ウクライナ戦況

ウクライナ軍、年内にクリミアを解放して春先までに全土を解放する

ウクライナ国防省のハヴリロフ次官(元少将)は19日、英SkyNewsに対して「年内にクリミアを解放して春先までにはウクライナ全土を解放するだろう」と明かし注目を集めている。

参考:Ukraine war will be over by end of spring, country’s deputy defence minister predicts

ウクライナは核攻撃が発生してもロシア軍との戦いを止める理由にはならない

ハヴリロフ次官はロシアとの戦争の見通しについて「年内にクリミアを解放して春先までにはウクライナ全土を解放するだろう」と予測したが、ロシア軍が戦術核兵器をウクライナで使用する可能性についても「可能性は低いと思うが仮に使用しても我々が戦争を止める理由にはならない」と述べた。

出典:管理人作成(クリックで拡大可能)

さらに「ウクライナ人は初めたことを最後までとことんやるという習性があり、どのようなシナリオで戦争が進むとしても我々には関係がない。既に我々は多くの血と努力を支払ってきたし、この戦争が国家の存亡をかけた戦いだと誰もが理解している」と明かし、クレムリンとキーウの和平交渉についても「ロシア軍が一時的に占拠しているクリミアやウクライナ東部から出ていった後だ」と主張している。

どのような目論みで「春先までにウクライナ全土を解放する」と予測しているのかは不明だが、これまでも本格的な攻勢時期が8月下旬頃(8月29日に南部司令部が反撃開始を宣言)になり、ヘルソン市を年内に奪還(11月12日に解放)すると主張したきたことは全て実現しているため、何となく「やってのけるのではないか?」と期待してしまう。

出典:Сили територіальної оборони ЗСУ

果たしてウクライナ軍はどんな手を使ってクリミアに迫るつもりなのだろうか?

関連記事:ウクライナ軍、ドニエプル川沿いからロシア軍は15km~20km後方に移動
関連記事:ウクライナ軍、ドニエプル川右岸から撤退中のロシア軍に大ダメージを与えた可能性

 

※アイキャッチ画像の出典:93-тя ОМБр Холодний Яр

ミサイル問題、ゼレンスキーはNATO加盟国を第三次大戦に引きずりこもうとした前のページ

ロシア領ノヴォロシースク港で爆発、ウクライナ軍が自爆型USVで攻撃か次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    トレツクを巡る戦い、郊外の防衛ラインが崩壊してロシア軍が3つの街に侵入

    RYBARはホルリウカ方面について「ロシア軍がアルテーモヴェ市内に侵入…

  2. ウクライナ戦況

    ロシア軍はA-50を下げざるを得ない、その分だけ前線上空の認識力が低下

    米ディフェンスメディアはA-50撃墜について「貴重な機体が失われたこと…

  3. ウクライナ戦況

    ウクライナ侵攻338日目の戦況、ロシア軍がバフムート以外でも前進を試みる

    338日目が経過したウクライナ東部戦線・南部戦線の状況は「バフムート以…

  4. ウクライナ戦況

    ウクライナ空軍、マリウポリ方面でロシア軍のSu-34を1機撃墜したと発表

    ロシア軍の滑空爆弾に悩まされているウクライナ空軍は22日「南部方面で3…

  5. ウクライナ戦況

    NATO事務総長、除外リストはなく西側製戦車のウクライナ提供を支持

    マドリードで行われていたNATO首脳会議ではウクライナ支援に関する重要…

コメント

    • AAA
    • 2022年 11月 19日

    年内奪還ってあと一ヶ月ちょっとしかねえぞ!
    つーか2022年ってあと一ヶ月ちょっとしかねえのかよ!!!

    95
    • 航空太郎
    • 2022年 11月 19日

    NATOと緊密に連携していて、ロシア軍の内情がスカスカだと把握できているからこその発言と思いたいところですが……。
    ポーランドへのミサイル誤射事件で、それまでの信頼関係がいっきに軋み始めた件を見ると、思ったよりNATOの情報把握能力を、ウクライナ政府は理解してないのかな?という疑問も出てきました。
    米軍のミサイルなどの備蓄量が減ってきてヤバい、なんて話も出てきましたし。
    ただ、不和が生じた、ミサイルなどの供給も先細り→冬期戦装備が乏しい越冬は自殺行為。ここは勝負時だ、とロシア側に誤認識させて、無茶な攻勢を引き出す高度な駆け引きという邪推もできるところが悩ましいですね。

    6
    • RED
    • 2022年 11月 19日

    流石にないと思うけど、このところのゴタゴタってロシアを油断させるための演技だったりしないよね?

