ウクライナ戦況

ウクライナ軍兵士がロシア領ブリャンスク州で戦死、破壊工作の任務中か

ロシア当局はブリャンスク州に潜入して破壊工作を行おうとしたウクライナ軍兵士4人を殺害したと発表、ウクライナメディアも「兵士の死亡を確認した」と報じているが死亡した原因については「兵士が地雷原に引っかかったため」と主張している。

参考:В Брянской области РФ погибла группа украинских бойцов

ロシア領内でウクライナ軍兵士の死亡が確認されたの今回が初めてで「特殊部隊による破壊工作説」を裏付ける出来事

ロシア連邦保安局は26日「ブリャンスク州に潜入して破壊工作を行おうとしたウクライナ軍兵士4人を殺害した」と発表、さらに死亡した兵士の身元も公開して「TNT換算で計40kgの爆弾を所持していた」と付け加えており、ウクライナメディアも「兵士の死亡を確認した(同僚が死亡を確認したらしい)」と報じているが、死亡した原因については「ロシア側が公開した映像を見る限り地雷原に引っかかった」と主張している。

ウクライナと国境を接するロシア領ブリャンスク州、クルスク州、ベルゴロド州では兵站を支える鉄道施設が何度も破壊されており「ウクライナ軍特殊部隊による破壊工作だ」と噂されていたが、実際にロシア領内でウクライナ軍兵士の死亡が確認されたの今回が初めてで「特殊部隊による破壊工作説」を裏付ける出来事と言えるが、なぜロシア領内の地雷原に引っかかったのだろうか?

ロシア軍はウクライナ軍の一連の反撃後、国境を接するロシア領ブリャンスク州、クルスク州、ベルゴロド州にも「龍の歯」と呼ばれる防御施設を建設しており、この防御陣地に関連した地雷原に運悪く引っかかったのかもしれないが、ウクライナ軍が狙いそうな場所に地雷を利用したトラップを仕掛けていたのかもしれない。

上記の動画はサイズが大きいのでTelegram上でしか再生できないが、ウクライナ軍兵士が地雷原に引っかかったと判断した映像なので再生する際には注意してほしい。

関連記事:ウクライナのクレバ外相、パトリオットシステムの運用開始は6ヶ月以内
関連記事:出口のないロシアのウクライナ侵攻、最大の問題は目的と手段の不一致

 

※アイキャッチ画像の出典:Євген Карась ✙ ブリャンスク州で戦死したウクライナ兵士の生前写真

緊張が高まるバルカン半島、発砲事件を受けてセルビア側が戦闘準備前のページ

増え続けるバリケード、コソボ側が手を出せばセルビア軍介入の可能性も次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    スナク英首相が予告なしにキーウ訪問、対空砲125門を含む防空パッケージを発表

    英国のスナク首相は事前予告なしにキーウを訪問してゼレンスキー大統領と会…

  2. ウクライナ戦況

    ドイツのウクライナ支援を批判するギリシャ、なぜ直接武器を供与しないのか?

    ドイツの要請で旧ソ連製のBMP-1をウクライナに提供することになったギ…

  3. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍を取材したBBC、彼らにとってバフムート奪還は名誉の問題

    シルスキー陸軍司令官はBBCの取材に「街の防衛で多くの仲間や兵士を失っ…

  4. ウクライナ戦況

    ウクライナが必要とする重装備の量、榴弾砲1,000門、MLRS300輌、戦車500輌、装甲車両2,0…

    ウクライナのミハイル・ポドリャク大統領顧問は15日のラムシュタイン会議…

  5. ウクライナ戦況

    ロシア軍指揮官が次々と戦死する理由、前線の状況が司令部に届かないため

    ロシア軍は3週間の戦いで将官クラスの人材を5人も失うという異常事態に直…

  6. ウクライナ戦況

    米紙、ウクライナ軍がクラスター砲弾を使用してロシア軍陣地の無力化を開始

    ワシントン・ポスト紙は「ウクライナ軍は南東地域で米国から受けったクラス…

コメント

    • 無無
    • 2022年 12月 28日

    なるほど、危険任務にあたる精兵とは立派な顔立ちをされている。
    御冥福を祈りつつ、このような人材を損耗する戦争の速やかな終結を願う

    43
    • もり
    • 2022年 12月 28日

    地雷に引っかかったかぁ
    地雷は怖いね、リアルのトラップはゲームみたいに分かりやすいもんじゃない最高に嫌らしい物だからね怖い怖い

    陸自の対抗演習じゃトラップの有無は歩いて引っ掛からせて調べるのが通例になってるが実戦じゃそうは行かんしね

    4
    • むむ
    • 2022年 12月 28日

    19歳・・・か・・・

    7
      • Yanti
      • 2022年 12月 28日

      34歳では?

      1
        • クローム
        • 2022年 12月 28日

        4人目の人物かと。
        2003年11月生まれです。

        1
    • FNすか
    • 2022年 12月 28日

    私の若い頃に似ている
    ジョン・ローンに似ているとよく言われたものだ
    実写版SPY×FAMILYに出演できたかも知れない。残念です。
    御冥福を祈りします。ご苦労様

    1
    • 無無
    • 2022年 12月 28日

    えーと、どこからどうツッコミしたらいいのか、地雷原って呼ばれてませんか?

    1
      • 名無し
      • 2022年 12月 28日

      ロシアは防衛のためなら
      何でも使うよ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  4. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  5. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
PAGE TOP