦2隻をロシアに売ろうともした過去があるフランスですが、ロシア軍の立て直しとそれによるウクライナの劣勢、ひいては西側体制の劣勢である今に至って一気に覚悟を決めたということでしょうか

    12
      • けい2020
      • 2022年 6月 29日

      ここで少しでも挽回しておかないと、世界の敵ロシアを作り出した国フランスとして定着してしまいますからね
      へたすれば中国への無分別な軍事技術支援とかも掘り返されたりするし

      7
    • ido
    • 2022年 6月 29日

    マクロンさんはついに覚悟を決めたということですかね。まあ、2500輌あって追加用達あるなら相当数あげてもいいのか。

    4
    • ぎもん
    • 2022年 6月 29日

    上の動画ですけど兵員輸送車もトラックで輸送しなきゃいけない決まりってやっぱりあるんですかね

      • 無無
      • 2022年 6月 29日

      トラックならば下請けの民間人でも輸送できるが、VAB本体はやはり軍人ドライバーの必要があるんじゃないの?単に大型免許があればという話なのかはわからん

      4
    • ダヴー
    • 2022年 6月 29日

    戦時体制への移行を防衛産業界に訴えるのはいいけど、国の側がどれだけの生産をするつもりなのか計画を出さないと、業界側も動けないのでは?

    2
    • ナイトアウル
    • 2022年 6月 30日

     恐らく装甲アップデートされたVABだろうけど数があって退役見えている車両だから提供しやすいんだろうな。

     戦時体制に関しては現状だとどこまで投資したら生産拡張出来るかの確認中じゃないだろうか。現状レベルだと平時の外国販売する位だし、ある大型兵器の製造期間聞いて掛かりすぎと思った。戦時体制移行とは行かないまでも現状の1/2位の製造期間にならないのかって思うほど遅い。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  2. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  3. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  4. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  5. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
PAGE TOP