    という妄想はさておき、いや一か月と少しでクリミアまでって相当無茶では……メリトポリまで行くとかならまだ分からなくもないけど。

    16
      • 2022年 11月 19日

      クリミア全土に進駐という意味ではなく、クリミアへの補給路を遮断するよう戦線を南下させると捉えれば実現可能性はあるのでは無いでしょうか。
      メリトポリまで押し込み、クリミア大橋を落とせば半島は孤立、無力化出来ます。
      それを示唆しているのでは。

      21
      • 月虹
      • 2022年 11月 19日

      >このところのゴタゴタってロシアを油断させるための演技

      ウクライナに「敵を欺くにはまず味方から」ということわざがあるかどうか分かりませんが、これまでのウクライナの攻勢を見るにそれを実践しているのでは?という思われる局面って意外とあるんですよね。ただポーランドへの迎撃ミサイル着弾への対応はNATOからの武器支援を打ち切られる可能性があり、仮に演技だとしたら大きな賭けでしょう。NATOとウクライナの間に隙間風が吹くことで得するのはロシアだけですが、ロシアに大きな油断を作り一気に大攻勢(クリミア奪還)を狙っているのだとしたらウクライナの作戦本部には間違いなく策士がいるのでしょう。

      2
    • ぬるぽ
    • 2022年 11月 19日

    いくらなんでも無茶苦茶だろ…
    年内にクリミア奪還するとなったらドニプロ川超えて電撃戦しか無いぞ
    また南部に見せかけて東部を攻めるブラフなのでは?

    7
    • ななし
    • 2022年 11月 19日

    年内はさすがにふかしでしょうが、昨日ノヴォロシスクを水上自爆ドローンで攻撃したという話が出ているのでロシア軍がクリミアだけにかまけていられないようにするような手段でも考えているんじゃないですかね。
    例えばスバトボ方面策源地のベルゴロドかヴァルイキを落とすぐらいのことは考えていても不思議じゃないですが、ロシアの反応がどこまでになるか読めないので本気でやるかは正直分からないです。
    ロシア軍も消耗しているとはいえ防戦に徹されたら戦線抜くのも難しいでしょうし。

    13
    • ゴースト
    • 2022年 11月 19日

    たしかにウクライナは程度はあれ有言実行してきた。
    ヘルソン市も奪還しました。
    ただ流石にクリミアの年内奪還はきついんじゃないかなあ

    15
    • class
    • 2022年 11月 19日

    クリミア上陸作戦でもするんですかね

    7
    • 無能
    • 2022年 11月 19日

    ミサイル問題で反感が高まってたり、アメリカの弾薬備蓄減少やロシアの半導体備蓄の記事も出てる中で、支援の先細りを意識してるように見える
    焦って無茶な攻勢に出ないと良いけど

    6
    • 横田
    • 2022年 11月 19日

    12月どころか3月まででもクリミア解放はほぼ不可能じゃないかなあ
    それこそプーチン政権が崩壊でもしないと

    4
    • ミリオタの猫
    • 2022年 11月 19日

    ハヴリロフ次官の発言、どう考えてもポーランドへのS-300SAM誤射疑惑以降欧米との関係が悪化している事による焦りから来るふかしとしか思えないですね
    そうでも言わないと欧米からの支援が絞られると思っているのかしら?
    もしかすると、ウクライナ軍はポーランドへS-300SAMを誤射した事実を把握しているのに、大統領へ伝えていないのかも知れないですね
    後、このニュースを発信した英SkyNewsって、ヘルソン奪回の際の取材で規則違反をやった為にウクライナ軍参謀本部によって米CNNと一緒に取材許可を取り消されていましたね…その後でこんなニュースを流してくるとは結構皮肉な感じが

    6
      • no war in UA
      • 2022年 11月 20日

      それはそれ、これはこれと考えないと行き着く先は陰謀論ですよ。
      今はまだ邪推ですが

      6
    • 霞ヶ浦
    • 2022年 11月 19日

    核使用の可能性が最も高いクリミアを先に攻める理由が(本当だとして)よく分からん

      • 774rr
      • 2022年 11月 19日

      言うてクリミアもちゃんと取り返さないと
      何処かのマヌケな国の北方領土とか竹島みたいに70年経っても戻らずって事になりかねないよ
      今しかない 今やらなきゃ取り戻せない

      56
    • 58式素人
    • 2022年 11月 19日

    以前の記事の書き込みの中で。
    ”ロシアにとって、クリミアを含む南部戦域全体が負担になってくる”
    と書かれた方がおられましたが、素人はその考えに賛成です。
    カホフカ水力発電所ダムが確保できているなら、
    クリミアへの給水と送電を遮断し、クリミア大橋を再度攻撃して
    そちら側からの給水と送電を破壊すれば良いと思います。
    ロシアはクリミアを保持する負担に耐えられなくなると思います。

    22
      • えぞ
      • 2022年 11月 19日

      なるほど、ロシア側からクリミアを放棄せざるを得ないように追い込むってことですか。
      ウクライナが力尽くで取り返すよりは現実味ありますね。

      7
      • zerotester
      • 2022年 11月 20日

      ロシア国境やモスクワに近くていくらでも補給できる東部戦線に対して、南部やクリミアは補給が脆弱で守りにくいんですよね。ロシアとしては東部で攻勢をかけたいが南部を守るためにはそちらに戦力が必要。

      逆にこれは、そうやってロシア軍を南部に引き付けて東部に全力投球できないようにするための発言という可能性もありますね。

      14
      • 八許
      • 2022年 11月 20日

      私も、その可能性に期待したいです。
      クリミアは現在ロシアの支配下にはあるものの、自治共和国(ロシア言うところの共和国)としての構造は残っているはずなので、カホフカダムからの水と電気が止まってクリミア橋も危なくなれば市民の生活を守るにはどうすべきか考えるはずです。
      当然ロシアとしてはそれを抑え込みたいところですが、それは無視し難いコストを発生させます。

      1
    • tny
    • 2022年 11月 20日

    がんばえー

    4
    •  
    • 2022年 11月 20日

    本当に春先までに終わったら一年戦争と呼ばれそう…

    8
    • k
    • 2022年 11月 20日

    地面が固まり泥将軍が終わる冬季はからウクライナ側の攻勢はよりアグレッシブになるし、冬将軍は防寒具が著しく不足するロシア軍に不利だろうから、年内にクリミアはちょっと信じ難いが、ハリコフやヘルソン解放並の大きな進展がまたある予感はする。まぁ来年一杯はかからず、夏頃には決着と予想

    5
    • 折口
    • 2022年 11月 20日

    年内というタイムテーブルはほんとぉ?って感じですけど、やっぱりドンバスよりクリミアが先なんだなってのは納得しました。ロシア本国を背にしているドンバスは戦いづらいですし、旧国境まで攻め上ったとしても終わらせるのはもっと難しいでしょう。その点クリミアは戦闘の困難さは別にしても、戦闘の終了後の区切りをつけるのはドンバスよりは容易に見えます。橋を落としてしまえば半島に戻せますからね。

    この優先順位だと、冬季攻勢はザポリージャから南下する方向に行くって事なんですかね。まさかヘルソン渡河はやらないと思いますが、ロシアのヘルソン撤退は南部方面軍をルハンシク州に振り向けるためだという話ですし、兵力配分次第では無くなはないのかな?まぁウクライナの事だから、ブラフをかまして東部でもうひと当てしてくる可能性もありそうですし実際何もわからんですね。

    6
    • MTHMaker
    • 2022年 11月 20日

    クリミアは補給路さえ遮断してしまえば時間は掛かるものの勝手に干上がる。それに対し東部は、ロシア本国に近い為に補給路遮断は難しく、今南部に展開している兵力を再配置されると奪還は難しくなってしまう。ウクライナ側が本気で全土奪還を考えているのだとすると、上記から優先順位は、東部>南部になる気がする。その為に、出来る限り南部に兵力を引き付けておきたいのでは。

    1
    • タイヤキ
    • 2022年 11月 20日

    これまでもウクライナ軍の時間テーブルはあっていないから、クリミアいつか取り戻したいでよいと思う。
    戦時中の侵略うけている政治家は、嘘でも何でも士気あげていつかいったこと上手くいけば帳消しになる。ヘルソン奪還も5か月は遅れていますが誰も気にしていない。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  2. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  3. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  4. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  5. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
PAGE TOP